専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の疑い旦那が浮気しているかも?怪しいと思ったらやるべきこととは

イメージ写真

毎日一緒に過ごしている旦那だからこそ、ちょっとしたことが気になるものだろう。いつもと違う行動が目につくことで、浮気をしているのではないかと不安になることも多い。しかし、本当に浮気をしているのかどうかは、しっかりと調べてみなければわからないものだ。この記事では、旦那の浮気をチェックするポイントについて紹介するので、参考にしてみてはどうだろうか。

1.【場面別!】旦那の浮気をチェックしよう!

生活をともにしている旦那だからこそ、浮気をチェックできる場面は多い。場面別に、チェックしておきたい項目について見ていこう。

1-1.チェック1:日常生活の変化

まずは、日常生活の変化をチェックしていこう。急に優しくなったり、逆に急に冷たくなったりした場合には怪しい。いつもは寡黙であまり話さない旦那が、遅く帰ってきた日に限って饒舌になったり、いつもは買ってこないお土産を買ってきたりする場合には要注意だ。また、いつもは優しく話を聞いてくれる旦那が素っ気なくなるなど、いつもの態度と違うことが多くなると浮気をしている可能性があるだろう。

休日の行動にも注意したい。休日に何かと理由をつけて外出するようになった場合には、浮気の可能性がある。特に、今まで家にいることが多かった旦那が、外出してなかなか帰ってこないというようなことだと怪しいだろう。お小遣い制の場合には、お小遣いの請求が増えるのも注意したいポイントだ。浮気をしている場合には、食事代や相手へのプレゼント代、ホテル代などで出費がかさむ。そのため、お小遣いの請求額が増えたり足りないと言ってきたりするときは、浮気を疑ってもいいだろう。

新しい趣味ができたのも、浮気を疑うポイントになる。今まで全く興味がなかったものに興味を示す場合には、浮気相手の趣味に影響されている可能性があるだろう。体の関係を持つ機会が減ったのも、日常生活のチェックポイントだ。夫婦生活が長くなると性行為の回数が減るケースも多いため、判断が難しい部分ではある。しかし、今までと比べて明らかに回数が減った、誘ってもいつも断られるということだと、浮気をしている可能性がある。

1-2.チェック2:スマートフォンの扱いの変化

スマートフォンの扱いの変化からも、浮気の可能性を読み取ることができる。常にスマートフォンを携帯するようになった場合には、何かやましいことがあるケースが多い。特に、いつもはテーブルなどに放置していたのに、急に持ち歩くようになった場合には要注意だ。浮気相手から頻繁に連絡がくるため放置できない、スマートフォンを見られたくないといった意識が働いて肌身離さず持ち歩いているケースもあるのだ。放置していたとしても、常に画面を下にして置いている場合は怪しいだろう。今までは無造作に置いていたのに、几帳面に常に画面を下にしている場合には、見られたくない通知がくる可能性が高い。

スマートフォンの台数にも注意したい。今まで1台で生活していたのに、急に2台持ちになった場合には、浮気相手との連絡用として契約しているケースも多いのだ。仕事用などといって見知らぬスマートフォンを使っているのは、浮気を疑う要因の1つになる。また、連絡がきているのにその場で取ろうとしないのも、怪しいポイントだ。明らかに通知がきているのに誤魔化す、言い訳をして無視するといった行為は浮気を隠す旦那の常とう手段だ。

スマートフォンの履歴を消している形跡があるかどうかもチェックしたい。着信履歴やメール、ラインなどの履歴に間がありすぎるなど、不自然な場合には知られたくない履歴を消去している可能性があるだろう。SNSへのログイン頻度が高くなっている場合には、浮気相手とSNSで連絡を取り合っている可能性がある。今までずっと放置していたのに、急にログインするようになったときには怪しんでみてもいいだろう。

