専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の調査「iphoneを探す」機能での浮気調査はリスク大!危険である理由とは?

イメージ写真

iphoneには、GPSを使った「iphoneを探す」という機能がある。iphoneだけでなく、iphoneを持たせた子どもや高齢者を追跡するツールとしても使えると注目されている便利な機能だ。この機能を利用すれば浮気調査も簡単にできると考える人もいるが、実際は難しいのが現状だ。この記事では、「iphoneを探す」機能での浮気調査をおすすめできない理由について解説する。

1.「iphoneを探す」とはどういう機能?

「iphoneを探す」は、iphoneの現在位置を検索する機能だ。GPSを使い、屋外を含めて幅広く現在位置を追跡できるため、紛失したり盗難したりしたiphoneを効率的に探せる。なお、iOS13以降は「探す」機能として「友達を探す」機能と統合された。アップデートしたiphoneでも、「探す」アプリの機能の1つ「デバイスを探す」から同様に利用できる。

「iphoneを探す」では単に現在位置を検索するだけでなく、さまざまな機能を使うことができる。例えば、離れた場所から操作して、iphoneを使えないようにロックしたりデータを削除したりする機能がある。これにより、紛失したiphoneが悪意を持った人に拾われた場合でも、個人情報を奪われるリスクを抑えて安全に取り返すことができるのだ。別の電話から対象のiphoneに電話をかけることもできるため、すでに発見者がいる場合は返却までの段取りがスムーズになる。まだ誰にも拾われていない場合でも、探索の際に見つけられるように音を出したり、紛失したiphoneの画面にメッセージを出したりできる。このように、いざiphoneを紛失した際には便利な機能が揃っているが、利用時は事前設定が必要だ。

2.「iphoneを探す」を使うための下準備とは?

「iphoneを探す」機能を利用する際は事前設定が必要となる。iphoneのロックやデータ削除もできるため、すぐには使えないようになっているのだ。ここでは、「iphoneを探す」を使うための下準備について解説する。

2-1.iCloudを使える状態にする

iCloud とは、iphoneを製造しているAppleが提供しているクラウドサービスのことだ。データのバックアップができるほか、メール機能などもあるため、複数のiphoneにまたがった使い方ができる。「iphoneを探す」機能はデータ削除も想定している、iCloud を利用する前提の機能だ。そのため、まずはiCloudにサインインして、iCloudを使える状態にする必要がある。

設定にはApple ID が必要となる。iphoneユーザーであれば最初に設定し、日頃から無意識に利用しているものであるため、新たに取得する必要はない。Iphoneを使用しておらず、Apple IDを持っていない場合は新規取得が必要となる。Apple公式サイトの「Apple IDを作成」のページへ行き、メールアドレスやパスワードなどの所定事項を登録してIDを取得しよう。Apple IDを持っているかわからない場合は、アカウントページで名前とメールアドレスを入力すれば調べられる。登録後は、「iphoneを探す」機能を利用したいiphoneのホーム画面にある「設定」から「iphoneにサインイン」を選び、IDとパスワードを入力してiCloudにサインインしてみよう。

2-2.iphoneを探すを使える状態にする

ここからは、いよいよ「iphoneを探す」を使うための準備が始まる。通常、iCloudでは「iphoneを探す」の機能がオフになっている。以下の手順で設定することで、初めてオンの状態になるのだ。まずは、設定ページの一番上の段にあるユーザー名をタップし、「iCloud」を選ぶ。iCloud やAppleIDの設定から始めた人は、「iphoneにサインイン」があった場所と考えれば良い。「iCloudを使用しているAPP」として表示されるアプリの中から「iphoneを探す」を選び、機能をオンにしよう。

機能をオンにするページの下部に、「最後の位置情報を送信」というオプションの実装を選ぶ項目もある。これは、バッテリー容量が不足して電源が切れてしまうことが考えられる場合に、電源切れが起こる直前の位置情報を自動的に送信するかどうかを選ぶための項目だ。浮気調査では多くの情報があるに越したことはなく、電源が切れて実際の位置がわからなくなったとしても場所を特定するためのヒントとして利用できる。オプションをオンにし、最終の位置情報を自動送信できるようにしておこう。

