専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の疑いインスタで浮気や不倫を見破るための7つのヒントとは?

インスタに投稿する写真を撮る男女

あなたがパートナーの浮気をちょっとでも心配しているなら、インスタグラムにも気をつけたほうがいいかもしれない。というのは、インスタが浮気のきっかけになることもあるからだ。このコラムでは、インスタと浮気の関係などを説明していく。

1.日本国内の4 人に1人以上がインスタを使用

多くの人が知っているだろうが、念のため説明しておこう。『インスタ』とは『インスタグラム』(Instagram)の略で、アメリカのFacebook(フェイスブック)社が所有する写真・動画共有SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)だ。

2010年にサービスが開始され、ユーザーは世界10億人、日本だけでも3,000万人をはるかに上回っている。日本では4人に1人以上がインスタを利用している計算だ。

インスタは無料で使うことができ(有料プランもある)、2017年の流行語大賞に選ばれた『インスタ映(ば)え』という言葉は一世を風靡。その後、インスタ映えという言葉は一般化した、といっていいだろう。

140文字以内の文章が投稿できるツイッター(Twitter)も人気は高いが、人によっては文章を書くのはハードルが高いと感じるだろう。それに対し、インスタ映えという言葉に代表されるように、インスタは文章をアップする(投稿する)というより、スマホで写真(または動画)を撮ってアップすればいい、といったイメージが比較的強く、アップすることに対するハードルが低いのではないだろうか。

そのハードルの低さは、女性の多くも感じているのではないだろうか。すてきな風景、かわいいファッション、おいしそうなスイーツなどをインスタにアップすることを日課にし、そのことで支持を集めている女性も少なくない。そのように大勢に影響をあたえる人はインフルエンサーと呼ばれ、憧れの対象にもなっている。

2.インスタが浮気のきっかけを生みやすい3つの理由

インスタを楽しむ女性

インスタが浮気のきっかけになりやすいのは、なぜなのか。その理由をこれから説明していこう。

2-1.気楽にコメントできて友達になりやすい

インスタはパソコン(PC)からも使えなくはないが、ほとんどの人はスマホでインスタを利用しているのではないだろうか。スマホのインスタ(Instagram)アプリは基本的に無料でダウンロードでき(一部有料アプリもある)、すぐに使うことができる。

また、インスタは知らない人の投稿を気軽に見られるだけでなく、友達になりやすいのも特徴のひとつ。インスタで友達になるには、その人のアカウントを表示して「フォローする」をクリックする(押す)だけだ。

インスタのプロフィール欄に「無言フォローお断り」などと書かれていることもあるが、そうでなければフォローするのは自由。また、インスタの場合、フォローしなくても(フォローされていなくても)『DM』を送ることができるのも、人によっては魅力になるだろう。

DMは、正式には「Instagram Direct」というが、一般的に「DM」または『ダイレクト・メッセージ』と呼ばれている。相手をフォローしていなくても、相手にフォローされていなくてもDMを送れる、と前述したが、相互フォロー(たがいに相手をフォローをすること)していれば、『友達』と考えていいだろう。

友達ということは、相手の投稿に気軽にコメントもしやすく、DMを送りやすいのではないだろうか。最初はインスタのコメントや、DMのやりとりをするだけだった相手とその後、深い関係になることは珍しくない。つまり、友達からただならぬ仲になることも少なくないのだ。

2-2.共通の趣味を持つ人と出会いやすい

インスタは『ハッシュタグ検索』ができるので、共通の趣味でつながりやすい。ハッシュタグというのは、特定の言葉の前に「#(シャープ)」を付けるもので、これが検索に便利なのだ。

たとえば、インスタのアプリを起動し、虫眼鏡のマークをクリックすると、検索窓を現れるので、そこに「スイーツ」「カフェ」といった言葉を入力すると、スイーツ好きの人、カフェ好きの人の投稿を容易に見つけることができる。他にも「焼肉」「ラーメン」「美容」「ゴルフ」「テニス」「野球」「サッカー」「漫画」「アニメ」「アイドル」「映画」など、あらゆるワードで検索することができ、ほとんどどの言葉で検索しても何かヒットするのではないだろうか。

