専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫からの離婚不倫しても得など1つもない!既婚者が心から後悔することとは何?

イメージ写真

既婚者による不倫は、多くのリスクが伴うものである。そのため、実際に不倫をしてしまった人が後悔を口にすることは多い。不倫がもたらす不幸について考えるためにも、そうした不倫経験者の声に耳を傾けることも大切だろう。この記事では、不倫をしてしまった既婚者がどのようなことに後悔を感じるのかを紹介しつつ、その原因についても解説する。

1.不倫した男性が後悔することとは?

既婚者の男性が妻以外の女性と不倫をした場合、さまざまな点から後悔を覚えることがある。不倫によって苦しい立場に立たされたり、望んでいたものとは違う結果につながったりするためだ。この段落では、不倫を通じて後悔することになった男性たちの経験をもとに、どのような部分で悔やむことになったのかを具体的に見ていく。

1-1.妻の信頼を裏切ったこと

不倫をした男性のなかには、その場の雰囲気や勢いに流されてしまったという人も少なくない。自分の意見や願望ではなく、「何となく女性と仲良くなれそうだったから」といった軽い気持ちがスタートラインになってしまったわけだ。お酒の席などでは、特に気が緩みやすくなるため、ちょっとした誘惑に負けてしまったという人も多い。しかし、このような一時的な感情は長くは続かない。何かのきっかけで冷静になった途端、不倫をしてしまったことを後悔し始める。

なかでも、妻から不倫を疑われたことが後悔のきっかけになるケースは多い。本来なら信頼し合っているはずの妻に対し、嘘を吐かなければいけない立場になったとき、「どうして不倫なんてしたのか」「妻を傷つけているんだ」と感じるのだろう。また、もともとは不倫に対して悪いイメージを持っていた人の場合、妻から疑念を向けられた時点で、「いけないことをしているんだ」とハッキリ自覚することもある。すると、急に罪悪感が湧き上がってきて深い後悔をすることになる。そのため「バレてはいけない」と嘘をつくことになるが、嘘をついたこと自体にも罪悪感が生まれ、さらに後悔が強くなる。

1-2.社会的な信用を失ったこと

世間における不倫に対する視線というのは、非常に厳しいものがある。不倫は本来、夫婦間の問題だが、「不倫をしていた」という事実から、社会的な信用を落とすケースは多い。場合によっては、不倫に関する噂が出回るだけでも、勤め先や居住地域での評判・立場が危うくなるケースもある。実際に不倫をしていたことが知られれば、退職や引っ越しを迫られることもあるため、リスクが高いのは間違いない。不倫を経験した男性のなかには、周囲に知られたことでキャリアや仕事を失い、後悔したという人は少なくないのだ。

また、仕事を失うだけで済むとは限らない。業界によっては、「不倫をしていた人」というレッテルがいつまでも消えず、再就職が難しくなることもある。取引先などにも情報が伝わり、結果的に同じ業界で働けなくなってしまう。別業界への転職にしても、前の会社を辞めた理由を聞かれることは多く、会社によっては採用前に身辺調査をするところもある。仕事に影響が及べば、収入が安定しなくなり、将来的な生活設計にも支障が出るだろう。不倫のせいで、仕事を選べなかったり得られなかったりして人生全般が狂ってしまい、大きな後悔を抱える人もいるのだ。不倫のせいで、生活の基盤まで失われてしまうのでは、元も子もない。

1-3.子供に合わせる顔がなくなったこと

不倫をした男性のなかには、妻との間に子供がいるというケースも少なくない。このような場合では、「子供に申し訳ない」という気持ちから後悔する人も多い。不倫のために夫婦関係が悪化したとしても、幼い子供にはその理由や原因を理解できないだろう。しかし、両親の仲が険悪になっていること自体には気づく。一般的に、子供は母親と過ごす時間のほうが長いため、「父親が母親を傷つけている」と認識するのだ。そのため、子供が父親に対して反感を覚えることも多い。子供が成長すれば、不倫がどういうものかを知ることもあり、それがさらに大きな反発につながる可能性は低くない。

