専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の疑い浮気しやすい妻の特徴とは?浮気中の行動パターンと合わせて紹介

イメージ写真

「確信があるわけではないが、妻の様子がどこかいつもと違う」「妻のことを信じてはいるが、もしかしたら浮気をされているのかもしれない」といった悩みを抱えている男性はいないだろうか。問いただすにしても、勘違いだったときは関係性が悪化してしまうので気をつけなければならない。今回は、浮気をしやすい妻の特徴や行動パターンについて紹介をしていく。浮気を見極める際はぜひ参考にしてみてはどうだろう。

1.女性が浮気をする理由

女性が浮気をする理由というのはさまざまであり、それぞれが抱えている事情にも大きく影響を受けている。ここでは、特に女性が浮気に陥りやすいシチュエーションとして挙げられるものを4種類紹介していこう。

1-1.より魅力的な異性との出会い

女性は男性に比べて恋愛体質な人が多く、自分の夫よりもかっこよくて魅力的な異性が現れてしまうことによって時に浮気に走ってしまうことがある。とはいえ、男女問わず魅力あふれる異性と出会ってしまえばときめいてしまうケースは誰にでもありえることで、それ自体を抑えることはできない。また、はじめから浮気をするつもりがなかったとしても、何度も会っているうちに本気になっていき、浮気に発展することも十分あるだろう。真面目な女性で浮気をするような人でなくても、職場の同僚と定期的に顔を合わせる状況にあり、共同作業に取り組んでいるうちに親密になっていくなどのケースは決して珍しいことではない。

1-2.パートナーに不満がある

二人で長期間の共同生活を行っていると、多かれ少なかれマンネリ化してしまうことはあるだろう。お互いのいい点も悪い点も知ってしまった状態で過ごしていると、どのような夫婦でも不満を抱えたり刺激を求めたりするものだ。そんな中で出会う異性は、どのような男性であっても夫より魅力的に映ってしまうことがあるかもしれない。不満や不信感が積み重なった結果、夫以外の男性に満たしてもらおうとするというのは、女性の浮気パターンの代表例だといえる。自身の夫婦生活を振り返ったとき、妻を満足させられていないと感じた場合は浮気をされている可能性もなきにしもあらずだ。

1-3.パートナーに飽きてしまう

女性にはいろいろなタイプの人がおり、中にはそもそも浮気をしやすい体質の人もいる。浮気性の女性は、たとえ夫婦生活に問題がなくてもパートナーに飽きてしまう可能性がほかの人と比較しても高い傾向にある。とはいえ、何年も同じ屋根の下で過ごすことによってお互いの存在が当たり前になり、日常会話や性生活に飽きが生じてしまうことは、誰にでも起こりうるケースといえるだろう。刺激や新鮮さを求めてほかの異性と浮気をしてしまうというのは、非常によくあるパターンだ。一見、自分勝手に見えるかもしれないが、夫が日常にあぐらをかき妻と惰性で付き合っているなど夫側にも原因があることが多く、一概に妻ばかりを責められるような問題ではない。

1-4.パートナーに浮気をされた

夫側が過去に浮気をしたことがある、あるいは今現在隠れて浮気をしていることを知っているということが原因になっているケースもあるだろう。自分が浮気をされると、それに対する報復として自分も浮気をしてしまうという女性も決して珍しくはない。復讐心からくるもので、同じ思いをさせて苦しめてやろうという心理が働くわけである。また、裏切られたショックから自暴自棄になっていることがあるかもしれない。浮気したいわけではなく、むしろもっと夫に愛されたいと思っている可能性もあるだろう。妻としっかり向き合って生活できているのかを考え、もし蔑ろにしてしまっていたのであればもう一度妻を大事にしてあげるようにしよう。それで解決する問題もあるのは確かだ。

2.浮気しやすい女性の特徴

イメージ写真

浮気をしやすい女性にはいくつかの特徴がある。具体的にどのような特徴があるのかここで解説していく。自分の妻が当てはまらないか確認してみよう。

2-1.飽きっぽい

自分の妻が飽きっぽかったり、新しいものが好きだったりする場合は注意が必要だ。飽きっぽさは趣味やモノだけに限らず、人間関係でも同様である可能性がある。頻繁に髪型を変える、アクセサリーや服をよく買いかえるという人は、浮気に走りやすい性質かもしれない。また、好きなアイドルや俳優、タイプの男性などがコロコロ変わる女性は、付き合っている男性や夫に対しても飽きっぽさを発揮してしまう可能性が高いといえる。自分があげたプレゼントなどを大事にしてもらえないといったケースも同様なので、心当たりがないか確認してみよう。

