専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の疑い寂しいと浮気してしまう女性の心理とは?浮気を未然に防ぐ方法

イメージ写真

女性は、寂しさを何か別のもので紛らわそうとしがちだ。パートナーがいる女性が浮気に走ってしまうのも、そんな寂しさを紛らわすための行為といえる。しかし、寂しさを埋めるために浮気したところで、自分自身やパートナーを傷つけることにしかならないだろう。そこで本記事では女性が浮気する心理と未然に防ぐ方法を解説する。

1.女性が浮気をするきっかけ

パートナーがいる女性が、つい浮気に走ってしまうのには何かきっかけや理由があるはずだ。では、どのようなときに女性は浮気に走りやすいのだろうか。この段落では、女性が浮気してしまうきっかけや理由について解説する。

1-1.パートナーにかまってもらえないから

男性は、女性とは異なり物事を同時進行するのが苦手だ。そのため、男性は趣味や仕事に没頭し始めると、パートナーのことが目に入らなくなってしまう。基本的に、趣味や仕事に集中しながら、パートナーのこともかまうということができないのだ。彼女や妻にするまでは必死に追いかけていても、いざ手に入ってしまうと安心して放っておくところがある。女性目線では、以前してくれていたことをしてくれなくなったように見えるため、ほったらかされていると感じるわけだ。かまってくれなくなったと感じた女性は寂しさを感じ、心の隙間を埋めてくれる男性のもとへ走ってしまう。

1-2.ひとりの女性として見てくれないから

付き合いが長くなると、男性はパートナーに対して、自分のものになったという安心感を持ってしまう。女性としてちやほやしなくても、自分のほうを向いてくれている存在だと思ってしまうからだ。信頼感からであって、男性側に悪気はないのだが、女性はひとりの女性として認められなくなったように感じてしまう。特に、日本の男性は、身内に対しては甘い言葉をかける習慣がない。夫や彼氏から女性として褒められなくなると、自信がなくなり、もう女性としては見てもらえないのではないかと不安を覚える。そんなときに、女性として認めてくれる男性が現れると心が動いてしまうわけだ。

1-3.パートナーとはマンネリ化したから

付き合いが長くなってくると、付き合い方がマンネリ化しがちだ。女性はいつまでも付き合い始めの頃のような付き合い方を望むのに対して、男性は楽な付き合い方をしたいと思うようになるからだ。付き合い出した当初はいろいろな場所に連れて行き、サプライズもしていた男性も、付き合いが安定すると徐々にしなくなっていく。男性は自分のペースで付き合ってもついてきてくれると感じたら、同じ場所でデートしたり、記念日を祝わったりしなくても平気だと思ってしまうのだ。しかし、マンネリ化した付き合いに女性は不満を感じ、ときめきを感じさせてくれる他の男性に目を向けてしまう。

1-4.パートナーより魅力的な男性が現れたから

軽い気持ちで浮気に走る女性も、押しに弱く、相手からの誘いを断れずに浮気してしまう女性も、パートナーに不満を感じているときは浮気に走りやすいといえる。パートナーの欠点に目をつぶりながらも良い部分を認めて付き合っているという場合がほとんどだからだ。ケンカなどをすると、一旦受け入れたはずの欠点が気になってしまうこともある。そんなときに、経済力や将来性があるなど、パートナーの欠点を大きく上回る魅力的な男性が現れると気持ちが動いてしまいがちだ。

1-5.パートナーが浮気していたから

夫や彼氏が浮気をしたから、自分も仕返しで浮気するという女性もいる。浮気を仕返すことでしか、自分の味わった辛さをパートナーにわからせることができないと感じているためだ。またパートナーに浮気をされて辛い思いをするくらいなら、自分から浮気して懲らしめてやろうという感覚なので、元通りに戻すのは難しいかもしれない。パートナーの気持ちが既に信じられなくなっているため、気持ちが離れやすく、浮気に走りやすい状況だ。

2.男性が浮気する理由との違い

女性と男性とでは浮気する理由が違うとよくいわれる。理由が違えば予防策や対処方法も違って当然だ。果たしてどのような点が異なっているのだろうか。この段落では、女性と男性の浮気する理由の違いについて解説する。