2-3.位置情報がわかるようにする

イメージ写真

iphoneではGPSを利用した位置情報サービスの利用をオフにすることもできる。バッテリー消費を抑えるなどの効果があるが、地図なども使えなくなるため、完全にオフにするのではなくアプリごとに利用するか否かを設定している人が多い。また、完全にオフにしていても、「iphoneを探す」機能の「紛失モード」を使う場合は一時的にオンになる。「iphoneを探す」もGPS情報を使用して端末を探す機能であるため、位置情報サービスの利用をオンにしておかなければ機能自体の利用ができなくなってしまう。

位置情報も、「設定」のページから利用状況を選択できる。「プライバシー」、「位置情報サービス」、「システムサービス」の順に選び、「iphoneを探す」の部分をオンにして設定しよう。「iphoneを探す」の機能を使うためには、最低限「iphoneを探す」の機能と、大元の位置情報の機能がオンになっていなければならない。すでにいずれかのアプリで位置情報を利用しているiphoneであれば位置情報自体はオンになっているため、「iphoneを探す」の位置情報利用をオンにするだけで「iphoneを探す」機能が利用できる。

3.「iphoneを探す」が使えないケースとは?

位置情報の利用をオンにしていなければ利用できないように、「iphoneを探す」は完全なアプリではない。他にも、「iphoneを探す」と「位置情報」の両方がオンになっていても使えないケースはいくつか考えられる。準備をしていても役に立たない場面があると理解しておこう。例えば、端末本体の電源を切っているときは当然ながら使用できない。仕事や性格上、電源を切る癖を持つ人もいるため、パートナーが当てはまる場合は要注意だ。

また、バッテリー容量がなくなってしまった場合も、その地点を最後に充電するまで使えなくなる。「最後の位置情報を送信」のオプションを設定していればバッテリー切れを起こした地点が推測できるが、それ以降の動きはわからない。このように、「iphoneを探す」はパートナーの端末から情報を得る仕様上、パートナーの使い方による影響を受けやすい点が特徴だ。また、意外と見落とされやすいのが、インターネットに接続していていなければ使えない点だ。通信圏外にある場合はもちろん、電波を送信しない機内モードに設定している場合も利用できないため注意しておこう。

4.「iphoneを探す」で浮気調査する手順

ここまで、「iphoneを探す」を利用するための方法とその注意事項を紹介した。ここでは、いよいよ「iphoneを探す」で浮気調査する手順について解説する。場面ごとに詳しく解説するので、参考にしてみてほしい。

4-1.iCloudにログインする

まずは、パートナーのiphone以外の端末からiCloudにログインしよう。iphone以外ならipadやPCからログインできるが、あくまでiphoneとは別物として利用する前提の端末であるAndroidからはログインできない。また、自分のApple IDではなく、パートナーのiphoneで使用しているApple IDでログインする点に注意しておこう。

この際、「2ファクタ認証」がオンになっている場合は、ログイン時に6桁のコードを入力する必要がある。2ファクタ認証とはAppleが独自に取り入れているシステムで、メールなどで送信されるセキュリティコードを利用して本人確認を厳密に行う2段階認証の1つだ。このコードはパートナーの端末に届き、画面にも大きく表示されてしまう。2ファクタ認証を避け、疑われることなく「iphoneを探す」機能を利用するためには、2ファクタ認証を事前にオフにしてからログインしなければならない。Appleの公式サイトでオフにできるが、その際にも2ファクタ認証が必要であるため、秘密裏に実行する場合はどうしてもタイミングが限られてしまう。

4-2.「iphoneを探す」を選択

iCloudにログインした後は、「iphoneを探す」の選択に移る。Apple IDとパスワードの入力を求められるため、探す対象、すなわち浮気調査ならパートナーのApple IDとパスワードの入力が必要だ。パートナーのiphoneがiCloudにサインインしている、つまりインターネットに接続している状態であれば、現在のiphoneの位置情報が周辺の地図上に表示される。バッテリー切れなどでiCloudにサインインしていない場合は、わかる範囲内で最新の位置が表示される。

「サウンドを再生」「紛失モード」「iphoneを消去」の中からアクションを起こすことも可能だ。別のiphoneでログインしている場合は「アクション」から、PCの場合は右上の表示からそれぞれ選択することで実行できる。また、iphoneなどのモバイルからログインしている場合は、位置を追跡しているiphoneの現在地までのナビゲーション機能も利用できる。通常のマップと同じように移動ルートや車や徒歩などの交通手段を選んで利用できる、便利な機能だ。