2-2.寂しがりや

常に誰かと一緒にいないと気が済まないような寂しがりやの人も浮気に走りやすいので要注意である。スケジュールが常に埋まっているような女性は寂しがりやの典型例といえるので、頻繁に出かける、習い事をたくさんやっているなど思い当たる節はないか振り返ってみよう。女性には男性にかまってもらいたいと考える人が多い。結婚して特定のパートナーができればその感情も落ち着くと思われがちだが、かまってくれる相手を求める性質は結婚をしたからといって変わるわけではない。また、結婚して生活を共にするようになると仕事の疲労などで妻とふれあう時間がなかなか作れないということもあるだろう。そうなれば、もともと寂しがりやではなく、かまってもらわなくても平気な女性でも、浮気に走るというケースも十分起こり得る。

2-3.肉体的な接触に寛容

ボディタッチやハグ、キスといった肉体的な接触に寛容な女性は浮気をしやすい傾向にあるといえるだろう。スキンシップが多ければ多いほど、緊張感がほぐれ親密な関係に発展する確率も上がってしまう。生理的に嫌悪感がある場合は例外だが、異性と肌を触れ合わせることで心理的な依存度が上昇するため、浮気につながりやすくなるといえる。また、性格がフランクでスキンシップが積極的な人は、本人にそのつもりがなくても相手を勘違いさせてしまうことがあるだろう。それだけ浮気の機会に接する回数が多くあるということでもあるので注意が必要だ。

2-4.交友関係が広い

男女問わず誰とでも仲良くでき、たくさんの人と交友関係を持っているというのも浮気をしやすい女性の特徴といえるだろう。交流の場や出会いの場が多ければ多いほど、自ずと異性の友達も増えていく。交友関係が広いことは、たとえ本人にそのつもりがなくても浮気に発展する可能性に晒されているということになるので気をつけなければならない。また、交友関係が広く誰からも愛されるような人は、本人が積極的に出向いていかなかったとしても集まりに呼ばれやすくなり、異性と対話をする機会も増えていくだろう。とはいえ、たくさんの人たちとふれあうことそのものを責めることはできない。あくまで、浮気を誘発させやすい特徴の一つとして考えるようにしよう。

2-5.雰囲気に流されやすい

断ることが苦手な女性や、何も考えずにその場の雰囲気に流されるような女性は、男性にアプローチされたときもはっきり拒絶することができないことが多いので浮気につながりやすい傾向にあるといえる。妻はあまり自分の意思がなく、どのような要望もすんなり聞いてくれるという場合は安心してしまいがちだが、実はほかの男性とつながりがあるというケースは決して珍しくない。

また、八方美人の女性も同様である。好意がない相手でも、嫌われたくないという理由で肉体的な接触を許してしまう危険性があるので注意が必要だ。そのほか、強気で来られてしまうと逆らえずに相手の言うことに従ってしまうこともあるだろう。男性の迫力に恐怖を覚えて拒めなかったという、ある種仕方ないともいえるようなケースも少なくない。内気だったり臆病だったりする人は、強く自分の考えを主張できないので自分の意思に反して浮気してしまうこともあるようだ。

2-6.ブランドものが好き

イメージ写真

ブランドものをたくさん持っているような派手好きな女性も浮気しやすい女性として挙げられる。華美な格好をしているとそれだけ目立つことになるので、男性からもアプローチされる機会も多くなる。また、ブランドものを好んで身につける女性はプライドが高い人も多く、男性にアプローチされることで優越感に浸りたいケースもあるだろう。チヤホヤされるのが好きな女性はそれだけ浮気につながりやすくなってしまう。ブランドものをプレゼントしてくれる男性が現れれば、好意がなくても関係性を維持するためだけに浮気行為に走ることもあるので注意が必要だ。

