専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

その他既婚者の彼氏を好きになってしまう理由と既婚者と浮気するリスク

イメージ写真

大好きな彼氏が既婚者だったとしたら、あなたはどう思うだろう。それでもいいと考えて、付き合いを続けるだろうか。ただし、その関係は一般的には「不倫」と呼ばれ、あまり良いこととはされない。しかし、それでも既婚男性と付き合う女性は絶えないのはなぜだろう。既婚者の魅力や、既婚者との交際によるリスクなどを説明していこう。

1.独身女性をトリコにする既婚男性の7つの魅力

独身女性から見て、既婚男性は交際相手として危険。どの女性も頭がわかっていながら、ついつい引き寄せられてしまうことが少なくないのは、なぜだろう。既婚男性が持つ7つの魅力に迫っていく。

1-1.余裕が感じられる

独身男性は人にもよるが、どこか地に足が着いていないような雰囲気がある。フラフラしているというか、フワフワと浮いているような、頼りない感じがすることもあるだろう。それが自信の無さから来る場合もあれば、特定の女性と付き合っていても「他にもっといい女性がいたらそっちに乗り換えようかな」と心のどこかで考えているような身勝手さから来る場合もあるかもしれない。そのような独身男性に、安心感を抱きにくい女性は多いのでないだろうか。

それに対し、既婚男性からは余裕さえ感じられることがある。それは、すでに結婚していることから来るゆとりの現れかもしれないし、家庭を支えていることから来る自信の表出かもしれない。もともと、女性は太古の昔から集団で生活してきたとも考えられ、リーダーとして1人で家庭を引っ張っている、既婚男性の逞(たくま)しさに惹(ひ)かれる側面もあるのだろう。

1-2.口説くのが上手い

すでに結婚しているということは、誰かを口説いたり、誰かに口説かれたりした経験があるだろう。うまく口説けたこともあれば、失敗したこともあるかもしれないが、最終的にうまくいったから結婚に至っているのだろう。その、プロポーズして結婚を勝ち取ったというような成功体験があり、その成果が自信につながっている。

独身男性の場合、女性を口説くにしても振られたらどうしよう、という考えが心のどこかにあり、それが弱みになっていることもある。振られたくない気持ちから守りの姿勢に入ってしまい、あと一推しができなくなるのかもしれない。もちろん、何が何でも押せばいいというわけではないが、女性のほうも「あと一押し」を期待していることもあるのだが、独身男性はそこを読み間違えてしまうのだ。その点、既婚男性の多くは女性を口説いてうまくいった成功体験に裏打ちされた自信があり、すでに妻がいて家庭を持っているため、振られてもこわくない余裕もある。その自信と余裕が口説き上手にもつながっており、独身男性にはない魅力として女性の目に映るのだろう。

1-3.女性の扱いに慣れている

結婚して家庭で女性と生活をともにしている既婚男性は、女性の扱い方を心得ている。もちろん、女性といっても一人ひとり異なるので、妻と暮らしているからといって、すべての女性のことをわかっていることにはならない。とはいえ、独身で一人暮らしをしている男性と比べると、多くの時間を女性と過ごしていることになるだろう。どう考えたって、女性に対する経験値が違ってくる。

特に、姉や妹のいる家庭で育った既婚男性は、女性の扱いにより上手なのが一般的。恋愛うんぬん以前に、まわりにいつも女性がいる環境で暮らしてきた男性は、女性の扱いが自然に身についているのだ。良くも悪くも、女性を特別視し過ぎないためにできるのだろう。

「こういうふうに言われると女性はイヤがる」「女性の機嫌が良くないときはこう対応する」など、女性の扱い方がよく知っている既婚男性と一緒にいると、女性も心地よい。女性の側から見て、十分に魅力的ということだろう。

1-4.マイナス部分を見せない

付き合う独身女性に、既婚男性はマイナスな部分を見せないようにすることが多い。たとえば、家庭でのトラブルを持ち込まないし、生活費や子どもを育てるうえでの悩みなどを吐き出さないように気をつけていることが少なくない。なぜなら既婚男性自身も、家庭とは異なる幸福をそこに求めているからだろう。

