専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の調査浮気調査されてると感じたら、どうしたらい?

イメージ写真

「誰かに後をつけられているような感じがする」とか、「自分の行動が調べられているような気がする」などと感じることがあったら、それは浮気調査をされているからかもしれない。自分が浮気調査されることについて、心当たりがある人も、ない人もいるだろう。心当たりがある人は、何か対策を考える必要がある。心当たりがない場合でも、気持ちの悪いものであろう。浮気調査されていると感じた時の対策について述べる。

1.浮気調査はこうして始まる

自分の夫や妻の浮気・不倫を疑った場合は、本当に浮気をしているのかどうか、すぐに確認したくなるものであろう。しかし、確実な浮気調査は、なかなか一般の人には難しい。そこで、探偵事務所や興信所を使った調査が必要になってくる。

だが、浮気・不倫を疑った場合、すぐに探偵事務所や興信所に調査を依頼する人はあまりいない。探偵事務所や興信所としては、なるべく早い段階で相談してもらったほうが、有意義なアドバイスもできるのだが、多くの場合は、まず自分で調べようとする。

1-1.スマホから浮気調査

浮気を疑った多くの人が、まず調べようとするのが、配偶者のスマホ(スマートフォン)である。浮気の証拠を、SNSでのやりとりやメール、通話履歴などで調べようとする。

恋愛関係が疑われるようなやりとりをしているかどうか、会う約束をしているかどうかなどが調べられることになる。スマホやSNSに登録してある名前は、偽名でわざと同姓の名前にしていることもあるので、あまり当てにはならないが、中には堂々と実名で登録している場合もあり、気になる名前は書き留められたりするだろう。

浮気調査されてる側が、スマホを見られることを警戒していると、なかなか調べられないが、極度に警戒しているのは、それはそれであやしいため、浮気の疑いはより深まることになる。

逆に、自分が疑われていて、浮気調査されているかどうか確認するには、自分のスマホを相手が調べようとしているかどうか試してみるのも1つの方法である。たとえば配偶者がいる部屋に自分のスマホをよく見えるように置いて、調べようとしているか密かに観察するのだ。

さらに、浮気調査されている側が、浮気を隠蔽する工作としてもスマホは使える。仕事などで使うスマホと、浮気相手と連絡を取り合うスマホは別のものにしておき、仕事などで使うスマホは、いつも配偶者が簡単に調べられるようにしておくのである。

1-2.あらゆるものが浮気調査の対象に

浮気を疑われたら、ありとあらゆるものが、調べられると考えたほうがいい。いつ、どんな方法で浮気調査されてるか、わからない。

ちょっとした不注意で証拠になるようなものを残すと命取りである。たとえば衣服のポケットの中に、うっかりラブホテルの会員カードなど、ラブホテルを利用した証拠になるものを残してはいないか。

あるいはバッグの中に、浮気相手からもらったプレゼントなどが入っていないか。逆に、自分が浮気相手に贈ろうとしているプレゼントを入れたバッグなどを自宅に置いていないか。

自家用車に証拠を残すのもあぶない。車の中に浮気相手の髪の毛や匂いなどを残すはもってのほかである。

1-3.浮気調査と盗聴器

さらに、踏み込んだ浮気調査を考えた場合には、一般の人でも盗聴器やGPSを使うこともある。盗聴器は、浮気相手との会話が聞けるように仕掛けることができれば有効である。たとえば、あらかじめ密会する場所がわかっていて、そこに盗聴器を仕掛けられるような場合だ。しかし、現実的には難しいことが多い。

盗聴器を配偶者のカバンなどに忍び込ませて、浮気相手と会った時の会話を盗聴する方法も考えられるが、成功率はあまり高くない。カバンに入れると気づかれてしまうことが多いし、浮気相手と会っている時にバッグがどこに、どのように置かれるかわからないため、音がよく拾えるとは限らないからだ。

1-4.浮気調査とGPS

イメージ写真

GPS発信器を使えば、どこで浮気の密会を行っているのか調べることができる。プロの探偵もGPS発信器から得た情報をもとに、調査対象者の行動を把握して浮気調査に役立てることはある。浮気相手と会っているラブホテルの場所が特定できれば、そこに張り込んで証拠写真の撮影を狙うことも容易になるからだ。

しかし、探偵が自ら調査対象者にGPS発信器を仕掛けるのは違法である。住居や会社などに勝手に入って調査対象者の持ち物に仕掛けるのは住居不法侵入になるし、調査対象者の持ち物に工作してもいけない。ただし、調査の依頼者が、GPS発信器を仕掛け、そこから得られた位置情報をもとに探偵が張り込みなどの調査をすることはある。