2-7.人のものを欲しがる

自分の理想や考えが明確ではなく、人の意見を自分の考えのように感じてしまうというのも浮気しやすい女性の特徴といえるだろう。そのような人は、誰かが何かを手に入れると、それまで全く興味を抱いていなかったのに自分も欲しくなってしまうことがある。仲睦まじいカップルを見るとうらやましくなることは誰にでもあるが、自分の理想がはっきりしていない人は友達が思いを寄せている人などに魅力を感じて略奪することがあるので注意が必要だ。

自分の理想がない人は自分で好き嫌いを決められない人が多く、周りの人が好きと言っているものでないと好きになれない、あるいは周りが好きと言っているから良いと思っているだけで本当の良さは理解できていないということがよくある。恋人を作る際も、ほかのカップルにばかり目を向けて、他人が好きだと言っている人でないとなかなか好きになれない。その場の空気によって言うことがコロコロ変わり、周りの意見に流されやすい人はその傾向が強いので、自分の妻が該当していないかよく考えてみよう。

2-8.肌の露出が多い服装を好む

ブランドものが好きな人と同様に、見た目が派手で露出度が高い服を好む女性も注意が必要だ。肌を見せるというのは、異性に注目されたいという意思の表れでもある。付き合っている男性がいるにもかかわらず露出の多い服を着るのをやめないという人は、浮気に走る可能性が非常に高いといわざるを得ない。妻が普段どのような服を着ているのか振り返ってみよう。また、それまで服装に特徴がなかった人が急に露出が目立つ服を着るようになることもある。服装の変化は浮気のわかりやすいサインなので、妻の行動が怪しいと考えている人はしっかり確認しておいたほうがいいだろう。

2-9.お酒が好き

イメージ写真

お酒は飲みすぎると男女問わず理性を失う可能性が高いものである。普段からお酒をよく飲むという人は、誰かと一緒にお酒を飲んだときに羽目を外してしまうこともあるだろう。記憶がない状態、暴走した状態では、自分でも何をしているのかわからず浮気行為に発展することがあるので注意が必要だ。お酒は、周りの人たちとの交流を楽しむための大事な要素なので、たしなむ程度であれば問題ない。しかし、コントロールできないレベルで飲酒をしているのであれば、浮気する可能性はもちろん、そのほかのトラブルを招くこともあるので、普段から監視しておく必要がある。

2-10.行動力がある

興味があるものにすぐに飛びつくようなフットワークが軽い女性も注意が必要だ。行動力があるということは一見すると良いことのように思われる。しかし、周りの人の気持ちを考えることなく行動することもあり、自分の考えだけで突っ走ってしまう人もいるだろう。浮気をすれば裁判に発展することもあり、事態が泥沼化することも珍しくないが、中にはその重大性をあまり理解できていない人も少なくない。一度浮気を経験してみたいという理由だけで浮気に走る可能性もあるので、好奇心旺盛で行動力のあるパートナーと一緒にいる場合は警戒した方がいいかもしれない。

3.浮気中の妻の行動

浮気している妻にはいくつか特徴的な行動をとる傾向がある。その特徴をつかんでおけば、妻が不審な行動をとった際も浮気をしているのかどうかある程度の判断ができるだろう。具体的にどういった行動が挙げられるのかここで解説していく。

3-1.食事の好みが変わった

食事の好みが変わってきたり、料理に力を入れなくなってきたりしている場合、浮気を疑ってみてもいいかもしれない。好きな人に影響されるというのは誰にでもあることだが、女性の場合はその傾向が特に強い。味の好みも例外ではなく、浮気相手ができたことでそれまで好んで食べなかったようなものを積極的に食べるようになることもあるだろう。また、浮気相手のことに集中するあまり、夫への対応に力を入れなくなってきている可能性もある。食卓に並ぶメニューが乏しくなった場合は、浮気の可能性も十分考えられるだろう。

3-2.見慣れないアクセサリーや服装が増えた

夫が把握している趣味嗜好から極端に離れた服装やアクセサリーを好むようになった場合も浮気中であることを示しているかもしれない。女性は好きな人ができると相手に気に入られようとして、その人の趣味に合わせた服装やアクセサリーを購入する傾向が強い。もしくは浮気相手からもらったプレゼントを身に着けている可能性も否定できない。普段から妻の些細な変化に気づかない男性は多く、妻が油断しているとわかりやすくサインとして表れるので注意深く観察しておいたほうがいい。