もちろん、共通の趣味を持つ人が見つかったからといって、すべてが浮気につながるわけではないが、ひとつでも共通の趣味があるのと、何の共通項もないのでは、話しかけやすさがまったく違うだろう。いや、リアルな場での話しやすさもそうだが、インスタでDMを送るにしても、共通の趣味があると連絡をしやすいはずだ。

それが独身で、付き合っている相手がいない状態であれば、基本的に何も問題がない。しかし、結婚していたり、交際している相手がいたりする場合、共通の趣味を持つ誰かとインスタで出会い、そこから深い仲になることも少なくない、と肝に銘じておくのがいいかもしれない。

インスタは一般におしゃれな写真を投稿するSNSというイメージが定着しているので、妻(または彼女)や旦那(または彼氏)にこそこそ隠すことなく利用しやすい。とはいえ、人によっては『出会い系会アプリ』『マッチングアプリ』のように使っていることもあり、要注意ともいえるだろう。

2-3.元カノや元カレと再会しやすい

インスタは『元恋人』と再会しやすいSNSでもある。登録している電話番号やメールアドレス、共通の友達などの情報をもとに、おすすめユーザーが表示されることがあるのだ。そのおすすめユーザーが『元カノ』『元カレ』であることも珍しくない。

元恋人というからには別れた原因があるはずで、二度と会いたくないこともあれば、そこまでではない場合もあるだろう。おたがいに嫌いになって別れたとしても、時間がたてば、以前ほど嫌いではなくなることもある。それどころか、わだかまりもなく、以前よりも話しやすくなることも少なくない。

パートナーが、元カレ(または元カノ)とインスタでフォローし合うことについてどう思うだろう。うれしくはないのでは、ないだろうか。インスターでフォローし合うようになったら、DMで連絡を取り合ったり、直接会おうという流れになったりすることもあるかもしれないので、気をつけておくべきだ。インスタが即、浮気につながるわけではないが、その可能性もあることを心に留めておこう。

3.インスタで浮気を見破るための7つのヒント

パートナーの投稿した写真をチェックする女性

インスタの利用がすぐに浮気につながるわけではない、と前章で説明したが、そうはいってもインスタが浮気のきっかけになることが実際にある。そこで、インスタによる浮気を見破るためのヒントを紹介しよう。

3-1.パートナーのアカウントに匿名で申請してみる

匿名でインスタのアカウントを作成し、そのアカウントからパートナーを『フォロー』してみるのだ。その際、投稿が1つもないとパートナーに怪しまれるかもしれないので、パートナーをフォローする前に、当たり障りのない投稿を何回かしておくといい。

たとえば、どこにでも売っていそうなスイーツやドリンクの写真などをいくつか投稿しておくのもいい。また、パートナーが反応しやすいように、性別は変えないほうがいいだろう。あなたが女性なら、匿名の女性になりきるのだ。

あなたがフォローしたことに対して、男性であるパートナーが反応し、向こうからアプローチを仕掛けてきたとしたら、パートナーはインスタを浮気に活用している可能性がある、と考えてほぼ間違いないだろう。

3-2.パートナーがインスタに投稿した写真をチェックする

パートナーのインスタのアカウントが見られるなら、投稿されている写真をチェックしてみよう。その投稿写真の中に、浮気が疑わしいものはないだろうか。たとえば、飲食店で撮られたと思われる写真や、どこかの建物や風景が写っているものなどだ。

たとえば、投稿された写真の中に「この写真、もしかしたら浮気(不倫)相手と訪れた場所かもしれない」と思えるものがあったとしたら要注意である。(同性の)友人と出かけた、とパートナーが言っていた日の投稿に、女性(パートナーが女性の場合は男性)が映っているなら、それは浮気相手かもしれない。

一見、自然に思える写真であっても、よく見ると異性の体の一部が写っていることもある。また、異性の体そのものが写っていなくても、異性の影がちらっと入っていたり、異性の姿がガラスに反射していたりすることもあるのでしっかりチェックしよう。

3-3.パートナーが投稿した写真を画像検索する

インスタの投稿画像をもとに、『画像検索』する方法を紹介しよう。「えっ、そこまでするの?」と思う人もいるかもしれないし、「そんなこと、できるの?」と驚く人もいるかもしれない。