4-3.Apple ID宛てに位置検索開始の通知が届く

イメージ写真

「iphoneを探す」でApple IDとパスワードを入力すると、位置検索が始まる。この際、入力したApple ID宛に位置探索の開始を伝える通知が送られる。Apple IDを通して登録しているメールアドレスにもメールが送られるため、パートナーに浮気調査を感づかれてしまう可能性も否定できない。とはいえ、メールの内容の多くはiCloudへのサインイン通知など、「iPhoneを探す」機能にはつながらない内容となっている。探しているiphoneにアクションを起こすこともできるが、これらは指定しなければ作動しない。しかし、アクションを起こさなくても通知だけは送られるため注意が必要だ。

アクションの1つである「サウンドを再生」を実行すると、サイレントモードか否かに関わらず対象のiphoneから大きな音が発生する。「紛失モード」は対象のiphoneの利用を制限して、個人情報や決済サービスにアクセスできないようにする機能だ。ロック画面にメッセージなども表示できるため、紛失時はこのモードの有用性が高い。「iphoneを消去」はすべてのデータを消去するが、「iphoneを探す」に関わるデータも消えるため、位置の追跡もできなくなってしまう。浮気調査に使うのであれば、これらのアクションは使わないほうが無難だ。

5.iphoneを探すで浮気調査するのが難しい理由

「iphoneを探す」は、あくまで自分のiphoneを自分で探すことを想定した機能だ。そのため、隠れて浮気調査をするには向いていない部分も多く、うまく利用できたとしても決定的な証拠にはつながりにくいのが現状だ。ここでは、「iphoneを探す」を利用した浮気調査が難しい理由を紹介する。

5-1.事前に機能をオンにしておく必要がある

「iphoneを探す」を使うにはパートナーの了承を得るか隠れて自分で設定するなどして、事前にパートナーのiphoneを操作して機能をオンにする必要がある。しかし、実際には浮気をしていなくても、パートナーを含めた他人にiphoneを触らせることに抵抗のある人は少なくない。特に浮気を隠しているパートナーであれば、iphoneの機能をオンにするのは難しいだろう。iphoneの機能に詳しいパートナーなら、iphoneを探すの機能を使えないようにしていてもおかしくない。

また、「iphoneを探す」の機能をオンにできても、「iphoneを探す」を使った浮気調査の成功率はパートナーのiphoneの使い方に大きく左右される。GPSがオフになっていたり、電源を切っていれば「iphoneを探す」機能は利用できない。浮気を隠すほどであれば、位置情報がわかる状態にしているとは考えにくい。また、浮気相手と一緒にいるときは、電源を切っている可能性もある。浮気を調査する側と同様に、浮気をする側も気づかれないように対策していると考えるべきだ。

5-2.Apple IDとパスワードの入力が必要

iCloudにサインインする時や「iphoneを探す」を起動させる時は、パートナーのApple IDとパスワードが必要になる。このうち、Apple IDは iCloudのアカウント情報などからも知ることができるため、パートナーなど身近な存在であれば特定は難しくない。しかし、パスワードの特定は極めて難しいといえる。どのようなサービスであってもパスワードの特定は難しいうえ、Apple のような大企業はセキュリティに万全の対策を練っている場合が多いことが理由だ。

Apple IDの場合、何回もパスワードを間違えると失敗の回数に応じてロックがかかる。サポートサービスなどに問い合わせて何日もかけてロックを解除しなければならなくなったり、最悪の場合はデータが消えてしまったりする。パートナーなど身近な存在であれば、メモ帳などアナログな場所から特定できることも少なくない。また、簡単なパスワードを設定していれば、誰でも比較的簡単に突破できる。しかし、浮気に使うiphoneであれば、わかりやすいIDやパスワードを設定しているとは考えにくいだろう。リスクを冒してパスワードを探るより、もっと簡単な浮気調査の方法もある。