3-3.携帯電話を持ち歩くようになった

以前は携帯電話に対してそこまで執着しておらず、場合によっては外出するときも持ち歩かなかったような人が、急に肌身離さず持ち歩くようになった場合、浮気中である可能性が高い。また、何気なく携帯電話を触ろうとして激怒された場合も、浮気を疑ったほうがいいだろう。浮気をしている人は、多くの場合携帯電話の扱い方に変化が見られる。女性の場合は相手のことで頭がいっぱいになる人が多く、携帯電話の通知を常に気にして一喜一憂する傾向があるので注意深く観察しておこう。四六時中携帯電話を操作していたり、通知音が頻発していたりする場合、ほかの男性と連絡を取り合っている可能性を疑ったほうがいい。

3-4.夫がいるときに昼ドラや法律関係の番組を見なくなった

法律系や昼ドラなどの番組を見なくなった場合も浮気をしている可能性が疑われる。こういった番組はドロドロしたテーマを扱うことが多く、浮気をしていたり不貞行為をしていたりすると、後ろめたさや罪悪感に苛まれる人も少なくない。そのほかにも、非難されることを恐れるあまりに、番組を直視することができなくなっている可能性もあるだろう。そうでなくても、二人で一緒にそういう類の番組を見れば自然と会話のテーマが番組に対する意見や感想などになってしまう。つい余計なことまで喋ってしまうことを恐れている人もいるかもしれない。そういった些細なことからも浮気に気づかれまいと慎重になっている可能性があるので注視してみるといい。

3-5.夫のスケジュールを把握しようとしてくるようになった

イメージ写真

帰宅時間や次の日の仕事の内容、週末が休みなのかどうかを詳細に確認しようとする場合は注意が必要だ。夫のスケジュールを頻繁に聞くようになると、浮気中である可能性が非常に高い。それまで全く気にしていなかったような人が急に聞いてくるようになった場合は、特にわかりやすいサインとなるので疑ってみてもいいだろう。浮気をしている人は、パートナーの目を盗んで浮気相手と会わなければならないため、ほとんどのケースで日程調整のためにスケジュールを聞いてくる。真実を突き止めたいのであれば、嘘の日程や日時を伝えて帰ってくるはずのない時間帯に帰宅するといった方法を試してみるといいだろう。

4.妻の浮気を防止するための方法

妻の浮気を確かめる方法があるのは事実だが、あらかじめ浮気を防止できればそれに越したことはない。一番理想的なのは浮気に発展することのないような関係性を築くことである。ここでは、妻の浮気を防止するために有効な方法について紹介していく。夫婦生活がうまくいっていない人は自分の行動を顧みてぜひ実践してみることをおすすめする。

4-1.愛情をしっかりと伝える

浮気をする一番の理由としては、やはり寂しさや愛を感じられなくなったということが挙げられるのではないだろうか。結婚すると夫が仕事に出ている間は自宅にこもりきりになる女性も多く、寂しさを感じやすい状況に置かれるので、夫のほうから愛情を伝える努力をしてあげなければならない。そのためにできることはたくさんあるが、言葉や伝言メモなど、形や感情がわかりやすく表現できる手段を選ぶと相手にも気持ちが伝わりやすくなる。愛情をしっかり伝えることができれば、相手も安心感を抱くようになるだろう。愛情不足によって不安になっているケースは非常に多くみられるので、浮気を防止するためにも普段からきちんと気持ちを伝えることが大切になってくる。

4-2.将来の話をする

結婚前のカップルはしっかりと会話できるケースが多いが、結婚後、お互いの存在が当たり前になると話す機会が少なくなってしまったという人たちもいるだろう。そういう場合は、将来設計について意識的に会話してみることをおすすめする。子どもをいつ作るのか、家はいつ建てるのかといった将来的なことを話すことでお互いが共通の目標を持つことができれば、夫婦の絆を深めることができるだろう。うまくいっていなかった二人の関係も改善するかもしれない。二人が足並みを揃えてより良い未来に向かって進むことで、二人の未来に希望が生まれるため、ほかの人に満たされようとするのではなく二人でより良い人生を歩んでいく方向へ気持ちがシフトしていく。

