専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の疑い「警察官は浮気をしやすい」という話も聞くが真実はどうなのか?

イメージ写真

「正義の味方」ともいえる警察官。その警察官は、実は浮気が多いのである。本当なのだろうか。もし本当だとしたら、なぜだろう。このコラムでは警察官の浮気事情について説明していくことにする。

1.警察官が浮気に走りやすい5つの理由

悪を憎み、正義感が強い、市民の味方。そんなイメージを警察官に抱いている人もいるのではないだろうか。あながち間違いではないが、警察官であっても間違いを犯すこともある。その間違いのひとつが、浮気・不倫だ。警察官は浮気をしやすいとされる理由を5つ取り上げて、順番に説明していこう。

1-1.「ストレスがたまる」から浮気しやすい

警察官はハードな仕事だ。そのことに異論をはさむ人は、あまりいないのではだろうか。たとえば、交番勤務の警察官だけを見ても、道をたずねる人がいれば、散歩の途中にいなくなってしまった「高齢者を探してほしい」という相談もある。そうかと思えば、「万引き犯を捕まえてくれ!」という声もあれば、傷害事件に遭遇することもある。

世の中にはさまざまなトラブルや困りごとがあり、そのうちの何割かは警察官の助けが必要だろう。常に危険と隣り合わせで、自分の身にいつ危険が降りかかってくるか分からない。警察官である限り、なかなか気が休まる暇がない、といってもいいだろう。ストレスと緊張感に満ちた日々を送っていると、たまには解放されたいと思っても不思議はない。誰よりも強そうに見える警察官だって、生身の人間なのだから。

また、基本的に体育会系の仕事のため、上司が高圧的であっても意見をしにくく、職場の人間関係がストレスになることも少なくない。もちろん、だから浮気をしてもいいということにはならない。そのことをわかっていても、快楽を求めて足を踏み入れてしまう人もいる。いや、ダメだからこそ、浮気をしてしまうのかもしれない。もちろん、パートナーである妻から見たら、自分勝手な理屈だろう。ただ、ことの是非はともかく、ストレス発散のために浮気をする警察官が少なくないのは、紛れもない事実だ。

1-2.「仕事の愚痴をこぼせない」から浮気しやすい

警察官の業務は、秘密が多い。最近ではさまざまな仕事において、守秘義務があるのが一般的で、何も警察官に限ったことではない。ビジネスマンであっても仕事の中で知り得たことを、外で話していけないということは珍しくないし、場合によってはアルバイトであっても情報を漏らしてはいけない、と釘を刺されることもあるだろう。

ただ、警察官の守秘義務は、秘密の次元が違うかもしれない。一般的な業務と比べると、はるかにシビアなのではないだろうか。なにしろ、自分が持っている情報が犯罪組織に関するものであったり、泥棒の逮捕につながるものであったりすることも少なくないだろうから。

自分が抱えている情報の多くは、妻をはじめとした家族にも話せない内容だろうし、誰にもしゃべれないのは苦しいのではないだろうか。飲み屋で上司の悪口を口にして、すっきりするビジネスマンというのは珍しくないが、当然のことながら、警察官にはそんな自由があるはずもない。

妻や家族にも話せない秘密をたくさん抱える苦しさから、浮気に走ってしまう警察官もいる。「そんなことで?」と思う人もいるかもしれないが、警察官の守秘義務は想像以上のプレッシャーを与えるのだろう。もちろん許されることではないが、しゃべれないことが結果的に浮気につながることもあるのだ。

1-3.「勤務時間が不規則」だから浮気しやすい

イメージ写真

警察官も休みがまったくないわけではないが、休みであっても、何かあったらすぐに呼び出されるというのは当たり前。一般的なビジネスマンでも残業があったり、休日出勤になったりすることもあるかもしれない。しかし、休みの日に家で寝ていたところ、上司から呼び出されて大至急、出勤することになった、といったいケースはあまりないのではないだろうか。今どきそんなことをした場合、一般社会ならすぐに「あの会社はブラック企業だ」と噂されてしまうかもしれないし、呼び出した上司がパワハラ(パワーハラスメント)認定されかねない。

