専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

その他不倫カップルの連絡方法は何が使われているのか

妻に隠れて不倫相手に連絡する男性

不倫や浮気カップルはどうやって連絡をとりあっているのか。そのような2人はバレないために工夫をしていることが多い。そこでこのコラムでは、不倫や浮気カップルの連絡方法を中心に説明していく。不倫や浮気をしているカップルには役立つ内容といえるだろう。また、逆に考えるなら、パートナーの不倫や浮気を疑っている人にとっては、不倫や浮気を見破ったり、防いだりするためのヒントになるといってもいい。「不倫 連絡方法」というテーマがちょっとでも気になるなら一読してみるといいだろう。

1.不倫中のカップルにおける連絡とは?

不倫カップルは連絡ひとつをとっても、独身カップルのように簡単にはいかない。たとえば、互いに独身どうしであれば、相手のスマホ(スマートフォン)などに電話したければ、基本的に、いつでも連絡できるのではないだろうか。

極端な話、「家電(いえでん)」にかけることだってできる。「家電」と呼ばれているのは家庭用の固定電話のことで、最近はスマホ(スマートフォン)や携帯電話があるからと、「家電」を設置していない家も珍しくないかもしれない。ただ、それはそれとして、ここで言いたいのは、相手の住まいに「家電」があったとして、そこに電話をかけられるかどうか、という点だ。

たとえば、独身どうしであれば、電話をかけようと思ったら「家電」にかけることだってできるだろう。独身どうしのカップルの交際は、基本的に隠す必要がなく、だれかに知られると困るようなものではないからだ。現在、たいていの大人は自分用のスマホや携帯電話を持っているので、わざわざ「家電」にかける必要はほとんどないかもしれないが、「家電にかけようと思ったらかけられる」のか、「そもそも、家電にかけることはできない」のか、その違いは大きい。

つまり、不倫カップルは交際していることを「知られるわけにいかない」からいくつもの注意事項があり、さまざまな工夫が必要になってくる。それらについて次章以降で具体的に説明していこう。

2.不倫カップルの連絡時の3つの注意点

不倫・浮気相手に連絡する際の注意事項はいくつもあるが、代表的な3項目をあげる。自分が不倫・浮気中であれば、思い当たるところもあるかもしれないし、参考にしようと考えることもあるだろう。一読してみてほしい。

2-1.いきなり電話をかけるのでなく事前に確認する

不倫カップルのどちちかがすぐに連絡したいという場合、いきなり電話をかけるのでなく、事前に示し合わせたタイミングに電話をかけるか、あるいは、「今から電話していいか」という確認をとってから電話をすべきだ。

相手が既婚者である場合、自宅にいるときにいきなり電話がかかってくると「ドキッとする」ことがあるからだ。たとえば、そのとき、妻(または夫)が不倫相手のすぐそばにいたら、どうだろうか。スマホや携帯電話の呼び出し音(着信音)が鳴っていても、妻の隣では電話に出にくい。だからといって、呼び出し音がなったとたんにバルコニー(ベランダ)に出たり、隣の部屋に移ったりして電話に出るのも難しいかもしれない。妻(または夫)の目が気になるからだ。

スマホの着信音が鳴らない設定にしていたとしても、バイブレーター機能を設定している場合もある。そうなると着信音が鳴らなかったとしても、スマホがブルブルと振動していると、誰かから連絡が入っていることはわかる。すると、電話に出ないと出ないで不自然だし、妻(または夫)は「電話、出たら?」と言うかもしれない。電話に出るのは容易ではないし、かといっても出なければ出ないで怪しまれてしまう。

そうなると悲劇につながるかもしれないし、トラブルに発展してしまうこともある。この場合、不倫カップルにとって最悪なのは、浮気相手の妻(または夫)に感づかれたり、気づかれないとしてもなんとなく疑われたりして、浮気相手が窮地に立たされること。別の言い方をすれば、家庭で居場所がなくなることではないだろうか。