具体的な方法はこうだ。パートナーがインスタに投稿した写真に、浮気が疑わしいものがないかチェックする、という話をしたが、そのような写真をダウンロードする。外部アプリを活用すれば、インスタの投稿写真をダウンロードすることは難しくないはずだ。

その後、ダウンロードした画像を用いて検索すると、浮気の確証をつかめることがある。「画像で検索」または「画像を使って検索」といったキーワードで調べると、画像による検索方法が見つかるのではないだろうか。

たとえば、カフェで撮影されたと思われる写真を、パートナーがインスタに投稿していたとする。その写真を見たあなたがなんとなく怪しいと感じた場合、その写真(画像)をダウンロードし、その写真(画像)を使って(用いて)検索してみるのだ。

すると、同じ写真(または、ほぼ同じ写真)がインターネット上でヒットすることもある。そのような際、インターネット上でヒットしたその写真(画像)は、パートナーの浮気相手がインスタに投稿したものだった、というケースもあるのだ。

そのことから何がわかるか。ある日、パートナーと浮気相手が同じカフェにいて、撮影した写真をそれぞれがインスタに投稿していた、ということ。浮気相手と一緒にいたことがバレないように気をつけたつもりでも、それぞれが投稿した写真がほとんど同じと思われるものである場合、浮気の可能性が高くなるのではないか。

その投稿写真だけで2人がその日、その場に同席していたと完璧に証明するのは難しいが、極めて浮気が疑わしい仲だとはいえるかもしれない。ただし、インスタの投稿を非公開にしている場合は、検索されないことを知っておいたほうがいいだろう。

3-4.タグ付けされた投稿写真をチェックする

インスタに投稿する際、浮気相手と一緒にいる写真をアップする人は少ないのではないか。独身どうしのカップルならまだしも、どちらかが結婚している(または、どちらも結婚している)場合、『配偶者』以外の異性と一緒に写っている写真を堂々と投稿する人はほとんどいないだろう。

特に、浮気をしている人はおおむね警戒心が強く、非公開であっても、浮気相手とのツーショット写真は投稿しないことが多い。

ただし、まれに浮気相手がタグ付けしていることもある。その場合、(浮気相手に)タグ付けされたパートナーが慌てて、投稿を削除しがちだが、ごくまれに、そのままになっていることもあるのだ。

とはいえ、タグ付けされたとしてもすぐに削除されやすいので、パートナーの浮気が疑わしいなら、こまめにチェックすること。まめにチェックしていれば、浮気相手とのツーショット写真が含まれた投稿などを、削除する前に見つけられるかもしれない。

パートナーが出張に出かけた日、パートナーが会社の同僚や友人の飲みに行った日などの投稿を確認するのがおすすめだ。出張の日に浮気をしていたり、飲み会の日に会社の同僚と肉体関係を持ったり、あるいは出張や飲み会じたいがそもそもウソだった、というケースもあるかもしれない。

ちなみに、配偶者とは結婚している相手のことで、旦那(夫)から見ると配偶者は妻(嫁)、妻(嫁)から見ると配偶者は旦那(夫)を指す。

3-5.異性の友達の投稿をチェックする

この章の最初に述べたように、匿名のアカウントでパートナーと友達になることができているなら、パートナーがフォローしている人や『フォロワー』を確認できる。つまり、匿名アカウントでパートナーとフォローしあう(相互フォローの)関係になっていれば、インスタの友達になっているため、パートナーが誰をフォローし、誰にフォローされているかを見ることができるのだ。

パートナーのアカウントを表示すると、投稿が何件あるか、フォロワーが何人いるか、フォロー中が何人いるか確認できるだろう。フォロワーというのはパートナーをフォローしている人、フォロー中というのはパートナーがフォローしている人だ。それぞれ「フォロワー」「フォロー中」と表示された部分をクリックする(押す)と、実際にフォロワーとフォロー中のアカウントが確認できる。

インスタを浮気に活用している場合、フォロワーとフォロー中(フォローしている人)の中に浮気相手がいるのではないだろうか。フォロワー、フォロー中の中に浮気相手がいる可能性は、極めて高いかもしれない。

