専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の疑い医者が浮気性って本当なの?浮気しやすい環境が揃っている職場

イメージ写真

医者が浮気をしやすいといわれる原因は、勤務時間が不規則であったり、時間やお金に余裕があったりと浮気を気づきにくい環境が挙げられる。人との出会いが多いことも浮気のイメージに繋がっている。医者は職業柄異性が多い環境におかれていて、かつ浮気に使える資金も豊富にある状況だ。それゆえに、浮気に発展することは想像に難くない。なぜ、医者にはそのようなイメージがついて回るのか、考えられる理由を本記事では紹介する。

1.なぜ医者は不倫をするイメージがあるのか

何となく医者といえば、職業柄不倫をするイメージが浮かびやすいのではないだろうか。こうしたイメージを持ちやすいのは、医者という職業が高学歴でないとなれないのに加え、お金持ちや人生の勝ち組などといった印象が強いせいかもしれない。また、看護師が同じ職場で働いているためか、異性と接触する機会が多そうなイメージもある。しかし、浮気しそうなイメージがある一方で、年収や職種などどれを取っても好条件であるがゆえに、医者に憧れる異性は多い。結婚相手としても人気の高い医者だが、なぜ不倫をするイメージがついてしまったのか考えられる原因をこれから紹介していきたい。

1-1.ドラマの影響

医者が不倫をするというイメージは、ドラマによる影響を強く受けている可能性が高い。ドラマで演じられる医者役は、主に3パターンである。熱意に燃え懸命に治療を行う医者、富や名声を得るために淡々と事務的にこなす医者、あるいは不倫相手との関係が泥沼状態に入る医者のいずれかである。普通の医者を演じるよりも、そういう方向に展開していくほうが視聴者の評判が良いからだ。ドラマでは非日常を描くからこそ、日常生活にはないドキドキ感やスリルを楽しむことができる。だからこそ、医者役は愛人に高価なプレゼントをしたり、高級クラブで豪遊したりと現実にはあり得ないキャラクターで描かれることも珍しくない。

なぜ、このような愛人を囲っているかのような演出が多いかというと、それは医者の年収が一般的なサラリーマンと比べると遥かに高いためである。勤務体系や勤め先の病院によっても年収は異なるものの、医者の年収は1000万円近くにのぼる。世帯年収の平均が560万円程度とされるなか、その倍近く年収が高い医者に対して負の感情抱く人も多い。富裕層として位置する医者を羨む人が多くいることを受け、ドラマでは視聴者を獲得するべくお金持ちであることを過剰に演出しているだけなのだ。

医者という職業は、身近な存在のようで身近ではない存在である。そのため、ドラマを見て疑問に感じても、その職業に関わり合いがあるわけではないなら調べるまでには至らず、現実とフィクションの判断がつきにくい。ドラマでは誇張し過ぎているだけで、多くの医者が不倫している事実はあるのだろうと間違った受け取り方をしてしまいやすいのだ。

1-2.看護師や患者との接触が多い

どうしても、医者は看護師や患者など異性との接触が多いので、他の異性に目移りしやすいイメージがある。実際に看護師と結婚をする医者もいるため、一概にただ同じ職場で働いているだけの関係だとも言い切れないのが現実だ。医者をサポートする看護師にとって、近くにいて頼りになる医者は恋愛対象になる可能性が考えられる。その反対のケースもあり、医者が看護師に助けられているうちに、好意を抱く場合もあるだろう。なぜ、看護師と医者が不倫するイメージが強いのかというと、同じ環境にいて苦楽を乗り越えていくことで、絆が深まりやすい環境にあるからだ。仕事の辛さを共有できないパートナーよりも、仕事の辛さを分かち合える看護師に走ってしまうことは想像に難くない。

このように医者が看護師と浮気するイメージもある一方で、患者との浮気を想像する人もいるだろう。医者がどのくらい患者と接する機会が多いかというと、一般的な診療所では外来患者を1日に40人程度診察するようだ。これだけ多くの患者と顔を合わせるであれば、どの程度の頻度かは予測できないが、好みの異性を診察する機会がある可能性も高い。女性専用クリニックなども珍しくないので、このように異性の患者ばかりを診察する病院に勤務しているなら、なおのこと好みの異性に出会う機会が多くなる。医者が浮気をするイメージが強いのは、上述したように出会いの多さが背景にあると考えられるだろう。