さらに、不倫カップルにとってより最悪といえる状況につながる可能性もある。浮気相手が家庭でのパートナー(妻または夫)と家にいる時間帯に、スマホに電話をしたことから、不倫カップルにおいて「なんでこのタイミングに電話をしてくるの?」「あなたが(きみが)着信音が鳴るように設定していたり、バイブレーター設定にしていたりしているからでしょ」というような言い争いになったり、もめごとに発展したりすることだ。

では、「事前に確認をとるにはどうすればいいのか」というのが気になるかもしれない。それについては、連絡をとるための「おすすめアプリ」がいくつあり、次章以降(4章と5章)で紹介していく。

2-2.自撮り写真を送らない

不倫・浮気相手と連絡を取り合うなかで、ついついやってしまいがちなのが、自分の顔写真、バストアップや全身が入っている写真などを、相手に送ってしまうこと。不倫相手に自分をホメてほしかったり、自分を思い出してほしかったりすることから、自分の写真を送ってしまうのは実は少なくない。

この行動は冷静に考えると「なんて危険な!」と思えるかもしれない。しかし、昔から「恋は盲目」という言葉があるように、不倫や浮気であっても、人は好きになるとまわりが見えなくなったり、慎重さを欠いてしまったりしがち。最近では、自分の顔写真をかわいく加工できるアプリなどもあるので、そういったものを用いて仕上げた写真などを、不倫相手に送信してしまうのだ。

この行為は、プラスの面もあるかもしれない。不倫相手に「かわいいね」「ステキ!」「かっこいい」などとホメてもらうことでき、気分が良くなったり、相手への愛情が増したりすることもあるだろう。不倫カップルどうしの愛にさらに火がつき、「相手に会いたい」という気持ちがより強まるかもしれない。

しかし、不倫カップルにとってはマイナス面のほうが大きくなる可能性も十分にある。最大のマイナス面は、不倫相手の奥さん(または旦那さん)に交際がバレてしまうかもしれないことだろう。バレないまでも、不倫や浮気を疑われてしまう可能性は大いにある。

特に顔写真の送付が危険なのは、万が一、相手の妻(または夫)がその写真を見てしまった場合、不倫・浮気相手のイメージが鮮明になり、相手の妻(または夫)は対抗心が生まれたり、嫉妬や憎悪の感情が生まれたりすることだ。そうなると、不倫相手に対して「許せない」という思いがムクムクとわき上がったり、復讐してやりたい気持ちになったりすることもある。また、パートナーである妻(または夫)に対する嫌悪感が強まることも少なくない。

不倫相手の顔が明確になると、憎しみの感情がはっきりするだけでなく、「この女と浮気しているのか」や「この男と抱き合っているのか」というような、不倫・浮気への具体的なイメージが生まれやすくなり、人によっては「不倫の証拠をつかんでやる」という闘争心に火がつきやすくなる。

顔写真1枚(1点)でも、不倫や浮気の手がかりになる可能性はあるのに、たとえば、2人で抱き合っている写真や、自分のヌード写真などを送った場合、あとあと、不倫の証拠に使われることだってある。不倫相手に自撮り写真を送らないことは、不倫中のカップルであれば、肝に命じるべきだろう。

2-3.連絡をするときは時間帯やタイミングに気をつける

不倫相手への連絡を躊躇する女性

電話をかけるときは、「今から電話をかけてもいいか」あらかじめ確認する必要性を本章で述べた。しかし、「あらかじめ確認する」時点でも、そもそも注意すべきだろう。「確認、確認」で面倒くさいと感じるかもしれないが、そのくらいの慎重さは、バレないために不可欠ではないだろうか。

深夜や早朝に連絡すると、相手が寝ているかもしれないし、近くで寝ている奥さん(または旦那さん)が気づく可能性もある。不倫相手のスマホに連絡があったことに本人(不倫相手)が気付く前に、奥さん(または旦那さん)が察知し、連絡が着信した画面を自分のスマホでこっそり撮影してしまうことだってないとはいえない。

