専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の調査不倫の結末はどうなる?よくある結末とその後の生活への影響を紹介!

イメージ写真

もし現在のパートナーに不倫の疑いがあるなら、これからどうなってしまうのか不安に思っている人も多いのではないだろうか。この記事では、そんな不倫の結末を知りたいと考えている人に向けて、不倫の結末を紹介する。不倫の結末にはいくつかのパターンがあるので、この記事を読めばそれを理解できるだけでなく、パートナーが不倫をしている場合の対処法を理解し心構えができるようになるだろう。

1.不倫の結末とは?

不倫の結末には不倫をしているパターンごとにいくつかのケースがある。この記事では、それぞれのパターンごとに不倫の結末があるのかを説明していこう。

1-1.パートナーに発覚して終了するケース

まずは、不倫がパートナーに発覚して終了する場合について説明する。男性の場合は出来心や軽い気持ちで浮気をしているケースが多い。そのため、パートナーに不倫が発覚したら多くの場合は、その時点で家庭に戻ることが多い。特に不倫が発覚すれば、パートナーからは慰謝料を請求されたり裁判に持ち込まれたりするなどのリスクが伴う。それを恐れて、できるだけ波風を立てないためにも速やかに不倫相手と別れて家庭に戻ろうとするのである。

特に子供がいる場合、パートナーだけでなく子供への罪悪感もあるだろう。そのため、不倫が発覚したら家庭に戻る確率が高いのだ。中には、不倫に本気になりパートナーと離婚をして不倫相手を選ぼうとする人もいるかもしれない。そんな場合にも、不倫という状況だったから盛り上がっていたが離婚話が具体的になるにつれ自分が本気ではなかったことに気づき、片方のみが離婚話で盛り上がっている状態で、もう片方が別れを決断し結末を迎えることもある。

もちろん割合は少ないものの、パートナーと離婚することを選び不倫相手と一緒になるという略奪愛もある。このようにパートナーに不倫が発覚して結末を迎えると一言で言っても、様々なケースが存在するのだ。

1-2.パートナーに発覚しないまま終了するケース

中にはパートナーに発覚しないまま不倫が結末を迎えるケースもある。よくあるのが、自分が独身だと嘘をついて不倫を始めるケースだ。独身者と思っていたのに相手が既婚者だと判明することで、不倫相手の熱が冷めてしまい別れることが多い。中には、本気だったとしても不倫はいけないことだと判断し別れを選ぶ賢明な不倫相手もいるだろう。他にも、興味本位や出来心で不倫をしてみたが、パートナーや子供への罪悪感から不倫相手と別れ家庭に戻るケースもある。良心のある人が罪悪感を持ち続けて不倫をするのは、精神的につらいものなのである。

不倫がバレて、自分が社会的制裁を受けるのを恐れる人もいるだろう。例えば社内不倫の場合に、会社にバレることを恐れて不倫を終わりにするケースがそれにあたる。不倫と言っても人間同士の恋愛なので、どちらか一方に他に好きな人ができたり心変わりをして結末を迎えることもある。

2.リスクだらけの不倫の結末

不倫には様々なリスクが伴う。芸能人の不倫ゴシップを見ていても、その代償は大きいことが分かるだろう。ここでは、日常生活、人間関係、自分自身とカテゴリを分け、不倫の結末に関するリスクについて説明していこう。

2-1.日常生活へのリスク

不倫をすれば、その結末には日常生活に関わる様々なリスクが伴うものだ。誰もが知っている通り、不倫は法律に触れる不貞行為である。そのため不倫が発覚するとパートナーから慰謝料を請求されたり裁判を起こされることもある。不倫をしていたことが会社にバレてしまった場合には、それまで築き上げてきた信用を一気に失ってしまうことになるだろう。中には風評だけでなく左遷や降格などこれまでに築いたキャリアを失ってしまうケースもあるのだ。

不倫がバレなくても、不倫をしていることによる嫉妬や罪悪感が悪影響となり、常に心が不安定な状態にもなりかねない。そうなると、仕事で集中できないなど日常生活にも影響を与えるのだ。もし不倫相手のパートナーが気づいた場合には報復を受けることもあるだろう。不倫に気付かれたら、いつどんな報復を受けるのだろうと不安な中で生活を送ることになってしまう。このように不倫をすると、現実的な日常生活の不安だけでなく、精神的にも様々なリスクがあるのだ。

