専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の疑い血液型と浮気の関係は?タイプ別の浮気のパターンとは

血液型

日本では、血液型による運勢占いや相性診断など、血液型と性格を結び付けた書籍やサイトなどが数多く存在している。近年、血液型と性格に関連性はないとする研究結果も出されている一方、YAHOO!ニュースが行ったアンケートでは、過半数の人が「血液型と性格は関係があると思う」と答えている。 それでは、血液型と浮気の関係はどうだろう? 浮気をしやすい血液型というのは存在するのだろうか? あるサイトが実施した「一番浮気しないと思う血液型は?」というアンケートを例にとれば、 1位:A型(36%) 2位:O型(24%) 3位:AB型(20%)
4位:B型(19%) つまり、A型が一番浮気をせず、B型が一番浮気をしやすいと思われているようだ。もちろん、サイトによって結果もまちまちなので、これはあくまで一例でしかないが、血液型と浮気に関係があると考えている人も多いのは事実だろう。そこで、一般的にイメージされている血液型と性格の関係性や、それぞれの性格ごとの浮気のパターン、浮気を阻止するための対処法などを紹介する。

1.血液型別の浮気のパターン【男性編】

血液型と性格は関係ないかもしれないとは言え、日ごろから『A型の男性は真面目な性格』などと言われ続けると、本人も無意識のうちにそのイメージに従って行動するようになるケースも出てくる。日本の血液型の割合は、おおよそA型40%、O型30%、B型20%、AB型10%と言われるが、それぞれどんなイメージを持たれているのだろう。各血液型の性格イメージや、浮気をする時のパターンを見ていこう。

1-2.A型

A型の男性の性格イメージは真面目で神経質。他人に対する警戒心が強く、簡単には相手に心を開かない男性もいる。また、世間体を気にするところもあり、他人の目を常に意識している。そのため、自分の評価が落ちてしまうような行動は避けようとするし、浮気に関してもメリットとデメリットを比べて冷静な判断をしようとする傾向がある。一方、真面目で紳士的な性格を魅力的に感じる女性も多いかもしれない。

A型の男性は、恋愛に対しても真面目であり、パートナーに一途に尽くそうとする。パートナーがその気持ちを受け入れているうちは大丈夫だが、関係が上手くいかなくなると、自分のすべてを否定されたような気持になり、浮気に走ってしまうケースがある。A型の男性は、承認欲求も強いため、聞き上手な女性や自分をほめてくれる女性に惹かれる傾向がある。パートナーとギクシャクしている時に、自分の話を親身に聞き、慰めたり励ましたりしてくれるような女性が現れると、ついつい気持ちが傾いてしまうかも知れない。一途な性格だけに、相手と一度関係を持つと、浮気がどんどん本気になっていく可能性もあるので注意が必要だ。

1-3.O型

O型の男性には、優しくておおらか、細かいことは気にしないという性格イメージがある。また、他の血液型に比べて社交性が高く、交友関係が広い男性も少なくない。その分、多くの女性と接する機会があるため、浮気の危険度は増していく。さらに、O型男性の特徴である『おおらかさ』は、悪く言えば『いい加減さ』にも通じると言え、浮気への罪悪感を持たない場合もあり、パートナーにバレても堂々と浮気を続ける猛者もいる。

O型の男性は、おおらかな性格なので、基本的に神経質なタイプとは合わない。家で細かな注意ばかりされたり、いつも行動を束縛されたりしていると、ストレスをどんどん溜め込んでしまう傾向がある。それがさらにエスカレートすると、家の外に安らぎの場を求めるようになるかもしれない。そんな時に、自分を受け入れ、安らぎを与えてくれるような女性と出会うと、自然と親密になってしまう可能性もある。また、O型男性が浮気相手に選びやすい相手は、体の相性がいい女性とも言われる。そのため、一線を越えて深い関係になった場合、相手の体の魅力にとりつかれると、浮気が長引くことも考えられる。