1-3.チェック3:好みの変化

旦那の好みがいきなり変わっていないかも、確認しておきたいポイントだ。わかりやすい好みの変化が、趣味だろう。たとえば、今まではインドア派で読書やゲームが好きだったのに、急にトレッキングやサイクリングなどをやり始めてアウトドア派になったというように、趣味がガラリと変わった場合には怪しい。そもそも趣味は、そう簡単に変わるものではない。趣味はそれなりに長い時間をかけて育んでいくものなので、いきなり変わることはあまりないのだ。そのため、浮気相手の趣味に合わせようとしている可能性もあるだろう。音楽の好みも浮気相手に影響を受けやすい部分だ。そのため、いつもとはまったく違ったジャンルの音楽を聴き始めたら、注意したい。

食の好みの変化も重要なポイントだ。あまり外食に興味のなかった旦那が、いつもは行かないようなレストランに行くようになった、さまざまなお店に詳しくなったというようなことがあれば、浮気を疑ってみてもいいだろう。浮気相手とのデートのために情報収集している可能性や、そもそも浮気相手とのデートの下見として連れていっている可能性も低くはない。

メイクの変化も浮気をしているかどうかの重要なチェックポイントだ。ナチュラルメイクだったのが、急にバッチリメイクに変わった場合には、浮気相手のためにおしゃれしている可能性もある。また、浮気をしている場合には、体の関係においても好みが変わるケースがある。

1-4.チェック4:服装などの変化

イメージ写真

いきなりおしゃれに気を使うようになるのは、浮気を疑うポイントだ。常におしゃれに気を使っている旦那なら話は別だが、よれよれのトレーナーやTシャツばかり着ていた旦那が、急におしゃれに気を使いだすのは要注意だろう。人は誰でも、好意を持っている人には良い部分だけを見せたいものだ。そのため、浮気相手に良く思われたい、好きでい続けてほしいといった思いから、おしゃれに気を使うケースもある。

選ぶ下着が変わった場合にも、浮気をしている可能性が高い。下着は基本的には目に見えない部分だ。そのため、浮気をしていない男性はそこまで気を使う部分ではない。浮気をしている際には、浮気相手に下着を見られることも多いため、気を使うことが多いのだ。新品のブランド物を選ぶようになった、デザインにこだわるようになったという場合には、浮気をしていないか注意深く観察しよう。

アクセサリーをつけるようになったり香水をつけるようになったりするのも、怪しい行動の1つだ。また、ブランド物を好んで着るようになるのも、浮気を疑う行動だろう。女性受けの良いブランドグッズが増えている場合には注意したい。今まで流行など気にしたことがなかったのに、流行に敏感になるのも浮気のサインだ。

1-5.チェック5:仕事に関する変化

浮気をしている場合には、仕事に関する変化が現れるケースが多い。たとえば、残業が急に多くなるといったことが挙げられるだろう。今まで決まった時間に帰ってくることが多かったのに、終電で帰ってくることが多くなったというのは、浮気をしているサインだと考えられる。残業だと嘘をついて浮気相手と会っている可能性も低くはない。同じように、休日出勤が増えるのも怪しい行動の1つだ。休日出勤を避けていたのに、積極的に出勤するようになった場合には、外で浮気相手と会っている、もしくは職場に浮気相手がいる場合もあるだろう。

出張が増えるのも、チェックポイントだ。今まで出張がほとんどなかったのに、よく出張が入るようになった場合には怪しいといえる。ただし、本当に仕事が忙しくなっているケースもあるので、しっかりと見極めることが重要だ。出張に持っていく荷物が増えたり、過剰にお土産を買ってきたりするのは怪しい行動だ。

職場の人間との付き合いが多くなった場合にも気をつけよう。何かと職場の人間の名前を出す、懇親会や飲み会が多くなる場合には要注意だ。職場の人間を隠れ蓑にして、浮気相手と逢瀬を楽しんでいるケースも多い。また、急に仕事に意欲的に取り組むようになった場合には、後ろめたいことを隠すためにおこなっている可能性もある。今まで仕事の愚痴が多かったのに積極的に仕事をするようになったり、やる気に満ち溢れていたりする場合には、浮気で英気を養っていることも考えられるのだ。

1-6.チェック6:車の変化

車をチェックして浮気を見破ることも可能だ。浮気をしているときによく使われるのが、自家用車だ。そのため、自家用車を持っているのならしっかりとチェックしておきたい。まずは助手席の位置を確かめよう。いつもよりも助手席が広くなっている場合には、ほかの誰かを乗せた可能性が高い。特に、普段家族しか乗らないのなら、助手席の位置が変わっているのは不自然だ。