2-2.人間関係へのリスク

イメージ写真

不倫が発覚することは人間関係においてもリスクがともなうものだ。不倫をしているときは、自分たちの状況に酔いしれており冷静な状況判断ができなくなっているものである。そのため、周囲の友人などが不倫はやめた方がいいとアドバイスをしてもそれに聞く耳を持たずに自分の世界に浸ってしまう。その結果、次第に友人との関係も疎遠になっていくのだ。万が一不倫が発覚した場合には、友人や会社関係だけでなく、もちろん親や親せきにも知られることになるだろう。そうなると身内にも白い目で見られ、関係が疎遠になることも考えられる。

子供がいるにもかかわらず不倫をしている場合には、その子の一生にも影響を与えることもある。中には、不倫をするような親を軽蔑し、話をしてくれなくあることもあるだろう。不倫の結果離婚に至った場合などは、親権はもう片方の親に渡ることが多く、生涯にわたって子供に会えなくなるという可能性もある。結婚を約束するなど不倫相手との関係を信じていた場合には、裏切られると人間不信に陥ることもあるだろう。その後も不倫で裏切られた経験がトラウマとなり正常な男女関係を築けなくなることもあるのだ。

2-3.自分自身へのリスク

不倫をすることは、自分自身へのリスクもある。既婚者の場合は、自分に家庭があるのでもし不倫相手との関係が終わっても、バレなければ戻る場所があるという安心感があるだろう。それに対して独身者は、不倫相手に本気になればなるほどひたすら孤独と寂しさに耐えなくてはならない。会えない時間や連絡をとれない時間が多いなど我慢を強いられることも多く、心が不安定になってしまうのである。そして何より、常に誰かに不倫がバレないかを気にしなければならないので、強いストレスがかかる。そのストレスにより、体調にも悪影響を与えることもあるのだ。

不倫期間が長くなればなるほど、別れたときには結婚適齢期を大幅に超えてしまっているということも考えられる。独身者の場合は、不倫にのめりこむことが自分の一生を左右すると言っても過言ではないだろう。既婚者も、軽い気持ちで不倫を楽しんでいたら、突然パートナーから離婚を突き付けられるということもあるかもしれない。不倫が発覚し、万が一裁判になった場合はどうだろうか。裁判になった場合には、法廷でこれまでの不倫の経緯について詳しく話をしなければならない。つまり、不倫による肉体関係について赤裸々に証言をさせられることになるのだ。裁判は公開されるものであるため、その事実を不特定多数の人に知られてしまうのである。

3.よくある不倫の結末を紹介!

ここからは、不倫をしたらどのような結末を迎えることになるのか、社内不倫、W不倫などのカテゴリごとに具体的にを紹介する。

3-1.社内不倫でよくある結末

まずは社内不倫でよくある結末について紹介しよう。社内不倫では既婚者の男性上司と独身女性という組み合わせによる不倫パターンが多い。仕事などの相談から不倫に発展するケースが多く、不倫が始まったばかりのころは同僚や知人にバレないように社内でコミュニケーションをとったり職場以外で人目を盗んで会うことなどに、ときめきとスリルを感じて燃え上がるだろう。だが、本人たちは周囲にバレていないつもりでも、知らないうちに誰かに見られていたり、二人の雰囲気で怪しまれ噂になっていることもある。

噂が広まれば、会社にバレるのは時間の問題だ。会社にバレてしまうと、男性の場合は降格や左遷、女性の場合は自主退職などに追い込まれてしまうのである。このような具体的な処分がなかったとしても、会社の人に不倫を知られてしまえば会社に居づらくなったり信頼を失うことにつながるだろう。最終的には家庭にもバレてしまい、パートナーや子供達に愛想をつかされることもある。そして場合によっては離婚や裁判となり慰謝料と養育費を払い続けることになるのだ。