1-4.B型

B型の男性の第1の特徴は、マイペース。自分の気持ちに正直で、他人に合わせるよりも心のままに自由に行動することを好む。また、好奇心旺盛で、常にアンテナを張り、楽しいことや面白いと思ったことにすぐに飛びつく傾向がある。そのため、B型の男性が浮気をする際は、その場の勢いであることも多く、いいと思う女性に出会ったらためらいなくアプローチするケースもある。モラルをあまり重視しない一面もあるため、浮気相手がパートナーの親友であろうとお構いなしという男性もいる。 
B型の男性は、好奇心旺盛な反面、飽きっぽいため、恋愛をしている時や結婚したての頃は、パートナーに夢中になっているが、結婚生活が長くなり、夫婦関係がマンネリ化してくると浮気の虫がうずき出す。また、寂しがり屋の男性も多く、子供が生まれて妻が育児に手を取られたり、気持ちがすれ違ってあまりかまってもらえなくなると、その寂しさを埋めるために他の女性を求めてしまうケースもある。B型の男性が浮気相手に選ぶ女性は、自分をいつもかまってくれる人。そして、アクティブで好奇心旺盛なタイプや、どこかミステリアスで興味をそそるようなタイプにも惹かれるようだ。

1-5.AB型

AB型の男性の基本的な性格イメージは、論理的でクール。しかし、普段は常識や理性を重んじているものの、時々それに縛られずに自分独自の感性に基づいて物事を判断するため、とらえどころのない印象を与える。AB型の男性は好き嫌いが激しいのに加えて、内面に踏み込まれるのが苦手なタイプも多く、なかなか恋愛に至らないが、心の壁を乗り越えると相手への気持ちが一気に深まる場合もある。また、面倒くさがりで人間関係のゴタゴタを嫌う一面もあるため、浮気をする時は割り切った関係を望み、相手が本気になった途端、関係を解消する人も少なくない。 
女性に対して一途な性格である上に、面倒くさがりのAB型男性は、気持ちが入らなければ浮気に踏み切る可能性が低いため、『お酒の勢いで一晩限りの関係を持った』というパターンは少ないだろう。逆に言えば、自ら浮気を始めた時は、相手のことを本当に好きになっていることが考えられるので、用心しなければならない。AB型の男性が浮気相手に選びやすい女性は、自己主張が強くないタイプだ。クールでプライドが高いAB型は、自分に言い返してくるような女性が苦手なので敬遠する。また、自分を理解してくれ、2人の関係を絶対他人にバラしたりしない『信頼できる相手かどうか』もポイントとなる。

2.血液型別の浮気の回避策【男性編】

パートナーの浮気を疑う女性

どんなに誠実な男性でも、浮気をする可能性はある。しかし、パートナーの性格と浮気のパターンがわかれば、浮気を回避するための方法も見えてくるだろう。普段、どのような態度でパートナーに接し、浮気の芽を摘むためにどんなことに気をつければいいのかを紹介する。

2-1.A型

A型の夫を浮気に走らせないようにするには、まず『顔を立てる』ことが大事だ。性格的に世間体を気にしがちで承認要求も強いため、妻に馬鹿にされたり文句ばかり言われたりしていると、プライドを保てなくなり、妻の顔を見るのも嫌になってくる。その結果、自分に自信を与えてくれるような女性を外に求めてしまうのだ。そういう事態を避けるためにも、時には夫の日頃の苦労をねぎらい、感謝の言葉を口にすることも必要だろう。

また、A型の夫は不器用で、愛情表現をするのが下手な割に、妻からは積極的に愛情表現してもらいたいと思っているところもある。そのため、妻の愛情表現が少ないと、『本当は自分のことを愛していないのではないか』と不安になってしまう。A型の夫とは、日ごろからよくコミュニケーションを取り、話を聞いてあげて、夫がどんな気持ちでいるのか理解するように心がけよう。

2-2.O型

O型の夫は、頼られることが大好きなので、浮気を回避するためには夫に可愛く甘え、頼りにしていることが伝わるようにすることも必要だ。仮に夫に頼らなくても大丈夫だとしても、妻が『一人で何でもできるから構わないで』という態度を取っていると、愛情まで薄らいでいく感じがして、満たされない気持ちが膨らんでいってしまうかも知れない。少しでもいいので夫を頼れば、「頼りにしてくれている妻を裏切ることできない」と、浮気心に歯止めをかけることができる。