既婚男性の多くはさまざまな悩みを抱えているはずだが、そのようなネガティブな一面をほとんど見せないため、独身女性の目には素敵に映るのだろう。

1-5.やさしく丁寧に扱ってくれる

イメージ写真

既婚男性にとって、独身女性は特別な存在。食事にしてもホテル代にしても、男性が支払うというのが大半ではないだろうか。時にはアクセサリーやバッグなどをプレゼントする男性だって少なくない。男性にとって身内である妻とは異なる存在であり、交際相手の女性の欲求にできるだけ応えようと尽くしてくれる場合だってある。

女性にとっては、独身男性の彼氏との付き合いではなかなか得られない、特別感が味わえるのではないだろうか。ある意味、既婚男性は女性をお姫様のようにやさしく、丁寧に扱ってくれることさえあるのだ。独身男性の彼氏では、なかなかこうはいかない。

2.既婚男性との交際をやめられない5つの理由

前章で、独身女性が既婚男性に惹かれる理由を述べたが、それらはいわば、交際をはじめた決め手といってもいいかもしれない。それでは、この章では「既婚男性との交際がやめられない理由」を説明していこう。

2-1.女性を理解している

結婚していて妻がいる既婚男性が、女性のことをよくわかっている。少なくとも、一般的な独身男性に比べて、女性をより理解しているといってもいいだろう。

男性は仕事にしろ、趣味にしろ、1つのことに夢中になると他のことに注意が向かなくことが多い。特に、独身男性にはその傾向が強く、たとえば、彼女からLINE(ライン)でメッセージが届いていても、仕事や趣味に没頭し、平気で「既読スルー」してしまうこともある。

それに対し、既婚男性は忙しくても、時間を置かずに既読し、仕事などが落ち着いたところで返信し、女性を安心させる。そうすることで女性が不機嫌になることを避けられ、自分にとっても楽になるのをよくわかっている。妻と生活する中で身についた、女性の対応だ。女性の心理を理解している既婚男性だからできる、女性への気配り術といってもいいかもしれない。

2-2.適度な距離感で付き合える

付き合っている女性とは一日中ずっと一緒にいたい、と思う独身男性がいる。相手も同じ考えなら特に問題はないが、どれだけ好き合っていたとしても四六時中ベッタリというのはちょっとキツイ、という女性もいるだろう。カップルであっても、いつも行動をともにするのでなく、1人の時間や女友達との付き合いも大切にしたいという女性もいるはずだ。

そう考える女性には、既婚男性がちょうどいいかもしれない。既婚男性にはそもそも家庭があるので、女性と2人でずっと一緒に過ごすわけにはいかないし、よって、女性を束縛することもほとんどないはずだ。常に行動をともにしてイチャイチャしたいというわけでなく、ちょうどいい距離感で付き合いたいと思っている女性には、既婚男性は最高といってもいいかもしれない。

2-3.Hが上手い

独身男性の中にもセックスが上手な人はいるが、どちらかというと女性の扱いがたどたどしい人が多いのではないだろうか。Hのテクニックに関してバラつきが激しいのが、正直なところだ。その点、既婚男性はセックスの上手な人が少なくない。結婚に至るまで、また結婚後においてもある程度以上、Hの経験を積んできているからだ。個人差はあるとはいえ、既婚男性は相対的に見て、独身男性よりもセックスが上手であることは間違いないだろう。

また、いざHをするとなったとき、包容力のあるセックスで女性を喜ばせようとする。これも、家庭において女性と暮らしをともにしていることから来る余裕が成せるワザ、といってもいいかもしれない。

2-4.ガツガツしていなくて落ち着いている

イメージ写真

前項とも関連するが、独身男性の場合、Hをするにしてもガツガツしていて自分本位のセックスに走ってしまうことも少なくない。自らの本能の赴(おもむ)くままの性行為になってしまうことも珍しくないのではないだろうか。

一方、既婚男性は多くの場合、セックスおいても独身男性より余裕があるのではないだろうか。この余裕を支えるポイントは2つ。女性と結婚するに至ったため、それなりに経験を重ねてきていることから来ることと、女性と毎日生活しているために自然と女性慣れし、女性を前にしてもガツガツせずに気持ちを抑えられることから来るものだろう。

これはHの場面だけでなく、全般的にいえるかもしれない。女性と身近に接し、結婚生活をしてきている既婚男性の多くは、性行為以外の場面でも独身男性に比べ、女性の気持ちを優先し、落ち着いた行動ができるといっていいだろう。

