専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の疑いホワイトデーに浮気が増える理由と浮気を見破るための7つのポイント

イメージ写真

バレンタインデーにプレゼントをもらったら、そのお返しをすることになっているホワイトデー。その日は恋人どうしにとって素敵な日であるだけでなく、恋人未満の人や、浮気をしている人たちにとっても特別な日だ。なぜなら浮気カップルにとって、一年の中で何日もないスペシャルな一日だから。ただし、特別な日であるだけに、動き方が派手になったりして浮気がバレやすい日ともいえる。この記事では、浮気しやすい日であると同時に、浮気がバレやすい日でもあるホワイトデーに迫っていく。

1.そもそもホワイトデーとは?

『バレンタインデー』にチョコレートなどをもらった男性が、そのお返しにホワイトチョコレートやマシュマロ、キャンディなどを女性にプレゼントする日。それが、『ホワイトデー』の一般的な解釈ではないだろうか。バレンダインデーに「義理チョコ」「友チョコ」があるように、『ホワイトデー』にも義理チョコや友チョコなどもある。

ホワイトデーの誕生の由来は諸説ある。バレンタインデーが日本に定着するにつれ、「お返しの日を作ったらどうか」という動きが菓子業界などから出て、それに百貨店などが加わり、徐々に浸透したようだ。ホワイトデーの誕生の由来は諸説あるが、日本発祥の習慣で、中国や台湾、韓国など東アジアの一部でも見られる。ヨーロッパ、アフリカ、中東などにはホワイトデーの習慣はないが、その理由としては、それらの地域の国にはそもそも、日本でいうような「お返しの文化」がないことが考えられる。

2.ホワイトデーに浮気が多くなる理由

バレンタインデーに義理チョコや友チョコをもらった場合でも、ホワイトデーに何かお返ししようとするのは一般的なことだろう。ただし、バレンタインデーに浮気相手からプレゼントをもらい、そのお返しをするのは特別なことのはずだ。

つまり、男性は「浮気相手の女性にスペシャルなお返しをしよう」と考え、女性は「浮気相手の男性からのお返しに期待する」という流れになる。男性は男性で、女性から期待されていることがわかるので気合が入り、浮気相手の女性を喜ばせようと、プレゼントはもちろんのこと、食事やホテルなどまで計画していることもある。

特に、浮気相手との仲が新鮮な時期だったり、浮気相手にのめり込んでいたりするなら、なおのこと、ホワイトデーに気合十分かもしれない。かなり前から予定を立て、バレンタインデーやクリスマスにひけをとらないくらい、スペシャルな一日にしようとしている場合のも少なくないだろう。つまり、唯一無二に近い特別な日であるため、特定の浮気相手がいるのであれば、ホワイトデーに浮気をする可能性は極めて高いといっていい。

3.ホワイトデーの浮気を事前に見破る7つのポイント

浮気をしている場合、どれだけ気をつけていてもたいてい、どこかにスキが生まれるものだ。パートナーの浮気を疑っていたり、心配していたりするなら、これらのポイントをチェックしてみよう。

3-1.何日も前から妻や本命の彼女のご機嫌取りをする

実際に浮気された人による口コミやコメントで特に多いのが『ご機嫌取り』。つまり、浮気するホワイトデーの何日も前から、普段はそうではないのに急に優しくなったり、長時間いっしょに過ごそうとしたりするのだ。

パートナーへの罪悪感からか、ごまかすためか、浮気の前後に優しくなることは少なくない。特に、ホワイトデーはとっておきのイベントなので、前日だけでなく、何日も前からパートナーに優しくなることがある。

また、浮気相手と示し合わせておいて、ホワイトデーが近づくと一切「連絡なし」かのように装って、油断させようとしていることもある。これは、「浮気を疑われていること」に本人がうすうす感づいている場合、「浮気相手とはもう別れたのだろう」と思わせるために使われる作戦でもある。

交際から何年も経つ夫婦や、付き合いの長いカップルなら、パートナーが嘘をつくときのクセなどもわかるのではないだろうか。「嘘をつくときは頻繁に髪をさわる」「相手の目をじっと見る(あるいは、目をそらす)」など、不自然な行動がないかチェックしてみるといい。

3-2.「忙しい」アピールなどをする

イメージ写真

「ホワイトデーは打ち合わせの予定が入って忙しい」や、「ホワイトデーに出張が入ってしまって」といったことを言われたら要注意だ。それまで残業や出張がほとんどなかったとしたら、パートナーが嘘をついている可能性は十分にあるだろう。

こちらから予定を聞く前に、ホワイトデーに帰りが遅くなることや、出張で泊まりになることをパートナーがアピールしてくるようなら、本気で浮気を疑ったほうがいいかもしれない。前項と関連するが、「ホワイトデーの当日は仕事で忙しいから」などと口にして、普段よりも優しくしてくるような場合、浮気に対する後ろめたさからの行動ということもあり得る。