それらフォロワーとフォロー中から、怪しいアカウント(人)を探すのだ。ヒントとしては、投稿された写真にあなたのパートナーが写っていたら怪しい、といっていいだろう。とはいえ、パートナーである旦那(夫)が同性の友人とゴルフに出かけ、その際に男性どうしで撮った写真が投稿されているような場合、怪しいとはいいにくい。基本的に、異性とツーショットで写っていたり、2人きりでなかったとしても異性と親しげな雰囲気で写っていたりするなら要注意だ。

パートナーが投稿に『いいね!』をしたり、コメントをしたりしている人がいないかどうか、チェックしてみるのも大切。パートナーが「いいね!」をしたり、コメントをしたりしている人と、パートナーに共通の友達がいるのか確認してみることも重要だ。もし共通の友達がいないなら、パートナーはその人とインスタで知り合った可能性も出てくる。

また、その人のプロフィールを見てみて、パートナーと共通の趣味がなさそうだったり、その人が美人であったり(またはイケメンであったり)する場合、浮気が目的の相手ということも考えられる。つまり、パートナーとの接点がもともと無さそうで、共通の趣味もないようなら、かなり怪しい相手といっていいかもしれない。

3-6.インスタのメッセージをチェックする

インスタのメッセージもできればチェックしておきたい。インスタのメッセージとは前述したダイレクトメッセージのことで、メッセージ、ダイレクトメッセージ、DMのようにさまざまな呼び方があるが、実際は同じものを指している。

インスタのメッセージは基本的に他人のものは見られない。だからといって、パートナーの浮気が気になっているなら、簡単に諦めることはない。パートナーのスマホを見られるチャンスがあれば、パパッと確認してみるといいのだ。

インスタはアプリを開くときも、メッセージを開くときも、パスワードやパスコードなどを要求されない。そのためパートナーがスマホを置いて席を外す場面があったら、そのスキにインスタのメッセージを確認するのだ。

インスタのメッセージは盲点というか、LINEやメールと違って見られることを予想していない人も少なくない。そのため、浮気相手とのやりとりが残されていることも珍しくないのだ。よって、うまくいけば1分もかからずに『浮気発覚』に至ることもある。

とはいえ、インスタのメッセージ確認をするにしても、できるだけ慎重に行ったほうがいいだろう。なぜなら、パートナーが警戒し始めたら浮気の証拠を見つけにくくなるし、よりバレにくいように慎重に浮気をするようになるからだ。

3-7.非公開アカウントの場合は申請を検討する

パートナーがインスタを使っていたとしても、それが非公開アカウントの場合、フォローするかどうか微妙だ。そもそもフォローするには申請して、それが相手に許可されないといけない。

フォローされたら、その非公開アカウントの投稿内容が見られるが、あなたが匿名アカウントで申請したとしても、パートナーから許可されるかどうかわからないし、許可されたとしても、パートナーがあなたのことをずっと気づかないかどうかも微妙だろう。匿名アカウントでフォロー(申請)してきたのがあなたであると気づかれたら、この作戦はまったく意味がなくなる。

よって、パートナーが非公開アカウントを使用している場合、申請するかどうか、慎重に検討したほうがいい。ただし、非公開アカウントを使っている場合、他人に見られないようにしながら、浮気相手とインスタで連絡を取り合っている可能性性が高いかもしれない。

つまり、浮気をしている可能性は高まるので、インスタの投稿に限らず、警戒し続けるほうがいい。もちろん、インスタの非公開アカウントを使用しているからといって100%浮気をしているとはいえないが、非公開アカウントを使用してしない旦那(または妻)よりは、浮気している可能性が高いといえるだろう。

4.そもそもどこからが浮気なのか

不貞行為のイメージ

パートナーによるインスタを使った浮気について説明してきたが、浮気の定義について整理しておこう。というのは、浮気の解釈は人によって大きく異なるからだ。

たとえば、パートナーが異性と手をつないだら浮気と考える人がいるかと思えば、異性と抱き合ったら浮気だと立腹する人もいる。また、パートナーが異性と性交しなければガマンするという人がいる一方、異性と口を聞いただけで許せないと怒りを口にする人もいる。

浮気かどうかの線引きは多種多様で、人それぞれといってもいいが、法的な定義は存在している。一般に浸透しているのは浮気や不倫という言葉だが、法的には『不貞行為』(ふていこうい)という。

