専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の調査浮気調査は自分でできる?家で手掛かりを探すには?

自宅で浮気をする既婚の男女

浮気をしている人間が、いつもホテルなどで密会するとは限らない。浮気相手が独身で一人暮らしをしていたり、単身赴任中だったりすれば、相手の部屋に行くこともあるだろう。さらには、妻が出産などで里帰りしている時や、夫が泊りがけの出張に行っている間に、浮気相手を自宅に招き入れるといった大胆不敵な行動に出る者もいるし、リモートワークが増えてからは夫婦の一方が出勤、もう一方がリモートワークになったのを利用して自宅不倫をするケースも見られるという。 パートナーが浮気をしているというだけでもショックなのに、家族の大切な居場所である自宅に浮気相手を連れ込んで、夫婦のベッドでみだらなことをしているとなれば、想像しただけでも腹が煮えくり返るだろう。また、自宅に浮気相手を連れ込む行為は、本人だけでなく、家族にとっても大きなリスクになるため、絶対に許してはならない。浮気をする際に、家で密会する理由や、浮気の手掛かりをつかむ方法、手掛かりをつかんだ時にやるべきことなどを解説する。

なぜ家で浮気しようと考えるのか?

浮気をしている者が一番恐れているのは、浮気相手と会っているところを知り合いに見られ、浮気がバレてしまうことだろう。その点、郊外のラブホテルなどを利用すれば、知り合いに会うこともない。しかし、自宅や浮気相手の家で密会していたら、誰かに目撃される可能性もあり、非常にリスキーだ。特に、パートナーに浮気の現場を見られたりしたら、もう弁解もできず、逃げ場がなくなってしまう。そのような危険性を承知の上で、あえて家で浮気をしようと考える者がいるのはなぜだろう? 不倫カップルが自宅で密会する理由と、その行為が招くリスクについて見ていく。

メリット①お金がかからない

自宅や浮気相手の部屋で密会するメリットの一つが、お金を節約できるということだ。浮気を始めると、いろいろな費用がかかるようになる。郊外のラブホテルなどを使って浮気をする場合、ホテル代や交通費が必要になる。また、することだけさっさと済ませて別れるというわけにもいかないので、レストランなどで一緒に食事もしたりするだろう。

経済的に余裕があって、浮気の費用を簡単に捻出できるなら問題はないだろうが、限られた小遣いでやりくりしているような男性の場合、浮気相手と頻繁に密会していると懐がどんどん苦しくなっていくはずだ。また、クレジットカードを使って費用を賄うにしても、引き落とし金額が急に増えたことが家族に知られると、浮気を疑われることにもなりかねない。そこで、自宅や相手の部屋で浮気しようと考えるようになるのだ。

メリット②ゆっくり過ごせる

ラブホテルを休憩やショートタイムで利用しようとすれば、時間を気にしながら、あわただしく事を済まさなければならない。しかし、家で浮気相手と会うのなら、終電の時間が来るまで2人でゆっくり過ごすことができる。最近では滞在が楽しくなるような工夫もされているとはいえ、やはりラブホテルにいるより、住み慣れた家で過ごす方が開放的な気分になるだろう。家のテレビや冷蔵庫も使い放題だから、好きなものを食べて飲んで、一緒にソファに座って映画を観たり、ゲームをしたりしながらずっとイチャイチャしていられる。パートナーが長期出張や里帰りをしている隙に、2人は別荘に来たような気分で泊りがけのデートを楽しんでいるかもしれない。

メリット③夫婦感覚が味わえる

浮気相手と外で会っていれば、いつ誰に目撃されるかわからないので、常に周りの様子を気にしながら行動しなければならない。お互い、相手のことを好きになればなるほど、長い時間一緒にいたいと思うようになるだろうし、人目をはばからずにキスやハグもしたいだろうが、外で密会している限り、あまり大っぴらに振る舞うことは許されない。その点、家の中で浮気するのであれば、人目を気にすることもなく、まるで夫婦にでもなったような感覚で水入らずで過ごすことができる。また、ラブホテルで過ごすのと違って、家では料理も作れる。男性は、好きな女性に手料理を振る舞ってもらいたいし、女性も自分の料理をほめてもらいたい。自宅不倫はその望みを叶えることができるのだ。