1-3.弱っているときの心強い味方になる

医者が浮気性だといわれるのは、頼りになる職業であることが原因となっている可能性がある。病気で体力的にも精神的にも弱っているときに、強い味方になってくれる医者は患者にとってとても頼れる存在だ。医者であるからこそ親身になって話を聞いてくれているだけなのだが、患者によっては自分だけに優しくしてくれていると勘違いを起こすこともある。カウンセリングなどを行っている医者は、特に患者と密に接するので好意を寄せられる機会も増えるだろう。このように、患者からの一方的な好意に悩む医者は少なくない。

このような恋愛感情は、人が不安な気持ちを感じているときに、出会った人に対して恋愛感情を抱きやすくなる吊り橋効果に似ている。患者のことを分析しているうちに恋愛感情だと勘違いを起こすことを転移性恋愛というのだが、実はこの逆のパターンも存在する。医者が患者に同調し続けることで、恋愛感情だと錯覚してしまう逆転移性恋愛だ。通常は医者がはっきりとした態度で拒否しなくてはいけないのだが、患者の気持ちを利用して不倫に発展してしまうケースも少なからず存在する。こうした現状もあり、医者が浮気性であるという根も葉もない噂に拍車をかけている可能性がある。

2.なぜ医者が浮気対象として人気なのか

続いて、なぜ医者が浮気対象として人気なのかを紹介していきたい。そもそも、医者は結婚相手や恋愛相手として人気の職業だ。それゆえに、パートナーとしてだけでなく、遊びで付き合える浮気相手としても人気が高い。そのような恋愛において人気の高い医者が魅力的にみえる部分について紹介していく。

2-1.お金を持っている

イメージ写真

医者の最大の魅力といえば、金銭的に余裕があるところといっても過言ではないだろう。浮気をするにはお金がかかる。浮気相手にごちそうしたり、プレゼントを贈ったりと関係を継続させるためには潤沢な資金が必要だ。特に、相手が浮気相手であると自分の立場を自覚しているなら、構ってもらえない分欲しいものを要求することが考えられる。自分に対して出し惜しみをせずに、お金をかけてくれる人のことを魅力的に感じる人は多い。そのため、浮気相手にも自分にとってもプラスになるような関係を続けるには、十分な経済力が必要なのである。

間違いなく一般的なサラリーマンよりも収入が多い医者の浮気相手になれば、一般人には想像もつかないようなプレゼントをしてくれる可能性が高い。海外旅行や高級車のプレゼントなど、自分の経済力だけでは経験できないような美味しい思いを味わえるかもしれないのだ。なかには、実際に不倫相手用にマンションを借りて、そこで不貞行為に走っているケースもあるくらいである。そのため、恋愛感情がなくても、医者を不倫相手として魅力的に感じている人は一定数いるといえるだろう。

2-2.浮気がバレにくい

医者が浮気相手として魅力的にみえるのは、不規則な勤務体系であることが理由として挙げられる。勤務先や勤務形態によっては、当直勤務や夜勤がある場合もある。時短勤務や当直勤務後の通常勤務など勤務体系が特殊なので、いつも決まった時間に働くわけではないのだ。さらに、勤務時間外でも呼出に応じるオンコールなどもあり、急な外出や勤務時間が違うことは日常茶飯事であるためパートナーが浮気に気づきにくい。浮気相手としても相手のパートナーに浮気がバレることだけは避けたいので、浮気がバレにくい職業であることは好都合なのである。もし、パートナーの連絡に応じなかったとしても、医者ならば忙しくて応じられないことも容易に想像できる。

それゆえに、仕事だと言われてしまえばパートナーは納得せざるを得ない。浮気相手との時間も容易に確保しやすいため、浮気相手としてちょっかいの出しやすい丁度良い相手といえるのだ。学会出張のような医者としての活動が多いならば、さらに浮気かどうかの判断がしにくくカモフラージュしやすい。医者がこのような環境に身を置いていることが分かっているからこそ、医者を浮気相手として選ぶ人は多いのだ。

