専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の調査クレジットカード明細から浮気の証拠を見つけ出せ!

クレジットカードの利用明細

パートナーの態度や行動の変化から、浮気をしているのではないかと疑いを抱くことがある。しかし、疑うだけで何も行動を起こさなければ、不安やストレスが溜まるばかりで問題を解決することもできない。かといって、一体何をどうすればいいかのかと悩む人も多いだろう。 そんな時、まずやるべきなのが、浮気の手がかりをつかむことだ。具体的な手がかりがあれば、迷いはなくなるし、次のアクションを取ることもできる。その手がかりの一つがクレジットカードの利用明細だ。浮気をしていれば、浮気相手とのデート代など、いろいろな出費が必要になる。クレカの明細には、いつ、どこで、何に、いくら支払ったかという情報が残っているため、そこからパートナーの行動がわかり、浮気を見抜くことができるのだ。 明細のチェックの仕方や、注意しなければならないこと、さらには浮気問題を解決するために、明細情報をどのように利用すればいいかも解説していく。

明細のチェックポイント

クレジットカードの利用明細は、どうやってチェックしたらいいのだろう? 紙の明細書があればいいが、そうでない場合はどうすればいいのか? 夫婦なら、カード会社に電話すれば、パートナーの明細を教えてくれるのだろうか?

また、紙の明細書があったとしても、それで事足りるわけではない。クレカの明細を見たことがあればわかると思うが、どんな目的でカードを使ったのかは記載されていないし、聞いたこともない会社名が並んでいて、誰かに不正利用されたのではないかとドキッとした経験もあるだろう。

浮気を見抜くための明細の調べ方やチェックポインドなどを見ていこう。

明細を調べる方法

クレジット明細書とは、口座から引き落とされる利用金額や請求内容、ないしは返金処理などをまとめたもので、明細書を確認することでカードを何に利用したかがわかり、不正利用などのトラブルが防げる。明細書は、カードの支払日の約2週間前に送られてくるが、手続きをすれば郵送を止めることもできる。

その場合、カード会社のマイページなど、webサイト上に明細データが掲載されているので、24時間いつでもそのサイトにアクセスして明細を確認できる。ただし、アクセスする際にパスワードがわかっていなければ、明細を見ることはできないし、カード名義本人でなければ、紙の明細書を取り寄せたり、カード会社に電話で利用内容を問い合わせたりすることもできない。

パートナーの利用明細を確認したい時は、本人の承諾を得ることが必要になるのだが、カード会社から届いた封書がすでに開封されて誰でも明細が見られる状態になっていたり、以前にマイページのログインパスワードを教えてもらっているような場合は、明細を確認するチャンスもあるだろう。なお一般的には利用料が0円の場合、明細は送付されない。

ホテル

クレジットカードの明細書には、カードの利用日、利用内容、支払額などが記載されており、いつ・どこで・何にカードを使ったかがわかるようになっている。浮気をしていれば、コンビニでの買い物などを除いて、それなりの金額を支払うケースが多いので、カードを使う機会も増えるだろう。

特に浮気関係の支払いで、ほぼ確実に必要なのがホテル代だ。浮気相手と肉体関係があるなら、相手の家に通っているのでもない限り、ホテルを利用するしかない。そのため、カード明細にもホテルへの支払いが記録されているはずだ。

ただし、普通のビジネスホテルを利用したのであれば、明細にホテル名が記載されるだろうが、ラブホテルの場合は必ずしもホテル名が書かれているわけではない。「〇〇観光」や「〇〇レジャーサービス」など、運営会社の社名が記載されていることも多いので、見逃さないようにしなければならない。

レストラン

浮気相手と会う時、毎回ホテルだけ利用して、事が済んだら「ハイさようなら」というわけにもいかないだろう。大抵は、相手に気に入られたいために、旦那気分で高級なレストランで食事をしたりすることもあるはずだ。カード明細に、普段家族と行ったこともないようなオシャレな店の名前が載っていたら、怪しい兆候と言っていい。

もちろん、会社の歓送迎会や忘年会でいつもとは違う高級店に行き、とりあえず自分のカードで飲食代をまとめて立て替えたというケースもあるだろう。しかし、そういうシーズンでもないのに、高額な飲食が続いているのであれば明らかに不自然だ。