車での外出が増えていないかも確認しよう。ちょっとした外出でも何かと理由をつけて車を使う場合には怪しい。今までは近くのスーパーやコンビニなら歩いていっていたのに、車を使いたがるときには、車内で浮気相手と密会している可能性もある。車掃除が増えるのも、浮気を疑うポイントになる。今までは何回言ってもなかなか車掃除をしなかったのに、急に生き生きと掃除をしだす、匂いや汚れに気を使ってマメに掃除をしているという場合には、浮気相手を乗せる準備をしていることも考えられるだろう。

車内でいつもとは違う香りがすることもある。特に、浮気相手との密会に使ったばかりの車なら、ふわっと浮気相手の香水が香る可能性も高い。そのため、旦那が一人で車を使った後は、匂いを意識してみるといいだろう。いつもかけている音楽とは違うものがかけられていた痕跡がある、旦那の趣味ではないCDが置いてあるのも怪しいポイントだ。

1-7.チェック7:パソコンに関する変化

パソコンも浮気に使われやすいツールだ。そのため、今までは子ども用、もしくは家族共用のパソコンを使っていたのに、旦那専用のパソコンを購入するなど、怪しい行動があった場合には注意深くみておきたい。パソコンにロックがかかっている、パソコンに触れさせないようになったときには、怪しいと思ってもいいだろう。パソコンを見られることで浮気がバレることを恐れて、過度に触れられるのを嫌がったり、貸してくれなくなったりするケースは多い。

パソコンのブラウザ履歴などもチェックしておきたい。使うたびに履歴が消去されているのなら、浮気をしている可能性があるだろう。たとえば、浮気相手と行きたいレストランやホテルを調べていたり、プレゼントを探していたりするケースがある。閲覧履歴を消すことによって、自分の行動を知られないようにしているのは怪しいといえるだろう。見たことのないwebメールを使っている場合も要注意だ。

パソコンから知れることは多いのだが、注意してほしい点もある。まず、ソフトを勝手にインストールするのは違法行為だ。夫婦共用のパソコンなら問題はないが、旦那専用のパソコンを監視しようとして内緒でソフトを入れるのはやめよう。また、他人のログインパスワードを使ってサイトにアクセスするのも違法行為に当たる。

1-8.チェック8:クレジットカードの明細

クレジットカードの明細は、どのようなことにお金を使ったのかを知ることができるため、浮気を疑っているときには確認しておきたい情報だ。クレジットカードの明細が送付されるシステムになっていれば、簡単にどのようなものにお金を使っているのか知ることができるだろう。使った店の名前などを確認できるので、インターネットで検索してみよう。

クレジットカードで高額なプレゼントを購入した形跡がある場合には、浮気をしている可能性が非常に高い。もちろん、パートナーへ内緒でプレゼントを買っているケースもあるが、結婚記念日や誕生日など思い当たる記念日が近くない場合には、浮気相手へのプレゼントとして購入したと考えられる。また、ラブホテルの利用履歴が見つかることもあるだろう。クレジットカード以外にも、電子マネーを使っている人は多い。そのため、電子マネーの利用履歴に関しても確認しておきたい。

ただし、旦那あての郵便物を勝手に開けるのは良くない行為だ。そのため、何らかの理由をつけて開封することへの承諾を得ておくと安心だ。

1-9.チェック9:カバンや財布

イメージ写真

カバンや財布は、日常的に持ち歩くアイテムなので、浮気の証拠が残りやすい。たとえば、カバンの中に見慣れない女性用のアクセサリーが入っていた、見覚えのない避妊具が隠されていた場合には、浮気していることが考えられるだろう。また、財布の中に異性と行くような店のポイントカードが入っている場合にも要注意だ。アクセサリーショップやスイーツ店など、今まで興味もなかったような店のポイントカードを持っている場合には怪しい。レシートも細かくチェックしよう。見覚えのないプレゼントを購入した際のレシートやラブホテルのレシートなどをそのまま残しているケースも少なくはない。