また、休日であれば、日中であっても不倫相手は妻(または夫)や家族といっしょに過ごしているかもしれない。そのような場合、LINE(ライン)やメールなどの連絡が送られてきたとしても、家族がいる手前、なかなか返信できないことも珍しくない。その際、「見てくれたかな」「なんで返事が来ないのだろう」「私(自分)のことがもうすきではないのかな」など、必要以上に考えてしまい、ヤキモキしたりイライラしたりしてしまうこともある。不倫相手からの返事がないことで「もしかして奥さん(旦那さん)にバレたかな」とひやひやすることにつながるので、相手に連絡する時間帯や曜日などに十分な気を配る必要があるだろう。

3.そもそも「不倫」とはどういう状態を指すのだろう?

不倫や浮気について、連絡時の注意点などを語ってきたが、ここで『不倫』そのものについて述べておこう。不倫とは、一般にどちらか一方、または両方が結婚しているカップルによる交際のことだ。ただし、ここでいうカップルとは、結婚している1組の夫婦を指すのではない。

別の表現を用いて説明するなら、法的に結婚していない男女が肉体関係を持っていて、なおかつその男女の一方、または両方が既婚者である(結婚している)状況を指す。『浮気』との違いでいえば、「彼氏が浮気した」「彼女に浮気された」のように、独身どうしのカップルについても「浮気」という言葉を使う人もいる。

実際のところ、法的な意味合いから考えれば、「不倫」も「浮気」も明確な違いはほとんどない、といってもいいかもしれない。法的には不倫・浮気よりも『不貞行為』という表現が用いられるのが一般的だろう。

「不貞行為」とは夫婦・婚約・内縁関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と自由意志(自らの意志)で肉体関係を持つこと。これは『貞操義務違反』とされ、民法第770条第1項に規定され、法定離婚事由(離婚の理由)として認められている離婚原因の1つだ。

上記に「婚約・内縁関係」とあり、婚姻届(結婚届)を役所に提出していない状態であっても「不貞行為」が成立することはある。もう少し説明すると、厳密には結婚していなくても「浮気」になることはあるが、「不倫」はやはり、カップルの一方、または両方が結婚しているときに使われる言葉である、というのが一般的な解釈だろう。ここでこれ以上、法律的な内容や厳密な定義についてふれるのは控えておく。

4.不倫カップルの連絡方法【LINE編】

いよいよ、具体的な連絡手段を説明していく。まずは、なんといっても外せないのは『LINE』(ライン)だろう。不倫カップルが「LINE」を使って連絡を取り合う際の注意事項を5つピックアップして解説する。

4-1.LINEのメッセージがホーム画面に表示されないようにする

不倫がバレないための鉄則の1つは、基本的なことをきちんと行うこと。たとえばLINEであれば、ホーム画面にメッセージ(テキスト)が表示されないようにしておくことだ。

LINEはスマホのロックをかけていても、画面にメッセージが表示される機能がある。通常の使用方法であれば、これは「便利機能」といえるが、不倫カップルの場合はこの便利機能が「危険機能」になってしまう場合もある。

通常の設定のままにしておくと、不倫相手からメッセージが来た瞬間に、メッセージの一部がホーム画面に表示されてしまうのだ。仮にメッセージの内容や名前に細心の注意を払っていたとしても、勘のいい妻(ときには夫)はピンと来てしまうことがある。必ずバレるというわけではないが、危険であることに変わりはない。

LINEのホーム画面の「設定」ページから「通知」を押し、「メッセージ通知の内容表示」をオフ(OFF)にする。こうしておくと、LINEが届いてもホーム画面にメッセージが表示されなくなるので、不倫カップルであれば知っておくべきだろう。