3-3.プレゼントを隠す

浮気相手へのプレゼントを事前に準備しているケースは少なくないだろう。といっても、自宅には隠しにくいため、会社や駅のロッカー、オフィスの引き出しなどに保管する人もいる。ただし、玄関の下駄箱(シューズボックス)や車の中やなどに隠している場合もないとはいえない。

夫婦で仕事場が同じといった場合でなければ、会社の中までチェックするのは容易ではないが、家や車の中なら確認できるのではないだろうか。見つからなければ見つからないで安心材料になるかもしれないし、浮気が疑わしいようなら。普段見ないような場所まで念のためチェックしてみよう。

3-4.レストランやホテルを予約する

形のあるプレゼントを避け、レストランやホテルの予約をし、浮気相手と一緒に過ごそうと考える男性も少なくない。そのような場合、ホワイトデーは特別なイベントだからと、評判のレストランをチェックしたり、素敵なホテルを探したりしていることがある。その際、スマホ(スマートフォン)や携帯電話を使って検索したり、予約したりしているケースが少なくない。ホワイトデーが近づく中、パートナーが普段より多くスマホや携帯をさわっているようなら、浮気の可能性が高いといえるかもしれない。

3-5.多めの現金を準備する

男性にとってホワイトデーは、浮気相手の彼女へのとっておきのアピールの日。できることなら、気前のいいところを見せたいと意気込む男性が少なくない。世の中、クレジットカードを使える場所が増えているとはいえ、いざという時のため、ホワイトデーに合わせ、いつもよりも多めの現金を財布に入れていることが多い。旦那の入浴中や、旦那が寝ているあいだに財布の中の現金をこっそり確認してみよう。

3-6.いつも以上に美容を気にする

妻(嫁)が浮気をしている場合、ホワイトデー前に「キレイになろう」と美容室へ行くことはよくある。浮気相手に素敵だと思われたい、という意識の現れなのだろう。これは女性だけでなく、最近は男性にも珍しくない傾向だ。

しばらく行っていなかった美容院へ足を運んだ場合は、もちろん要注意。ほかにも、オシャレにほとんどこだわらない夫がファッション雑誌をチェックしていたり、急に体臭や口臭を気にする素振りを見せたりしたら、かなり怪しいといっていいだろう。

3-7.車の中をキレイにする

イメージ写真

車を所有しているなら、ホワイトデーに浮気相手とドライブデートすることもある。普段あまり掃除をしないパートナーが、急に車内をきれいにしていたり、車のボディをピカピカに磨いたりしていたら怪しいといっていい。

4.ホワイトデーの浮気を後から確認する7つの方法

できることなら、ホワイトデーの浮気を事前に見破り、阻止したいところだが、後からであっても浮気の証拠をつかんでおくことは意味がある。浮気をやめさせるにしても、離婚するにしても、パートナーが浮気をしたという証拠をつかんでおいたほうが有利に進められるからだ。

4-1.クレジットカードの購入履歴をチエックする

浮気相手のためのホワイトデーのプレゼント購入に、クレジットカードを利用することはよくある。また、既婚者からのプレゼントは高価なものであることも少なくない。

ホワイトデーの前にプレゼント購入を見破れなかったとしても、後日、クレジットカードの明細を確認して、浮気が発覚することは少なくない。「これは怪しい」という購入物があればパートナーを追及する手もあるし、その場で追及せず、後から浮気調査や離婚を有利に進めるための資料に用いる手もある。

4-2.インターネットの検索履歴を確認する

ホワイトデーは、バレンタインデーのお返しでもある特別な日。プレゼントのためにバッグやアクセサリーなどを検索するのはもちろん、レストランやホテルを調べて予約したりすることもよく行われている。

インターネットの検索履歴に、あなたと行かないような場所やレストラン、ホテルなどが残っていたら、浮気の可能性が高まるだろう。パートナーが検索履歴を消去していることも考えられるが、少しでも浮気が疑わしいようならチェックしてみよう。

4-3.カーナビの履歴を見る

車を所有している場合、ホワイトデーのデートに車を使う可能性は十分にある。カーナビの履歴をチェックすることで、ホワイトデーの行動がほぼ明らかになるかもしれない。

パートナーが浮気相手とのデートに力を入れているとしたら、当日ドライブするコースを下見していることも珍しくない。ホワイトトデーの前2週間ほどの履歴を確認すると、浮気の事実に近づけることが大いにあるだろう。

4-4.チャイルドシートを確認する

イメージ写真

子どもがいてチャイルドシートを取り付けている場合、浮気相手を乗車させる前にチャイルドシートを外すこともある。家庭がある雰囲気を、ホワイトデーのデートに持ち込むないと考えるタイプだ。チャイルドシートをいったん外し、浮気後に元に戻したときに位置がズレて、浮気が発覚することはよくあるので、目を凝らして確認してみよう。