5-3.気付かれずに機能を使える可能性が極めて低い

パートナーのiphoneで2ファクタ認証がオンになっていると、画面上に6桁の認証コードが表示されてしまう。Appleの公式サイトから機能をオフにすればiphoneの2ファクタ認証をオフにできるが、その際も2ファクタ認証を経なければならない。「iphoneを探す」機能を利用しようとする場合、どうしても対象のiphoneにセキュリティコードを送信される場面が発生してしまう。しかも、この通知は許可するか否かをいずれかのボタンをタップして選択するまで画面に表示される。

また、「iphoneを探す」で位置情報を検索し始めると、パートナーのApple ID宛にiphoneを探している旨が通知される。通常の通知では日付や時刻などしか表示されないが、これまでにログインしたことのある端末やブラウザからログインした場合、それも表示されてしまうのだ。そのため、「iphoneを探す」は調査対象がパートナーなど身近な存在であるほど、逆に浮気調査に感づかれてしまうリスクが高くなる調査方法といえる。よほどiphoneの使い方に疎いパートナーでない限り、「iphoneを探す」機能を使って気づかれずに浮気調査をするのは不可能に近い。

5-4.大体の位置をつかむ以外の使い勝手が悪い

そもそも、「iphoneを探す」機能を使っても、わかるのはiphoneがある位置の大まかな情報だけだ。ピンポイントで部屋まで特定できるわけではなく、ビルなどが密集している場所では建物さえ特定できないケースも発生している。もちろん、一緒にいる人や何をしているのかなどもわからない。本来は示された大まかな位置情報を元に自分でiphoneを探し出すためのものなので、その精度には限界がある。

また、iphoneの位置を把握する以外のアクションも浮気調査用に使い勝手が良いとはいえない。「iphoneを消去」を使ってiphoneのデータを消去してしまうと、浮気の証拠を失うことにもつながる。データを消去したところで、トラブルにつながるリスクが発生するだけだ。機能をロックする「紛失モード」も、「iphoneを探す」機能を使っていると気づかれてしまう。遠隔での浮気調査なので、音を出す「サウンドを再生」に至っては全く意味がない。このように、iphoneを探すための機能である以上、浮気調査として使えるような機能は乏しいのが現状だ。素直にiphoneを紛失した際に使うのが良いだろう。

5-5.リスクに反して証拠としての価値が低い

イメージ写真

パートナーに知られないように気をつけていても、探し始めるとどうしてもパートナーのiphoneに通知が送られてしまう。そのため、「iphoneを探す」は浮気調査に気づかれてしまうリスクが非常に高い方法だ。気づかれる覚悟で使うこともできるが、大まかな場所がわかるだけなので、危険を冒して使用しても証拠としての価値は低いと言わざるを得ない。リスクが高いにも関わらず、証拠としての価値が伴っていないのだ。浮気調査の方法としては、あまりに非効率的だといえる。

大まかな場所だけでは、不貞行為をしているかどうかの証拠にはならない。雑居ビルなどでは、行ってもおかしくないような施設に通っていたと言いくるめられてしまう。一緒にいる人や何をしているかなどもわからないため、仮にホテル街を示していたとしても、たまたま近くを通っただけという言い訳も通る。このように、大まかな場所だけでは決定的な証拠にはならないのが現状だ。浮気調査に気づかれ、関係を悪化させてまで得た情報がそれでは、あまりに頼りないといえる。

6.自分でできる有効な浮気調査の方法とは?

「iphoneを探す」は、リスクが大きいわりに有効な証拠にはつながりにくい方法だ。では、他に有効な証拠が入手できる簡単な方法はないのだろうか。リスクが少なく効果的な方法が他にあれば、そちらを選ぶに越したことはない。ここでは、「iphoneを探す」以外の、自分でできる有効な浮気調査の方法について解説する。

6-1.車の中をくまなく探す

車は密室に近い空間でありながら自室ほど注意を払う人は少ないため、浮気の証拠が見つかりやすい場所だ。特に日頃から車を利用して移動している場合は、浮気相手に会いに行ったり実際に浮気相手を車に乗せていたりする可能性も考えられる。車の中には収納スペースが多いため、グローブボックスや灰皿、ゴミ箱の中身なども探ってみよう。シートや足元に髪の毛や服の繊維などが残っている可能性も高い。運転中に落ち、そのまま気づかず放置されるケースもあるため、想像以上に有効な証拠が見つかるかもしれない。