2-3.安心できる

医者は患者の話を聞くのが仕事なので、親身になって話を聞いてくれるため安心できる。上述したように、医者に色々とカウンセリングしてもらっているうちに、好意を抱く人も少なくない。患者が抱える悩みを聞くうえで体得した包容力を持って、自分をバックアップしてくれる姿が思い浮かぶのは医者ならではの魅力といえるだろう。また、年収が高くて経済的な余裕があるのも、金銭的な苦労をかけられる心配がないという面で一役買っている。よく金銭的な余裕があれば精神的にも余裕ができるというが、それは浮気にも同じことがいえる。

精神的な余裕があるように見えれば、それだけプライベートが充実している人なのだと想像できるのだ。一緒にプライベートを楽しんでくれるような人は、浮気相手としては魅力的な存在である。医療現場で多くの人の命や健康を守っていることから、全幅の信頼を置けるところもポイントが高い。発言力が増すように患者に対して自信を持って接しなければいけないせいか、行動に自信があるように見えるのも好感度アップにつながっているだろう。

2-4.学歴で社会的な地位の高さを感じる

医者は高学歴でなければなれない職業であるため、社会的地位が高いといえる。浮気相手の条件として、社会的な地位を重視する人も多い。社会的地位の高い人が通うお店に行けたり、同じレベル人と交流したりすることができるため、自分自身が同じステージに立ったような気がするのだ。このように、相手の職業によって自分自身の地位が決まると考えている人は多く、特に女性はその傾向が強い。医者になること自体が難しいので、そのような能力の高い人と関係を持っていることが自慢のたねになるのだ。

医者といえば誰しもが高収入で高学歴、そして仕事ができるイメージを持つことだろう。そのような魅力的な人が自分を選んでくれたということで、自尊心を満たすことができて自信も持てる。学歴コンプレックスを感じている人ほど、自分の社会的地位を高めるために相手に高いレベルを望むことが多い。このような学歴や社会的地位の高さを重視している人にとっては、医者という職業に従事している人にかなり魅力を感じたとしても不思議ではないのだ。

3.どんな行動に注意したらいいか

上記でも説明したように医者の勤務形態は、基本的に不規則であることが多い。もちろん開業医か勤務医かによっても勤務形態は異なるし、私立病院や国立病院、公立病院などによっても勤務時間などは変わる。しかし、急患の対応や学会の出席など、予定にない仕事が急に入ることはどの病院でもあり得ることだ。そのため、休日や夜間に仕事が入ることに不自然さがないので、パートナーは浮気をしていることに気がつかないことも多い。ここでは、医者であるパートナーの浮気にいち早く気がつくために、医者特有の怪しい行動について紹介する。

3-1.当直や休日出勤が増えた

イメージ写真

医者であるパートナーの当直や休日出勤が増えたなら、怪しいと疑うべきである。たとえば、今までよりも明らかに当直や休日出勤が増えたときは、浮気相手と密会している可能性がある。当直している医者は全体の7割程度に及ぶともいわれていて、割合的にはかなり多い。株式会社メディウェルが2017年10月に会員の医者に対して行った調査では、月間の当直回数が0~5回が多いという結果が出た。ただし、全体の6.7%が月間の当直回数が7回以上あると答えているので、当直回数が多いからといって一概に浮気だと断定することはできない。

なぜなら、医者は高学歴であるがゆえに、浮気も仕事も器用にこなすことができる人も多いからだ。そもそも結婚前からパートナーが浮気の常習犯で、当直や休日出勤と偽って結婚当初から外出が多い場合にはより浮気を発見しにくい。浮気相手から何かコンタクトがあって、初めて浮気の事実に気がつくというケースも多いのだ。医者は不規則な仕事であるため、仕事か浮気かの判別が非常に難しく、本当に忙しい可能性が考えられる。今までと違って明らかに出かけるときの態度がおかしかったり、異常なほど外出する機会が増えたりした場合には浮気の可能性も視野に入れて調べてみるほうが良いだろう。