不貞行為とは、夫婦・婚約・内縁の関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と自由な意志によって肉体関係を持つ『貞操義務違反』(ていそうぎむいはん)とされ、民法第770条第1項に規定された、法定離婚事由(理由)として認められる離婚原因のひとつだ。

配偶者については前章でもふれたが、結婚している相手のこと。結婚相手以外の異性と性交渉を行うと、夫婦として義務を果たしていないことになり、離婚原因になる可能性があるというわけだ。

不貞行為は民法上の違法行為ではあるが、犯罪ではない。つまり、刑法の対象ではなく、不貞行為そのもので逮捕されることはない。ただし古くは、姦通(かんつう)は重罪とされた。姦通とは社会的・道徳的に認められない不貞行為・性交渉で、今でいう浮気・不倫に近い。

「古くは」と書いたが日本では1947(昭和22)年、刑事罰としての姦通罪は廃止。これは国や地域によって異なり、ちなみに韓国では2015(平成27)年に違憲の判決が下され、姦通罪が廃止された。

5.浮気の可能性が高いと感じたら取るべき3つの行動

浮気調査をする探偵

前章で不貞行為について解説したが、法的な意味合いにおいて、既婚者を対象としている。あなたとパートナーが結婚していて、なおかつパートナーの浮気の可能性が高いようであれば、状況に応じて、次のいずれかの行動を取ることをすすめたい。

5-1.継続して浮気の確証を探す

浮気の可能性が高くても、「確証が得られた」とまでいえないなら、そのまま監視を続けるのもひとつの方法だ。あえて、浮気を追求しないことでパートナーを油断させよう。パートナーが警戒するようになったら、浮気を巧妙に隠すようになるからだ。そうなってしまったら、浮気の確証を得るのは一気に難しくなる。

この方法を進める場合、浮気を疑っていないとパートナーに感じさせることで、証拠がつかみやすくする。まったく浮気に感づかれていないと思わせておけば、浮気相手とのツーショットをインスタに投稿することもあるかもしれない。

浮気や不倫の証拠というと、ラブホテルに入る瞬間、ラブホテルから出る瞬間を撮った写真や動画などが一般に知られているが、それらをパートナーや浮気相手が自らインスタに投稿することはほとんどないはずだ。

とはいえ注意してチェックしていると、出張に出かけていたはずの日や、勤め先の上司や同僚と飲みに行ったはずの日に、ツーショット写真をインスタに投稿しているなど、パートナーの浮気を裏付ける材料が見つかるかもしれない。インスタの投稿をチェックするなど、継続してパートナーの行動を監視することだ。

5-2.パートナーに浮気を問い詰める

パートナーの浮気をなんとなく疑っていたのが確信に変わったら、問い詰めるのもひとつの方法だ。浮気を問い詰めることで、パートナーはあなたに謝罪し、浮気相手とスパッと別れるかもしれない。

しかし、言い逃れされる可能性もないとはいえないだろう。そうなると、「絶対に浮気していない」と言い張られたり、逆ギレされたりしたうえ、実はひそかに浮気相手との関係が続いている、というややこしい状態になりかねない。

そのような展開にならないため、パートナーを問い詰める場合、証拠をある程度固めてからにしたい。問い詰めるなら、小さな証拠をいくつも積み重ねて逃げられないようにしてから、というのは理想だろう。

たとえば、出張の日に浮気相手と過ごしていた証拠(インスタに投稿されたツーショット写真など)、ラブホテルの領収書、クレジットカードの明細に残されたラブホテルの利用履歴など、証拠がいくつもあるとパートナーも言い訳がしにくくなるはずだ。

前項でも述べたが、証拠が中途半端な状態で問い詰めても、パートナーにシラを切られたり、知らないフリをされたり、逆ギレされたり、いいことはない。重ねていうがパートナーに浮気を問い詰めるなら、申し開きができないようにしっかりと証拠を固めてからというのが望ましい。

5-3.探偵事務所に浮気調査を相談する

パートナーが浮気をしているという確証を得たら、自分で問い詰めるのもひとつの方法だが、言い訳をされたり、知らないフリをされたりするのは珍しくない。前項で述べたように、浮気をしているのが揺るぎない証拠をつかんでいたとしても、浮気を認めたり、謝罪したりしない人もいるのは事実だ。