財布の中の現金も定期的に確認しよう。浮気をしている場合、履歴が残ってバレやすいクレジットカードよりも現金を使う可能性が高い。そのため、極端に現金が減ることが多くなっている場合には、浮気も視野に入れて調べてみるといいだろう。

1-10.チェック10:かまをかけてみる

かまをかけてみるのも、意外と良いチェック方法だ。かまをかけることで、それに対する旦那の反応を見ることができる。浮気しているのかどうかが分かるケースもあるだろう。たとえば、いつもはあまり話さない人が、かまをかけた途端に饒舌になる場合がある。このケースではやましいことをどうにか誤魔化そうと必死になっていることが考えられるため、浮気をしている可能性があるだろう。いつもと声のトーンが違ってくるのも、怪しいポイントだ。

焦って口数が過度に多くなることもある。聞いてもいないことをベラベラと話し出す、話をそらそうとするのは、浮気を隠そうとする意識の表れかもしれない。また、怒り出すひともいるだろう。かまをかけているだけなのに、過剰に反応して怒るのはやましさの表れだ。浮気をしている場合には、自分に後ろめたい部分があるため、言い返すことができない。そのため、逆ギレのように怒るケースも珍しくはない。

2.浮気しやすい旦那の特徴を知ろう!

浮気しやすい旦那の特徴はいくつかあるので、詳しく見ていこう。まずは、「負けず嫌い」であることだ。負けず嫌いなのは決して悪いことではない。しかしそれが異性関係にまで及ぶとなると厄介だ。負けず嫌いな男性は、周囲にモテる人がいると自分のほうがモテるはずだと張り合う傾向にある。結婚しているにもかかわらずモテようとして、その結果浮気に走ってしまうケースも多いのだ。

「プライドが高い男」も要注意だ。プライドが高い旦那は、それが傷つけられたときに大きなダメージを受けやすい。そのため、その傷を癒してもらうとして浮気をしてしまう場合もあるのだ。また、プライドが高いタイプは支配欲も強いとされている。たくさんの女性を支配したいという欲求が強いことにより、浮気に走るケースも珍しくはない。

「性格がマメ」なことも浮気しやすい特徴だ。きちんと連絡をくれる旦那は理想的だが、それが自分だけに向いているとは限らない。マメに連絡をしているということは、ほかの女性にも同じように連絡をしている可能性が高いのだ。「気前がいい」のも注意したい特徴となる。気前がいいということは経済的に余裕があるということだ。また、ケチケチしない姿に包容力を感じる女性も多く、モテやすいので浮気をしやすくなってしまう。

「飽きっぽい」「寂しがり屋」といった特徴も、浮気しやすい男性によくみられる。飽きっぽい男性は、たくさんの女性と関係を持ちたいと思っている傾向が強いのだ。妻だけでは満足できず、次々に新しい女性に手を出す場合もあるだろう。寂しがり屋の男性は、会えない時間をストレスに感じる。そのため、妻が仕事や育児などで時間が取れない、一緒にいる時間が少ないということだと、その寂しさをほかの女性で埋めようとしてしまうのだ。

「好奇心が強い」男性は、妻だけではなくほかの女性とも関係を持ってみたいと思いがちなので、浮気しやすいだろう。「流されやすい」ことも注意したい特徴だ。強く誘われた際に断れないため、浮気に発展しやすいのだ。

3.旦那の浮気疑惑が浮上した場合の備え

旦那の浮気疑惑が浮上した場合には、疑惑が確信に変わった場合に備えて準備をしておく必要があるだろう。どのような備えが必要になるのか、詳しく紹介していく。

3-1.備え1:今後どうしたいのかを考える

まず初めにすべきことは、今後どうしたいのかをしっかりと考えることだ。もし本当に浮気していた場合には、結婚生活を続けていくのか、それとも離婚するのかを考えてみるといいだろう。愛する人の浮気は、精神的なダメージが大きいものだ。そのため、すぐに結論を出すのではなく時間をかけて考えをまとめたほうがいい。衝動的に結論を出してしまうと後悔するケースもあるので、注意が必要だ。