このように、社内不倫は不倫の中でもとても身近にあるものだが、最終的には離婚をして家庭を失ったり仕事を失うという結末につながってしまうのである。

3-2.W不倫でよくある結末

W不倫とは既婚者同士が不倫をするということである。W不倫の場合には、どのような結末が考えられるのだろうか。既婚者同士の場合は、お互いに結婚してパートナーがいるという対等な立場なので、離婚や結婚を要求することなくお互いに不倫と割り切って気軽に付き合い始めることが多い。最近では、子供が幼稚園や小学校に通っている年齢の、まだ若い世代の親同士でのW不倫が多いようだ。だが、W不倫がバレた場合は、2つの家庭が関係している分、双方のパートナーが出てくる泥沼の状況になってしまう。

双方のパートナーにバレた場合には、両方から慰謝料を請求されることもあるのだ。不倫に気付いた相手のパートナーが逆上して、職場に電話やメールなどの連絡をしてきた結果、職場にまで不倫がバレてしまい騒動に発展することもある。さらに、女性が妊娠した場合にはほとんどの場合両方の家庭が離婚することになる。そうなると、財産分与はできても不倫相手からの養育費は期待できないだろう。そうなると、経済的にも社会的にも厳しい状況の中で、子供を育てていかなければならないのである。

3-3.不倫で妊娠した場合によくある結末

イメージ写真

不倫で妊娠した場合の結末について説明しよう。男性既婚者が不倫をした場合、パートナーとセックスレスであるなどの不安を口にしがちである。それを理由に近いうちに離婚をすると言って不倫相手を期待させることがよくある。口ではそう言っていても、実際には不倫はあくまで遊びや体目当てなど、一時的な恋愛だと思っている男性が多い。そのため、いくら離婚をするつもりだと言っていても、女性が妊娠しているとわかった時点で焦りだし子供をおろしてくれということがほとんどだ。

中には妊娠したと分かると、男性が怖気づいてしまい無理やりに別れを告げることもあるだろう。ひどい場合には妊娠が判明したら連絡手段を断ち音信不通になってしまう男性もいるのだ。不倫の結果妊娠をしてシングルマザーとして一人で生んで育てる決意をした場合には、経済的に苦しい中で子供を育てていかなければならない。不倫相手の子どもを生むことが周囲にバレていれば、親戚や周りから自分も子供も軽蔑の目で見られる可能性もある。

不倫相手が子供をおろすことを望み出産をあきらめた結果、自分自身は体調を崩したり最悪の場合子供を生めない体になることもある。さらには、一度妊娠をしたことで男性の気持ちが冷めてしまったり罪悪感などの理由から、別れを告げられることもあるだろう。

3-4.不倫による離婚後のよくある結末

不倫が原因で離婚になるケースとしては、パートナーに不倫がバレて離婚を突き付けられる場合と、不倫相手と一緒になることを選択して自ら離婚をする場合がある。どちらにしても不倫が原因で離婚をした場合には、親権を失いその後自分の子供と自由に会うことができなくなってしまう。親が離婚することで子供に悲しい思いをさせてしまうだけでなく、子供が育ち両親が離婚した理由が自分の不倫だと分かると、たとえ子供と会える状況にあったとしても子供からは軽蔑され嫌われることもあるだろう。

離婚後は慰謝料と養育費など、長期にわたり高額な負担を強いられることになる。そうなれば、それ以前の生活水準を保つのは難しくなるだろう。一方、長期にわたる不倫の末の離婚など熟年離婚となった場合には、パートナーと楽しく過ごすはずだった老後の人生を一人で孤独に過ごすことになるのだ。

3-5.不倫が終わって家庭に戻った場合のよくある結末

不倫をしていたが、その関係に終止符を打ち家庭に戻ることもあるだろう。不倫による離婚を避けられた分、最悪な結末ではないように感じるかもしれないが、無事家庭に戻った後も様々なことが待ち受けているのだ。パートナーに不倫がバレていた場合、家庭に戻ってもパートナーに信用されず様々な制約をうけることになるだろう。それによりこれまでのような生活ができなくなるケースも多い。例えば再び不倫をしないために、スマホのGPSを利用して現在の居場所がパートナーにわかるようにされることもある。他には、クレジットカードの履歴やスマホの内容をチェックされるなど、常に行動を監視されることもある。このような状況に不満を感じたとしても、自分の不倫が原因で作り出したものなので反論も拒否もできないのだ。

場合によっては、もう二度と不倫をしないことや、もし次に不倫をした場合の慰謝料などの条件について、誓約書を書かされることもある。誓約書を書いた状態で、万が一出来心で再び不倫をしてしまった場合には、さらに厳しい状況が待ち受けているだろう。家庭に戻ったとしても、不倫をしていたことが子供や両親にバレてしまい、気をつかいながら距離を置いて接するようになる場合もある。そうなれば、家庭に戻れたとはいえ、毎日ストレスを感じながら生活していくことになるのだ、

4.不倫で悲惨な結末を迎える前に知っておきたいこと!