3-2.学会などの出張が増えた

学会などの出張が増えたら、パートナーはこっそり浮気相手と会っている可能性がある。実は、学会の予定などはホームページで確認ができる。もし、調べて学会予定がないのなら、浮気している可能性は高いだろう。しかし、そこでいきなり問い詰めたりしては、パートナーが証拠の隠滅をするかもしれないので危険である。あなたと別れる気がないのであれば浮気の事実が有耶無耶になるだけで終わるが、パートナーが浮気相手と再婚しようとしている場合は証拠が掴めなくなる。別れるときに相手との浮気の証拠がなければ、慰謝料請求などで不利になるのだ。そのため、万が一のことも考えると、証拠が集められるようなら集めてから行動に移すべきである。

一方で、実際に学会予定があることが確認できたとしても、学会先で浮気相手と密会している可能性がないとは言い切れない。また、パートナーは嘘が発覚することを懸念して、新設備の研修などとそれらしい理由をつけることもある。いずれにしても、出張が増えたときには警戒する必要があるだろう。特に、医者は異性からモテるため、学会先で異性と親しい関係にならないとも限らない。パートナーと別れたくないと考えているなら、常にアンテナを張るのは重要だ。

4.もし心当たりの行動があったらどうするか

パートナーに怪しい行動があった場合、証拠を確保できていなければ勝手な憶測に過ぎない。証拠がなければ友人であると言い逃れができるし、逆に信用していないのかと水掛け論になるだけだ。そのため、言い逃れができないように自分で証拠を探したり、調査会社を利用したりして事実関係をはっきりさせることが重要である。これより先は、上述したような怪しい行動をみかけたときに取るべき行動について紹介していきたい。

4-1.探偵事務所に依頼をする

パートナーが浮気している可能性があるときは、探偵事務所へ依頼するのが手っ取り早い手段だといえる。自分で調査を行うにしても調べられる範囲に限界はあるし、病院内のことなら尚更部外者には調べにくい。その点では、探偵事務所に依頼すれば、医者のパートナーの行動について病院内などの確認しにくい場所の様子も調べてもらうことができる。パートナーの家族や顔見知りが病院内でアレコレ調べようとすると、他の医者や看護師に気がつかれる可能性がある。素性が分からない探偵のほうが、医者や看護師に警戒心を与えずに普段の様子を確認することができるのだ。

仮に不倫相手やパートナーに対して慰謝料請求をすることになったとしても、探偵事務所なら裁判に利用できる調査報告書を作成することが可能である。話し合いの結果次第では、離婚になる可能性も捨てきれないため、パートナーに慰謝料請求ができる段階まで準備を進めておくのが良いだろう。パートナーが医者というモテる立場を利用して、複数の相手と不貞行為をしているなど不倫なれしている可能性もある。証拠を集めるには第三者の専門機関に依頼したほうが、より確実な証拠が手に入るので、追及時にはぐらかされずに済むだろう。

4-2.財産狙いの相手ではないか調べる

浮気相手が財産狙いで後腐れのない人を演じて、パートナーに近寄るケースもある。そうとは知らずに関係を持った場合、後日浮気相手から多額の慰謝料を請求されるなど、予想だにしない苦境に陥ることもあるのだ。また、浮気相手が妻や夫の座を奪おうと、あなたを蹴落とすために裏で画策している可能性も捨てきれない。純粋な遊び相手であれば、あなたが許すことで関係を再構築することもできるだろう。しかし、パートナーは浮気をする以上は浮気相手が妊娠したり、立場が悪くなると脅して離婚を催促してきたりすることは十分に考えられる。

あなたが不利にならないようにするためにも、浮気の兆候が見られたら直ぐに浮気相手の素性は掴むべきである。経済的にひっぱくしていないか、金遣いが派手ではないかは大事なポイントで、お金に困っている様子ならば財産目的の可能性は高い。浮気相手が行動を起こす前に財産目的かだけでも把握できれば、その後対策はいかようにもやり様がある。ただし、この場合も個人で調べるのは限界があるため、不倫調査は探偵事務所に依頼するのがおすすめだ。

4-3.不倫相手になりやすい相手

医者の不倫相手になりやすい相手と一口にいっても、出会う機会はいくらでもあるので一概にどの相手が選ばれるとは言えない。だが、その中でも医者が出会いやすく、不倫相手として選びやすい相手がいるのは確かだ。ここでは、医者の不倫相手になりやすいだろう人物について紹介していく。