なお、ショッピングモールやデパートを利用した場合、店舗名ではなく、商業施設名が明細に記載されることもある。しかし、その場合も、普段の平日に会社から離れた商業施設で飲食しているのは、不審な行動と言えるだろう。

デートスポット

休日などに浮気相手とデートスポットに行って、レストランやカフェで飲食をした記録が明細に残っていることもある。これまでは世間の流行にまったく関心がなかったパートナーが、家族には内緒で「2021〜2022年最新のデートスポット」などと言われるところに行っていたのだとしたら、かなり怪しい。

また、浮気相手が若かった場合、テーマパークでデートしたりすることもあるだろう。もし、カード明細にディズニーリゾートのチケット代などが記載されていたとしたら、浮気をしている可能性はかなり濃厚だ。よほどのマニアでもない限り、大の大人が家族も連れずにこっそりディズニーリゾートに行って、1人でアトラクションを楽しんでくるなどということがあるはずはない。

プレゼント

浮気を始めると、ホテルや高額な飲食代だけではなく、プレゼントへの出費も増えることがある。浮気相手の誕生日やクリスマスのプレゼントとして、服やバッグ、時計、アクセサリーなどを購入するからだ。

そのような場合、カード明細には具体的な品名までは記載されないことが多いが、普段特にファッションには興味を見せないパートナーが、高級ブランドショップやジュエリーショップで買い物をしていたとしたら不自然だ。しかも、その品々を自分が身につけるでもなく、家族に渡すのでもないのであれば、浮気相手へのプレゼントを買ったのだと疑われるのも当然だろう。

利用内容を調べる方法

ラブホテルなどは、ホテル名の代わりに運営会社の社名が利用内容に記載されることが多いとお伝えしたが、何の会社か見当がつかないような、不明な社名が繰り返し登場している場合は、その社名をメモに書きとめよう。そして、それをインターネットで検索するのだ。

そうすれば、その会社がラブホテルを経営していることが明らかになるだろう。また、レストランや商業施設の詳細も、ネット検索すればすぐにわかる。それがデートにうってつけの店で、ホテル街に近かったりすれば、浮気の可能性は高くなる。

ショッピングの履歴についてもネットで調べて、若い女性が好むようなブランドショップやセレクトショップを利用していたことがわかれば、自分や家族のために何かを買ったのではないことが判明するだろう。

利用金額

明細書の利用金額からも、浮気の痕跡を見つけることができる。例えば、レストランで食事をしている場合でも、支払額がランチ代ぐらいの金額であれば、昼休みに1人で食事したのだと考えられる。しかし、食べログなどに載っている、その店の平均予算に比べて倍以上の金額を使っているのだとしたら、1人で店に行ったとは考えにくい。

また、節約を心がけているはずのパートナーが、ブランドショップなどで突然高額な買い物をしているのであれば、それもかなり怪しい。パートナーが今までとはまったく違う金の使い方をしている時は、十分に注意した方がいいだろう。

日時

不倫をすれば、カードを利用する曜日や時間帯にも特定のパターンができてくる。パートナーにも浮気相手にもそれぞれ仕事などの都合があるのだから、密会が2人にとって都合のいい日になるのは当然のことだ。それがカード明細にも反映されるため、毎週同じ曜日に高い飲食代やホテル代が支払われていることなどがわかってくる。

また、浮気に車を使っているのなら、その形跡が明細に表れることもある。ガソリン代やETC料金をクレジットカードで支払っていれば、密会日がわかるのと同時に、給油所名が記載されていれば、どのあたりで浮気相手と会っているかも読み取ることができる。

カードの利用情報と行動の照らし合わせ

このようなカード明細の情報と、パートナーの行動を照らし合わせれば、浮気を見抜く確率をさらに高めることができる。浮気のカモフラージュのために仕事が口実にされることは多いが、例えば「今日は残業」と言って出かけた日に、会社から離れた場所にある高級レストランを利用した記録があれば、怪しんでしかるべきだろう。