ここでは、不倫で悲惨な結末を迎える前に知っておきたいことについて解説していこう。

4-1.男性が不倫をはじめるきっかけ

イメージ写真

まずは男性が不倫をはじめるきっかけについて解説する。不倫をはじめるきっかけの一つは、性欲を満たすためだ。例えば、妻が妊娠中や出産直後や、パートナーとの関係が冷え切っており長い間セックスレスの状態が続いている場合など、性欲を発散できない状態が長期間続いたときに不倫を始めるというケースが多く見られる。他にも、パートナーとのセックスでは物足りなくなってしまい、刺激を求めて不倫をするということもあるだろう。

中には普通の恋愛と同様、少しずつ距離が近づいて好きになってしまい、不倫をしてしまうこともある。社内恋愛では、職場で苦労を共にすることで距離が近づき、いつの間にか恋愛関係になっていた、ということもあるだろう。一緒に出張に行ったタイミングで急に距離が近づくというケースや、単身赴任でパートナーの目が届かない自由な時間に羽を伸ばすというのも不倫を始めるきっかけになりがちだ。ふとしたきっかけで、これまで意識していなかった身近な女性を異性として意識するようになることも考えられる。

4-2.女性が不倫をはじめるきっかけ

女性が不倫をはじめるきっかけは、男性とは傾向が異なる。女性はどちらかというと、精神的な理由で不倫をはじめることが多い。例えば、パートナーが仕事で忙しく、家庭のことは女性である自分に全て任され続け不満が溜まっているとき、それを理解してくれる優しい男性が現れたら惹かれてしまうということも考えられる。他にもパートナーからの女性としての扱いに不満を感じているときに、自分をいつも女性として扱ってくれる男性がいたら、魅力的に感じるだろう。仕事上での悩みや愚痴をいつでも聞いてくれる同僚や上司を異性として意識しはじめることも、不倫のきっかけとなる。

日常生活の不満やストレスから不倫にはしってしまうこともある。日常生活のストレスから、軽い気持ちでSNSや出会い系サイトで意気投合した結果、肉体関係にまで発展してしまうことや、平凡で変化のない毎日に退屈さを感じて、非日常を感じられるような刺激を欲したときも不倫に陥りやすいタイミングだ。

4-3.不倫に陥りやすい男の特徴

不倫に陥りやすい男性には、特徴がある。例えば、支配欲が強く、女性を自分の思うように束縛したがる男性は、不倫に陥りやすいと言えるだろう。複数の女性と関係を持つことで、その分支配欲を満たすことができるのだ。既婚者でありながら、おしゃれでロマンチストな男性は、いつまでも自分が恋愛に浸っていたいという理由から、新しい恋愛を求め不倫に陥りやすい。女性の気持ちに寄り添い愚痴や悩みを聞いて、優しくなぐさめることもできる男性は、たとえ既婚者であっても女性からモテるので、断れずに不倫に陥ってしまうことも考えられる。

新しいものや珍しいものが好きで、何にでも興味を持ち熱しやすく冷めやすい男性であれば、パートナーにすぐに飽きてしまい新しい女性を求めて不倫をすることもあるだろう。他にも、性欲が人並外れて強い男性の場合は、ただ自分の性欲を満たすために不倫をしてしまうのだ。

4-4.不倫に陥りやすい女の特徴

男性同様、不倫に陥りやすい女性にもいくつかの特徴がある。同性の友達が少なく、本音で恋愛について話す相手がいないような女性は、男性に依存してしまいがちで、その相手が既婚者だとしても気持ちがブレーキできず不倫に陥りやすいといえる。守るべきものや失いたくないものに対する執着や恐怖心が薄ければ、不倫をして何かを失うことへの恐怖をあまり感じないので、不倫をしてそれがバレた場合のリスクなども気にせず不倫をしてしまうだろう。