また、不倫の結果として夫婦が離婚することになっても、子供との親子関係が消えるわけではない。家族がバラバラになり、生活で苦労することになった原因が父親の不倫にあると知れば、子供から尊敬を得ることはできないだろう。仮に離婚をしないで済むケースであっても、父親が母親を裏切ったと知れば、その態度は変化するはずだ。不倫をしたことで、子供の心を傷つけたことに後悔する男性も多い。特に、夫婦の関係に不満はあっても、子供には愛情を抱いている人の場合、不倫によって親子関係が破綻したことを悔やむようになる。このように、不倫は夫婦関係だけではなく、家族のつながりも壊してしまう可能性がある点を忘れるべきではないだろう。

1-4.不倫相手を妊娠させたこと

イメージ写真

男性のなかには、「遊びとして不倫をしている」という人がいる。夫婦関係を維持しながら、ほかの女性と楽しい時間を過ごしたいという感覚で不倫をしているケースだ。ところが、不倫相手との肉体関係がある以上、相手が妊娠するという可能性はゼロではない。妻に隠れて女性と遊ぶというドキドキ感を楽しんでいただけの男性にとって、不倫相手の妊娠は状況を一変させる。浮かれた気分は完全に消えてしまい、一気に現実へと引き戻されるのだ。こうした男性の場合、不倫自体には特に罪悪感を持っていないという場合が多い。今の夫婦関係を壊すつもりはなく、不倫相手に対して責任を取るつもりもない。

「ただ楽しければよい」という快楽だけを追い求めた結果として、窮地に追い込まれるのである。もし不倫相手の女性が「出産したい」と望んだ場合、問題がこじれることになる。産んでもらうのは困るし、仮に出産しても子供を認知するわけにはいかない。女性が出産を望むなら、それを拒むことはできないため、出産を機に不倫が発覚することも多い。このような苦境に立たされたことについて、「不倫なんかしたからバチが当たったんだ」と感じて、後悔することになる。

1-5.離婚する羽目になったこと

軽い気持ちで不倫を続けている男性にとって、妻との離婚の話が進むことで、後悔してしまうケースは多い。不倫はあくまで遊びであり、ある程度楽しめれば、また元通りになると勘違いしているからだ。ここには、「自分ならうまく隠し通せるだろう」という自信もある。ところが、何らかのきっかけで不倫を知られてしまい、妻から離婚を切り出されることで「とんでもないことをしてしまった」と自覚するのだ。この場合、不倫をした男性の多くは離婚を回避しようと必死になるが、大抵はそのまま離婚を迎えることになる。

一般的に、離婚すれば妻だけではなく子供とも離れて暮らすことになる。特に小さな子供の場合は、母親が親権を得ることが多い。父親に不倫の事実があればなおさらだ。子供の年齢によっては、子供自身に選ばせるというケースもあるが、不倫をした父親が選ばれる可能性は低いだろう。離婚は不倫をした男性への罰という意味だけではなく、妻や子供の人生にも多大な影響を与えるものだ。自分の人生だけではなく、妻と子供の人生まで変えてしまったと自覚し、深く後悔する男性も少なくない。

1-6.離婚できずに気まずい思いだけが残ったこと

不倫をした男性のなかには、離婚できなかったために後悔する人もいる。夫が不倫をした場合、そのまま離婚を選ぶ妻は多いが、なかには結婚生活を続けようとする人もいるためだ。特に、妻の収入だけではなく子供の養育が難しい場合など、経済的な面から離婚を避けるケースが多い。不倫を許すことはできないが、夫の収入が必要であるため、離婚しないと決めるわけだ。夫に対して、自分と子供を一生養うことで不倫の償いをさせようとするのだ。離婚こそしないものの、不倫をした男性にとって、これは幸運な状況とはいえない。

夫婦としての生活は続くものの、夫婦間の信頼は損なわれているため、まともなコミュニケーションは望めないだろう。また、不倫をしたことをいつまでも責められるという場合もある。自業自得ではあるが、家庭のなかではずっと「針のむしろ」の上で生活することになり、精神的に苦しい状態が続く。そうした生活に耐えかねたとしても、不倫をした側からは離婚請求をしても認められることはほとんどない。妻が離婚を選択しなかった理由が経済的なものであれば、離婚を申し出ても承諾してもらうのは難しいだろう。結果として、妻が離婚を承諾しない限りいつまでも苦しい結婚生活を強いられ、「不倫なんてしなければよかった」と後悔することになるのだ。