2-1.安心感と不安

男性はパートナーとの関係に安心感を覚えると浮気に走り、女性は不安を感じると浮気に走るというのが大きく異なる傾向だ。男性は、本能的に逃げるものを追う習性があり、手元に収まってしまうと別の獲物を探したくなってしまう。狩猟本能と保護本能があるため、パートナーのことを愛しつつも、別の獲物を探すために浮気に走ってしまうのだ。男性はパートナーとの関係に不安があるときは、パートナーのことに集中するため、基本的に浮気はしない。

2-2.恋愛感情の有無

男性は浮気相手を恋愛対象とは見ないのに対して、女性は浮気相手に恋愛感情を持つ傾向があるという点も違う。男性は、浮気相手を性的な欲求で選んでいるのに対して、女性はパートナーよりも恋愛対象として魅力を感じるかどうかという視点を選ぶからだ。男性は、動物的にもたくさんの女性を相手にできるようにできているのに対して、女性はひとりの男性しか受け入れられないようにできている。そのため、男性はパートナーを愛しながら、別の女性と浮気できるのに対して、女性は浮気すると愛情が浮気相手に移ってしまいがちだ。

2-3.罪悪感の強さ

浮気に対する罪悪感にも男女差がある。男性は、浮気を遊びと考えているため、本命はパートナーだという場合が多い。そのため、パートナーに対して悪いことをしているという後ろめたさが常にある。発覚時に開き直っても、心の底には罪悪感があるというのが男性の浮気だ。それに対して、女性は自分のした浮気には罪悪感を抱く人が少ない。寂しいから仕方がなかったなどと、自分が置かれた立場や状況のせいにして自分を納得させる傾向がある。

3.女性が寂しさから浮気してしまう心理

寂しさから浮気をしてしまうというのは、女性特有の傾向であることがわかった。では、どうして女性だけが寂しさから浮気に走ってしまうのだろうか。この段落では、女性が寂しさから浮気してしまう心理について解説する。

3-1.寂しさを紛らわせたい

女性は、寂しさを男性のように1人で我慢して乗り越えようとはしない。何か別のもので紛らわす形で状況を変えようとする傾向がある。女性が寂しさを感じるのは、パートナーとの関係性が悪化したときや、付き合いがマンネリ化したときだ。そのようなときに、寂しさを埋めてくれる男性が現れると、心が傾いてしまう。一旦心が他の男性に向くと、恋愛感情が生まれ、気付いたときには本気の恋になっているというのが女性の浮気の特徴だ。

3-2.感情的になって冷静な判断ができなくなる

女性は寂しさを感じると、心が不安定になりがちだ。もともと、感情的になりやすい女性は、寂しいという気持ちが強まると、冷静な判断ができなくなってしまう。頭では、浮気はいけないことだとわかっていても、気持ちは抑えられない。寂しい状況にいる自分を何とかしたいという衝動のほうが強くなってしまい、優しく声をかけてくれる男性がいると、つい浮気に走ってしまいやすい。

3-3.パートナーの関心を引きたい

パートナーから愛されているという実感がないと、女性は寂しさを感じる。女性としての魅力が衰えてしまったのではないか、パートナーが他の女性に関心を持ってしまうのではないかという不安でいっぱいなのだ。女性として彼氏や夫に関心を持ってもらうためには、他の男性に取られてしまうという危機感をあおるしかないと女性は考える。他の男性に女性として認められている自分を見せれば、パートナーが再び自分を女性として見てくれるのではないかという期待の表れだ。

4.寂しいと浮気してしまう女性の特徴

寂しいからといってすべての女性が浮気に走るわけではない。寂しさを感じても、浮気には走らず、踏みとどまる女性がほとんどだ。実は、寂しさから浮気してしまう女性には共通点がある。この段落では、寂しさから浮気してしまう女性の特徴について解説する。

4-1.自分に自信がない

自分に自信がない女性は、パートナーから愛されているという実感を持てない。常に他の女性には勝てない、パートナーが他の女性に目を向けてしまうかもしれないと不安感を持って接している。パートナーがハッキリと愛情を示してくれないと不安を感じやすいため、寂しさを感じているタイミングで他の男性に口説かれると流されてしまいがちだ。相手だけが自分を褒めてくれたと感じやすいのも、浮気に至るポイントになる。

4-2.恋愛依存体質である

依存傾向の女性は、必要とされている実感や心の拠り所を恋愛に求めるため、恋愛が生活の中心になってしまいがちだ。しかし、男性は恋愛と仕事や生活を区別する傾向があり、恋愛中心の生活にはならない。パートナーがかまってくれないと寂しいと感じる女性は、パートナーと一緒にいても心が満たされないため、優しい言葉をかけ、常にかまってくれる男性を求めて浮気してしまう。