4-2.LINEの「通知オフ」設定をする

これも重要項目の1つだ。LINEのトーク相手の画面から、設定ページを表示させ、「通知」をオフ(OFF)にする。こうしておくと、不倫相手からメッセージが届いても、通知音が鳴らないようになる。LINEのアプリに数字だけが表示される。

こうしておけば、休日や夜など家族がいるときにLINEが届いても通知音が鳴ったり、スマホがブルブルと振動したりすることもなく安心。不倫相手からLINEが届くたびに、妻や家族にバレないかドキドキしていたら心臓にわるいので、この「通知オフ」設定は重要だ。

4-3.LINEに「パスコードロック」をかける

パスコードロックのイメージ

スマホにロックをかけている人は多いだろう。6桁の『暗証番号』だけでなく、『指紋認証』『顔認証』などさまざまな方法が登場している。そこで不倫カップルにおいても「スマホにロックをかけているから」と安心しがちだが、それだけでは不十分だ。脇が甘いというのは、そういう状態を指すのかもしれない。

指紋認証は破られない、と考えている人もいるかもしれないが、簡単に突破されることがある。寝ているあいだに、ロックを解除されてしまうのだ。たとえば、寝ているあいだに奥さん(または旦那さん)が、スマホを指に当てると簡単に解除されてしまうことがある。顔認証も同様だ。

そのような危険を避けるには、面倒でも暗証番号でロックを解除するようにすること。スマホのロックだけでなく、LINEのロックも同じだ。LINEの認証にも指紋認証は使用できるが、ここでも指紋認証を使うことはリスクになる。面倒だと思っても、4桁の数字によるロックを設定し、それを使用すること。さらに、妻(または夫)はパートナーが設定しそうな番号に気づく可能性も少なくない。定期的に暗証番号を変更するほうが安全だろう。

4-4.LINEのアプリアイコンを変更する

この方法は、前項までの内容に比べて知らない人も多いかもしれない。LINEのアイコンは、グリーンに白抜きのアイコンが一般的で、ほとんど人はそれが脳裏に刻まれているのではないだろう。

日本でスマホを使っていて、LINEを一度も使ったことがない人はほとんどいないかもしれないが、そのような人でないかぎり、LINEのアイコンを記憶しているのではないだろうか。当然、不倫カップルの(結婚上の)パートナーもそうだろう。

そこで、その記憶を利用するのだ。LINEのアプリアイコンを変更すると、それだけでパートナーには、LINEを使用していると気づかれにくくなる。そのように、アプリのアイコンを変えられるアプリはさまざまなものが無料で出ているので、それらを使ってみるといい。

「電卓」「メモ」のように、スマホを購入したときから搭載されている標準アプリのような、どこにでもありそうな(見た目の)アイコンに、LINEのアイコンを変更してみるのだ。最初は自分でもどれがLINEのアイコンなのか、すぐには見つけにくくなる人もいるくらいだから、ある程度の効果は期待できるだろう。

4-5.LINEの別アカウントを作って不倫相手とやりとりする

この方法も、不倫カップルの定番といえるかもしれない。LINEのアカウントは基本的には一人につき、1つしか作れない。いや、1つの電話番号につき、アカウント1つを作ることができる。ただし、これは表向きのルールだ。実は、Facebook(フェイスブック)のアカウントを持っていれば、携帯(スマホ)の電話番号を使用しなくても、サブアカウントを持つことができるのだ。

また、Facebookのアカウントを持っていない場合でも、家電(自宅の固定電話)やガラケーの電話番号があれば、LINEのサブアカウントを持つことはできる。 ただし、この方法は面倒な点もある。スマホ版のLINEでは基本的に1つのアカウントしか表示できないのだ。そこで、アカウントだけ2つ作っておいて、LINEを使用するたびにインストールし直す必要が出てくる。