メリット④背徳感で興奮する

強い刺激がほしくて浮気に走る者もいる。夫婦生活が長くなるとマンネリ感を抱くようになることもあるが、そういう時に別の異性と関係を持つことで新たな刺激を得ようと考えるのだ。浮気をすれば、職場や家族にバレないように関係を持ち続けなければならないというスリルが味わえるし、パートナーを裏切っているという背徳感が強烈なスパイスになる場合もある。さらに、普段夫婦で使っているベッドでみだらな行為をすれば、背徳感はますます高まり、今まで味わったことのない興奮を覚える者も出てくるかも知れない。1度そういう経験をすると、その刺激が病みつきになって何度も自宅不倫を繰り返すようになる恐れもあるので要注意だ。

リスク①家族と鉢合わせする

浮気をしている者にとって、相手を自宅に連れ込む際の1番のリスクは、外出先にいるはずのパートナーが帰ってきて、鉢合わせしてしまうことだ。例えば、妻が「今日は遅くなる」と言って女友達と遊びに出かけた日に浮気相手を呼び寄せたところ、急に予定が変更になって、妻が早く帰ってきてしまうといったケースだ。

また、長期出張に行っていた夫が予定日より早く帰ってくることも考えられる。商談が予想以上にスムーズに進んだり、別の用件で呼び戻されたりして、出張が予定より早く終わるのはよくある話だ。そういう場合、LINEやメールなどで帰宅が早まったことを連絡してくる夫もいるだろうが、浮気相手のことしか目に入らず、スマホのチェックを怠ると、修羅場に陥る羽目になる。

リスク②近所の噂になる

浮気の当事者だけでなく、その家族にとっても最大の脅威になるのが、ご近所の「目」だ。誰も見ていないように思えても、近所の人がベランダの窓やガレージの奥から外を眺めていることはある。そして、その人たちは思っている以上にいろいろなことによく気が付き、近所の家のちょっとした異変も見逃さない。見知らぬ異性を自宅に招き入れたところをのぞき見され、その後何時間も家から出てこなかったりしたら、すぐに浮気を疑われるし、最寄り駅の改札から2人で連れ立って出てきただけでも、不審に思う人はいるだろう。

そして、いったん浮気を疑われたら、近所の知り合いやママ友などを通じて、噂はあっという間に広がっていく。そうなれば、家族まで白い目で見られ、近所付き合いもまともにできなくなってしまうリスクがあるのだ。

調査成功率97.5%!
浮気調査なら「HAL探偵社」
お任せください。

  • 全国出張無料
  • 即日対応可能
  • 解決実績8万件以上

浮気の手掛かりを探すポイントは?

自宅で浮気の手がかりを探す妻

パートナーが家で浮気しているとすれば、手がかりをつかむチャンスも増える。もちろんパートナーは、絶対に浮気に気付かれないように徹底的に証拠を隠滅しようとするだろうが、人間誰しもミスは犯すものだ。ついうっかり処分し損ねた浮気の痕跡を掃除している時に発見されることもあるし、勘のいい女性ならわずかな部屋の様子の変化から浮気を察知することもある。また、浮気相手が「匂わせ」のために、わざと手がかりを残していく可能性も考えられる。

一方、女性は用心深いので、妻が自宅で浮気をしている場合は、手掛かりを見つけにくいかもしれないが、最近ではIT機器やインターネットの発達もあって、思わぬところから浮気が露見するケースも少なくない。自宅不倫の手掛かりを探すポイントをピックアップする。

ゴミ箱

浮気の手掛かりになるようなものをパートナーが無造作にゴミ箱に残しておくことはないだろうと思うかもしれないが、ティッシュなどにくるんで、他のゴミを上からかぶせれば見つからないだろうと考える者もいるはずだ。家で浮気相手と長時間過ごせば、何かしらのゴミは出る。飲食もするだろうから、夫が食べないようなスイーツや口紅のついたストローが残っているかもしれないし、手料理を作れば野菜のカスなどが出る。

使用済みのコンドームなど、そのものズバリの証拠が見つかる可能性もあるし、女性なら化粧をしなければならないので、つけまつげや使い切りタイプの化粧水のパッケージ、夫には必要のないコンタクトレンズといったものが残されているケースもある。それらのゴミをすべて相手に持ち帰らせるわけにもいかないから、上手くカモフラージュして、ゴミ出しの日に捨ててしまおうと考えるのだ。

寝室

浮気相手と自宅で一夜を過ごすとなれば、夫婦のベッドを使用することになる。その場合、パートナーは絶対に痕跡が残らないように神経を使うだろうが、どんなに細心の注意を払っても、わずかな痕跡を見落としてしまう時もある。ベッドの周りのカーペットに、妻のものとは違う長さ・色の髪の毛が1本でも落ちていれば、コロコロを使って掃除するだけで浮気が発覚する。