4-3.直感で行動してしまう

感情が赴くままに動いてしまう女性は、後先を考えた行動ができない。よく考えれば浮気は良くないことを理解できても、本能の赴くままに動いてしまうのだ。善悪の判断をする前に、衝動的な行動してしまうため、理想的な男性から誘われれば断ることはない。だが、冷静になってしっかり考えれば、自分のしたことは間違えだと気付く。そのため、勢いで取った軽率な行動を後悔することが多いのも特徴だ。

4-4.女友達が少ない

女友達が少ない女性は、基本的にコミュニケーションを取るのが苦手だ。自分からどのようにコミュニケーションを取っていけばよいのかがわからないため、気軽に相談できる相手がほとんどいない。パートナーが忙しくかまってくれないときは、一緒に過ごしてくれる人がいないため孤独感でいっぱいだ。そのようなときに、声をかけてくれる男性が現れると、つい浮気に走ってしまうことになる。

4-5.いつもチヤホヤされていた

もともとモテていた女性は、チヤホヤされるのが当たり前だと思いやすい。放っておかれることになれていないのだ。異性からメッセージやプレゼントが常に来る状態で過ごしていた分、パートナーがかまってくれないことを不安に感じてしまう。自分に魅力がなくなったせいではないかと考え寂しくなっているところに他の男性から声を掛けられると、浮気に走ってしまいがちだ。

4-6.好奇心が強い

普段から好奇心旺盛で何でも新しいことにチャレンジするのが好きな女性は、付き合いが安定してくると、もっと違う付き合い方をしたいと思ってしまいがちだ。もし、他の人が相手だったら、もっと違う付き合い方ができるのではないかと考えてしまうと、好奇心を止められない。理想的な男性が目の前に現れると、「もしこの人と付き合ったらどうなるのだろうか」と考えてしまい、浮気に走ってしまうことがある。

4-7.雰囲気に流されやすい

優柔不断で、自分の意見をハッキリ言えない女性は、自分の言動で雰囲気が悪くなるのを嫌うところがある。下手に断るよりも、盛り上がった雰囲気に乗ってしまったほうが良いのではないかと考えがちなのだ。そのため、相手にぐいぐい押されてしまうと断れない。相手が気を悪くするのではないか、雰囲気が悪くなるのではないかということを重視するあまり、断るタイミングを失い、ずるずると関係が続いてしまう。

5.寂しさを紛らわせる方法

寂しさを言い訳にして浮気に走ってしまうと、後悔しかねない。浮気に走るのを未然に防ぐためには、寂しさを別の方法で紛らわすことも必要だろう。この段落では、浮気に走らないように寂しさを紛らわせる方法を解説する。

5-1.感情を紙に書く

パートナーがかまってくれなくて寂しいと感じたときには、その感情をそのまま紙に書き出してみると良いだろう。ノートなどに思ったことをそのまま書き留めていくだけでいい。自分の心の中にあるものをすべて吐き出してしまうと、スッキリとして気持ちが楽になるはずだ。ネガティブな気持ちが心から吐き出されたら、冷静に物事も考えられるようになるだろう。

5-2.趣味や仕事に打ち込む

寂しいと感じたときに没頭できる趣味を見つけるのも良い方法だ。仕事が忙しければ、仕事に集中してもいいだろう。パートナーが忙しくてかまってくれないときは、自分も忙しくしていれば気が紛れる。彼氏になかなか会えなくて寂しいという人は、寂しいと感じる暇を作らないようにするのがおすすめだ。趣味や仕事に集中すれば作業効率がよくなるうえに、寂しさから浮気に走る心配もない。

5-3.友達や家族との時間を増やす

一緒に過ごす相手がパートナーだけになっていることが寂しく感じる原因だとしたら、友達や家族と過ごす時間を増やすようにしよう。自分は独りぼっちではないと実感できれば、パートナーへの依存心も薄れるはずだ。依存心が強いと恋愛対象を別の男性に求めることになり、浮気に走りやすくなる。多くの人から必要とされていると実感できるようにすることも浮気を防ぐうえで効果的だ。