O型夫は、子供のことも大切にするので、子供がいるのであれば、家族で一緒に過ごす時間を増やして絆を深めることも大切だ。また、夫婦喧嘩をした場合は、なるべくその場で喧嘩を終わらせるようにしよう。O型は意地っ張りなところがあるので、冷戦状態が続くとどんどん意固地になっていくケースもある。大した原因でもない喧嘩がもとで夫婦関係にヒビが入り、それが浮気の発端になることも考えられるので注意したい。

2-3.B型

B型の夫は、浮気に対する心理的ハードルが比較的低く、その場の勢いで浮気に走ってしまうこともある。しかし、だからといって日ごろから夫の行動を制限しようとするのは逆効果だ。B型は基本的に自由を好み、束縛されるのを嫌がる。そのため、女性が参加する飲み会に行かせなかったり、こまめにメールすることを強要したりすると、息苦しさを感じ、開放感を求めて他の女性のもとに行ってしまう可能性がある。かといって、B型の夫は寂しがり屋でもあるので、かまいすぎないのもNGだ。

好奇心旺盛な夫を浮気に走らせないためには、マンネリを避け、常に新しい刺激を与えるような工夫をすることも大切だ。しかし、そのために特別なことをする必要はない。夫婦で新しいところに出かけてみたり、新しい趣味を始めてみたりするだけで、暮らしに変化を与えることができる。お互いに興味の幅を広げて、夫婦生活を楽しもう。

2-4.AB型

AB型の夫も、束縛されることや強制されることを嫌う。AB型は、特に物事を論理的に考える傾向があるので、根拠もないのにしつこく浮気を疑って、行動を制限するようなことをすると、不快に感じ、妻に対する愛情が冷めてしまうかも知れない。その結果、自分を認め、信頼してくれる他の女性に気持ちが移っていく可能性もある。AB型の夫は、基本的に面倒くさがりで、煩わしいことは避けようとするタイプなので、妻や家族との関係が上手くいっていれば、わざわざ浮気をしようという気も起こさないだろう。まずは、夫の意思を尊重し、しっかりと信頼関係を保つこと。そして、一緒に楽しめる趣味などを見つけて、家庭生活を充実させることが大切だ。

3.血液型別の浮気のパターン【女性編】

パートナーの浮気を疑う男性

同じ血液型であっても、性別が変わると似たようなところもある反面、微妙に性格が違ったり、行動の仕方が違ってくる部分もある。性格や行動が違えば、当然浮気をする時のパターンにも影響が出るはずだ。女性の血液別の浮気のパターンを見ていこう。

3-1.A型

A型の女性の性格イメージは、真面目で几帳面であることは男性と同じだが、そのほかにルールを重視する、控えめで自己主張が少ないという特徴もある。また、芯が強く、頑固なところもある反面、臆病で心配性な一面も持っている。好きな人には一途に尽くし、ルールを重視するだけに、基本的には浮気を嫌悪しているが、信頼を裏切るようなことをされるとパートナーを許せなくなる。そんな時、魅力的な男性に出会うと、一途な性格が裏目に出て、浮気に突っ走ってしまう可能性もあるので要注意だ。どんな女性にも当てはまるが、A型の女性が好むのは、優しくて思いやりのある男性。また、自分が控えめな性格である分、少年のように明るく元気で、自分を引っ張っていってくれるようなタイプの男性を浮気相手として選ぶ傾向もあるようだ。

3-2.O型

O型の女性は、男性と同様、おおらかで社交的であるのに加えて、アネゴ肌な性格を持つ。直感を大事にするロマンチストでもあるので、『この人が運命の人かもしれない』と感じたら、相手にのめり込むケースも少なくない。また、O型の女性は、一つのことに集中すると視野が狭くなり、何があっても意思を貫き通そうとする傾向を持っている。そのため、相手がどんなダメ男であっても、周りがいくら忠告しても、愛情を注ぎ続けることになる。