不倫相手と連絡をとりたいのだから仕方ないと、この「LINEを使うたびにインストールし直し」を行う、マメなタイプもいるのは事実だ。ただ、「そこまでやるのはちょっと」という人にも朗報がある。それは、iPadなどのタブレットで、LINEのサブアカウントを表示される方法だ。iPadでなく、PC(パソコン)でもこの方法は可能となっている。iPadやPCなどを使用している人は少なくないので、「使うたびにスマホにインストールし直す」よりはこのほうが便利かもしれない。

多くの人は、LINEはスマホで使うものだと考えがちなので、LINEのサブアカウントを用いたやりとりに、iPadやPCなどを使用するようにすると、妻(または夫)に不倫がバレにくいのではないだろうか。

5.不倫カップルの連絡方法【LINE以外の方法】

前項では、不倫カップルの連絡方法として「LINEを使用する際」の注意点を述べた。そこでこの章では、LINE以外の方法による連絡手段について解説していく。LINEは日本でも最もポピュラーといってもいいくらい一般的なコミュニケーションツールだが、その他にもさまざまな連絡用アプリなどがあるので、それらを紹介していこう。

5-1.不倫にひんぱんに使われる「カカオトーク」

不倫・浮気相手とのやりとりによく使われているのが、この『カカオトーク』。ある程度メジャーといっても、日本ではLINEほどは有名ではないが、メッセージの送信・受信ができるだけでなく、写真や動画のやりとりもでき、スタンプ機能もあり、LINEのように使える。

「家族とのやりとりはLINEを使い、不倫相手とはカカオトークを用いる」というルールを作っておけば、ご送信によるトラブルを避けることもできるだろう。カカオークも表示設定やセキュリティ設定ができるので、パスコードロックをかけて、やりとりの内容を見られないようにすると、より安心できるはずだ。

5-2.「ツイッター」や「インスタグラム」などのSNS

SNSのイメージ

「Twitter(ツイッター)」や「Instagram(インスタグラム)」などのSNSも、不倫相手との連絡に用いられている。この場合も、前述したLINEと同様、本アカウント(メインアカウント)でなく、サブアカウントを作って利用するのが賢明だ。TwitterやInstagramのサブアカウントを使い、ダイレクトメッセージを用いるのも、不倫相手との連絡手段として実は珍しくない。

本アカウントは通常、リアルな友達(友人、知人)とつながっていることが多いため、本アカウントを用いて不倫相手と連絡を取り合っていた場合、どこかからバレる可能性も高まる。

ただし、気をつけなくてはならないのは、どれだけ気をつけていても不倫や浮気を疑われることが絶対にないとはいえない。そのため、サブアカウントであっても、メッセージのやりとりをしたら毎回、履歴を消去しておいたほうが無難だ。

5-3.日本人にも使いやすい「Viber(バイバー)」

この『Viber(バイバー)』も、不倫は浮気によく用いられているメッセンジャーアプリだ。日本ではまだこれからかもしれないが、世界ではすでに10億人以上が使っているポピュラーなアプリだ。

これもLINEに似た機能を持っていて、無料でメッセージのやりとりができるだけでなく、通話も楽しむこともできる。「日本人にも使いやすい」と書いたのは、楽天が買収したメッセンジャーアプリで、日本人が使いやすいように作られているところもあるからだ。

また、Instagram(インスタグラム)のストーリーのように、一定時間が経過すると画像や動画が消える機能があったり、「既読」を表示させない「既読オフ」設定が用意されていたり、さまざまな工夫がある。

不倫カップルにやりとりを考えると、「使いやすくてバレにくいこと」が一番といえるだろうが、利用するだけで楽天ポイントが貯まるというメリットがあり、これから主流になってくるのかもしれない。

5-4.世界的に有名な「WhatsApp(ワッツアップ)」

日本ではLINEが最も有名だといっていいだろうが、世界では『WhatsApp(ワッツアップ)』ではないか。機能的にはLINEとほとんど同じで、無料でチャット、通話、ビデオ通話などが使える。