ところが、警察官は休日に呼び出されるのも日常茶飯事。また、警察官は3交代24時間勤務というのも一般的なので、昼間に働くだけでなく、夜から勤務ということもあり、仕事の時間も曜日も不規則。毎日ほぼ一定のリズムで働く人とは、肉体や精神の疲れ方が違うのではないだろうか。

ただ、この不規則勤務は「浮気の隠れみの」になることもある。急に呼び出されたり、日中働いたと思ったらその次は朝まで仕事したり、イレギュラーな動き方が少なくない警察官は、浮気をしてもバレにくい側面があるのだ。

いつも同じ時間に出かけて同じ時間に帰ってくる、規則正しい仕事の人より、浮気をしても、パートナーである妻や家族に気づかれにくい。その「バレにくさ」が、警察官を浮気に駆り立てることもある。

1-4.「警察官はモテる」から浮気しやすい

警察官は正義感が強く、さわやかでかっこいい。特に、若い警察官に対してそんなイメージを持っている女性は、実は少なくない。また、警察官には柔道や剣道の有段者もいるし、日頃から体を鍛えていて筋肉質な人も珍しくないだろう。そう考えれば、モテると聞いても不思議はないのではないだろうか。

「警察官は強くて守ってくれそう」という印象から人気になりやすいのも事実。実際、婚活シーンにおいてもモテることが多い。婚活市場でモテるのは、独身であれば何の問題もないかもしれないが、その警察官が既婚者だったり、結婚を前提に交際している女性がいたりする場合はどうだろう。

婚活パーティーや合コンで警察官がモテることはよくあるものの、それが浮気となると話は別だ。モテるのは気持ちがいいから調子に乗って、既婚者であることを隠して浮気を繰り返す強者(つわもの)もいる。

1-5.「警察官は残業が多い」から浮気しやすい

これは先ほど述べた「勤務時間が不規則」という話とも近いが、警察官は残業が多い。交番勤務でも月60〜80時間くらいの残業は当たり前。私服で働き、犯罪の捜査や犯人逮捕を担当する刑事であれば、張り込みなどもあり、超過勤務が100時間以上というのはザラ。というより、警察では一般的な残業時間といってもいい。

激務で私生活など無いに等しく、毎日が残業というほどのサイクルで働いていたら、ほぼ家にいなくて当たり前。浮気をする暇もなさそうだが、いつも外に出ているので、浮気をしやすいともいえるのだ。

2.警察官の浮気相手になりやすい女性のタイプ6つ

前章で警察官が浮気しやい理由を述べたが、それでは、どんな女性と浮気をしやすいのだろうか。浮気相手としてよく見られるタイプをピックアップして解説していく。

2-1.浮気相手は「女性警察官」である

多いのが、警察官どうしの浮気や不倫。職場恋愛というのはどこの会社でもありそうなものだが、警察官となると別。それでも、おたがいに独身なら、とやかく言われるものでもないが、一方または両方が既婚者となれば、話はまったく違ってくる。

警察官の場合、交番勤務にしてもパトロールに出かけるにしても、一緒に行動する時間が長くなりがちなので、人によっては間違いが起こりやすい。パトカーに二人で乗って地域を巡回したり、夜勤の際に仮眠時間があったり、男性警察官と女性警察官が接近してしまうシーンが生まれやすいのだ。また、基本的に男性が多い職場のため、女性の同僚がいると恋愛感情を抱きやすい、という事情もあるかもしれない。

もちろん、警察官の男女が仕事で協力しあう場面があったからといって、みんながみんな、肉体関係を持つわけではない。全体から見れば一部かもしれないが、男性警察官の浮気相手は女性警察官が多いといわれている。

男性警察官が上司であったため、言い寄られた女性警察官が断り切れなかったというように、上下関係が浮気のきっかけになっていることもある。ただし、逆のパターンといえばいいのか、上司である女性警察官から誘うケースも実は少なくない。