また、ベッドには浮気相手の残り香もつくので、妻がそこに寝た時に、自分が使っているものとは違う香水やヘアフレグランスの匂いがすれば、すぐに気づかれてしまう。それを避けるために、消臭スプレーをかけて残り香を消そうとするケースも多いが、今まで匂いを気にしなかった夫が急にそんなことをするのは明らかに怪しい。

キッチン周り

人間は飲み食いせずに暮らすことはできない。そして、コンビニなどで買った食べ物が余れば、ゴミ箱に捨てるか冷蔵庫に入れておくことになるだろう。もちろん、パートナーはそれを自分で食べたように振る舞うだろうが、いつもはビールしか飲まない夫なのに、カクテルなどが入っていたり、女性が好むスイーツが入っていたりしたら、浮気相手を家に連れ込んだ可能性が出てくる。

また、浮気相手が手料理を作った場合は、生ゴミも処理しなければならない。ゴミ箱の奥などに、妻が使った覚えのない野菜の切れ端が押し込まれていたら要注意だ。もちろん、日頃から料理をしている夫もいるだろうが、1人では食べきれないような大量の料理を作った痕跡があったりすれば、違和感を覚えるはずだ。

浴室・洗面所

浴室や洗面所の排水口も重要なチェックポイントだ。寝室とは違い、浮気相手の髪の毛が浴室や洗面所に落ちても、水で流してしまえば気づかれないだろうと、処理を怠るケースも少なくない。しかし、排水口に絡まって髪の毛が残る場合もよくあるので、掃除をする時に気を付けていれば、浮気相手のものとわかる髪の毛が見つかる可能性もある。また、浴室のシャンプーの位置なども要チェックだ。パートナーがいつも所定の場所にシャンプーを置いているのに、浮気相手が入浴の際に使ったシャンプーを、別の場所に置いてしまうこともあり得るからだ。自分が長時間家を空けていた日に限って、そういうことが起きているのだとしたら、そこには何か理由があるはずだ。

クローゼット

家族に見られたくないものを、自分専用のクローゼットの奥に隠している人もいるだろう。そういう人が浮気相手を家に呼んだ時、相手がうっかり忘れ物をしたり、浮気の手がかりになるものを残していったりした場合、そのまま放っておくわけにはいかず、ゴミ箱に捨てるのも危険なので、とりあえず自分のクローゼットにしまっておくというケースがある。自分専用のクローゼットなら、家族が気軽に開けることはないので、次の密会時に相手に返したり、ゴミ出しの日に捨ててしまおうと考えるのだ。また、女性であれば、浮気相手からプレゼントされたブランドバッグなどをクローゼットに隠し持っている可能性もある。

リビング

浮気相手を家に連れ込んだ時、寝室と同じぐらい一緒に長く過ごすのがリビングだろう。2人でソファなどに座ってテレビを見たりゲームをしたりしていれば、浮気相手の髪の毛がどこかに落ちている可能性がある。また、ピアスやヘアピンなどをなくすこともよくある話で、ソファの背もたれの奥や家具の隙間に入り込んでしまうとなかなか見つからず、探しているうちに時間切れになることも十分にあり得る。また、「匂わせ」のために、わざと私物を家に置いていく者もいる。そういう場合、揉め事の種を蒔いて別れ話に発展させ、パートナーを自分のものにしようと狙っている可能性もあるので、用心しなければならない。

インターホン

モニター付きのインターホンは、訪問者の姿を室内のモニターに映し出し、その映像を記録する。浮気相手がインターホンを押せば、当然その映像も記録されるが、そこはパートナーも用心して、映像データを消去するだろう。しかし、最近のインターホンの中には、訪問者の映像を室内のモニターだけでなく、スマホートフォンにメール通知するタイプのものもある。さらに、センサーカメラなどと組み合わせれば、インターホンを鳴らさなくても、訪問者が玄関先に立っただけで画像付きメールを送るようにすることができる。パートナーがその機能についてよく知らなかったり、転送機能をうっかりオフにし忘れていると、浮気相手の映像がスマホに届くことになる。