セキュリティ面でも優れているといわれていて、安心して使えるだろう。また、アイコンもシンプルであまり目立たないので、妻(または夫)に怪しまれにくそうで、不倫カップルの利用に適しているのではないだろうか。

5-5.LINEのコミュニケーションアプリ「LINE play(ラインプレイ)」

『LINE play(ラインプレイ)』は自分のアバターを作ったり、LINE play上でゲームをしたり、会話を楽しんだりできるコミュニケーションアプリ。LINEが提供している、LINEによるオフィシャルなアプリだ。

LINEプレイを不倫相手と2人でインストールすれば、現実の世界だけでなく、LINEプレイ上でも出会うことができ、メッセージのやりとりができるようになる。

アバターもかわいく、メッセージに合わせたリアクションをとることもできるので、LINEプレイを使うと、リアルでもバーチャルでも不倫相手とエンジョイすることができことも、人気の理由のひとつだろう、

5-6.Googleが提供する「ハングアウト」

Google(グーグル)が提供する『ハングアウト』は、Android携帯なら最初から入っているのでインストールの必要がなく、iPhoneでもApp Store(アップストア)で検索すると無料で使える。

グーグルアカウントがあればすぐに使うことができ、音声通話はLINEより良い、ともいわれている。また、スマホでなく、PC(パソコン)でもアクセスできるので、不倫相手の携帯が壊れたり、相手のスマホのバッテリーが切れたりしても、パソコンから連絡をとることでき、不倫相手とのやりとりがスムーズにいきやすい。

Android携帯ユーザーの場合、あらかじめ(デフォルトで)入っているため、インストールしたことで妻(または夫)から怪しまれることもないだろう。Googleハングアウトは、オンライン勤務などで使用している会社も少なくないので、使い慣れている人も大勢いるはずだ。

5-7.浮気がバレにくい!?「メッセンジャー」

メッセンジャーを使って不倫相手に連絡する男性

Facebook(フェイスブック)の『messenger(メッセンジャー)』もある。もちろん、その存在を知っている人は少なくないだろうが、不倫・浮気相手との連絡に用いている人はそう多くないかもしれない。

このアプリはメジャーなので、使っていても怪しまれにくいという利点がある。また、メッセンジャー上で通話することもでき、その場合、通話履歴が残らないというのもいいだろう。

Facebookは基本的に本名でやりとりになるが、別の名前でサブアカウントを作って使用することも可能。メッセンジャー上で本アカウントとサブアカウントを切り替えることができるため、いつもは本アカウントを設定しておき、不倫相手と連絡しあうときだけ、サブアカウントにすると、バレにくいのではないだろうか。

5-8.仕事でもよく使われる「Skype(スカイプ)」

『Skype(スカイプ)』はかなり以前からあり、仕事で用いられることも多いため、使い慣れている人もいるだろう。Windows OSで知られるマイクロソフト社が提供している。

ビジネスシーンで使用されているイメージもけっこう強いため、意外に思われるかもしれないが、逆にバレにくいといえるかもしれない。不倫カップルにとっては、もともと慣れていれば使いやすく、ビジネスイメージがあるためバレにくい、心強いメッセンジャーアプリといってもいいだろう。

5-9.仕事でよく使われる「Slack(スラック)」と「Chatwork(チャットワーク)」

『Slack(スラック)』『Chatwork(チャットワーク)』はともに、ビジネスでよく使われるサービスだ。「スラック」はアメリカ、「チャットワーク」は日本企業が運営しているが、どちらもチームでのコミュニケーションがとりやすいツールで、日常的で業務で使っている人も少なくないのではないだろうか。

一見、ビジネスで使うツールに見えるため(事実、主な使われ方はそうだ)、仕事相手とのやりとりをしているように妻(または夫)に思われやすい。つまり、バレにくいコミュニケーションといえるだろう。