冷静になる時間をとることも大切だ。浮気疑惑が発覚したばかりのころは、どうしても感情的になりやすい。頭に血がのぼった状態では考えがまとまりにくいし、納得いく結論にたどり着くことは難しいだろう。そのため、一度冷静になってあらゆる角度から考え結論を出そう。自分ひとりで抱え込むのが辛い場合も多い。その場合には、信頼できる家族や友人に相談するのも良い方法だ。ただし、旦那と共通の知り合いに相談するのは注意が必要だ。浮気を疑っていることが旦那に伝わってしまう可能性もあるので、できれば旦那とは面識のない知人が望ましい。

3-2.備え2:浮気の証拠を押さえる

疑惑の段階では、まだ浮気したとは断定できない。そのため、浮気疑惑が浮上した場合には、確実な証拠を集めるといいだろう。浮気をしたと証明できる証拠があれば、旦那も言い逃れができなくなる。証拠がなければしらを切られてしまう可能性も高いので、言い逃れできない状況を作ることを意識しよう。また、証拠があることで旦那としっかりと向き合って話し合いをすることも可能だ。証拠がなければ取り合ってくれない旦那も、目に見える確実な証拠を突き付けられたら、面と向き合って話すしかなくなる。

離婚するにしてもしないにしても、証拠を集めておくことは重要だ。離婚裁判をする場合や慰謝料請求をするときに、証拠があることで有利に進む可能性が高い。ただし、違法な手段を使った証拠集めにならないように注意しよう。スマホやパソコンなどの中身を勝手に見ることは、違法行為に当たる場合もあるので注意が必要だ。

3-3.備え3:なるべく貯金をしておく

イメージ写真

旦那の浮気疑惑が浮上したら、なるべく貯金をしておこう。今後どのような状況になるか分からない。そのため、きちんと生活をしていけるように、自分が自由にできるお金を確保しておくことが重要だ。離婚する場合には、さまざまな面でお金が必要になる。当面の生活費や実家が遠くて戻れないようならアパート代などもかかってくるだろう。自分名義の通帳などにお金を貯めておくことで、離婚後の生活が楽になる。

離婚しないとしても、旦那が帰ってこなくなるケースもある。浮気相手の元に行ってしまう場合もあるので、さまざまなケースに対応できるようにお金を用意しておくといいだろう。旦那が家計を管理している場合には、特に注意が必要だ。少しずつでもいいので、自分名義の貯金ができるように工夫しよう。

4.浮気を許すか許さないかの判断基準

実際に浮気をしていた場合、許すのか許さないのかは悩むポイントだろう。旦那の浮気を許すのかどうかは、考え方が分かれる部分で答えも人によってさまざまだ。まだ旦那のことが好きで許したいという気持ちがあるのなら、許して夫婦生活を続けていくのも選択肢の一つだ。しかし、どうしても許せない人もいるだろう。その場合、無理に結婚生活を続けるとストレスが溜まってしまう。そのため、許せないのなら離婚をしてしまってすっきりさせるのも一つの手だ。ただし、離婚すれば浮気をされたという辛さから解放されることはあるが、経済的な面で苦しくなるケースも多い。また、孤独感も感じやすいので、本当に離婚すべきかどうかは慎重に考えよう。

浮気を許して夫婦関係を続けていく場合には、また浮気をされるというリスクがある。そのときは反省していても同じ過ちを繰り返す男性は多いのだ。しかし、今の生活を維持できるといったメリットはあるので、メリットとデメリットどちらが大きいのかを冷静に考えて決断するといいだろう。

5.浮気している証拠が出て離婚する場合の手順

浮気している証拠が見つかって離婚する場合にはどのような手順を踏めばいいのだろうか。離婚の手順について詳しく解説する。

5-1.手順1:冷静に話し合う

浮気をしている証拠が出てきた場合には、まず夫婦二人で冷静に話し合いをしよう。離婚するしないに関わらず、きちんと真実を語ってもらうことが重要だ。そのため、証拠を見せて旦那に真実を語ってもらうといいだろう。この際、浮気をした理由や経緯については細かく聞いておきたい部分だ。場合によっては浮気相手に慰謝料請求できることもあるので、どのように浮気が始まったのか、どちらから誘ったのかといったことはきちんと聞いておこう。