車の中

パートナーが家の車を使って浮気している疑いがある場合は、時々車内のチェックもしてみよう。自分と背格好の違う女性が助手席に乗っていれば、シートの位置や角度が変わっているかもしれないし、自分のものとは違う髪の毛がついていたり、車内にアクセサリーなどを落としていることも考えられる。また、車にドライブレコーダーがついているなら、車で出かけたパートナーが帰ってきた後に、記録されている映像・音声を確認すれば、浮気を決定づけるような生々しい会話が残されているかもしれない。パートナーがわざとドラレコをオフにしている可能性もあるが、そのような不自然な操作も浮気の疑惑を深める行動と言えるだろう。

SNS

SNSの投稿から浮気が発覚するケースもよくある。パートナーのXやInstagramをチェックしてみて、やたらに「いいね」をしているフォロアーがいたら、それが浮気相手である可能性も考えられる。そのフォロアーの投稿を調べていくと、そこにアップされている写真に、パートナーの持ち物や身体の一部が写り込んでいるかもしれない。また、浮気相手がパートナーと参加したイベントの集合写真を投稿したり、わざと匂わせ投稿をしているケースもある。それが、パートナーが出張や休日出勤をしているはずの日に撮られたものだったら、家族に嘘をついていたことが明白になる。

浮気を調べる方法

盗聴器

浮気の手掛かりとなるものは様々あることがわかったが、パートナーが非常に用心深く、かつ細かいことにも目配りがきく性格だった場合、いつも完璧に証拠を隠滅し、なかなか尻尾をつかませてくれないかもしれない。また、手掛かりと思われるようなものを見つけたとしても、それだけでは確信が持てず、一層モヤモヤした気分になってしまうこともあるだろう。

そんな時、パートナーが手掛かりを残すのをただ待つのではなく、自分から仕掛けてさらにはっきりとした手掛かりをつかむという方法もある。その方法をいくつか紹介するが、それに1度でも失敗すれば、浮気を疑っていることがパートナーにバレてしまうリスクがあるし、やり方を間違えると罪に問われる恐れもあるので、注意しなければならない。

隠しカメラを設置する

自宅での浮気を暴く一つの手段として、隠しカメラを設置するという方法がある。浮気相手やパートナーに慰謝料を請求したり、離婚を請求したりする際に、浮気の現場をとらえた映像があれば、重要な証拠となる。浮気現場の撮影に適したカメラを上手く設置すれば、決定的な瞬間が撮れるかもしれない。隠しカメラとして使えるのは、長時間録画ができる機種で、バッテリー容量も大きいものだ。動くものに反応して、自動的に録画を開始する動体検知機能が付いていれば、さらにバッテリーを節約できる。

また、パートナーに発見されないようにするためには、なるべく小型のものでなければならないので、乾電池を入れるタイプではなく、USB充電できるタイプの方がいいだろう。隠しカメラの中には時計やボールペンにカモフラージュされているものもあり、それならリビングに置いてあっても不自然ではない。カメラを設置する場所は、リビング全体が見渡せるようなところや、ベッドルームなど。本棚や家具の隙間に忍ばせたり、タオルに挟んだりすれば、見つかりにくいはずだ。

とは言え、レンズは覆い隠せないのだから、絶対に見つからないとは断言できない。万が一、パートナーに発見されれば、浮気を疑っていることがバレてしまい、もう証拠をつかむことは難しくなるだろう。さらに、慰謝料を請求するためには、パートナーと浮気相手の間に肉体関係があることを証明しなければならない。そのため、2人が暗い中でベッドインすると、鮮明な映像を取ることが難しくなり、証拠として使えなくなるという問題もある。

盗聴器を仕掛ける

カメラよりもさらに発見されにくいのが、盗聴器やボイスレコーダーだ。相手にレンズを向けることなく音声を録音できるし、超小型のタイプやボールペンにカモフラージュされたものも売られている。一定以上の大きさの音を感知すると自動的に録音が始まる音声自動録音機能(VOR機能)がついたものや、スマホから遠隔操作して録音を開始させられるものを使えば、バッテリーも節約できるだろう。仕掛ける場所は、ソファやベッドの裏、車の中などだが、相手に近すぎるとバレる恐れがあるし、遠すぎると声がよく聴き取れないというジレンマがある。また、パートナーと浮気相手の会話だけでは、肉体関係があることを証明するのが難しく、お互いにはっきり名前を呼び合っていないと、声の主を特定しずらいという弱点もある。