1-7.すべてを失って慰謝料や養育費の支払いだけが残ったこと

リスクを理解しないまま、不倫に走ったために後悔する男性も多い。不倫が発覚した場合、どちらかの女性が自分との関係を続けるとは限らない。妻の場合は、不倫をした夫に愛想を尽かして離婚を選択するケースは非常に多い。さらに、不倫相手も遊び感覚で付き合っていただけという場合もあり、不倫関係が表面化したために離れていくことが少なくない。また、不倫が発覚した際に無理な言い訳をする男性もおり、妻と不倫相手のどちらからも「無責任な男だ」と信頼を失ってしまう。特に、不倫相手に責任を押しつけようとする態度は、両者から見限られる原因になりやすい。

仮に不倫女性が残るとしても、妻が不倫に対する慰謝料を、夫だけではなく不倫相手にも請求するケースがある。不倫した男性と不倫相手の女性の両者が、慰謝料の支払いという経済的な負担を抱えることで、関係に亀裂が入るというケースも多い。このように、妻と不倫相手の両者が離れていくと、残るのは慰謝料の支払いだけになる。妻との間に子供がいる場合は、その養育費も負担しなければならない。さらに社会的な信用が失われ、仕事や収入が絶たれるといった状況が重なると、状況を打開する手段がなくなる。結局、多額の慰謝料と養育費の支払い以外は、何も残らなかったという状況に追い込まれ、不倫をしたことを後悔するのだ。

2.女性が不倫して後悔することとは?

男性と同様に、女性が不倫をした場合でも後悔するケースは多い。ただ、女性と男性では後悔するポイントが異なっている。それは、女性が不倫に対して期待するものや望んでいるものが、男性とは違うからでもある。ここでは、女性が不倫した場合に後悔しやすい点について、その特徴とともに紹介する。

2-1.夫の心を傷つけてしまったこと

イメージ写真

男性の場合と同様に、配偶者に対して罪悪感を抱くことで後悔するケースは少なくない。一般的に、女性は不倫を始める時点で、愛情が夫から不倫相手に移ってしまっている。そのため、不倫を知られた時点で不倫を後悔することは少ない。代わりに、不倫を知らないまま、信頼し続ける夫の姿に罪悪感を抱くケースが多い。何も知らずに接してくる夫に、嘘をつかなければいけない状態が苦しくなるためだ。ただし、こうした後悔が浮かんでくるのは、女性自身が冷静さを取り戻してからである。不倫を始めた当初は、不倫相手への愛情で気持ちが高ぶっているため、そうした夫への配慮が浮かんでくることはほとんどない。また、冷静さを取り戻してからも、しばらくは自分のことで手一杯になりがちで、夫のことまで配慮できないケースも多い。冷静になり、ある程度落ち着いてから、急に罪悪感がこみ上げてくることがある。

不倫を知られ、それでも夫が許してくれた場合であっても、後悔や罪悪感は消えない。何かのきっかけで、夫が深く傷ついていることに気づき、「ひどいことをしてしまった」と後悔することもある。心についた傷というのは、簡単に癒えるものではないため、夫に対する罪悪感もいつまでも残り続けるのだ。

2-2.発覚した途端に態度が変わる相手と不倫したこと

女性が不倫を後悔するケースとして、不倫相手の態度が急に変化するというものがある。特に、不倫相手が「遊びで不倫をしている」といった状態だと、女性側の期待とは異なる行動や態度を見せるようになり、「どうしてこんな人と関係を持ったのか」と後悔することになる。女性が不倫する場合、今の夫に対する不満から、不倫相手に理想を求めるケースが多い。そのため、期待外れな一面を見ることで、一気に幻滅することが少なくない。夫よりも素敵な男性だと信じて不倫をしていたにもかかわらず、それが間違いだと気づくことで後悔するのである。

不倫相手の男性が態度を急変させるきっかけになりやすいのが、不倫が発覚したタイミングだ。不倫をしていた事実が、どちらかの配偶者に知られた時点で、言い訳したり他人に責任をしつけたりする姿を見せるケースは多い。そうした態度に幻滅し、後悔を抱えることになる。ただし、こうした状況で抱く後悔は不倫そのものではなく、「選ぶ相手を間違えた」といった後悔である。そのため、相手を変えて再び不倫をするというケースも少なくない。ただし、新しい不倫相手が理想通りであるとは限らず、再び同じような後悔を経験するというケースも多い。