また、「スラック)」「チャットワーク」に限らず、ビジネス系のコミュニケーションツールは不倫や浮気に使うと、おおむねバレにくいといえるかもしれない。さらに、仕事上の取引先との連絡に見えるように、連絡に用いる言葉そのものもビジネス口調にするなど、バレないための工夫をしているカップルもいる。

たとえば、「承知いたしました。月曜日の13時にいつもの会議室ですね」という返事の本当の意味は「月曜日の13時にいつものラブホテルで」である、といった具合。実際はもう少し複雑な暗号のようなやりとりになっているケースもあるが、そのあたりはカップルによってさまざまだ。

5-10.不倫相手の予定を知ることができる「Time Tree(タイムツリー)」

これは、不倫相手と連絡をとるというよりも、お互いのスケジュールを知ることで、カップルの交際がスムーズにいくことをサポートするアプリといえる。『Time Tree(タイムツリー)』は、不倫相手の予定を知ることができるのだ。

このアプリで予定を共有することで、相手は難しそうな日、大丈夫そうな日がある程度わかるので、浮気・不倫カップルにとって大いに役立つに違いない。たとえば、「タイムフリー」でカレンダー共有することで「この日はお子さんの運動会だから、この週は連絡を控えよう」と考えたり、「来月のあまたに出張があるのなら、その前に会えないかな」と行動を後押ししたり、カップルの交際に関するスケジュール調整に利便性が高い。

「タイムツリー」で不倫相手や相手のファミリーの予定なども知ることで、彼(または彼女)に無理をさせず、家庭を壊さない範囲での交際を考えるのではないだろうか。また、そのような繊細な心づかいにより、不倫カップルの付き合いを長く、順調にしていくことにもつながっていくのかもしれない。

6.不倫カップルの行動が気になるのなら

前章まで、不倫カップルの交際や連絡に役立つ情報などを主に紹介してきた。それらの内容は、実際に浮気・不倫カップルが「妻(または夫)にバレないために」役立てるということもできるだろう。

また、パートナーの浮気・不倫を疑っていたり、そのことで悩んでいたりする場合、前述した内容を逆から見ていくことで、自分や自分の家庭が幸せを取り戻すためのヒントになることがあるかもしれない。

まとめ

ここまでの説明から、不倫カップルはバレないためにさまざま工夫をしていたり、いろいろな連絡ツールを使ったりしていることがわかったのではないだろうか。また、ホメられることではないが不倫を続けるために、きめ細かな心づかいをしているであろうことも間違いないだろう。徹底的に緻密にやっているのであれば、そう簡単にはバレないということも実際にあるのかもしれない。そこまで考えたうえで、あなたがパートナーの浮気・不倫を疑っていて、心を痛めているのであれば、探偵事務所や興信所などに相談してみるのもいい。なぜなら、浮気・不倫調査のプロは、どのような浮気・不倫であっても、言い訳をできないような証拠をつかむためのノウハウを持っているから。

監修者プロフィール
伊倉総合法律事務所
代表弁護士 伊倉 吉宣

2001年11月
司法書士試験合格
20023月
法政大学法学部法律学科卒業
20044月
中央大学法科大学院入学
20063月
中央大学法科大学院卒業
20069月
司法試験合格
2007年12月
弁護士登録(新60期)
20081月
AZX総合法律事務所入所
20105月
平河総合法律事務所
(現カイロス総合法律事務所)入所
20132月
伊倉総合法律事務所開設
2015年12月
株式会社Waqoo
社外監査役に就任(現任)
2016年12月
株式会社サイバーセキュリティクラウド
社外取締役に就任(現任)
20203月
社外取締役を務める株式会社サイバーセキュリティクラウドが東京証券取引所マザーズ市場に新規上場
2020年10月
株式会社Bsmo
社外監査役に就任(現任)
20216月
社外監査役を務める株式会社Waqooが東京証券取引所マザーズ市場に新規上場

※2021年10月25日現在

HAL探偵社の浮気チェック

  • 夫の浮気チェック
  • 妻の浮気チェック

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。