抜き打ちで帰宅する

パートナーが自宅に浮気相手を連れ込んでいる現場に、直接踏み込むというやり方もある。出張やママ友との飲み会の予定日に、帰宅時間を細かく聞いてくるなど、パートナーに怪しい素振りがあったら、わざと予定時間より早く帰宅するのだ。家に入った時、2人がベッドに入っていたりしたら、もうごまかしや弁解もできなくなる。

ただし、この方法にはリスクもある。追い詰められたパートナーや浮気相手が逆上して暴れたり、離婚を切り出してくることも考えられるからだ。また、浮気の現場を目の当たりにした自分自身も、冷静ではいられないだろう。浮気していることがうすうすわかっていても、ベッドにいる2人を見れば、大きなショックを受けるはずだし、カッとなって激しく相手を責め立てたり、暴力を振るったりしてしまうかもしれない。そうなったら、夫婦関係を修復することも難しくなり、離婚に突き進むしかなくなってしまう。

車にGPSをつける

パートナーが車で浮気をしている場合、車にGPSを仕掛ければ、パートナーの居場所を知ることも可能だ。GPS発信機には、リアルタイム追跡型とロガー型の2つがある。リアルタイム追跡型は、常に位置情報を送信しているので、パートナーの車の現在位置がわかる。一方、ロガー型は、一定時間ごとに位置情報を記録するので、パートナーの車がどこを走っていたかを確認できる。GPSを使えば、パートナーの車がラブホテルの駐車場や、浮気相手の自宅と思われる場所に長時間停まっていたことを確認できるかもしれない。

しかし、GPSの情報だけでは、浮気の決定的な証拠にはならないということも、頭に入れておかなければならない。車がラブホテルに入っても、「体調が悪くなったから休んでいただけ」などと言われれば、それ以上追及するのは難しいだろう。

尾行する

探偵の真似をして、自分でパートナーを尾行するという方法もあるが、これはかなりリスクが高い。まず、パートナーが浮気相手と会って、ラブホテルなどに入るまで、長丁場になることも多いので、途中で見失う可能性が十分にある。また、その間、トイレや食事も我慢してパートナーを追い続けなければならず、体力的にも厳しいだろう。さらに、尾行に不慣れな上に、毎日顔を合わせている妻や夫が後をつけているとなれば、パートナーに気づかれてしまう危険性も大きい。仮に上手く尾行できたとしても、結局その日は浮気相手に会わず、調査が空振りに終わるかもしれない。そんなことを何度も繰り返していれば、いつかパートナーにバレてしまうのがオチだ。

やってはいけないNG行為

GPSは、夫婦共有の車などに本人が仕掛けるのは問題ないが、パートナーの持ち物に無断で仕込むのはプライバシーの侵害になる。同じく、隠しカメラや盗聴器も、パートナーの部屋などプライベートな空間に設置するのはプライバシーの侵害だ。浮気相手の家にカメラや盗聴器を仕掛けるのはもってのほかで、相手の家や敷地に無断で侵入したりすれば住居・建物侵入罪になり、設置する際に家具・家電を壊したり改造したりすると、器物損壊の罪に問われる。また、このような違法な手段で入手した証拠は、裁判では採用してもらえないし、逆に相手から告訴される恐れもある。

手掛かりをつかんだらやるべきこと

浮気調査の報告書を突きつける妻

パートナーが自宅で浮気している可能性に気付いた時、計り知れないショックを受けることは十分に理解できる。しかし、これまでお伝えしてきたように、浮気の手掛かりとなるようなものを見つけたり、隠しカメラや盗聴器を仕掛けたりしても、浮気を決定づけるような確実な証拠にはならないかもしれない。そして、確証が持てないまま、パートナーを問い詰めても、パートナーは浮気を認めないだろうし、一層巧妙に立ち回って、証拠をつかませないようにする危険性もある。そんなことになったら、真相は闇の中に隠され、浮気の疑惑を抱いたまま、夫婦生活を続けなければならなくなってしまう。

そのような事態を避けるには、あくまで冷静に振る舞い、自分がつかんだ手掛かりを基に、本格的な調査を行って動かぬ証拠を押さえなければならない。浮気の手掛かりをつかんだらどうするべきか、またパートナーの浮気が確定した後、何をすればいいかなどを解説する。