また、カーナビを確認してみると、パートナーが1人で行くには不自然なコースが履歴として残っている可能性がある。浮気の証拠が残らないよう車内のゴミやウェブサイトの履歴には気をつけていていても、カーナビまでは注意が向いていないという人も少なくない。家族で行ったことの無いテーマパークはもちろん、小さな目的地も浮気相手による影響が考えられる。ドライブレコーダーも映像が消されていない場合、重要な証拠が見つかる可能性が高い。

6-2.レシートや領収書をよく読む

レシートや領収書はパートナーが実際に購入したものであるうえ、何気なく捨てられていることもあるため、入手しやすいわりに有効な証拠となる。特に重点的にチェックしたいのは、来店人数や購入した品物、日時などだ。特に男性が女性向けブランドでアクセサリーを買うなど、自分では使わないような品物を購入している場合、自分へのプレゼントでなければ浮気相手にプレゼントしている可能性がある。

普段パートナーが行かないような不自然な場所にある店の場合、デートで行った場所である可能性が考えられる。自分が聞いていた日程との食い違いが発生している場合、それだけでパートナーに嘘をついて行動している立派な証拠だ。また、一枚で浮気の証拠となりうるようなレシートはその場で捨てていても、一目見ただけではわからないようなレシートは持っているという人もいるだろう。しかし、コンビニで菓子類を買っただけのレシートであっても、周辺をよく調べてみれば近くにホテル街があったというようなケースも考えられる。レシートの情報を組み合わせれば、パートナーの行動が少しずつ明らかになる。

6-3.カバンの中身を調べる

カバンの中は通常自分しか見ないため、自宅以上にプライベートな空間と認識している人もいる。また、うかつにゴミ箱には捨てられないものがカバンの中に残っている場合もあるだろう。このように、油断や捨て場所に困ったものを入れておくなどの理由で、決定的な証拠を見つけやすいのがカバンの中という空間だ。例えば、デートスポットの半券や、写真や手紙などが入っている可能性がある。写真は言わずもがな、筆跡からの調査ができる手紙や日付などが入っている場合も多い半券も有効な証拠の1つだ。

ほかにも手帳などがあれば、浮気相手との予定が書かれていることも考えられる。また、仕事用など2台目の携帯がある場合、家庭用ではなくこちらで連絡を取っているかもしれない。仕事帰りにそのまま浮気相手と会っている人もいるので、仕事用のカバンもチェックしておこう。ここで重要となるのが、証拠を見つけた後の対処方法だ。写真を撮り、データとしての証拠を残しておこう。決定的な証拠があってもすぐには持ち去らず、元のようにカバンに戻しておくことがポイントとなる。几帳面な人はカバンの中身にも定位置がある場合が多いため、場所が変わっていればそれだけで感づかれるかもしれない。

6-4.クレジットカードの明細をチェックする

イメージ写真

パートナーのクレジットカードの明細を確認できるようであれば、ぜひ分析しておこう。クレジットカードの明細はレシートと同様の情報が得られるうえ、レシートのように捨てられないため、普段は見つけにくい証拠も得られるかもしれない。デートのように多くの金額が動く場面では、クレジットカードを使う可能性も高い。紙の明細ではなく、昨今増えてきているウェブ明細を利用している場合、パスワードを使う点で確認が難しい方法ではある。しかし、確認が可能なら、またとない証拠の1つとなりうる。

クレジットカードで確認できるのは金額と利用先のみだが、ここでも金額だけでなく購入先も確認しておこう。もしパートナーが普段利用しないような店であれば、浮気相手へのプレゼントを購入しているかもしれない。また、クレジットカードの明細が見られれば、ETCカードの利用も把握できる。遠出するようなデートスポットに行っているようであれば、証拠としての価値も高い。特に、聞いていた外出先のある場所と違う場合は要注意だ。

6-5.ポケットの中身を確認する

隠れて浮気をしている場合、身近なポケットに証拠を残す可能性は少ないと考える人もいるかもしれない。しかし、捨て損なったものが入っている場合もあるため、浮気に気づくきっかけがポケットの中のものというケースは意外にも多く発生している。ジャケットの内ポケットや胸ポケット、ズボンのポケットなど数も多いため、パートナー自身も捨て忘れたり癖で入れていたりする可能性が考えられる。端切れのような小さな証拠でも証拠になり得るほか、精力剤や鍵など明らかに不自然なものが入っているケースもあるため、しっかり確認しておこう。