5-4.人と比べるのをやめる

周囲の人と自分を比べると、自分にないものを持っている人が幸せそうに見えてしまいがちだ。あの人は持っているのに、自分にはないということばかりを考えてしまうと、寂しさが増してしまう。人と比べることは自信を失う原因にもなるため、人と比べるクセがある人はすぐにでもやめたほうが良いだろう。自分は自分だと自信を持つことで、寂しさが紛れ、浮気に走るのを防げる。

5-5.パートナーに寂しいことを伝える

男性は、妻や彼女を放置している実感がなく、自分が寂しい思いをさせているとは気づいていない場合がほとんどだ。そのため、自分からは何も言わず、してくれることだけを期待していても何も解決しない。寂しいなら寂しいと正直に打ち明けることも必要だ。寂しい思いをさせていることに気が付けば、パートナーも寂しくならないように気を付けてくれるかもしれない。しっかりコミュニケーションが取れるようになれば、寂しさを感じることも減り、浮気したいとは思わなくなるだろう。

5-6.浮気のリスクを理解して危機感を募らせる

浮気にどのようなリスクがあるのかわかっていないことが、軽い気持ちで浮気に走る原因になっている可能性がある。その場合、事前に浮気のリスクをしっかり理解して、危機感を持つことが浮気防止につながるかもしれない。知られずに浮気するということは難しい。浮気がパートナーに知られたときにどんなリスクを背負うのかを考えてみると、失うものが多いことに驚かされる。代償が多いことを知れば、安易に浮気しようとは思わなくなるはずだ。

6.パートナーに浮気がバレたときのリスク

パートナーに浮気が知られたときにはどのようなリスクを背負うことになるのだろうか。具体的にどのようなリスクがあるのかを事前に知っておくことは浮気防止の点でも有効だ。この段落では、パートナーに浮気が知られたときに背負うリスクについて解説する。

6-1.罪悪感に苦しむ

パートナーに浮気が知られたとき、まず襲ってくるのが罪悪感だ。女性の場合、浮気相手に気持ちが移ることが多いが、それでも知られたら一瞬にして現実に引き戻される。パートナーの傷つく姿を目の当たりにすれば、一時的に心が離れていたとはいえ、悪いことをしたと感じるに違いない。我に返って冷静になればなるほど、罪悪感に苦しむことになる。

6-2.別れを切り出される

寂しさから浮気をしている女性は、パートナーとの本気で関係を解消したくて浮気をしているわけではない。パートナーで埋められない寂しさを、別の男性で埋めようとしているだけだ。しかし、浮気が知られたら、パートナーから別れを切り出される可能性は高いといえる。男性は、他の男性と肉体関係を持ったパートナーを許せない傾向があるからだ。別れを切り出すのはパートナーだけでなく、同時に浮気相手からも切り出されるかもしれない。男性の浮気は基本的に遊びだ。責任を取りたくない浮気相手からも別れを切り出されれば、ますます寂しさが募ることになるだろう。

6-3.周囲に噂が広まる

周囲に浮気をしていたという噂が広まることもリスクのひとつだ。職場内での浮気ではなくても、浮気していたことが職場内に広まれば、居づらくなるだろう。近所で噂が広がれば、離婚を回避できても、生活しづらくなるはずだ。噂は独り歩きするので、事実よりも悪いイメージが付くことも考えられる。一度悪いイメージが付いたら、そう簡単には払拭できない。

7.浮気しそうになったときの対処法

浮気の芽は、案外身近にあるものだ。いつどこで目の前に理想的な男性が現れたり、素敵な男性から誘われたりするかわからない。そのようなときでも、浮気に走らずに済むように、この段落では浮気しそうになったときの対処法を紹介する。

7-1.一時的な感情かどうかを考える

女性の浮気は、軽い気持ちで始まり徐々に深みにはまっていく傾向がある。相手を恋愛対象として見るようになり、いつの間にか本気になってしまう形だ。そのため、浮気しそうになったときに、一度自分の気持ちを確認するだけでも足を踏み込むのを防げる。浮気相手に対して抱いた感情は、一時的なものではないかと自問自答してみるだけでも結果は違ってくるだろう。スリルを楽しんでいるだけ、パートナーと向き合うのを避けているだけではないかと考えてみることが、ギリギリで踏みとどまることにつながるはずだ。