さらに、休日出勤だと言って家を出たのにデートスポットのカフェに入っていたり、地方出張と言っていたのに市内のホテルに泊まっていたりした事実が明かになれば、浮気をしている疑いがますます濃くなる。パートナーが言っていることとカード明細の情報との食い違いを見つけ出すために、日頃から残業や会社の飲み会があったという日、土日出勤や出張した日などをメモに書いておくことが必要だ。

また、妻に浮気の疑いがある場合は、ママ友との飲み会に行くといった日や、休日に1人でショッピングや習い事に行った時、女友達と旅行に出かけた日などを記録しておくといいだろう。

確認の際の注意事項、犯罪と言われないように

プライバシーが守られたスマートフォン

夫婦と言えど、お互いのプライバシーは守る必要がある。特に個人情報の保護がとやかく言われている昨今、パートナーの浮気の手がかりをつかむためであっても、法律的に許されないこともあるので、どこまでの範囲なら認められるのかという知識を身につけて慎重に行動しなければならない。

一方、浮気をする側にも、カードから足がつかないようにいろいろ悪知恵を働かせる者がいるので油断ならない。カード明細をチェックする時の注意事項をピックアップする。

明細書を勝手に開けて見る

クレジットカードの明細書は、特定の受取人だけに通知される「信書」に当たる。カードの名義人以外の他人が正当な理由もなく開封すると、受取人のプライバシーを侵害したことになり、「信書開封罪」に問われて1年以下の懲役または20万円以下の罰金を科せられる可能性がある。

信書開封罪は親告罪なので、明細書の受取人、あるいはクレジットカード会社が訴えなければ罪に問われることはない。しかし、浮気の慰謝料などを請求する場合、不正な方法で明細書の情報を入手したことがわかれば、その情報を証拠として使うことができず、請求が認められなくなることもある。

受取人本人の許可を得るか、明細書がすでに開封されて、誰にでも見られる状態になっている時に内容をチェックしよう。

不正にウエブ明細を見る

マイページなど、カード会員専用のwebサイトで利用履歴をチェックする際も注意が必要だ。会員本人以外の第3者が不正にパスワードを手に入れて、許可なく会員専用ページにログインすると、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」に抵触し、3年以下の懲役又は100万円以下の罰金を科せられる恐れがある。

もちろん、そのような方法で手に入れた情報は、勝手に明細書を開封した場合と同様、浮気の証拠として認められない。合法的に明細書の情報にアクセスするには、やはり本人の承諾が必要になる。

見る権限があるなら大丈夫

パートナーが浮気の発覚を恐れているなら、「明細を見たい」と言っても簡単には許可しないだろう。そういう時は、どうしたらいいのだろう?

もし、前々から自分が家のお金の管理をすべて任されていて、パートナーには小遣い制でお金を渡しているのだとすれば、お金の使いみちをチェックする権限を与えられている状態だと考えていいだろう。その場合でも、パートナー宛の明細書を勝手に開けることは許されないが、以前に会員専用ページのパスワードを教えてもらっていたのであれば、web明細を見ることができる。

また、自分が家族カードを持っているのなら、web明細の確認も可能だ。その場合、紙の明細書は本会員であるパートナーにしか送られないが、web明細には本人カードと家族カードの利用履歴が一緒に記載されているので、そこからパートナーの怪しい出費を拾い出せばいい。

利用時に発行されたレシートの確認

クレジットカードの利用情報は、明細書に残るだけではない。クレカで支払えば、通常のレシートと一緒にカードの売上レシートも別途発行される。そして、そのレシートには、利用した店舗や日付だけでなく、購入した商品やサービスの内容、利用した時間も記載されている場合がある。

浮気をしている人は通常、見られてはまずいレシートは処分しているだろうが、誰しもうっかりミスをする時があるので、財布やポケットの中にレシートが残っている可能性がないとは言えない。もし、怪しいレシートが出てきたら、ネット検索などもしてしっかりチェックし、いつ・どこで・何にカードを使ったのか突き止めよう。

浮気用のクレジットカードの存在

普段から複数のクレジットカードを使い分けている人も多いが、家族カードがあるなど、カード明細を他の人に見られる恐れがある状況で浮気を始めた場合、浮気用のカードを新たに作るケースがあるので気を付けなければならない。年会費無料の楽天カードなど、容易に作れるものも多い。