一般の人が、GPS発信器を仕掛けようと考える対象として多いのはカバン・バッグなどである。しかし、カバン・バッグは、仕掛ける対象としてあまり相応しくない。仕掛けられていることに気づかれてしまうことが多いからだ。最近のGPS発信器は性能も上がり、小型化してはいるものの、はっきり異物として認識できる大きさである。よほど無頓着な人で、自分のカバンの中に何が入っているのか気にしていない人は別だが、相手に気づかれてしまう可能性はかなり高い。

そこで、GPSを仕掛けるのに最も相応しいのは自家用車ということになる。もちろん、調査対象者が自家用車を移動手段としてよく使っていて、浮気相手と会うのにも車を使っていることが条件だ。つまり、東京などの大都会では移動手段に自家用車を使わないことも多いため、GPS調査が向かない場合もある。しかし、車が日常の移動手段として欠かせないものになっている地域も多く、そういったところではGPSは大いに威力を発揮する。

さて、では車のどこにGPS発信器を仕掛けたらいいのか。一般的には車体の下だ。車体の下の様子をいつも確認してから乗車する人はほとんどいないからである。逆によく確認されたり、目に付いたりしやすいところに仕掛けてはいけない。

また、車は振動するので、しっかり固定しないと走行中に脱落してしまうケースもよくあるので注意が必要だ。GPS発信器は精密機器であるため熱や衝撃にも弱い。高温になるエンジン近くやマフラーのそばなどは、仕掛ける場所としてよくない。衝撃を防ぐためには、走行中に何かとぶつかることが考えられるような場所も不向きである。

逆に調べられる側、つまり浮気調査されている側の場合、自分の車にGPS発信器が仕掛けられていないかよく確認することが必要だ。普段はあまり見ない車体の下などでも、仕掛けられそうな場所は確認してから乗車したい。

2.探偵事務所への浮気調査依頼

以上のように、夫や妻の浮気を疑った人が、とりあえず自分で浮気の真偽を調べたとしよう。そして、その結果としては、3通りが考えられるだろう。1つ目は、浮気をしていた形跡はまったく見つからず、浮気を疑ったことは間違いだった場合。この場合は、そこで納得して終わるのが普通であろう。浮気調査されている側としては、自分が調査されていたことにも気がつかないで終わるかもしれない。

2つ目は、確実な浮気の証拠は見つからなかったが、それでもまだ疑わしい場合だ。この場合は、探偵事務所や興信所に調査依頼をすることになるだろう。疑わしいまま放置しているのは精神的にもよくないため、はっきりさせたほうがいい。それに、もし本当に浮気していたとしたら、放置している間に事態がより深刻化するかもしれないからだ。浮気調査されている側としては、今度は厳しいプロの調査を受けることになる。

3つ目は、証拠が見つかり、浮気をしていることが明らかになった場合だ。この場合でも、探偵事務所や興信所に調査依頼することが必要になってくることもある。それはなぜか、次に説明する。

2-1.確実な証拠を相手につきつける

いくら証拠を見せても、浮気調査されている側は認めないケースもある。調査した方としては完璧な証拠だと思えても、よほど確実な証拠でないと相手は認めない場合もある。また、その証拠を見て第三者はどう考えるかという問題もある。

そこで、浮気調査されている側が言い逃れできないほどの確かな証拠、第三者が見ても納得できる浮気の証拠が必要になる。探偵事務所や興信所は、そういった証拠を揃えるプロである。仮に慰謝料請求や離婚の裁判になった時でも、十分に通用する精度と形式で浮気の証拠を揃えてくれる。

つまり、浮気調査されている側が言い逃れできないようにさせるだけでなく、その後に、慰謝料請求や離婚の交渉に進むことを想定した場合でも、探偵事務所や興信所に調査依頼することが必要になってくるのである。

3.浮気調査への対応方法

浮気調査されてる側としては、探偵事務所や興信所のプロによる調査にどう対応すればいいのか、気になるところであろう。そのためには、探偵事務所や興信所の手の内を知る必要がある。そこで、探偵事務所や興信所の調査について説明する。

3-1.探偵事務所はどうやって浮気調査しているのか

探偵事務所や興信所の浮気調査の方法は、基本的に張り込みと尾行が中心になる。そして、浮気している証拠写真を撮影することが主な目的になる。つまり、この張り込みと尾行と証拠写真の撮影を阻止できれば、調査を封じ込めることができるのである。より具体的にいえば、張り込みや尾行をしている所を見破ってしまえばいいのである。