2-2.浮気相手は「飲み屋で出会った女性」である

イメージ写真

前章で、仕事の中身は守秘義務で話せないと書いたが、職種を伝えるくらいのことはあるだろう。一般的なビジネスマンのように、頻繁に足を運ぶわけではないものの、たまには居酒屋などを寄りたいこともある、

そんなとき、警察官であることを話すと、興味を抱く女性もいる。中には「仲良くなりたい」と思う女性もいるし、「付き合いたい」と考える女性もいるのではないだろうか。そのように、飲み屋で知り合った女性が浮気相手になることは珍しくない。警察官も、一般的な世の男と何ら変わらないともいえるだろう。

2-3.浮気相手は「同級生」である

同窓会などで学生時代の同級生に再会する。そのような場で、警察官はみんなの注目を集めることがある。特に、同級生の女性は目を輝かせながら近づいてくることがあるのだ。

なぜなら、警察官は日頃から体を鍛えているので、他の同級生よりもかっこよく見えやすいから。自分の夫や彼氏のおなかが出てきたり、髪の気が薄くなったりしているようなら、なおさら、警察官は素敵に見えるのだろう。そうやって再会した同級生と、深い仲になるのに時間はかからないかもしれない。

2-4.浮気相手は「合コンで知り合った女性」である

前章でふれたが、合コンや婚活パーティーで出会った女性と、交際を続けるケースだ。知り合ったとき、おたがいに独身なら、自由に恋愛を楽しめばいい。 しかし、既婚者であるのに肉体関係を持つのは、ほめられたことではない。

既婚者であれば、れっきとした浮気ということになるが、それ以上に、既婚者であることを隠して交際をしているなら、より問題だ。警察官は合コンなどでモテる、と述べたが「モテるから浮気をしてもいい」というわけではない。

2-5.浮気相手は「警察に相談に来た女性」である

このパターンは特に多いとはいえないが、ないこともない。交番や警察署に相談に来た女性と仲良くなってしまうケースだ。落とし物をしたので手続きに来たという人や、事件性がありそうな件で相談に訪れた人などさまざまだが、必要以上に親しくなってしまう場合ある。

いや、親身になって相談に乗るのはいいが、それが一線を超えてしまうのは問題かもしれない。たしかに、警察官が浮気をするのは珍しくないが、相談に来た女性に手を出してしまった場合、大きな問題になってしまう可能性もあるだろう。

2-6.浮気相手は「その他の女性」である

前項までに挙げた5タイプの女性だけが、浮気相手とは限らない。キャバ嬢やホステスと浮気をする警察官もいる。先ほど、飲み屋で出会った女性との浮気について述べたが、その場合でも、飲み屋に客として来ていた女性と仲良くなることもあれば、お店で働く女性と親密になることもある。

警察官とひとくちにいっても、中身は一人ひとり違っていて、好きな食べ物も 趣味も女性のタイプもさまざまだ。だから、浮気をする気があれば、どの女性とでも浮気をする可能性はあるのではないか。もちろん、すべての警察官が浮気をするとは思えないし、実際のところ、パートナー(妻、または彼女)をここの底から愛していて、浮気にまったく関心のない警察官だって、おそらくいるだろう。

とはいえ、自分が妻で、夫が警察官であるなら「警察官はあらゆる女性と浮気をする」といったん考えてみるのも手だ。すべての女性を浮気相手(かもしれない)と位置付けることで、「ああいう女性は危険だけど、こういう女性は大丈夫」というような、ほとんど根拠のない既成概念を捨てさることができるから。「仮に夫が浮気をしているとしたら、どの女性といつどこで会っているだろう?」そんな問いかけを自分にしてみたら、夫が浮気しそうな相手(妻から見て、危険な女性)がイメージできるのではないだろうか。

3.夫の浮気が疑わしいと思ったら確認する7つのポイント

イメージ写真

警察官が浮気しやすい理由や、浮気相手のタイプなどを説明してきたが、あなたの場合はどうだろう。あなたの夫が警察官である場合、ここまで読んできて、「浮気の可能性が高い」と確信を深めただろうか。実際に浮気をしていた場合に見られる、典型的な「浮気の兆候」というのがあるのでチェックしてみるといい。