財布を調べれば、その新しいカードが入っているかも知れないが、パートナーが用心深い性格だと、カードが見つからないように隠し持っている可能性もある。しかし、その場合でも、新しいカードからの引き落としがあれば、銀行の通帳にカード会社名と引き落とし金額が記入されるので、カードの存在を見抜くことができる。

パートナーの浮気隠ぺい工作に引っかからないように、定期的に預金通帳を確認して、怪しい支出がないか調べるようにした方がいい。

カード明細の利用価値

カード明細の利用価値について考える女性

クレジットカードの明細を上手く確認することができ、カードがパートナーの浮気のために使われていることが判明したら、次は問題解決に向けて行動しなければならない。

その際、浮気の証拠としてつかんだカード明細の情報は、どんな役に立つのだろう? また、話がこじれて離婚裁判になった時などは、その情報はどのような効力を発揮するのだろう? カード明細の利用価値について解説する。

浮気問題解決のための話し合い

パートナーが浮気しているのではないかという疑いを持ったとしても、具体的な根拠もなくパートナーを問いただすのは間違いの元だ。ただの疑いだけでは、自分が浮気していることを認めようとはしないだろうし、浮気相手としばらく距離を置いてほとぼりを冷まそうとすることも考えられる。そうなると問題がうやむやになったまま、夫婦仲が冷え込んでしまうかも知れない。

その点、カードの明細からラブホテルなどを何度も利用していることが明かになれば、パートナーも言い逃れするのは難しくなる。浮気の事実を認め、問題解決に向けて夫婦で真剣な話し合いをするしかなくなるのだ。

明細の証拠能力

このあと紹介するように、浮気問題がこじれて裁判に持ち込まれた時、自分が有利な立場になるようにするには、浮気の事実を立証できる証拠を用意しなければならない。なぜなら、カード明細は1つの証拠にはなるが、それだけで十分かといえば、残念ながら浮気を立証する証拠としてはまだ弱い。

そのため、裁判に勝つには他の証拠も用意するといった対策が必要だ。例えば、パートナーと浮気相手がラブホテルに出入りするところを押さえた写真などと一緒にカード明細を提出すれば、2人が肉体関係を持っていたことを確実に立証できる。

後々慰謝料の請求などで裁判になるケースなども考えると、パートナーを問い詰める前に、カード明細以外の証拠も手に入れておくべきだ。また、先ほどお伝えしたように、不正な手段で明細情報を手に入れた場合は、証拠として使えなくなるので注意したい。

離婚請求

浮気したことをどうしても許せず、離婚したいと思っているのにパートナーがそれを拒否した場合、最終的には離婚請求をして裁判で争うことになる。離婚請求が認められる法律上の条件の1つとして、「不貞行為」が挙げられる。不貞行為、つまりパートナーと浮気相手が肉体関係を持っていたことが事実であれば、離婚が認められやすくなるわけだ。

離婚請求をする際は、請求する側が不貞行為があったことを立証しなければならず、そのためには浮気の決定的な証拠を集めておかなければならない。その証拠さえあれば裁判に勝てる可能性が高くなり、いったん判決が下れば、パートナーが離婚を拒むことはできなくなる。

慰謝料請求

浮気を立証する証拠があれば、パートナーや浮気相手に対して慰謝料を請求することもできる。離婚するのであれば、財産分与とは別立てでパートナーから慰謝料を取る形になる。

離婚しないのであれば、浮気によって自分が受けた「つらい」という精神的苦痛に対する慰謝料を、浮気相手に支払わせてもいいだろう。その際、相手が支払いを拒否しても、裁判に持ち込んで勝訴すれば、離婚請求と同様、相手は判決に従うしかなくなる。しかし、実際は、慰謝料を請求された時点で相手が驚いて不倫関係を解消するケースが多いので、慰謝料請求は浮気防止策としても有効だ。

明細以外に証拠となるもの

浮気の証拠

カード明細は、単独では証拠としての能力が弱いが、他の証拠と合わせて使えば重要な影響力を発揮するものであることがわかった。では、他にどんなものが浮気の証拠となるのだろう?