パートナーの浮気について、夫婦間で解決できるならそれに越したことはないが、よく知っている間柄だからといって、うまくいくとは限らない。夫婦だからこそ感情的になってしまったり、言い過ぎてしまったりして取り返しのつかない状態になることもある。

そんな事態を避けるため、探偵事務所や興信所などに相談してみるのもいい。たとえば、探偵事務所は浮気調査の専門家といってもよく、プロフェッショナルならではのアドバイスをしてくれるだろう。パートナーが浮気をしているのは間違いないという状況であったとしても、パートナーが浮気を認めて謝罪してくれたら夫婦でやり直すつもりなのか、浮気相手に慰謝料を請求したいのか、ちょっとでも有利な状態で離婚したいのかなど、あなたの意向に合わせて対応してくれるはずだ。

すでに説明したように浮気の証拠というのは、パートナーと浮気相手がラブホテルに入るところ、ラブホテルを出るところを撮影した写真や映像など、第三者が見たとして「肉体関係がある」と判断されそうなものが望ましい。

インスタの投稿内容によっては、それに近いものをあなたが入手している場合もあるだろう。ただし、ここでいう浮気の証拠とは離婚調停や離婚裁判などにおいて、第三者が見て「この2人は肉体関係があるに違いない」と客観的に判断する、と思われる写真や動画のことだ。

第三者がどう判断するかにおいて重要なのは何か。それは、2人の顔がしっかり写っているかどうか、が大きい。パートナーや浮気相手がインスタに投稿していたとしても、2人の顔がしっかり写っていないなら、浮気の証拠としては十分ではないと判断されるケースも少なくない。明らかにラブホテルに入る瞬間、出る瞬間でなおかつ、2人の顔が鮮明に写っていないといけないのだ。

その条件をクリアするのは、実は容易ではない。サレ妻(または、サレ夫)がパートナーと浮気相手を尾行し、ラブホテルを出入りする場面を証拠写真(または証拠映像)として収めようとトライすることは珍しくない。ちなみに、サレ妻とは旦那(夫)に浮気されている妻、サレ夫は妻(嫁)に浮気されている夫のことだ。

尾行に気づかれないように注意しながら、鮮明な写真(または映像)を撮影するのは、プロでない一般人には極めてハードルが高い。しかも、パートナーや浮気相手に尾行を感づかれたら、その後、浮気調査はほぼ間違いなく難しくなる。浮気相手と別れたフリをしておいて、こっそり会い続けるなど、浮気が巧妙になるのだ。

そうなってしまうと、パートナーの浮気はズルズル長引いてしまうかもしれないし、パートナーはあなたと離婚する計画を浮気相手と進める可能性が出てこないとも限らない。いずれにしても、パートナーに主導権を渡すのでなく、人生のハンドルはあなたが握るべきなのだ。

そのために今すぐ、探偵事務所に問い合わせをしてみること。インスタの投稿をはじめ、浮気の証拠らしきものが少しでもあるのなら、調査はしやすくなるだろう。浮気調査というのは、パートナーと浮気相手の顔写真があったり、パートナーと浮気相手が密会する日時や場所がわかったり、情報が豊富なほど取り組みやすくなるのは間違いないのだ。

情報があれば、浮気調査はスムーズに短期間で済みやすくなり、費用もおさえやすくなる。つまり、パートナーのインスタの投稿などをチェックし、つかんだ情報は役に立ち、浮気調査の料金をおさえることにつながる可能性が高いのだ。

カウンセリング無料の探偵事務所もあるので、まずは一度、パートナーの浮気について相談してみるといい。実際に浮気調査を依頼するかどうかは、話を聞いてじっくり検討してからでいいのだから。

まとめ

パートナーがインスタを利用して浮気をしている場合、浮気をやめさせて夫婦でやり直すにしても、慰謝料を請求するにしても、離婚するにしても、一度プロの意見を聞いてみるのは悪くないはずだ。探偵事務所などのプロは、浮気調査の経験が豊富なうえ、夫婦のその後に対する相談を数多く受けているため、有益なアドバイスをしてくれるに違いない。「お客様満足」「解決実績」「調査成功率」などを頼りに探偵事務所を選び、とりあえずまず1社、という気持ちで気軽に問い合わせしてみるのがいいのではないだろうか。

  • 夫の浮気チェック
  • 妻の浮気チェック

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。