2-3.不倫相手の妻が妊娠して取り残されたこと

不倫相手が離れていったことで、不倫を後悔したというケースもある。不倫相手の男性の妻が妊娠をすることで、態度が大きく変化することも多い。これは、不倫している女性よりも、不倫相手のほうが先に不倫を後悔するというパターンだ。妻の妊娠により、自分よりも家庭を優先するようになった不倫相手の姿を見て、「自分との関係は遊びだったのか」と後悔することになる。最初は不倫関係に本気でのめり込んでいる男性も、自分の子供が生まれるとなれば、妻や子供を第一に考え始めることは少なくない。

また、最初から一時的な遊び感覚で不倫を始める男性も多い。その場合でも、「妻はいるが、関係は冷え切っている」「妻とは離婚に向けて話し合いをしている」「妻とは別居中」などの嘘をついて、不倫を始めるケースもある。こうした相手の言葉を信じて、不倫相手と結ばれる未来を夢見たが、最終的に裏切られて後悔することになるのだ。そして、もっとも悪質なのが、妻がいることを隠して不倫をしているケースだ。この場合、「相手に妻がいた」「その妻が妊娠した」「二人の関係を終わりにしようとしている」という3つの事実を受け止めなければならず、女性側が大きなダメージを受けることになる。

2-4.相手に何股も掛けられていたこと

不倫をする男性のなかには、複数の不倫相手と関係を続けているという人もいる。そのため、自分の不倫相手が自分と妻以外の女性との関係を持っていると知ることで、後悔するというケースもある。不倫を遊びだと考える男性だと、「いろんなタイプの女性と付き合いたい」と考え、複数の不倫関係を抱えることもあるのだ。たとえ「もう妻には愛情がない」という言葉が本当だとしても、複数の不倫相手がいるなら、「誰を一番愛しているのか」という問題が生まれる。「自分との関係は遊びではないか」という疑念を抱くことで、後悔することになる可能性が高い。

さらに、ほかの女性と自分を比べられていることに不満を感じるようになる。特に、「自分がほかの女性の下に置かれている」という状況は我慢できないものだ。女性は基本的に、好きな男性以外とは肉体関係を持てないため、相手の気持ちが自分だけに向いていないことも許せなくなる。結果として、複数の不倫相手を持つような男性に心を惹かれたことを後悔するようになる。仮に不倫を始めた段階では、自分だけを見てくれている人でも、ほかの女性に浮気する危険性がある。そもそも不倫をしている段階で、「気が多い人」である可能性は高い。結果としてほかの女性とも関係を持たれてしまい、「どうしてこんな男を好きになったのか」と後悔することになるのだ。

女性の場合、不倫相手と結ばれる未来を本気で望んでいる場合も多い。そうであるにも関わらず、相手がほかの女性にも色目を使っていたという事実に傷ついてしまうのだ。今の家庭にはない幸せを望んで不倫をしたにもかかわらず、結果として悔やんでしまう。

2-5.家族も不倫相手も失い慰謝料だけ残ったこと

不倫した女性のなかには、不倫によって家族も不倫関係も失い、慰謝料の支払いだけが残ったことで後悔する人もいる。不倫の事実が発覚した場合、夫から離婚を突きつけられるケースも多いからだ。不倫をしている段階で、女性は不倫相手に気持ちが移っていることが多いため、離婚自体は覚悟しているという場合もある。しかし、実際に離婚に至ると後悔してしまうパターンは少なくない。特に、子供がいる場合には離婚の際に夫が親権を持つことになることも多く、子供と会う機会が制限されて悔やむのだ。夫と別れることは想定していても、子供と会えない状況まで考えておらず、「こんなことになるなんて」と頭を抱えることになる。

夫から不倫相手に気持ちが移っているため、そちらと結ばれれば安心できるという人もいる。ところが、夫との離婚が成立しても、不倫相手と結婚できるとは限らない。そもそも遊びで付き合っていたという可能性もある。また、不倫相手自身も慰謝料の請求対象となり、経済的な問題から結婚できなくなるというケースも少なくない。こうなると、家族との関係が破綻するだけではなく、不倫相手とも結ばれないままになる。慰謝料に関しては、自分と不倫相手が、それぞれの配偶者から請求を受けることになる場合があり、そうなると多額の支払いに苦しむのは間違いないだろう。家族と不倫相手の両方を失い、慰謝料の支払いだけが残る状況になり、深く後悔する女性もいるのだ。