7-2.自分の生き方を問い直す

雰囲気に流されたり、軽い気持ちでつい浮気に走ってしまったりする女性は、自分の人生についてあまり深く考えたことがないのかもしれない。この先どう生きていきたいのかと自分の人生について深く考えてみることも必要だろう。浮気相手とこの先結婚するつもりなのか、パートナーと共に生きていくことは考えられないのかなど、自分の人生を問い直してみることで浮気を防ぐことができる。

7-3.信頼できる人に相談する

パートナー以外に信頼できる人がいるなら、自分の気持ちを話して聞いてもらうのもひとつの方法だ。信頼できる人から客観的なアドバイスをもらうことで、自分がどうしたいのかが見えてくるかもしれない。耳の痛いことを言われる可能性もあるが、そのときに自分がどのような感情を抱くかによって、答えがハッキリするだろう。

8.マンネリを解消!パートナーの気を引く方法

付き合いが長くなるほど、パートナーとの関係はマンネリ化しがちだ。それでも、マンネリ化を理由に浮気することは許されることではない。この段落では、パートナーとの関係がマンネリ化してしまったとき、浮気以外の方法でパートナーの関心を引く方法を紹介する。

8-1.おしゃれをして雰囲気を変えてみる

付き合いが長くなってくると、パートナーとの関係に慣れてしまい、出会った頃のようにはおしゃれしなくなっている可能性がある。メイクや服装に気を使わなくなっているなら、きちんと服装や髪型、メイクにも気を使うようにしよう。わずかな変化では男性は気が付かないこともある。思い切ってイメージチェンジを図ってみると、パートナーも気付くはずだ。

8-2.感謝の言葉を伝える

パートナーに対する扱いがぞんざいになってしまったことが、マンネリ化の原因かもしれない。日頃の感謝の気持ちを言葉にして伝えてみてはどうだろうか。わかり切っていると思っていたことが、案外伝わっていなかったことに気付くだろう。自分から感謝の言葉を伝えるようになれば、相手も返してくれるようになるかもしれない。日頃から感謝の気持ちを伝え合うようにすれば、ふたりの距離は縮まることだろう。

8-3.初デートの場所に連れていく

付き合いが長くなってくると、新しい発見がなくなるため、相手に飽きてしまうことがある。付き合い出した頃の新鮮な気持ちを思い出すためには、ふたりで初デートした場所に行くのがおすすめだ。ふたりで初めて行った場所を再び巡ることで、なつかしさと共に一緒にいることの意味を改めて感じられるようになるだろう。

8-4.しばらく距離を置く

常に一緒にいることが多いカップルは、距離が近づきすぎて見えなくなっている部分があるのかもしれない。一度距離を置き、ひとりで過ごす時間を持ちながら、自分の気持ちと向き合ってみるようにしよう。女性側が距離を置くと、男性にも不安が生まれる。ほったらかしにしていたパートナーも、なぜ距離を置かれたのか気になるはずだ。離れている間は、趣味や仕事に没頭して寂しさを紛らわせるようにしよう。

9.彼の気を引きたくてもやってはいけないこととは

寂しさを感じていても、彼の気を引くためにはしていけないことがある。もし間違った形で気を引こうとすると、関係が悪化して取り返しのつかないことになりかねない。この段落では、彼の気を引きたくてもやってはいけないことについて解説する。

9-1.他の男の人に誘われたとアピールする

パートナーが自分のほうを向いているか不安に感じても、男性の心を試すようなことをしてはいけない。特に、他の男性に誘われたことをアピールして、慌てさせようとするのは逆効果だ。嫉妬されるどころか、他の男性とのことを楽しそうに話す姿に心が離れてしまうこともある。他の男性に色目を使ったのではないかとキレられる心配もあるので注意しよう。

9-2.毎日の連絡を強要する

毎日連絡することを強要するのもやめたほうがいいだろう。本当に仕事が忙しいときや体調が悪いときには、悪いと感じながらも毎日は連絡できない可能性はある。男性は束縛されるのを嫌う傾向があるため、毎日連絡するというルールを強要することで、関係が悪化しかねない。連絡の無理強いだけはやめておこう。

9-3.別れ話をする

別れるつもりはないのに別れ話をしてしまうのは問題だ。引き留めてもらうことを前提に別れ話をしても、そのまま受け入れられてしまう可能性がある。パートナーが別れを受け入れた段階で撤回するのも良くない。簡単に撤回すれば、相手の気持ちを試すための別れ話だったことが知られてしまうだろう。かえって関係を悪化させてしまうリスクがある。別れ話をしても良いのは、本気で別れたいときだけだ。