2-5.嫉妬が刺激なる

独身男性が相手の恋愛でも、彼氏の元カノをはじめ、彼氏のまわりの女性に嫉妬を感じることもあるだろう。そのような場合、彼氏とある程度、仲が良いのであれば「元カノの話はしないでほしい」「まわりの女性の話題はできれば避けてほしい」などと伝えることもできるのではないだろうか。

しかし、既婚男性との交際においては、なかなかそうもいかない。彼氏が結婚していることを知りながら交際している場合、彼氏が妻や子ども、家庭のことなどを口に出さなかったとしても、妻や子どもの存在がまったく気にならない、というわけではないだろう。彼氏の妻の座は揺るぎないであろうし、そのことを考えると、嫉妬の炎がメラメラと燃え上がるのではないだろうか。食事代を支払ってくれようと、アクセサリーをプレゼントしてくれようと、彼氏の妻の座はなかなか手に入らないのだから。そのように嫉妬の炎はなかなか消えず、その障壁が刺激となり、かえって彼氏への愛情が深まることは少なくない。

3.既婚男性と交際を続ける5つのリスク

主に既婚男性の魅力などを中心に見てきたが、ほとんどの物事はポジティブな面があれば、ネガティブな面もある。その基本原則は、既婚男性にも当てはまる。ここでは、既婚男性と付き合うことによる5つのリスクを紹介していこう。

3-1.婚期を逃す可能性が高まる

既婚男性との恋はほとんどの場合、そのまま続けるか、どこかの時点で別れるか、どちらかが。既婚男性の妻から妻の座を奪って、あなたが妻になる『略奪婚』はドラマや小説などの中ならまだしも、実際はめったに起こり得ない。

そもそも、相手の既婚男性がそのような展開を望んでいないことが多いからだ。既婚男性に正式に結ばれて、その彼氏の子どもを産みたいともしも思っているなら、早めに諦めたほうがいいかもしれない。既婚男性とズルズル付き合っているうちに、婚期を逃してしまう可能性は少なくない。

彼氏から「妻と離婚予定なんだ」「妻とはもう少しで別れるから」などと言われ、その言葉を信じて交際を続けているうちに、長い年月が経過し、結局、いつまで待とうが彼氏は妻と離婚せず。女性は婚期を逃してしまい、彼氏に「私の時間を返してよ」と恨み節の吐くこともあるだろう。

また、彼氏が妻と別居中の場合など、「離婚は時間の問題かも」と思いがちだが、「別居はしても離婚はしない」場合もあるので、しっかり見極めることが重要だ。彼氏の本音として「家庭を壊してまで浮気・不倫はしたくない」と考えていることは珍しくないので、ズルズル付き合って婚期を逃さないよう、女性の側でもいつまでにはっきりしなかったら別れよう、という線引きは必要かもしれない。

3-2.別れが突然やってくるかもしれない

既婚男性との交際は、急に終わりがやってくることも少なくない。最も多い理由は「妻にバレたから」というものだ。既婚男性との交際はほとんどの場合、男性の妻に知られないように付き合わなければならず、それはつまり、男性の妻に気づかれたら別れなければならないということだろう。

また、「妻にバレた」のほかにも「遠方へ転勤することになったから」や「家族の介護をする必要が出てきたため、時間を作れなかったため」、「リストラになり、経済的な余裕がなくなったから」というものなど、理由はさまざまなだが、いずれにしても別れが突然やってくることは少なくない。

実は、既婚男性との交際が続くのは、男性が家庭生活を順調に送れていたり(妻にバレてなくて)、男性の仕事がスムーズに進んでいたりしている場合がほとんど。交際している女性を大事にしてくれるとしても、家庭や妻、仕事などのトラブルが発生したら、いきなり別れを切り出される可能性もあることを肝に銘じておくべきだろう。

3-3.記念日にさびしさを味わうことも多い

イメージ写真

既婚男性というのはクリスマス、年末年始・お正月、お盆などになると、妻や子どもとの 予定を優先したり、家族サービスに励(はげ)んだりすることが少なくない。中には、妻との中が冷え切っていたり、仕事柄そのようなタイミングでも都合がつけられたりする彼氏もいるが、一般に浮気・不倫カップルは顔を合わせることが難しくなりやすい。