2-6.友人を失ってしまったこと

イメージ写真

世の中の認識として、不倫に対する厳しい視線があるのは間違いない。そのため、不倫中の女性が友人から忠告を受けるといったケースもある。一般的に、男性より女性のほうが浮気や不倫に嫌悪感を持つことが多いのも理由だろう。ところが、不倫関係に夢中になっていると、そうした友人のアドバイスを無視してしまいがちだ。むしろ、不倫を止めようとする友人に「勝手なことを言うな」と、反発や反感を抱くことも多い。その結果、友人との関係がこじれてしまう。

自分のことを気にかけてくれたり心配してくれたりする友人ほど、いろいろと助言をしようとしてくれるため、衝突する機会が増えてしまう。しかし、不倫相手のことしか目に入らない状態では、そうした友人が邪魔だと感じて疎遠になるだろう。気持ちが落ち着き、冷静になったときには、親身になってくれた友人は離れているはずだ。そして、友人がいなくなったことに後悔することになる。そうした状況で、家族や不倫相手との間にトラブルが起こると、相談相手がいないという事態に気づく。自分から遠ざけた友人に頼ることもできず、自分の振る舞いを悔やむようになる。

2-7.不倫相手と結婚してもうまくいかなかったこと

不倫している女性のなかには、「不倫相手と結婚できれば幸せになれる」と信じ、夫と離婚になったとしても後悔しない人もいる。その時点では、夫ではなく不倫相手に愛情が向かっているため、今の家庭を失うことを惜しまないからだ。ところが、不倫相手と結婚したことで後悔することになるケースもある。不倫関係を経て結婚した男性が、再び不倫をする可能性は決して低くない。懲りない相手に不倫をされてしまい、今度は「不倫される妻」の立場になってしまうのである。

また、相手が不倫をしないとしても、結婚後の生活が期待通りにならずに幻滅するケースもある。不倫をしていたときには、相手の魅力的な面ばかりが見えるものだが、結婚すれば足りない部分や欠けている点とも向き合わなければいけない。そうなると、途端に魅力が失われたように見えたり不満を感じるようになったりする。その際、比較対象となるのは大抵別れた夫だ。同じように生活を共にした男性である離婚した夫と比べて、悪い点ばかりが目立つようになり、「離婚しなければよかった」と後悔するパターンも多い。

2-8.最終的に不倫相手と結婚できなかったこと

不倫をする女性の場合、本気で不倫相手と結ばれることを望むケースが多い。そのため、不倫相手と結婚できればよいと、思い切った行動を選択してしまう。ところが、不倫相手の男性が同じような気持ちであるとは限らない。不倫相手が結婚を拒むことで、望ましい結果を得られずに不満を抱えるパターンもある。相手の本心がわかるタイミングは不倫発覚後などが多く、期待を裏切られたと失望するのだ。このとき、何とか離婚を避けることができても、それで気持ちが落ち着くわけではない。

望んでいた不倫相手との結婚が実現しなかったことで、気持ちが沈んでしまったり苛立ちを抱えてしまったりする。また、不倫の間に膨らんでいた理想も残っているため、夫との関係に対して、より大きな不満を抱くようにもなる。結果として、不倫をした最大の目的を果たせなかったと後悔する日々が続くのだ。なかには、再び不倫に走り、同じような結果を繰り返す女性もいる。

3.男性と女性とでは後悔する方向性が異なる

不倫をした女性と男性が後悔するポイントのなかには、方向性の違いがある。男性の場合は「世間体が悪くなる」といった点から後悔することが多いが、女性の場合は「自分本位な見方」から後悔するケースが多い。その理由は、不倫によって失われるもののうち、男性と女性が重視するものが異なるからである。ここからは、男女が後悔する方向性の違いをそれぞれの特徴から解説する。

3-1.男性は世間体が悪くなったことを後悔する

男性が不倫のせいで後悔する場合、世間体が悪くなったりプライドを傷つけられたりした点が重視されることが多い。不倫という世間的にイメージの悪い行為をした人間として、レッテル貼りされてしまったことが、不倫を後悔する原因になるのだ。一般的に、男性は自尊心が高く、周囲が自分をどのように見ているのかを気にする。そのため、他人から冷たい視線を向けられるような立場になってしまったことを悔やむのである。不倫をしている男性の多くは、「不倫を隠しておける」と自信を持っている。