また、ポケットと同様、財布も身近である分証拠が残っている可能性が高い場所だ。避妊具などがあるケースも多いほか、お金を払ってそのまま物を入れやすい場所であるため、ホテルの領収書や怪しい名刺が入っている場合もある。収支を共同で管理している場合、残業にしては現金の減りが早いケースなどがあるため、お金の流れも見ておこう。知らないクレジットカードがある場合、浮気相手と行った先の、パートナーに知られたくない支払いをこれで行っている可能性もある。

6-6.自宅内に盗聴器を仕掛ける

盗聴器は仕掛ける場所やシーンを間違えると違法になる可能性がある。しかし、自宅など自分の所有物に盗聴器を仕掛ける限りは違法にならず、建造物侵入罪に問われる心配もない。このように、盗聴器は仕掛けられる場所こそ限定されるが、決定的な証拠をつかめる可能性が期待できるアイテムだ。自宅や自分の車であれば合法的に設置できる。ただし、電話の盗聴や傍受は違法となるので注意しよう。

自宅内でパートナーが浮気相手と連絡を取る場合、1人になれる場所でこっそりと連絡を取ることが考えられる。パートナーの自室以外にも自分があまり立ち入らない場所など、可能性がある場所に盗聴器を仕掛けておこう。自宅に浮気相手を招き入れている可能性があるなら、ベッドルームなどに仕掛けるのも有効だ。盗聴器を仕掛けるにあたっては、場所の吟味が効果を左右する。違和感の少なさと音質を兼ね備えられるよう、位置や角度などを調節しておこう。

7.違法な調べ方をすると逆に訴えられる

パートナーとはいえ人のプライバシーに踏み込む浮気調査は、一歩間違えると自分が訴えられる側になりかねない。違法な方法によって入手した証拠は裁判などの証拠としての利用ができないため、法律についての知識をある程度身につけ、違法と合法の線引きを理解しなければならない。例えば盗聴の場合、自宅以外に盗聴器を仕掛けると住居侵入罪に問われる可能性がある。電話を盗聴することも、有線電気通信法や電気通信事業法に抵触する行為だ。

また、パートナーの端末に同意なく浮気防止アプリをインストールして使用していた場合、不正指令電磁的記録共用罪が適用される可能性がある。これは「iphoneを探す」機能でも起こり得るシチュエーションだ。違法な浮気調査をした結果、浮気を追及する裁判をする前に、浮気をしているパートナーや浮気相手から逆に訴えられることも考えられる。浮気をされている側なのに、逆に訴えられる側になっては元も子もないだろう。

8.浮気調査はプロの手に任せることも大事

自力で行う浮気調査には、やはり限界がある。パートナーを尾行することに対する近所の人からの視線など、パートナーへの浮気調査ならではの問題点も考慮しなければならない。また、やみくもに調査をしても価値の高い証拠は集まらないうえ、自分が違法行為をしてしまうリスクも高いのが浮気調査という分野だ。浮気調査はポイントを押さえて、効率よく価値の高い証拠を集めることが重要となる。

浮気調査のプロは専門家として、価値の高い証拠を集めるための道具を揃えている。どのような写真やデータが証拠として価値が高いかを分かったうえで、ポイントを押さえて撮影や録音をしているのだ。自力では難しい長時間や長距離の調査もできるうえ、浮気現場を直接見て精神的ダメージを受けることもない。浮気調査などの探偵業を行えるのは探偵だけであるため、第三者に浮気調査を頼む場合、友人などに頼むと探偵業法違反として罰せられる可能性もある。安全に効率よく浮気調査をするなら、浮気調査のプロに頼むのが確実だ。

まとめ

「iphoneを探す」機能を使えば、一見簡単に浮気調査ができそうに思える。しかし、実際は感づかれるリスクが非常に高いうえ、大まかな位置しかわからないため証拠としても不十分だ。車やカバンの中を調べるなど、自分でもできる安全で効果の高い方法は他にも多く存在する。もっとも確実にリスクなく浮気調査をするなら、浮気調査のプロに依頼すると良い。

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。