優柔不断で自分の考えもなく、強く言われると受け入れてしまうタイプの女性も、既婚者に言い寄られるとそのまま受け入れてしまいがちだ。中には、自ら望んで不倫をする女性もいる。刺激のあることが好きで変化のない日常生活に退屈しているような女性は、あえて不倫をすることで刺激的な恋愛を楽しみたいと考えている人もいる。独身男性からすると近寄りがたいようなきれいな女性や恋愛関係の少なそうな女性は、独身男性とは恋愛になかなか発展せずフリーになりがちだ。そんな女性でも経験豊富な既婚者の男性となら、うまくリードされ恋愛関係に発展しやすく、その結果不倫になってしまうのである。

4-5.不倫する男の心理

男性はどのような心理で不倫をするのかについて考えてみよう。不倫を求める男性の心理としては、日常生活や現実世界からの解放や現実逃避を求めているケースがある。具体的には、仕事や家庭での不満から逃れて癒しを与えてくれる女性や、自分を認めて褒めてくれるような優しい女性を求めている場合などだ。もう一つは、性欲を満たしたいというものだ。パートナーだけでは性欲を満たすことができないので、不倫をすることで性欲のはけ口となる女性を求めているのである。

4-6.不倫する女の心理

イメージ写真

不倫をする女性の心理を見ていこう。不倫をする女性の心理には3つのパターンがある。まずは、元々は不倫をするつもりではなかったのに、男性から何度もアプローチされそれをはっきり断ることができず、ずるずる流されて不倫に至ってしまうパターンだ。次に、不倫を遊びとして楽しんでいるパターンがある。日常では感じることができない刺激を感じてみたくて不倫をしてみたというものだ。このような場合、本気になるつもりはなく今を楽しみたいだけだろう。3つ目は、遊び半分ですぐにやめるつもりで不倫をしてみたが、はじめてみたら辞めどきが分からなくなった、不倫相手に深くはまってしまい引けなくなってしまったなどのパターンだ。

4-7.パートナーに不倫の疑いがあるときにチェックするポイント

ここでは、パートナーに不倫の疑いがあるときにチェックするポイントについて説明しよう。ここに記載の項目をチェックすることで、パートナーが本当に不倫をしているのかを確認する一つの目安となるだろう。チェック項目は全部で5つある。まずは、急に自分の容姿を気にするようになった場合、不倫の疑いがある。特にこれまで無頓着だったにもかかわらず急にオシャレになった場合などは要注意だ。男性であれば服装や髪型、女性なら化粧やダイエットに気を遣い始めるケースが多いようだ。

2つ目のチェックポイントとしては、クレジットカードの履歴を確認することだ。お金の動きにこれまでと異なったものや、不明な支払いがある場合も不倫を疑う。中には決定的な証拠となるラブホテルの支払いや、不倫を疑う異性向けのプレゼントを買った形跡などが、出てくることもあるだろう。

3つ目のチェックポイントは、パートナーと二人でいるときに、落ち着きがなくなったり不自然に優しくなったりしていないかを考えてみよう。不倫をすると罪悪感からか無意識にいつもと違うことをしてしまいがちなのだ。4つ目は、パートナーの財布の中のレシートをチェックしてみるといいだろう。自分の知らない店のレシートやポイントカード、いつもの行動エリアから外れたところのレシートなどが出てきたら、不倫相手と一緒に行ったものである可能性もあるかもしれない。

最後に、スマホの扱いが変わった場合も不倫を疑う。例えば、常に持ち歩いたり、見られないようにロックをかける、ホーム画面に情報が出てこないように設定を変えるなど、スマホの内容を見られないようにする工夫が見られたら、不倫を疑ってみてもいいかもしれない。中には、罪悪感から連絡がマメになったり、安全に不倫相手に会う時間を探るためにパートナーの状況を把握しようと連絡が増えるケースもあるようだ。

5.パートナーの不倫発覚で不幸な結末にならないために知るべきこと!