実際にバレたことがなく、不倫のためにプライドが傷ついたという経験もなければ、不倫を繰り返す傾向がある。また、男性は不倫に対して肉体的な関係を重視するため、不倫相手にこだわることはあまりない。そのため、周囲にバレさえしなければ、1つの関係が失敗しても、次の相手を見つけて不倫を再開する。しかし、一度不倫がバレてしまえば、妻や子供、職場の人からの冷たい視線に晒されることになる。すると、プライドを打ち砕かれてしまい、不倫をしたことを後悔するのだ。

3-2.女性は自分本位な見方で後悔する

イメージ写真

女性が不倫で後悔する理由の多くは、自分にとって望ましい結果にならなかったことが原因である。不倫をする女性は不倫相手に対して、一般的な恋愛と同様に心のつながりを重視する傾向にある。不倫をした夫を妻が許すケースが少なくないのは、たとえ別の女性と肉体関係があっても、「気持ちは自分に向いている」と感じれば許容できることがあるからだ。そのため、夫や不倫相手の心が自分から離れたことで後悔するというパターンが多い。つまり、夫や子供にひどいことをしたから後悔するのではなく、夫や子供との精神的なつながりが失われたことを後悔するのだ。

このように女性が後悔するパターンは、基本的に「自分本位」である。不倫相手との関係について後悔するケースも同様だ。自分と不倫相手の気持ちに温度差があると気づくことで、自分の想いに100%応えてくれない相手に失望してしまう。不倫相手と心がつながっていないと知ってしまうことで、「不倫なんてしなければよかった」と後悔するのだ。

4.後悔の中身からわかる不倫に対する本気度

不倫に対する後悔のポイントは、男女差だけではなく個人差もある。むしろ個人差のほうが大きいため、一概に性別の違いだけで片付けられない部分も多い。たとえば、不倫相手への気持ちが強くない場合であれば、配偶者や子供に対する後悔が大きくなる傾向がある。不倫相手には強い執着がない分、家族との関係が崩れたことを苦しく感じるためだ。逆に、不倫相手に対する愛情が強くなっている場合は、不倫相手に対する後悔が大きくなる。すでに気持ちが家族ではなく不倫相手に向かっているため、不倫相手との関係や将来に関する不満や失望から後悔する気持ちが膨らむ。失いたくないのは、配偶者や子供ではなく、不倫相手になっているためである。

男性が家族や職場に対する後悔が多いのは、不倫相手との関係以上に家族や仕事、世間体などの優先度が高いためだといえる。女性が不倫相手に関する後悔が多くなるのは、家族や仕事よりも不倫相手との関係と心のつながりへの関心が強いためだろう。そうした面から考えると、女性のほうが不倫に対して本気になることが多いといえる。

5.不倫は見て見ぬふりしても後悔する

女性の場合、夫の不倫を知りながら黙っているというパターンが少なくない。こうした女性は「男性が浮気をするのは自然なことだ」と思っていることが多く、なかには「気持ちが自分に向いているなら、多少の浮気は許さなければならない」と思い込む場合さえある。しかし、黙って見過ごしている間に、夫が不倫相手に対して本気になってしまうケースもあるのだ。自分に関心を示さない妻よりも、不倫相手のように興味を向けてくれる女性のほうが好ましいと感じさせる可能性がある。

また、不倫を放置したために、不倫相手の配偶者が先に慰謝料を請求してくるケースもある。気づいていた夫の不倫を黙っていたために、状況を悪化させてしまえば、自分を責めたくなる気持ちを抱くこともあるのだ。仮にそうした状況にならなくても、自分を裏切っている配偶者と生活を共にすることは、大きなストレスになるだろう。「いつかは戻ってきてくれる」と期待して黙っているにもかかわらず、いつまでも不倫を止めない相手の姿に、精神的に参ってしまう人も少なくない。不倫を黙認するのは、不倫をしている本人だけではなく、見て見ぬふりをした配偶者にとっても良い結果にはならないものだ。

まとめ

不倫をした人の多くが、最終的には深い後悔を感じることになる。家族を悲しませたり不倫相手との関係が失敗に終わったりして、苦しい立場に立たされてしまうからだ。また、不倫をした本人が後悔するだけではなく、配偶者や子供の気持ちを傷つけるものでもある。さらに、職場に迷惑をかけたり友人との関係を悪化させたりと、多くの人が不幸を迎える原因になる。こうした点は心に留め、自制心を忘れないことが重要だろう。

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。