世間が盛り上がったり、にぎわったりしている中、彼氏と会えないのは、さびしくて仕方ないという女性もいるだろう。既婚男性と付き合ってしまった女性の宿命といえなくもないが、頭では理解できても、実際にそのタイミングになってみると、さびしいものなのではないだろうか。辛いかもしれないが、既婚男性と交際を続けるのなら、彼氏と会えない我慢は避けて通れないだろう。

3-4自分の他にも恋人がいることも

結婚していて、妻以外の女性と付き合うことを一般的に「浮気」や「不倫」といわれる。そのような関係を、独身女性であるあなたと持つということは、おそらく彼氏は「浮気はOK」と考えている男性だろう。もしも「結婚後、好きになった女性は君が初めてだよ」などといわれたとしても、実は彼氏はそのセリフを他の女性に対しても口にしているかもしれない。

妻でないあなたとの浮気を楽しんでいるということは、あなた以外にも彼女がいる可能性もある、と思っておいたほうがいいのではないだろうか。誰かと浮気をする男というのは、誰か以外とも浮気をする男かもしれない、と心にとめておこう。

3-5.彼氏の妻にバレて慰謝料を請求されるかもしれない

既婚男性の妻にバレる可能性は常にある、と思っておくのが正解かもしれない。万が一、バレた場合、既婚男性である彼氏ももちろん悪いが、交際相手の女性だって悪くないとはいえないだろう。

既婚男性の妻から見れば、交際相手の女性は「夫を寝とった憎い女」であったり、「この、どろぼう猫!」と罵(ののし)るべき存在だったりするかもしれない。仮に独身女性にとっては純粋な恋愛のつもりであったとしても、一般的に見れば、2人の交際は『浮気』『不倫』ということになるだろう。男性の妻が法的手段に出て、慰謝料請求をされる可能性だって十分にある。

4.彼氏が既婚者だったら…

ここまでは主に、既婚男性だと知っていて交際を始めたという設定をベースに説明してきた。しかし、浮気・不倫といってもそれだけではない。「結婚しているとは知らずに交際を始めた」または「交際後に、結婚していることを知った」という女性も、実際は少なくないのではないだろうか。そういったケースを絡めて説明していこう。

4-1.交際後に彼氏が既婚者だと知った場合

既婚男性だと知っていて交際を始めたという場合もあれば、そうでないケースもある。それが、「交際後に彼氏が既婚者だと知った場合」だ。彼氏のSNSを偶然見たり、スマホに届いたLINEメッセージをたまたま目にしてわかったり、彼氏が家族や妻と行動しているところを見かけて気づいたり、きっかけは多種多様だろう。

いずれにしてもほとんどの場合、彼氏が結婚していることを知った女性はショックを受けるはずだ。あまりの衝撃にしばらく食事ものどに通らないほど落ち込んだり、何かをする元気そのものがなくなったりすることもあるだろう。

しかし、どれだけショックを受けたり、腹を立てたりしたとしても、「(彼氏に)騙された。こうなったら、浮気していることを妻にバラしてやる」などと復讐や仕返しのようなことを考えないほうがいい。そんなことをしても良い結果は得られない。たしかに、彼氏の妻に浮気をバラしたら、彼氏の妻もショックを受けたり、彼氏の家庭がうまくいかなくなったりするかもしれないが、それであなたは満足だろうか。そんなことをしても、根本的な解決にはならないし、誰も幸せにならないだろう。

そうではなく、彼氏が既婚者であることを本当に知らなかったのであれば、彼氏に慰謝料を請求することができる。もし彼氏が「自分は独身だ」「結婚していたけど、(離婚して)バツイチなんだ」というようなことを話し、そのため、あなたが彼氏を独身だと思っていたのであれば、慰謝料が請求きできるので、弁護士事務所などに相談してみるといい。ここで重要なのは、彼氏が既婚者だと知ってからも交際を続けた場合、あなたは「夫を寝とった女」のような存在にされ、彼氏の妻から慰謝料を請求されることだってあるので要注意だ。