しかし、自分が愛情を注いだ分、相手が愛情を返してくれないと、他の男性に気持ちが移ってしまう場合がある。普段はアネゴ肌だが、内面的には寂しがり屋の部分もあるため、パートナーがその気持ちをわかってくれないと、心が満たされず、不満がくすぶってしまうのだ。そんなO型女性が浮気相手に選ぶのは、自分が心を開くことができ、何でも大らかに許容してくれる男性だ。

3-3.B型

B型女性の性格イメージは、全般的にB型男性とかなり似ている。好奇心旺盛でマイペース、熱しやすく冷めやすいのがその特徴だ。何ごとにもストレートで、好きな相手ができると、『愛してる』という言葉を真っ直ぐに伝えることも多い。反対に、気持ちが冷めてくると『うっとうしい』などと、まるで別人のように相手を拒絶するようになる。また、寂しがり屋で一人でいることが苦手なため、パートナーに放っておかれると、浮気心がわいてくることがある。B型女性は、用意周到に計画するということはあまりせず、魅力を感じる男性がいたら、寂しさを埋めるために一夜限りの関係を結んでしまうこともあり得る。浮気相手に選ぶのは、誰もがカッコいいと思うようなイケメンだったり、ミステリアスで好奇心をそそられるようなタイプだ。

3-4.AB型

AB型の女性の性格イメージは、男性と同じく、基本的には冷静・合理的だが、気分屋で感性に任せて行動するような時もある。また、警戒心が強い女性も多く、好きな人ができても、自分の気持ちを悟られないようクールな態度を取る場合もある。好き嫌いも激しいものの、いったん好きになったらどんどんのめり込むため、パートナーには一途で、火遊びにはほとんど興味がない。しかし、AB型の女性は理想が高く、パートナーに失望したり、信頼関係が崩れたりしたような時、さらに理想的な男性が現れると、そちらに興味が移ってしまう可能性もある。そんなAB型女性が浮気相手に選ぶ男性は、洞察力があり、懐が広いタイプ。気分屋の性格をちゃんと理解してくれ、風変わりな行動も大らかに受け入れてくれるような男性に心を惹かれる。

4.血液型別の浮気の回避策【女性編】

浮気をする女性のイメージ

『男は体で浮気する、女は心で浮気する』とも言われるように、同じ血液型であっても男性と女性では浮気をする時の心理状態も違う。女性の心理をよく理解して、日頃どんな不満や不安を抱えているのかを感じ取り、どのようにして浮気のリスクを減らすかを考えることが必要だ。

4-1.A型

A型の女性は、臆病で心配性な一面を持っており、パートナーがあまりかまってくれなかったり、言葉にして愛情表現をしてくれないと不安になってくる。その結果、自分をかまってくれる他の男性に心が傾いてしまう可能性もあるのだ。それを回避するには、愛情を持っていることを普段から相手にきちんと伝えるように心がけなければならない。また、A型女性は控えめで、引っ張っていってもらいたいタイプなので、基本的には夫がリードしていく形が望ましい。ただし、相手の話はちゃんと聞いてあげなければならない。普段聞き役に回りがちなA型女性は、自分の話も聞いてほしいと思っているため、夫が自己主張や自分に興味のある話ばかりしていると、だんだんストレスが溜まっていく危険性もあるからだ。

4-2.O型

O型の女性は、パートナーに全力で愛情を注ぐが、それに対して相手が十分に応えてくれないと虚しさを感じ、他の男性に目が向いてしまう可能性がある。そうならないようにするためには、相手にきちんと愛情表現をしたり、スキンシップをしたりすることを怠ってはいけない。また、O型女性はアネゴ肌で、周りから相談されてアドバイスしたり、元気づけたりする役回りになることが多く、そういう自分を誰かに評価されたいとも考えている。だから、褒める機会が何かあったら、たっぷり褒めるようにしたい。O型女性は素直な性格なので、誉め言葉をそのまま受け取り、自分が相手から認められていると知って喜ぶだろう。そして、自分に自信を持つと同時に、夫婦の信頼関係も高まって、浮気に走る心配もなくなるはずだ。