探偵に調査を依頼する

パートナーと浮気相手に肉体関係があることを証明する最も確実な証拠は、2人がラブホテルに出入りするシーンを写真や動画に収めたものだ。ラブホテルは性行為をするための場所なので、そこを利用したとなれば、もう言い逃れはできない。2人がお互いの家で浮気している場合は、家に入って一緒に3~4時間過ごしてから出てくれば肉体関係が強く示唆されるし、一夜を過ごせば決定的な証拠になる。プロの探偵に依頼すれば、こうした長時間の調査も確実にこなすし、相手を見失ったり気づかれたりすることもないはずだ。また、証拠映像の撮影は夜間になるケースが多いが、探偵は高性能の機材と高度なスキルを身に着けており、暗闇でも鮮明な映像を撮ることができる。

夫婦で話し合う

調査で決定的な証拠をつかんだら、まず夫婦できちんと話し合おう。自宅に浮気相手を連れ込んでいたとわかれば、怒りがこみ上げるのも無理のないことだが、感情に任せてパートナーを責め立てても問題は解決しない。浮気をしたこと自体は許されることではないが、パートナーが浮気に走った一因が、夫婦関係や家庭環境に対するストレスから来ているケースもある。夫婦関係を修復するにしろ、離婚を選ぶにしろ、最初にパートナーから浮気をした理由や経緯を冷静に聴き取る必要がある。そして、深く傷ついた自分の気持ちも伝えた上で、今後どうするかについて話し合おう。

慰謝料を請求する

夫婦関係を修復するなら、浮気相手に慰謝料を請求し、パートナーとの関係を清算させなければならない。相手が慰謝料の支払いを拒否しても、調査で手に入れた決定的な証拠があれば、裁判に訴えることができる。まずは、慰謝料の支払いやパートナーとの関係清算の要求を書き記すとともに、要求に従わない時は法的手段に訴えることも付記した文書を作成しよう。そして、それを郵便局が文書の内容を証明してくれる「内容証明郵便」を使って送りつければ、自分が訴えられるかもしれないと知った浮気相手がショックを受け、慌てて要求に従うケースも多いのだ。

離婚する

慰謝料は、パートナーに対しても請求することができる。離婚を決めた場合は、慰謝料を取って別れよう。パートナーが離婚を拒否することもあり得るが、そういう時にも裁判を起こすことができる。配偶者以外の異性と肉体関係を持つ行為は、法律で定められている離婚理由に該当するので、その事実を立証する証拠を法廷に提出すれば、離婚の請求が認められやすい。そして、裁判で勝訴すれば、パートナーがいくら離婚を拒んでも、判決に従うしかなくなるのだ。

まとめ

パートナーが浮気しているというだけでも許せないのに、自宅や浮気相手の家で密会して夫婦のように過ごしているのだとしたら、怒りも倍増するだろう。特に自宅での浮気は、家族の気持ちを踏みにじるばかりでなく、近所の人に知られるリスクも高く、噂が周りに広まったりすれば家庭崩壊も招きかねない。しかし、そういうリスクも顧みず、手軽さや刺激を求めて自宅不倫をする者もいるので、一刻も早く阻止することが重要だ。 自宅不倫をしていれば、家の中に痕跡が残る場合もあるし、隠しカメラや盗聴器を仕掛けてパートナーの行動をチェックするという方法もある。ただし、手掛かりの収集は慎重に進めなければならないし、慰謝料などを請求するには法廷でも通用する決定的な証拠が必要になる。探偵などに本格的な調査を依頼して、早期に問題解決を図ろう。

監修者プロフィール
伊倉総合法律事務所
代表弁護士 伊倉 吉宣

2001年11月
司法書士試験合格
20023月
法政大学法学部法律学科卒業
20044月
中央大学法科大学院入学
20063月
中央大学法科大学院卒業
20069月
司法試験合格
2007年12月
弁護士登録(新60期)
20081月
AZX総合法律事務所入所
20105月
平河総合法律事務所
(現カイロス総合法律事務所)
入所
20132月
伊倉総合法律事務所開設
2015年12月
株式会社Waqoo
社外監査役に就任(現任)
2016年12月
株式会社サイバーセキュリティクラウド
社外取締役に就任(現任)
20203月
社外取締役を務める株式会社サイバーセキュリティクラウドが東京証券取引所マザーズ市場に新規上場
2020年10月
株式会社Bsmo
社外監査役に就任(現任)
20216月
社外監査役を務める株式会社Waqooが東京証券取引所マザーズ市場に新規上場
20224月
HRクラウド株式会社、
社外監査役に就任(現任)

※2023年11月16日現在

HAL探偵社の浮気チェック

  • 夫の浮気チェック
  • 妻の浮気チェック

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。