自分の意見を押し付けるだけではなく、今後どうしたいのか旦那の意見もしっかりと聞いておこう。話し合いでは、感情的にならずに淡々と事実や自分の気持ちを伝えることが大切だ。ついつい浮気された悲しさや怒りから感情的になってしまう人も少なくはない。しかし、こちらが感情的になってしまうと、旦那も感情的になり話し合いがまとまりにくくなる。そのため、責め立てるような話し方は避けて、冷静であることを心がけよう。

5-2.手順2:離婚・慰謝料を請求する

浮気している証拠があるのなら、旦那の意思に関わらず離婚を請求することが可能だ。基本的に、離婚するかしないかの決定権は浮気をされた側にあるので、その点はきちんと覚えておこう。そのため、旦那が浮気をしたくないと言っても、離婚することができる。また、浮気が原因で離婚に至った場合には、慰謝料請求も可能だ。慰謝料の額については、個人差がある。浮気していた期間や回数などによって変わるため、慰謝料請求を考えているのならしっかりと調べておこう。また、夫婦間の子どもの有無や夫婦関係も慰謝料の額に影響があるとされている。

条件さえ整えば浮気相手に慰謝料請求することもできる。基本的には、既婚者であることを知りながら関係を持った場合には、慰謝料の請求が認められる可能性が高い。実際には既婚者であることを知らなかったが、既婚者であると気付ける状況にあった場合も慰謝料の請求が可能だ。

6.結婚生活を継続する場合のポイント

旦那の浮気を許して結婚生活を継続させるのなら、浮気を繰り返させないために押さえておきたいポイントがいくつかある。

6-1.ポイント1:ルールを作る

イメージ写真

浮気を繰り返させずに結婚生活を継続するためには、ルール作りは欠かせない。たとえば、連絡をする頻度などについてルールを作っておくといいだろう。最低限守ってほしいことをお互いに決めることで、安心して結婚生活を続けていくことができる。また、ルールを定めておくことで浮気防止にもなる。ただし、あまりにも細かくルールを決めてしまうのは良くない。守らなければいけない項目がありすぎると息苦しさを感じてしまうものだ。抑圧されすぎると逆に浮気の可能性を高めるので、たくさんのルールを細かく決めないように注意しよう。

「二度と浮気をしない」という誓約を取り付けることも忘れてはいけないポイントだ。この場合、口約束では意味がない。そのため、文書として誓約書を作成しておこう。文書にして残しておくことで、より効果的に浮気を予防することができる。この際、浮気した場合のペナルティも記載しておくといいだろう。ペナルティに関しては、実現可能なものでなければいけない。実現できない条件を書いてしまうと、誓約書自体の信頼性が低くなるので注意しよう。

6-2.ポイント2:夫婦関係の改善を心がける

旦那が浮気をしてしまうと、どうしても夫婦関係に溝ができてしまう。しかし、その状態のままではまた旦那が浮気に走ってしまうこともあるので、夫婦関係の改善を心がけよう。まずは、コミュニケーションをこまめに取ることが大切だ。仕事や子育てで忙しくてなかなか時間が取れない場合もあるだろうが、夜寝る前の僅かな時間でもいいので二人で話す時間を作るといい。スキンシップも取るようにしよう。スキンシップを取ることで心の距離も近くなり、夫婦関係の改善につながる。

また、浮気したことは過去のこととしてきれいさっぱり水に流すことも大切だ。夫婦としての関係を続けようと決めたのに、いつまでも過去のことをネチネチと責めるのでは意味がない。過去は過去として消化し、新しく夫婦関係を築いていくことを意識しよう。旦那に変わることを求めるだけでなく、自分が変わる努力をすることも重要だ。もちろん浮気をした旦那が一番悪いのだが、その原因の一端は妻にもあるかもしれない。そのため、旦那が浮気した原因をしっかりと見つめ直して、それを取り除けるように努力しよう。

まとめ

女性の感は鋭いとよくいわれるが、疑惑はあくまでも疑惑でしかない。そのため、浮気疑惑が浮上したら、本当に旦那が浮気をしているのか証拠を集めることから始めよう。確実な証拠を集めることによって、旦那と本音で話し合うことができる。怪しいと思ったらすぐに行動して、早期発見することで、より良い解決方法を探しやすくなるだろう。

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。