4-3.妻の理想の男性像を目指す

結婚前はパートナーにかなり惚れ込んでいたのに、結婚した途端にあぐらをかき、自分磨きをやめてしまう男性は非常に多く存在する。結婚前と結婚後であまりにも変わってしまうようなことがあれば、妻に愛想をつかされてしまうのも無理のないことなのかもしれない。自分の行動を見つめ直し、もし同じようなことになっているのであれば、妻が求める理想像に自身を近づけることでもう一度振り向いてもらえるようにしよう。素敵な男性に近づくための努力を見せることで、妻のあなたに対する見方が変わる可能性がある。あなたが妻のために努力をしているという印象を与えることによって自分に向けられている思いを確認することができ、あなたへの不満が期待へと変わるかもしれない。そうすればきっと浮気を防止することができるだろう。

4-4.不安の種を取り除く

仕事に忙しくしている男性は、家にずっといる妻に対して楽をしている印象を抱くこともあるだろう。しかし、妻にも夫にはわからない悩みや不安があるのは事実である。家事や子育ては男性が思っている以上に大変で、パートをしている場合はもっと忙しく、職場での悩みを抱えていることもあるだろう。ストレスが溜まれば浮気に走ることも十分に考えられる。そういった状況を防ぐためにも夫のほうから歩み寄り、不安の種を取り除いてあげることが大切である。疲れているときでも何気ない一言で安心することがあるので、どれだけ忙しくても時間を作って定期的なコミュニケーションをとることを心掛けよう。

4-5.イベントを用意する

夫婦生活が長くなると、なかなか出会った当初のような新鮮さを維持することができなくなる。マンネリ化は浮気の原因の代表的な例であるため、それを打破する工夫をしなければならない。誕生日や結婚記念日、クリスマスといった日に外食するなどはもちろん効果的だが、特にこれといった記念日ではなくてもサプライズ的にイベントを企画してみるといいだろう。妻を喜ばせてあげることは浮気の防止策として非常に有効である。自分のために考えて企画してくれたという事実だけで人は十分満たされるので、日頃の感謝を伝える意味も込めてプレゼントを渡すなどすれば、二人の関係をより深めることができるだろう。

4-6.小まめに妻の相手をするように心がける

普段からかまってもらえない寂しさから不倫に走ってしまう可能性は十分ある。仕事の忙しさにかまけて家庭を顧みない、妻の存在が当たり前になって会話が適当になっているなど、心当たりがある人はすぐにでも改善しなければならない。こまめに連絡したり、話しかけたりすることで、相手と向き合う姿勢を見せることが不倫の防止へとつながる。

夫が仕事で忙しいというのは十分理解していて、気を使って甘えられないという妻もいるだろう。鈍感な男性だとなかなかそういった妻の気持ちに気づけないかもしれない。どれだけ仕事が忙しくて会えない状態であったとしても、短い時間を作って会うようにしたり、メールやLINEで連絡を取り合ったりしたりすれば、合間を縫って連絡してくれていることが伝わる。たとえ妻がしっかりしていたとしても、こまめに連絡をして寂しさを与えないように心掛けることが大切である。

4-7.妻に対する態度を改める

二人でいる時間が長くなるにつれて、妻に対する態度が横柄になっていたり冷たく接していたりする男性を多く見かける。妻の様子がおかしいと感じた場合、相手の浮気を疑うだけでなく、自身の行動を振り返ってみなければならない。妻に対してひどいことをしている場合、ほかに優しい男性に出会って浮気をしていても一方的に責めることはできないだろう。妻の気持ちも考えて行動することが大切である。もし理不尽な対応をしているのであれば、素直に謝ろう。

とはいえ、その場では謝罪していても後から同じことを繰り返す人もいるのも確かだ。口だけで謝罪しても妻の心を取り戻すことなどできないので、きちんとした態度で反省を示さなければならない。妻が何か話しかけているときはしっかり耳を傾ける、話しかけるときは優しい口調を使うなどは当然のことだが、その程度のことでは状況が改善されないこともあるだろう。女性はわかりやすい形での愛情表現を好む。月に一度レストランでご馳走することを約束するなど、より明瞭な手段を選ぶと気持ちが伝わりやすくなるので実践してみよう。