4-3.B型

何事にも好奇心旺盛なB型の女性に浮気されないようにするには、飽きさせないことが大事だ。夫婦生活がマンネリ化してくると、つい他の男性に興味を抱いてしまうかも知れないので、記念日などにちょっとしたサプライズをしてみたり、一緒に新しい趣味にトライしてみるなど、暮らしに刺激を与える工夫をするといいだろう。また、B型女性は、束縛されることを嫌う反面、寂しがり屋の部分も持っている。

自由奔放な性格を心配して、浮気をさせないように行動を制限したり、いつ・どこで・何をしたかを一々チェックしたりすると、かえってパートナーから心が離れることにもなりかねない。かといって、放っておきすぎると孤独を感じて、寂しさを他の誰かで埋めようとする可能性もある。放っておいてほしそうな時は放っておき、かまってほしそうな時はかまってあげるといったバランス感覚が必要だ。

4-4.AB型

AB型の女性もB型同様、束縛を嫌う。行動の制限や余計な詮索は避けるべきだ。また、気分屋で態度がころころ変わり、浮気を疑われたことに反発して思ってもいないようなことを口にする時もある。それを真に受けると喧嘩になってしまうので、AB型女性の言動はいったん丸ごと飲み込み、聞き役に回って相手の悩みなどに耳を傾けるようにしたい。そうすれば、『自分を理解してくれている』と安心感を覚えるはずだ。AB型女性には、向上心があり理想が高いタイプも多く、パートナーにも向上心を持ってほしいと思っている人もいる。その期待にパートナーが応えず、現状を変える努力をしないようだと、パートナーへの気持ちが冷めてしまうことも考えられる。AB型の女性に対しては、いつも魅力的な男性でいようとする姿勢が必要だろう。

5.浮気のサインを見逃すな

シャツの襟についた口紅

浮気を始めると、パートナーの態度が変わったり、浮気をごまかすために今までとは違った行動を取る場合がある。その変化のパターンも、パートナーの性格によってまちまちだ。怪しいそぶりを見逃さないようにして、浮気していないかどうかしっかりチェックしなければならない。

5-1.A型男性

A型の男性の浮気は、バレにくい。用心深い上に几帳面で、スマホを肌身離さず持ち歩くようにしたり、LINEやメールのメッセージを全部消しておいたりするため、なかなか尻尾をつかむことができない。そんなA型夫が浮気をしている時の兆候は、妻や家族に対する態度が優しくなるということだ。他の血液型に比べて、罪悪感を覚えやすいタイプなので、少しでも罪の意識を軽くしようと、家族サービスをしたり、記念日でもないのにプレゼントを買ってきたりするケースがある。A型夫が急に優しくなったら、裏に何かあるかも知れないと疑ってみてもいい。

5-2.O型男性

A型とは反対に、浮気がバレやすいのがO型の男性だ。大雑把な性格なので、隠し事が下手で、いろいろなところでボロを出す。O型の男性は情熱家でもあるため、浮気を始めると頭が浮気相手のことでいっぱいになり、自分のパートナーにそっけない態度を取るようになる場合もある。一方、浮気相手にはマメに連絡をするので、常にスマホを持ち歩くようになるが、忙しさを理由に妻からの電話やメールには応えなかったり、残業などと言って帰宅が遅くなる日が増えてくる。今まで大して忙しくもなかったO型夫が、何でも仕事が忙しいせいにするようになったら気をつけた方がいい。

5-3.B型男性

B型の男性は、熱しやすく冷めやすいので、浮気相手と付き合い始めた頃は、O型と同じく自分のパートナーに対する態度がそっけなくなる。今まで妻からのメールに長文のメールを返してくれていたのが、要件だけの短いメールしか送らなくなったり、休日によく夫婦一緒に遊びに行っていたのが、『予定があるから』と1人で出かけるようになったりしたら注意すべきかもしれない。また、B型は、浮気に対する罪悪感が比較的少ないので、浮気相手にハマっている時は表情に出やすく、妙に1人で浮かれていたり、テンションが高かったりする場合もある。