3-1.スマホ(スマートフォン)を手放さなくなった

以前はスマホを無造作に扱ったり、食卓やキッチンなどに放置したりしていたのに、いつも手放さなくなったら怪しい。浮気相手からLINE(ライン)などで連絡が来るのを待っていて、それをパートナー(妻)に見られないようにしている可能性がある。

トイレに入るにも、お風呂に入るにもスマホを持っていくようなら、かなり怪しいといえるだろう。浮気相手との連絡手段にスマホを利用するのは、今では一般的なので、連絡が来ないかとソワソワしたり、メッセージが届くのを頻繁に確認したりしている場合、浮気中だと考えてもいいだろう。

3-2.スマホにロックをかけるようになった

前項とも近いが、これはパートナーに操作されないようにしているため。特に、以前はスマホにロックをかけていなかったのだとしたら、浮気をしている可能性が高いといっていいだろう。

スマホのロックを外す際、パスワードを押す操作を妻に見せないようにして隠しているのだとしたら、浮気を疑ったほうがいい。スマホをこっそり操作されないために、パスワードを見られないようにしているのだろう。「スマホにロックをかけるようになる」のは、浮気がバレないための行動としてよくあるものひとつだ。

3-3.帰宅したら浴室に直行するようになった

家に帰るとすぐにバスルームへ行くようになった場合も怪しい。ラブホテルや浮気相手の部屋などで肉体関係を持った際、体についた匂いを落とそうとしているのかもしれない。

浴槽にゆったり浸かっているのか、シャワーだけなのかはともかく、浮気相手の体臭や香水、ホテルのシャンプーやボディシャンプーなどを妻や家族に気づかれる前に、きれいさっぱり流しておきたいのだろう。以前は、帰宅してすぐにお風呂に入るタイプではなかったのなら、要注意だ。

3-4.おしゃれに気をつかうようになった

警察官であっても、私服のおしゃれに気をつかう人はいる。とはいえ、それまではファッションにこだわりがなかったのに、服装を気にし出したら怪しい。 それが妻の影響である場合はともかく、妻が何も言っていないのに、今までと違うファッションに身をつつむようになったら、浮気をしている可能性が高い。

おしゃれ好きな浮気相手に合わせようとしていたり、浮気相手によく見られようとしたりしているからだろう。夫がおしゃれになるのは本来、妻からするとうれしいことかもしれないが、その変化が浮気相手の影響によるものだとしたら、胸中は複雑だ。

3-5.急にやさしくなった

夫がやさしくなる。妻にとってうれしいことのはずだが、単純に喜ぶわけにはいかないかもしれない。やさしくなった理由は、浮気の裏返しということがあるからだ。

外で浮気相手と会って、たっぷり楽しんだあと、後ろめたさから妻にやさしくしようと行動する人は、実は少なくない。罪の意識はあるのだろう。しかし、罪の意識があるということは悪いとわかっていながら、浮気をしていることになる。浮気の確信犯だ。

3-6.夜の営みがなくなった

浮気相手と肉体関係を持った夫は、妻に対する興味を失うことがある。そのため、妻とセックスする回数が減り、妻から求められても「疲れているので寝かせてくれ」などと拒否するようになる夫も少なくない。

そのようなケースにも、大きく2通りある。それは、浮気相手と盛り上がりすぎて本当に疲れ切っている場合と、浮気相手との禁断の行為ならではの刺激に酔っている場合だ。いずれにしても、夜の営みに夫がまったく応じなくなったら、浮気の可能性も考えたほうがいいかもしれない。

3-7.体を求めてくることが急に増えた

前項と逆のパターン。妻に対する申しわけなさから、積極的に誘うようになることもある。浮気相手と行為に及び、体は疲れ切っているのに、罪の意識から妻にサービスをしようとする、といえばいいだろうか。

この場合、妻へ喜ばせようと、いつも以上に念入りな行為に及ぶこともあり、それを夫の愛情表現だと、妻は勘違いしてしまうこともある。しかし実際は、浮気に対する罪滅ぼしのようなもの。夜の営みからしばらく遠ざかっていたのに、急に夫が積極的に誘ってきたような場合、「なぜ夫は、急に体を求めてくるようになったのだろう」と考えてみたほうがいいのかもしれない。

明らかに浮気をしていると断定しにくい場合もあるだろうが、少しでも疑わしいようなら、まずは夫の様子を観察してみるというのもひとつの手だ。

4.警察官が浮気をした場合のリスクは小さくない!?