浮気をするためには、浮気相手と連絡を取ったり、密会場所に移動したりしなければならず、その行動がさまざまな痕跡を残すことになる。それらの証拠が集まれば、確実に浮気の事実を立証することができ、裁判でも大きな威力を発揮する。裁判で使える証拠・使えない証拠を紹介する。

写真・動画

浮気を立証する最も強力な証拠となるのが、パートナーと浮気相手がラブホテルに出入りする場面を撮影した写真や動画だ。そもそもラブホテルは、性行為を行うための場所だから、そこを利用したということは不貞行為があったという事実の裏づけになる。

しかし、1回だけの利用では、「相手が体調を崩したのでホテルで介抱した」といった言い逃れをされる可能性もあるため、その後複数回にわたってラブホテルを利用している場面を写真・動画に収めなければならない。2人に気づかれないように何度も決定的シーンを撮影するのは難しい作業なので、探偵社などの浮気調査のプロに任せた方がいいだろう。

音声

浮気相手と電話でやり取りした通話記録や音声記録も、有力な証拠になる。ただし、その会話が、浮気相手と一般的な会話をしていただけの内容では、証拠としては弱い。例えば、その会話がかなり親密な雰囲気だったとしても、今度また遊びに行こうというような内容であれば、ただの友人で「ふざけて恋人ごっこをしていただけ」と言い逃れされてしまうかもしれないからだ。

浮気の証拠として提出するためには、「あのホテルにまた一緒に泊まろう」といったような、肉体関係を強く示唆する会話が録音されている必要があるだろう。

LINE・メール

浮気相手との連絡手段として、今よく利用されているのがLINEやメールなので、そのやり取りを調べることができれば、多くの証拠を見つけることができるだろう。しかし、これも通話と同様に、「友人としてのやり取り」とごまかされてしまうような内容だと、法廷では通用しにくい。

肉体関係を持っていることがわかるような具体的なやり取りが何度も行われていたり、2人の親密な写真が添付されているといった証拠が必要なのだ。

SNS

LINEやメールのほかに、ツイッターやフェイスブックなどのSNSのダイレクトメッセージも連絡手段として使われており、不用意なやりとりがきっかけで浮気が発覚することがある。また、友人以上の関係であることがわかるようなツーショットを、浮気相手がインスタグラムなどに不用意に載せてしまうというケースも考えられる。

もちろん、それだけでは肉体関係があることまで証明できないが、写真が投稿された日にホテルなどに宿泊したカード明細があれば、併せて提出することで有力な証拠として認められる可能性がある。

カーナビやドラレコ

浮気に車を使っている場合、カーナビやドライブレコーダーからも有力な証拠を得られることがある。車に搭載されているカーナビの多くは、一定期間、検索履歴が残るようになっているし、車が走った経路を記録する「走行軌跡」の機能もついている。それらのデータから、ラブホテルを検索してそこに行ったことがわかれば、相手を追い込むことができるだろう。

また、ドライブレコーダーには走行中の周囲の映像だけでなく、車内の映像・音声も記録される。パートナーがそれを忘れて、浮気相手と親密な会話をしたり、キスや不貞行為を行っている録画が残されたままになっていれば完全にアウトだ。

電車や高速の利用記録

電車や車を使って浮気相手に会っていれば、交通系ICカードやETCカードにその移動履歴が残る。SuicaやPASMOなら、駅の券売機にカードを挿入して履歴表示ボタンを押すと利用履歴が表示され、印字することもできる。

ETCも、パスワードさえわかっていれば、ネットの「ETC利用照会サービス」にログインして高速の利用履歴の明細を確認することが可能だ。移動履歴だけでは証拠としては弱いが、ホテルの利用明細などと合わせて提出すれば、浮気の事実を裏づけるのに十分役立つはずだ。

GPS

GPSを使ってパートナーの行動をチェックしようとする人も増えている。最近は、さまざまな小型のGPS発信機が売られており、スマホと連携させてリアルタイムで相手を追跡できるのに加え、移動履歴も残せるようになっている。