相手と別れる場合、話別れ方はさまざまだが、連絡を取らないようにしてフェードアウトするという方法も少なくない。別れ話をしてもなかなかうまくまとまらないので、それならいっそ、「フェードアウトのほうが」と考えるのだろう。ただし、一方的にフェードアウトすると、連絡が取れなくなった相手がストーカー行為に走る場合もあり、その際は警察に相談するのがよいだろう。フェードアウトはおすすめの方法の1つだが、相手のタイプを見極める必要もあるのかもしれない。

4-2.「彼氏が既婚者かもしれない」と気になったら…

彼氏が既婚者かもしれない、と疑わしく感じた場合、見分け方はいろいろある。だいたい次のいずれかのチェック方法で、既婚者かどうかを調べることができるはずだ。

4-2-1.彼氏に直接聞いてみる

イメージ写真

多くの場合、既婚者かどうか、たずねたら教えてくれるもの。まれに教えたがらなかったり、話をそらしたりする男性がいるが、その場合、返事が不自然だったり、目は泳いでいたりするので、既婚者かどうかを見分けやすくなる。

4-2-2.家に遊びに行っていいかと聞く

こう聞かれたら、もしも隠すつもりがないなら「家族がいるからダメなんだ」とはっきり答えるはず。ところが、既婚男性なのに独身のふりをしている場合は「実家だから」「シェアハウスだからちょっと」などと、あいまいな返事をしがちだ。

4-2-3.週末や祝日に連絡をしてみる

既婚男性の多くは、週末などの休日は家族と過ごすことが少なくない。そのため、平日しか会えないという彼氏は、実は既婚男性の可能性がある。週末や祝日に連絡してもなかなか返事がなかったり、週末に彼氏の携帯(またはスマホ)に電話してもまったく出てくれなかったりする場合は、結婚しているかもしれない。ただし、接客業・サービス業・運送業など、週末も仕事をしていて連絡に出られないケースもあるので、ここまで思い当たっても独身であることもある。

4-2-4.指輪の有無を確認する

結婚指輪をしているかどうかも、判断材料の1つとなる。特に、家庭生活がうまくいっている男性や、愛妻家の男性は結婚指輪をしていることが多い。これなどは古典的なチェック法だが、交際前にも確認できるようならしたほうがいいだろう。

ただし、金属アレルギーがある場合や、アクセサリーをつけるのがあまり好きじゃないから指輪をしていない場合もあるので、指輪の有無だけで絶対にわかるとまではいえない。

4-2-5.女性の扱いに慣れている

これは1章でもふれたが、女性に扱いにあまりにも慣れているような場合は、既婚男性でもあることを疑ったほうがいいかもしれない。女性に扱いに慣れていることは魅力的に映る反面、結婚していたり、女遊びを相当している人であったりもするので、一長一短ともいえる。

4-2-6.SNSで検索したり、メールアドレスを確認したりする

近頃ではSNSなどでチェックするだけで、その男性が既婚者かどう確認できることもある。本本人がSNSやブログなどに家族や妻、子どもやペットのことなどをアップしていることもあるからだ。ただし、SNSやブログなどを本人が本名で利用している場合に限られるのだが、チェック方法の1つにはなるだろう。

また、メールアドレスに本人の誕生日以外に数字が含まれている場合、要注意だ。たとえば、子どもや妻の誕生日の数字をメールアドレスに用いていることもあるので、そのような数字があるようなら「これ、何かの記念日ですか」と聞いてみるのがいいかもしれない。

4-2-7.まわりの人に聞いてみる

相手の男性と同じ職場で働いている場合など、聞ける人が周囲にいるなら、たずねてみるといい。彼氏と浮気が疑われていない状態なら、たいてい、気軽に答えてくれるのではないだろうか。

上記の方法などでも確認できない場合、探偵事務所などに相談してみるのも1つの方法だ。

まとめ

独身女性と既婚男性の交際を中心に説明してきたが、浮気・不倫は長くは続かないことが多く、争いに発展したり、慰謝料を請求されたり、さまざまな困難に直面することがある。そのため、相手が既婚者だと知ったうえで交際するなら、リスクがあることも十分に考えたうえで付き合いを始めるべきだろう。また、この記事で取り上げたのと逆のパターン、つまり、「既婚女性(妻)が彼氏を欲しい」と思っているケースも実は少なくない。いずれにしても、交際においてトラブルになりそうになったら、探偵事務所や弁護士事務所などに相談してみることをおすすめしたい。

  • 夫の浮気チェック
  • 妻の浮気チェック

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。