ここまで、警察官と浮気について語ってきた。実際、警察官による浮気は残念ながら少なくないのだが、ときにはトラブルに発展したり、ネガティブな結末を迎えたりすることもある。それらに関して、いくつか伝えておこう。

4-1.警察官の浮気は処分につながることもある

『不貞行為』は刑法で罰せられるものではなく、不貞行為そのものよって逮捕されることはないが、民法に規定されているうえ、そもそも良い行いではない。こう書かなくても、常識的に考えて、不貞行為は良くないことだろう。法の秩序のもと、市民の安全を守る警察官が不貞行為が良くないことを知らないはずはない。であるにも関わらず、実際のところ、警察官による浮気は少なくない。

ちなみに「不貞行為」とは「夫婦・婚約・内縁関係にある男女のどちらかが、配偶者以外の異性と自由意志で肉体関係を持つこと」を指し、法律上「民法第770条第1項」に規定された、法定離婚事由として認められている離婚原因のひとつだ。つまり、肉体関係を伴う浮気は、離婚の理由として法律で認められているということ。別の表現をすれば、警察官による浮気は、法のもとで活動している警察官(のうちの一部)が、法を破る行為をおこなっていることになる。

そんなわけなので、刑法で罰せられないからといって、処分の対象にならないということでもない。事実、『懲戒処分』について警察官・警察職員について、懲戒理由として最も多かったのが「異性関係」なのだ。

たとえば、警察官の妻は「浮気や不倫による懲戒処分はない」と考えているかもしれないが、必ずしもそうではない。職場で不倫関係になり、そのことが発覚した場合、処分の対象となる可能性は十分にある。

4-2.警察官の浮気はクビにつながることもある!?

イメージ写真

前項で「懲戒処分」について述べたが、『懲戒解雇』はどうだろう。つまり、浮気によってクビになることはあるのか、ということだ。警察官の場合、基本的に、不貞行為によってクビになることはない。ただし、『自主退職』へ追い込まれることはある。

追い込まれる、というのは正確な表現ではないが、浮気や不倫が職場のみんなに知られ、居づらい環境になる。あまりの居心地の悪さから、結果的に「自主退職」してしまう、という流れだ。浮気や不倫を知られて、職場に居づらくなることは民間企業(一般企業)でも起こりうるが、その意味では警察官も同様だといえる。「警察官は公務員なのでクビになることはない」という認識を持って、夫(旦那)と結婚したという妻からすると、浮気や不倫で自主退職となったら、予想外の展開ではないだろうか。

警察官は階級によって、国家公務員の場合と、地方公務員の場合があり、同じ職場に両方が混在していることもある。ただ、浮気によって懲戒処分が行われたり、懲戒解雇でなくても自主退職しなければいけなくなったりする可能性は、国家公務員か地方公務員かどうかに関わらずある。だから、警察官の浮気は珍しくないとしても、甘く見ないほうがいいだろう。

4-3.警察官の浮気をほおっておくと事件につながる!?

警察官による浮気は少なくないので、一般論として考えるなら、よくあることともいえるが、自分の夫が該当するようなら、気になってしまうのは当然だ。前述したように、懲戒処分になることもあるし、場合によっては自主退職しなければならないような展開になる可能性もある。

それどころか、さらなる悲劇につながることも、ないとはいえない。たとえば、こんな事件があった。1人の男性警察官が独身だと偽って、女性と交際していた。ところがあるとき、その女性は交際相手が結婚していることを知り、警察官を責め立てた。それに対し、逆上した警察官は女性を殺害したのだ。