これを使えば、パートナーが今どこにいるかがわかるし、記録された移動履歴からラブホテルや浮気相手の家に行き、そこにどれぐらい滞在したのかも判明するかもしれない。

GPSを使って集めた証拠合も、裁判で認められるケースがあるが、あとで触れるように、このようなやり方が違法と見なされることもあるので注意が必要だ。

探偵社や興信所の調査報告書

信頼できる浮気調査のプロに依頼すれば、浮気の事実を立証できる確実な証拠を集められる。例えば、長時間にわたる尾行や張り込みを行う調査は、1人ではとてもできないが、探偵社では1チーム2人以上の体制でターゲットを見失うことなく追い続け、パートナーと浮気相手がラブホテルなどに出入りする決定的シーンを写真や動画に収める。

また、経験のない人が尾行や張り込みを行うと、ターゲットに気づかれたり、警察官に咎められたり、決定的瞬間を逃したりする危険性があるが、十分なスキルを持ち、暗闇でも鮮明に撮影できる高性能な機材を備えたプロの探偵ならその心配もない。

探偵は浮気調査完了後に、その結果を「調査報告書」にまとめ、依頼人に提出することになっている。この報告書には、ターゲットの行動が詳しく記されているのに加え、写真・動画も添付されているので証拠としての価値が高く、交渉や裁判を有利に運ぶことができる。

証拠として使えないもの

以上のように、浮気の証拠として使えるものはいろいろあるが、明細書を勝手に開封したり不正にアクセスしたりするのが許されないのと同様に、詐欺のように相手を騙したり、間違った方法で証拠を集めると、裁判で認められないだけでなく、罪に問われる場合もある。

例えば、スマホやデジカメで撮影した写真や動画などのデジタルデータは、あとから加工することができる。そのため、改ざんされる可能性があるということで、証拠として認められないケースがある。撮影するならアナログカメラがいいし、LINEやメールのやり取りも、スクショやコピペで保存したものは改ざんを疑われるので、表示画面をスマホの本体ごと撮影するのがいいだろう。

GPSは、本人の承諾なく取り付けるとプライバシーの侵害になる。夫婦共有の車に設置するのはいいが、パートナーのカバンや服に入れるのは止めよう。さらに、浮気相手の敷地に勝手に侵入してカメラや盗聴器を設置したりすると、住居侵入罪といった犯罪に問われるので絶対にやってはいけない。

まとめ

キャッシュレス社会になりつつある今、何の支払いをするにしても現金ではなくクレジットカードで対応できることが多くなった。浮気の場合も例に漏れず、ホテルやデート代などさまざまな費用がクレカで支払われる。そのカード明細の情報を、法に触れないように確認・分析できれば、パートナーの浮気を見抜く重要な手がかりが得られる。 カード明細は、単独では証拠として弱いものの、夫婦関係修復の役に立つし、他の証拠と合わせれば裁判でも十分に通用する。特に有力なのは、探偵によってパートナーと浮気相手がラブホテルなどで密会しているシーンが撮られた写真や動画で、これとホテルの利用明細が合体すれば、最強の証拠となるだろう。浮気調査のプロを利用して決定的な証拠を手に入れ、早期に問題解決を図ろう。

監修者プロフィール
伊倉総合法律事務所
代表弁護士 伊倉 吉宣

2001年11月
司法書士試験合格
20023月
法政大学法学部法律学科卒業
20044月
中央大学法科大学院入学
20063月
中央大学法科大学院卒業
20069月
司法試験合格
2007年12月
弁護士登録(新60期)
20081月
AZX総合法律事務所入所
20105月
平河総合法律事務所
(現カイロス総合法律事務所)入所
20132月
伊倉総合法律事務所開設
2015年12月
株式会社Waqoo
社外監査役に就任(現任)
2016年12月
株式会社サイバーセキュリティクラウド
社外取締役に就任(現任)
20203月
社外取締役を務める株式会社サイバーセキュリティクラウドが東京証券取引所マザーズ市場に新規上場
2020年10月
株式会社Bsmo
社外監査役に就任(現任)
20216月
社外監査役を務める株式会社Waqooが東京証券取引所マザーズ市場に新規上場

※2021年10月25日現在

HAL探偵社の浮気チェック

  • 夫の浮気チェック
  • 妻の浮気チェック

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。