そのことを知っていて、慎重にチャイルドシートの脱着をする強者もいるが、浮気を見破るポイントの1つにはなるだろう。とはいえ、子持ちであることを浮気相手が知っている場合、あえてチャイルドシートを外さないこともあるので、この項目は絶対視しすぎないほうがいいかもしれない。

余談だが、チャイルドシートが付いていることで、「この相手は既婚者だから、割り切った関係ができそう」と、浮気相手として安心されやすい場合ある、ということを書き添えておこう。

4-5.財布の中のレシートを見る

ホワイトデーに浮気をするとなったら、ホテルを利用するカップルは多いだろう。ホテルに入る前に、2人でコンビニに立ち寄って、飲み物や食べ物を購入するケースがよく見られる。

その際、証拠を残したくないのでクレジットカードでなく、現金で支払いを済ませることが多い。そのときのレシートが、財布に残っている可能性があるのだ。不自然な場所や時間などに2人分の買い物をしていたら、かなり怪しいといっていいだろう。

4-6.スマホの予測変換をチェックしてみる

パートナーが寝た後や入浴中などに、スマホや携帯のメール画面に「ホ」のような文字を打ち込んでみるといい。「ホテル」「ホワイトデー」などの言葉が予測変換されないかどうか。予測変換はよく使う言葉が変換されるので、浮気を連想されるワードがすぐに表示されたら、浮気の可能性が高いといっていいかもしれない。

4-7.新しいものやプレゼントがないか確認する

ホワイトデーのプレゼントが食事やホテルなどでなく、形に残るものだった場合、自宅のどこかに置いている可能性が低くくない。なぜなら、ホワイトデーに密会するほどの相手からのプレゼントをすぐに捨てるとは考えにくいからだ。浮気の間柄の場合、バレにくいように小さなものを贈ることが多く、特に既婚女性の場合、小さいながらも高価なプレゼントをもらうことがある。

また、ホワイトデーは特別な日なので、「他の人と同じ」ではないものを望む女性が少なくない。この傾向は、既婚女性と独身の彼氏というカップルであってもほぼ例外ではない。たとえ浮気の関係だったとしても、あなたが「好きな女性」だと思わせてくれる特別感を、多くの女性は期待しているのだ。

妻の場合は化粧代やクローゼットの周辺、夫の場合は書斎や車の中など、どこかに隠していないか探してみよう。中身が見当たらなかったとしても、普段は見かけないブランドの包装紙や箱などが見つかったら、はっきりいって相当怪しいはずだ。「これ何?」と聞いてみるのも1つの方法だ。義理チョコ・友チョコのお返しとは思えないような高価な印象なのに、「みんなに配ってたんだよね」「仕事先の男性から、うちの女性社員みんなに」といった嘘くさい返事をされたら、いよいよ、浮気の可能性大。返事の中身だけでなく、目をそらしたり、逆ギレしたり、相手の様子・態度にも注目すべきだろう。

5.ホワイトデーの浮気調査をするなら

ここまで見てきて、「ホワイトデーにパートナーが浮気しそう」と感じたり、あるいはすでに「ホワイトデーにパートナーが浮気をした」と思えたりするなら、次なる行動を考えよう。具体的にはもしも浮気をしていた場合、やり直しを希望するのか、離婚をしようと 考えるのか。

いずれにしても、浮気調査は一般人には容易ではない。浮気を疑っていることをパートナーに気づかれたら、浮気相手としばらく会わない、連絡を取り合わないなど、警戒モードに入ってしまう。そうなると、浮気の証拠をつかむのが、ますます難しくなる可能性が高い。

「相手と別れてもらって関係を修復したい」にしろ、「浮気相手を特定して慰謝料を請求したい」にしろ、「浮気の証拠をつかんで、有利な条件で離婚したい」にしろ、まずは探偵事務所や興信所などに問い合わせしてみるというのはどうだろう。ホワイトデーは浮気が多く、調査の依頼も増えやすいので、早めに相談をしてみるのがいいかもしれない。

まとめ

時代は移り変わっても、日本では「何かいただいたら、お返しをすべきだ」と思っている人が今も少なくないようだ。その考え方を反映しているのか、バレンタインデーのお返ししてホワイトデーも大切にされている。そして、その特別な日は「一年のうち、特に浮気が多い日」の1つといっていい。パートナーの浮気が疑わしいなら、ぜひとも、探偵事務所へ。探偵事務所の多くは「相談無料」なので、話を聞いてから浮気調査をお願いするかどうかを決めればいい。参考程度に、という軽い気持ちでもいいので、一度、プロの意見を聞いてみることをおすすめする。

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。