4-8.妻が女性であることを忘れない

パートナーが恋人から妻へと変わると、恋愛感情が徐々に愛情へ変わっていくこともあるだろう。妻の良い面も悪い面も把握し、全てを受け入れられるようになるのは決して間違ったことではないが、妻が女性であるということを忘れてしまうのは話が別である。結婚生活が長くなればなるほど、出会った当初のことなどを思い出し、ときめきを維持できるよう努めなければならない。服装や髪型、化粧、仕草などをほめるなどして女性としての魅力を今も感じていることを伝えれば、妻のほうもあなたのことを男性としてきちんと見てくれるだろう。

5.妻が浮気をしていそうだったら

妻の様子がおかしく浮気をしていそうな行動をとっていたとしても、何をすればよいのかわからないという人は多くいる。ここで、浮気の事実を確かめるためにはどのような手段をとればいいのか、詳しく確認しておこう。

5-1.自分で調査する

妻の浮気が疑われるとき、問い詰めたくなる気持ちも理解できるが、証拠もないまま責めるともし何もなかった場合に余計な問題を招くことになるので注意が必要だ。相手を問いただす際は、まずは自分で調査を行うことから始めよう。尾行をしたり、GPSツールを利用したりして証拠を集めることは十分可能である。また、クレジットカードの請求書などからも情報を得ることができるので、家の収納やポストの中を調べてみると何か見つかるかもしれない。とはいえ、夫は妻が自由に動ける時間帯に仕事をしているため、自分で調査するにも限界がある。物的証拠よりも浮気現場を押さえるほうがより確実なため、現実的ではない手段であるともいえる。

5-2.探偵事務所に調査を依頼する

自分で調査するのが難しい男性の場合、探偵事務所に調査を依頼する人が多くいる。探偵は調査のプロなので、浮気現場を押さえた写真や、不貞行為を証明することができる音声など、より確実な証拠を集めたい場合に最適だ。また、探偵に依頼すると入手した証拠や報告書をまとめてもらうことができるので、後に裁判に発展するようなことがあれば、慰謝料請求や養育費の請求、離婚交渉などもスムーズに進めることができるだろう。自力で証拠を集めた場合、素人の判断では十分証拠として考えられるようなものが、実際は効果が認められないことがある。探偵に依頼すれば、何が有効な証拠となるかを自分で判断する必要もない。費用がかかってしまうことを除けば、メリットの大きい手段なので真実を知りたいのであれば利用してみるといいだろう。

5-3.妻の関係者に接触を試みる

友達や親類など、妻の周囲の人にそれとなく普段の様子をうかがってみるというのも一つの手である。とはいえ、妻の周囲の人は妻の味方である可能性が高いため、口裏を合わせて浮気の事実を隠している可能性もあるだろう。上で述べたような方法に比べると、確実性はそこまで高くない方法ではある。また、妻の周辺人物に接触していることが本人に伝わってしまえば、妻を疑っていることが悟られるかもしれない。もし浮気をしていなかった場合、妻はあなたに不信感を抱き関係性がこじれてしまう可能性があるので、行動する際は慎重になる必要がある。

5-4.カマをかけてみる

「知り合いが男と歩いているのを見た」などと言ってカマをかけてみるという方法もある。うっかり重要なことを漏らしてしまったり、発言に矛盾が生じてしまったりすることがあるかもしれない。仮に浮気の告白に繋がらなかったとしても、挙動不審になるようであれば浮気をしている可能性があるので、探偵事務所に依頼する前段階などで一度実践してみるといいだろう。

まとめ

浮気をしやすい女性の特徴はさまざまある。妻が怪しい行動をとっているのであれば、今回の記事で述べた内容と照らし合わせて性格や行動が一致していないか確かめてみるとよいだろう。浮気が疑われる場合もすぐに問い詰めるのではなく、しっかり調査をして証拠をつかむことが大切だ。探偵に依頼するなどすればより有力な情報を手に入れることができるので、ぜひ参考にしてみてはどうだろうか。

  • 夫の浮気チェック
  • 妻の浮気チェック

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。