パートナーの不倫が発覚すると、当然ショックを受けるだろう。だが、不倫が発覚することと、その後自分が不幸な結末を迎えるかは、別の問題だ。ここでは、パートナーの不倫発覚で不幸な結末にならないために知るべきことを説明していく。

5-1.不倫への法の適用について

パートナーの不倫が発覚したら、法律で何がどの程度保障されるのかを知っておこう。不倫は犯罪ではないので、刑法による罰則はない。ただし、民法上の不貞行為に該当するため、慰謝料などによる損害賠償請求の対象となるのだ。損害賠償が請求できるケースとしては、配偶者がありながら本人の意思で配偶者以外の異性と肉体関係を持った場合である。注意が必要なのは、肉体関係がなければ損害賠償請求の対象にはならないということだ。そのため、不倫相手との間に肉体関係があったということを、何らかの方法で証明しなければならないのだ。

不倫に対して法律面での罰則はないが、慰謝料を支払わなければならない以外にも、様々な制裁が待ち受けている。会社や世間に不倫がバレると、当然社会的な信頼は失墜するだろう。他にも家族や親戚との関係が悪化することもある。子供を持つ既婚女性が不倫をした場合、専業主婦であれば離婚後、経済的に困窮することが多い。さらに離婚する際に財産分与はできたとしても、子供の親権を失う可能性は高いのだ。

5-2.慰謝料の請求

ここでは、不倫に関する慰謝料の請求について解説する。不倫に対する慰謝料の請求は、パートナーと不倫相手、どちらにもできる可能性がある。ただし、それぞれには条件がある。たとえパートナーが不倫をしたとしても、夫婦生活が破綻していると判断される場合には、慰謝料を請求することができないので注意が必要だ。他にも、不倫相手に慰謝料が請求できないケースとして、パートナーが既婚者であることを隠して不倫をしていたというケースがある。

不倫相手が、不倫であるという事実を知らず普通の恋愛だと思っていた場合には、不倫相手を責めることはできないだろう。責めるべきは不倫をしたパートナーなのである。また慰謝料の請求には時効があるということも、必ず覚えておきたいポイントである。具体的には、不倫から20年、不倫相手を知ってから3年、離婚してから3年で時効を迎えるため慰謝料が請求できなくなる。そのため、不倫が発覚して慰謝料の請求を希望している場合には、速やかに対応することが大切である。

慰謝料には明確な相場はない。ただし、一般的には十数万円~数百万円ほどとなっているようだ。自分のケースではどの程度の慰謝料がもらえるのかどうかは、過去の似たような不倫の事例を調べてみるといいだろう。

5-3.不倫の調査について

パートナーの不倫を疑っている場合や、決定的な証拠をつかみたい場合には、専門の調査会社に調査を依頼するという選択肢もある。ここでは不倫の調査について説明していこう。先ほども出てきたように、パートナーが不倫をしている事実をつかんだとしても、パートナーと不倫相手が肉体関係を持ったという証拠がなければ慰謝料を請求することはできない。肉体関係を持ったことを証明するには、密会現場を押さえる必要があるので個人では難しいかもしれないのだ。そんなときは、プロである調査会社に不倫調査を依頼することを検討してみるといいだろう。

調査会社に依頼することで、慰謝料を請求するために必要な証拠をきっちりと押さえてもらえるのだ。調査費用に関しては、調査会社によって様々なので、どの調査会社に依頼するかは慎重に調べ比較検討をする必要がある。慰謝料を請求する段階に来ると、弁護士に依頼することを検討してもいいだろう。弁護士に依頼することで、面倒な書類の作成や相手との交渉も任せることができる。パートナーが不倫をしているということは、精神的に大きなショックを受けるものだ。そんな状況で自ら慰謝料請求の手続きをするのは大変である。弁護士に依頼をしていれば、慰謝料の請求に必要な書類の作成や相手との交渉などを全て任せることができるので、精神的な苦痛も軽減されるだろう。

まとめ

パートナーに不倫の疑いがあるのもかかわらず、何もしないまま静観していたとしても、そこからいい結末へ好転することは少ないだろう。少しでも悲惨な結末を避けるためにも、早めに情報を集めることが大切だ。情報を集めた結果何らかのアクションを起こす必要があるなら、次のステップへの準備を進めていこう。そして、結末を少しでもいい方向に導き、平穏な生活を取り戻そう。

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。