10.男性必見!女性の浮気を防ぐ方法

自分の妻や彼女が浮気しているかもしれないと感じているなら、そのまま放置してはいけない。すぐにでもしっかりとした浮気対策を取る必要がある。この段落では、男性ができる、女性の浮気を防ぐ方法について解説する。

10-1.愛情を伝える

パートナーが寂しさから浮気に走ったと知ってからも、男性はきちんと愛情を示していたのになぜ浮気をしたのかと思ってしまうことがよくある。これは男性の愛情表現が下手で、女性に伝わっていなかったことが原因だ。愛情はストレートに伝えなければ伝わらない。照れくさいかもしれないが、ハッキリとわかりやすい言葉で愛情表現してみよう。そうすることで女性は安心する。

10-2.サプライズを用意する

付き合いが長くなり、マンネリ化してきたときには、サプライズを用意するのがおすすめだ。何が欲しいかをあらかじめリサーチしておき、誕生日にサプライズでプレゼントしたり、記念日ではない日に花やお菓子を買って帰ったりするのもマンネリ打破に役立つ。あまり大きなサプライズでなくても、いつもと違ったことをしたいという気持ちが伝われば女性は喜ぶだろう。

10-3.パートナーに甘える

パートナー間でしかできない甘え方をすることも大事なポイントだ。女性に甘えることに慣れている男性は少ないかもしれないが、好きな男性に甘えられて嫌な女性はあまりいない。他の男性がパートナーに甘えて心をつかんでしまう前に、恥ずかしがらずに甘えてみよう。自分にしか見せない甘えた顔を見せてくれる男性の姿に、パートナーは安心してくれるはずだ。逆に女性に思い切り甘えさせてあげてもいいだろう。ゆっくり話をする時間を作り、女性の本音を聞き出してあげるのもおすすめだ。

10-4.不満がないか聞いてみる

小さな不満が積み重なることがパートナーの浮気につながることもある。女性はパートナーの不満に感じている部分を他の男性と比較しがちだ。自分に対する不満を放っておくことが浮気相手の魅力に気付かせるきっかけになるなら、放っておけるわけがない。女性が不満に思う点は、案外些細なことも多いため、何か不満はないかとストレートに聞いてみるといいだろう。気付かずにいるだけで、簡単に直せることが不満の種になっているかもしれない。妻や彼女の不満を聞き出して、自ら直そうとする態度を見せることが、浮気を未然に防ぐことにつながる。

10-5.共通の趣味をみつける

パートナーとふたりで楽しめる趣味を持つことも浮気防止には良いことだ。職場や習い事の席で、他の男性と趣味など共通の話題を持つことが、浮気のきっかけになることは案外多い。趣味をきっかけに他の男性との距離を縮めさせないようにするためにも、パートナーと共通の趣味を持ち、一緒に楽しむ機会を多く持つようにしよう。趣味に関する知識や技をお互いに高め合っていければ、より心が通じ合うようになるはずだ。どちらかが仕事で忙しいときでも、共通の趣味があれば、それに没頭することで寂しさを紛らわすことができるだろう。

10-6.将来のことを話す

将来のことを具体的に相談することも大事だ。特に未婚のカップルの場合、将来の見えない付き合いをしていると、女性は強い不安を感じやすい。逆に言えば、将来のことを真剣に考えているということを示すだけで、女性は安心してくれるのだ。たとえば、女性が結婚適齢期の場合や、結婚願望が強い場合は、男性がきちんと結婚を見据えて付き合ってくれていることを知るだけで不安が払拭される。不安がなくなれば、浮気に走る理由がなくなるため、彼氏のことだけを見るようになるはずだ。結婚しているカップルなら、子どもを何人持ちたいのか、家族としての生活をどう考えているのかなど、家族の将来について具体的に話し合うのがおすすめだ。真剣に将来のことを考えていることが伝われば、女性は安心し、浮気を考えなくなる。

まとめ

女性は寂しさから浮気に走ってしまう傾向がある。しかし、浮気は寂しさをさらに強める結果にしかならないだろう。浮気すれば大切なパートナーを深く傷つけてしまい、別れを切り出されれば自分はもっと寂しい状態に置かれてしまうというリスクがある。寂しさから浮気をしたところで誰も幸せにはならないのだ。寂しさを感じたら上手に紛らわせることも覚えよう。

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。