4-4.看護師

イメージ写真

医者が最も関わる機会の多い相手としては、看護師が挙げられる。常に同じ職場で顔を合わせるため、一緒に過ごす時間が長い分不倫関係に発展しやすいのだ。病院内であればともに行動していても不自然ではない相手だといえる。そのため、周囲に違和感を与えることなく、不倫を行うことができてしまう可能性が高い。同じ職場で辛くて大変な経験をともに乗り越えているので、強い絆も生まれやすいだろう。医者や看護師は不規則な勤務形態のため、妻や夫とは生活リズムが合わずにすれ違いの生活を過ごしている人もいる。そのため、たとえ看護師が既婚者であったとしても、お互いの寂しさを埋めるためにダブル不倫が行われる可能性があるのだ。

4-5.患者

上述したように、医者は患者から好意を寄せられることが多い。診察室やカウンセリングで1対1になりやすいので、不倫関係に発展する可能性は十分にある。特に女性中心の心療内科などでは、女性患者からの執拗なアプローチがある場合もある。全く興味のない女性からのアプローチであればかわすこともできるだろうが、自分の好みの女性からアプローチされ続ければその限りではない。

病気のことで相談に乗っているうちに、患者のことを心配するあまり、好きだと勘違いをして不倫に走ってしまうこともあるだろう。患者との浮気は、病気の相談に乗っているだけなのか、はたまた浮気しているのかの判断がつきにくい。医者であるパートナーが患者に本気になっている可能性もあるし、パートナーは遊び相手だと思っていても患者が本気になっていることもある。

4-6.高級クラブ・ラウンジ勤務の女性

医者という職業柄、パートナーが接待などで高級クラブやラウンジを利用することもあるだろう。お酒を好きで飲み歩いたり、接待などで利用したりすることの多い医者は、上記に勤務している女性のターゲットになりやすい。アフターや同伴などで親密になる可能性もあるため、そこから不倫関係になることも考えられるのだ。女性に良い顔を見せたいがために、どうしても飲み屋ではお金の使い方も豪快になることが多い。金銭的な余裕があるのであれば、なおのこと一度に使う金額も大きくなる。そのため、勤務する女性側からは良いお客であると同時に、何かしら恩恵を受けられるかもしれないと好印象を持たれやすい。女性の成績のために枕営業も行われることがあることを考えると、肉体関係に結びつく可能性があるといえる。

4-7.製薬会社勤務の女性

不倫関係になりやすい相手としては、製薬会社勤務にも注意が必要だ。病院には薬の売り込みのために、製薬会社の人が定期的に医者のもとに訪問する。何度も会う機会があるので、親密な関係に発展する可能性はあるといえる。製薬会社の人も医者に薬を購入してもらわなくては自身の営業成績に響くので、お互いの親睦を深めるためにも付き合いで飲みに行くことがあるのだ。ただし、付き合いで飲みに行ったときに、お酒の力も相まって肉体関係を結んでしまう危険性が考えられる。医療関係で働く同業者として、話も合うことから不倫関係になることも想像に難くない。

4-8.対象は無数に存在する

イメージ写真

パートナーが医者である以上は、不倫相手になり得る対象は無数に存在する。たとえ浮気性であるとしても、多くの女性が目をつぶっても良いと考えるくらい、経済的な面から見ても社会的地位においても魅力的な職業なのだ。そのため、医者がその気になれば、どの職業の人とも不倫関係を結ぶことくらいは容易にできるのである。不倫相手をつなぎとめるだけの潤沢な資金もあるので、一般人では到底できないような手法で女性を虜にすることだって可能なのだ。

医者の友人との付き合いで、CAやモデルなどの綺麗な女性が参加する合コンでパートナーが気になる女性と出会う可能性もある。あるいは、同窓会などで昔の恋人や片思いの相手と再会して、気持ちが再び燃え上がり既婚か独身かに関係なく不倫へと走ってしまうこともあるだろう。このように、とにかくたくさんの人と接する機会の多い医者は、どこに出会いが転がっているかが分からない。そのため、浮気相手になり得る可能性がある人もいっぱいいるのである。