5-4.AB型男性

AB型の男性は、論理的で冷静にふるまうため、A型男性よりもさらに尻尾をつかみづらい。LINEやメールのやり取りなどを消去するのはもちろん、態度や素振りにも浮気の気配を出さない人も多い。ただ、浮気相手が若い女性だったり、自分とは違う趣味の持ち主だったりすると、相手の影響を受ける場合がある。例えばファッションの変化だ。AB型男性は、自分が特に興味のないことに関しては、周りの意見に流されやすいし、ファッションにもあまりこだわらない。それが急に、話に出たこともないブランドの服を買って、オシャレをして出かけるようになったら、浮気相手の好みに合わせている可能性もある。

5-5.A型女性

A型の女性は、根が真面目な上に心配性だ。そんな女性が浮気をしたら、罪悪感にさいなまれるのは間違いないし、いつ浮気がバレるか不安で仕方ないはずだ。浮気の手がかりになるようなものをどこかに残したのではないか、自分の表情から心を読まれるのではないかと恐れ、パートナーと目を合わせるのを避けるようになるかも知れない。話しかけた時に視線を外し気味に受け答えしたり、普段イライラした様子や悩んでいるような様子があったら、後ろめたい隠し事をしている可能性が考えられる。

5-6.B型女性

B型の女性も、B型男性と同様、浮気を始めると、浮気相手にしか興味が向かなくなる。元々少しルーズなところがあるので、やらなければならない用事を忘れてしまったり、夫と待ち合わせた時間に思いきり遅刻したりすることが増えてくるかも知れない。また、夫がLINEしても既読スルーしたり、要件だけのそっけない返信しかしてこなくなるのも、B型男性が浮気をしている時と同じパターンだ。

5-7.AB型女性

冷静で頭の回転が速く、要領のいいAB型の女性は、最も浮気がバレにくいタイプかも知れない。証拠になるようなものは完ぺきに処分するだろうし、態度や行動に浮気の兆候が表れないように極力気を配るだろう。変化があるとすれば、今日何をしたかなど、プライベートに関する話をあまりしなくなることぐらいか。自分がついた嘘が元でボロが出ないよう注意しているわけだが、その程度の変化で浮気が見抜けるはずがない。気づいた時には手遅れ、という可能性が高いのだ。

5-8.浮気調査で事実をはっきりさせる

兆候だけで浮気していると決めつけるのは非常に危険だ。血液型による浮気のパターンや兆候が、誰にでも当てはまるわけではないし、浮気の嫌疑がただの思い違いだったら、疑われたパートナーがショックを受け、夫婦仲が悪くなってしまうこともあり得る。もし、パートナーが浮気しているのではないかと疑っていて、白黒はっきりさせたいのであれば、探偵事務所など浮気調査のプロに依頼するのも一つの方法だ。信頼できる事務所なら、相手に気づかれることなく尾行や張り込みを行い、浮気の現場を押さえるため、パートナーがどんなに用心深くても、確実に尻尾を捕まえられるはずだ。

まとめ

世の中にはさまざまな性格の男女がいて、それぞれ浮気に走る動機や浮気の仕方、浮気をしている時に見せる態度・行動も異なる。パートナーの性格を把握し、浮気の兆候を見抜いて上手く阻止するために、血液型は一つの目安になるかも知れない。しかし、血液型だけですべてを判断するのは危険なことだし、思い込みが強すぎるとパートナーとの信頼関係を壊すようなトラブルにもなりかねない。パートナーとよりよい関係を築くためにも、浮気の疑いを持ったら、まずはきちんと調査などを行って、事実関係を明らかにすることが重要だ。また、調査を通じて法廷でも通用する確実な証拠を手に入れておけば、浮気相手に対する慰謝料請求なども役立てることができる。

  • 夫の浮気チェック
  • 妻の浮気チェック

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。