3-2.探偵事務所の調査能力

イメージ写真

では、探偵事務所や興信所のプロの調査を、そう簡単に見破ることはできるのだろうか。結論からいうと、簡単に見破ることはできない。きちんとした探偵事務所の探偵は、しっかりした探偵の教育を受け、経験も積んでいるため、見破れない方法を知っている。そのために、チームを組んで複数の人員で調査も行っている。

しかし、探偵にもさまざまな人がいて、中には調査員としての質が低い場合もある。探偵という職業には資格はなく、誰でも公安委員会に届出をすれば開業できてしまう。そのため、探偵と名乗って仕事をしている人の中には、技術的にも経験的にもレベルが低い場合もあるのだ。

浮気調査を依頼する側としては、そういったレベルの低い探偵に依頼せずに、実績のあるきちんとした探偵事務所に依頼するよう、くれぐれも注意しておきたい。逆に、浮気調査されてる側としては、そういう探偵にあたれば見破れる可能性が高くなる。また、プロの探偵とはいえ、人間なので絶対にミスをしないとは言い切れない。

3-3.探偵の張り込みは見破れるか?

浮気調査の場合、たとえば、調査対象者が自宅を出るところから、浮気相手と会うところまで尾行することがある。この場合は、まず自宅近くのどこかで張り込みを行っているはずである。そして、張り込みしやすい場所というのは限られてくるのではないだろうか。

調査対象者が家から出てくるのが見える場所で、しかも、なるべく目立たない場所に張り込んでいるはずである。そういった場所が特定できて、かつ、そこに普段は見かけない人がいたり、見かけない車が止まっていたりしたら、かなり疑わしいであろう。

このように、張り込みを見破る基本の1つは普段との違いがあるかないかだ。家の近くだけのことではない。よく通る道などで、普段との違いがあるかないかよく観察してみることだ。

3-4.探偵の尾行はまけるか?

なかなかプロの探偵の尾行に気づくのは難しいと思うが、仮に気づいた場合、あるいは何となくあやしい感じがした場合に、探偵の尾行をまくことはできるだろうか。

これについては、意識的にまこうとすれば、まける可能性が高いと思われる。なぜならプロの探偵は、調査対象が調査されていることに気がついたと感じたら、問題が起きないうちに調査を中断するのが基本だからである。つまり、厳密に言えば、尾行に気づけば、探偵の調査を中断させることは可能だということになる。

尾行に気づけるかどうかは、その場所にも、人にもよるので何ともいえないが、よく注意していれば気づくことも可能かもしれない。

3-5.浮気調査されてることを見破る基本

イメージ写真

自分が浮気調査されてることを見破るために最も必要なことは、疑いである。自分が浮気調査されてることを疑うことが基本だ。

では、何をきっかけに疑えばいいのだろうか。たとえば、探偵事務所や興信所に調査依頼する前に、浮気を疑った夫や妻が自分で調べていた場合、プロではないので調べていることに気がつかれてしまうことが多いはずである。浮気調査されている側としては、夫や妻が自分の浮気を調べていると察知したら、その後でプロの探偵に調査依頼する可能性が高いと疑ってかかったほうがいい。

また、配偶者が急に離婚を切り出した場合なども、その後で探偵事務所や興信所に調査依頼することがある。相手の浮気の証拠をおさえることによって、有利な条件で離婚することが可能になるからである。

この場合、離婚を切り出して、調査依頼をしている側も浮気をしているケースがよくある。浮気をしているほうが相手の浮気調査を依頼するのは変に思われるかもしれないが、これも有利な条件で離婚するためである。離婚の際に自分の浮気がバレると不利になるので、相手側の浮気など弱みをつかんで、自分だけが不利にならないようにしておくためだ。

つまり、急に離婚を切り出された場合には、浮気調査される可能性が高いことになるが、相手も浮気しているかもしれない。疑わしい場合は、こちらも探偵事務所や興信所に浮気調査の依頼を検討してみるべきである。

まとめ

自分が、浮気調査されてるかもしれない場合の対応方法について述べてきた。対処について、最も確実な対応方法は浮気をしないことだ。もし、浮気をしていたとしても、配偶者を泣かせることがないよう、きっぱり浮気をやめることをおすすめしたい。

  • 夫の浮気チェック
  • 妻の浮気チェック

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。