5.医者の浮気の特徴

医者の浮気には、他の職種の人とは異なる特徴がいくつかある。そこで、パートナーが医者である人は下記に紹介する特徴を参考に、浮気を発見したときの対処方法を検討してほしい。

5-1.離婚は考えていない

医者のパートナーが浮気をした場合、遊びで付き合っているだけで離婚までは考えていない可能性がある。あなたのことを大切にしてくれるなら、なおさらストレス発散感覚で浮気をしていることも考えられるのだ。遊び感覚でさまざまな女性と肉体関係を持つ医者もいる。医者が浮気をするときは、金銭的な余裕から浮気相手に対してかなり貢ぐこともあり、マンションの家賃まで支払ってあげるケースもある。

一般的には、慰謝料請求は妻から浮気相手に行われることが多いが、中には浮気相手から夫に対して慰謝料請求がされることも。既婚者であることを伏せていたり、浮気相手が妊娠をしてしまったりと、状況によっては慰謝料を請求される側になることも考えられるのだ。しかし、金銭的な余裕からか慰謝料請求をされても払えると踏んでいるため、これらのリスクを承知の上で浮気を繰り返している医者もいる。

5-2.逆に相手に離婚を迫られるケースも

パートナーはあなたとの離婚を考えていなくても、浮気相手が離婚を迫ってくるケースもある。医者の妻という立場や財産を目的に、虎視眈々と妻と離婚をさせようとしてくる浮気相手は多い。結婚を約束したのに配偶者がいるとして、浮気相手から夫が慰謝料請求される。あるいは、婚姻関係が破綻していると嘘をつかれたなどとして、慰謝料を払うよう訴えてくる可能性もあるだろう。まだ、上記2つのような理由で慰謝料請求をされるのであれば納得できるかもしれない。しかし、妻も夫も知らないうちに、夫の子どもを浮気相手が出産していたというケースも稀にある。こうなっては、認知や養育費などで泥沼化するのは必至なので、十分に気をつけたいところだ。

5-3.ちやほやされやすいため再発の確率大

医者であるパートナーが遊び感覚で浮気しているなら、女性にちやほやされたいがために浮気を繰り返す危険性が高い。遊びなら仕方ないかとその場で叱る程度で済ませしまうと、謝れば許してくれると高を括って浮気の常習犯となる可能性があるのだ。女性から医者という職業が人気なだけであって、本人の人柄が好かれているわけではないこともあるが、自分を好きだと勘違いをして浮気に走るケースもある。こと浮気に関しては本人が気を付けなければ、医者という職業上どこにでも出会いがあるので直ぐに浮気ができる環境にあるといえるだろう。特に、学生時代に勉強に多くの時間を費やし、他のことに割く時間がなかった人は、女性にモテている今の状況を目一杯楽しんでしまう傾向がある。次々と来る女性を受け入れていては最悪の事態も起きうるということを、パートナーに自覚させることが必要だ。

5-4.浮気がしやすい環境

医者は、他の職業の人よりも浮気がしやすい環境にいるのは間違いない。人命がかかっていると言われれば、浮気をしていることを疑う余地がないので、パートナーの浮気に気づくのが遅れがちになる。そもそも浮気相手に使うお金がなければ、不貞行為をする場所の確保もできないので浮気には発展しにくい。そういう意味では金銭的な余裕があるのも、浮気を後押しする環境を作っているのだ。仮に不貞行為を働く場所を外に設けなくとも、看護師など近場で浮気をすれば病院内で浮気をすることもできる。もし、周りの医者で浮気をしている人がいるなら、それだけ浮気に対する罪悪感が薄れるのでハードルは一気に下がってしまう。とにかく、女性が周りに多い環境なので、他の女性に目移りすることも多く浮気をするには環境が整い過ぎているといえるだろう。

まとめ

旦那が医者である人は、常に浮気に対する警戒が必要だ。浮気がしやすい環境にいる以上、旦那の行動が少しでも怪しいと感じたらすぐに動くことが大切である。自分での調査は限界があるので、探偵事務所など専門機関に依頼するのがベストだろう。財産目当ての略奪婚に巻き込まれないためにも、ぜひ本記事で学んだことをいかしてほしい。

  • 夫の浮気チェック
  • 妻の浮気チェック

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。