浮気や不倫を知られたくないからといって、警察官が殺人を犯すことなどあってはならないが、これから先、そのような悲劇が絶対に起こらないとはいえないのではないだろうか。極端な事例だと思われるかもしれないが、浮気や不倫をほおっておくと、アンハッピーな結末を迎える可能性も、絶対にないとはいえないのではないか。警察官である夫の行動が疑わしいなら、一度、浮気調査を検討してみるのもいいかもしれない。

5.浮気調査を検討してみるとしたら

浮気調査の方法には、大きく分けると2通りある。それは、自分でやるのか、プロにまかせるのかというものだ。それぞれのメリット、デメリットについて説明しよう。

5-1.浮気調査を自分で行うメリット

自分で浮気調査をするメリットは、費用がかからないことだろう。夫を尾行するのにも電車やバス、場合によってはタクシーを利用するにも、費用が一切かからないというわけではないが、大きな出費は抑えやすい。徒歩や自転車で尾行できることもあり、ほとんど費用がかからない可能性もある。

5-2.浮気調査を自分で行うデメリット

デメリットは、自分のスケジュールが空いているときしか尾行ができないこと。たとえば、子どもを幼稚園や保育園にお迎えに行くとしたら、その時間は尾行ができないし、子どもが帰宅したあとの時間帯も難しいのではないだろうか。

また、尾行したとしても、当たり前だが相手に気づかれてはならない。この場合、相手というのは夫と、夫が浮気をしている女性だ。そもそも、尾行というのは素人には容易ではないし、尾行していることを感づかれたら、急にダッシュして逃げられる(まかれる)こともあるし、そうでなくても、警戒されることで尾行が難しくなるのはほぼ間違いない。

5-3.浮気調査をプロに依頼するメリット

これはなんといっても、尾行をはじめとする調査スキルが高く、気づかれにくいことだろう。探偵事務所や興信所などに依頼すると、経験豊富な探偵が浮気調査を担当すること多い。

警察官による浮気を調査するとなると、通常、いわゆる一般人を尾行するよりもハードルが高い。警察官というのは職業的な特性のようなもので、周囲をそれとなく見まわすなど、気をつけていることが少なくないからだ。特に、自分が浮気をしているときは「誰かに見られていないだろうか」と神経質になり、細心の注意を払っていることも少なくない。

5-4.浮気調査をプロに依頼するデメリット

探偵事務所や興信所などは、浮気調査を仕事として引き受けるのだから、費用が発生するのは当然だ。その費用は技術や経験に裏打ちされたものなので、たしかに安いとはいえないかもしれない。自分で尾行をすることと比べたら、高いと感じる人もいるのではないだろうか。

ただし、プロに依頼することで、質の高い浮気調査が行われるだろう。そうなると、実際に浮気をしていた場合、ことを有利に進めることのできる『調査報告書』が仕上がってくる可能性も高くなる。つまり、費用に見合った調査、あるいは費用以上の調査書が仕上がってくることもあるだろう。

浮気の証拠写真が含まれた質の高い調査報告書は、慰謝料請求や離婚などを有利に進めるのに、大いに役に立つ。つまり、費用が多少かかったとしても、実績のある探偵事務所などに依頼したほうが、望む結果につながりやすいというわけだ。浮気相手から支払われた慰謝料から、調査費用を差し引いても、差額が手元にしっかり残るとこともあり、そうなれば、デメリットでなくメリットといえるだろう。

まとめ

あれこれ説明してきたが、どう感じただろうか。あなたのパートナー(夫)が警察官で浮気が疑われるのなら、まずは一度、探偵事務所か興信所に相談をしてみることをおすすめする。自分で浮気調査をしてみようと考えているのだとしても、プロに依頼するつもりだとしても、夫の浮気について正直に相談してみるのがいいのではないだろうか。相談無料の探偵事務所などもあるし、浮気の状況や浮気相手に情報などをわかる範囲で伝えて、プロならではのアドバイスを聞いたうえで、調査をお願いするか、それとも自分で尾行するかを決めればいいのだから。

  • 夫の浮気チェック
  • 妻の浮気チェック

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。