専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の疑いラインで不倫を見抜く方法とは?コツや対処法を紹介

イメージ写真

パートナーに対して不倫疑惑を持ったとき、気になるのがラインアプリである。ラインは連絡先の交換ややり取りが簡単であり、表示設定を変えておけば誰とメッセージ交換をしているのかわかりにくい。そのため、ラインで不倫の事実を探りたいと考えている人もいるだろう。今回は、ラインの相手をごまかすテクニックと見抜き方、さらに不倫が確定したときに取るべき行動について詳しく解説する。

1.知っておいて見抜きたい!ラインで不倫を隠す方法

不倫相手とラインでやり取りしている人は、さまざまな機能を使って上手に隠している。この段落では、ラインに隠された不倫を見抜く方法について解説していく。

1-1.通知設定を変更

ラインのやり取りで気づかれやすいのは、不倫相手からのメッセージ通知である。ラインでメッセージが来るとき、通常は相手の名前とともにメッセージ内容が表示される。着信音まで設定している人も多い。しかし、この状態では無防備にスマホを置いてしまったとき、周囲の目にも入りやすい。特にパートナーと一緒にいるときにメッセージを受信すれば、すぐに気づかれてしまうのだ。慌てて隠すという不自然な行動をとれば、さらに疑われることになる。

そこで不倫を隠すテクニックとして多いのが、通知をオフ設定にする方法である。これはライン全体の設定ではない。特定の相手だけ個別に設定が可能なのだ。こうして不倫相手からの通知だけオフ設定にしておけば、着信音はもちろんメッセージや名前が画面に表示されることはない。しかし、これでは不倫相手のメッセージに気づくのが遅くなってしまう。そんな場合は『新着メッセージあります』という表示だけにすることもできる。通知をすべてオフにされている場合は見抜くのは難しいかもしれない。しかし、名前も内容も表示されずにメッセージの通知だけが来ている場合には、知られたくない相手と推測することは可能だ。

1-2.表示名を変更

ラインが来るとき、相手の名前が非表示にされているのは疑われやすい。かといって異性の名前を表示させるのも危険である。そんなときに使うテクニックとして多いのが、名前の変更である。つまり、不倫相手の名前を同性の友人や知人のように見せるというテクニックだ。ラインは、相手の表示名を自分で好きなように設定できるため、よく使われている不倫隠しの方法なのである。

名前を全部変える以外に、苗字だけの表示にするのもテクニックの一つだ。苗字だけの表示であれば同性なのか異性なのかわかりにくい。しかし、パートナーが知らない苗字であれば疑われる可能性は出てくる。そんなときはパートナーも知っている同性の友人の苗字に変えておけばいい。このように、不倫相手からの名前がわからないようにボカすというテクニックを使う人は多い。同じ要領で携帯番号の登録も名前を変えている可能性があるので注意したい。ラインの表示名を変更しているようなら、タイムラインやトーク履歴などから推測するしかないだろう。

1-3.フレンド・トーク履歴を非表示

イメージ写真

アプリの中で不倫相手から届いたメッセージやアカウントを非表示設定にするのも、不倫隠しには多いテクニックだ。ラインの場合は特定の相手とのトーク履歴やフレンド一覧から非表示機能を使って隠すことが可能である。設定も簡単で、不倫している人はこの方法を使うことが多い。再表示させるのもできるため、不倫テクニックの一つとしてよく紹介されているのだ。ただし、非表示設定にしたときは非表示リストがあるので、そこから探すことも無理なことではない。パートナーのスマホに非表示リストがあるだけでも不倫の可能性はある。不倫がバレそうなときには、相手からメッセージが来るのはかなり危険である。そのようなときに使われるのがブロック機能だ。ブロックしてしまえばメッセージはもちろん通知も来ない。怪しまれなくなったときにブロックを解除すればいいのだ。

1-4.トーク履歴を削除

トーク履歴を削除することは不倫している人にとって鉄則ともいえる。明らかに不倫の証拠となるような内容は、それだけリスクにつながってしまう。不倫相手の名前を変えたうえにトーク履歴を削除してしまえば、バレるリスクは大幅に下がるのだ。特に警戒心が強い人であれば、不倫相手からメッセージが来たら読んですぐに削除することは多いだろう。トーク履歴を一切残していない場合には、そこから不倫の証拠を探すことは難しい。

しかし、不倫相手から愛情表現たっぷりのメッセージをもらったときは誰でもうれしいものである。アプリから削除していても、どこかに残している可能性は高い。トーク履歴をバックアップし、パソコンなどにデータを転送しているかもしれない。または、スクリーンショットで画像化し、スマホの中に保存している可能性もある。手がかりが掴めない場合でも、トーク履歴をまったく残していない場合には怪しいと考えることはできる。

1-5.パスコードを設定

誰かに見られたくない場合にはラインにパスコードをかけることもできる。パートナーがラインだけにパスコード設定をしているなら、不倫相手とのやり取りを隠したいのかもしれない。ただし、ラインのパスコードは4桁だけだ。スマホのパスコードは機種によっては複雑化しているものもあるが、4桁なら探れる可能性はゼロではない。何より、ラインのパスコードは何度入力を間違えてもブロックされないため探りやすいのだ。

もしもチャンスに恵まれたときには、ラインのパスコード解除に挑戦してみる価値はあるといえる。女性の場合は不倫相手の話を女友だちにしていることが多い。パスコード解除に成功して不倫相手らしい履歴がないときは、友だちのトーク履歴を見てみよう。そこで不倫の事実を掴めることもあるからだ。ラインでパスコードロックをかけているときは、トーク内容のすべてが通知されなくなってしまう。パスコードが解除できない場合でも、ロックをかけている自体、通知を隠したいと取ることはできる。

2.ラインで証拠がない!それでも怪しい場合の探し方

パートナーの不倫が明らかでも、ラインを覗いてみても証拠が出ない場合もある。ラインは誰もが使っているとは限らないため、そのような場合は他の連絡手段を使っている可能性は高い。そこで、不倫で使われる可能性があるほかの連絡手段について解説していく。

2-1.メール

イメージ写真

誰もが使っているアプリや連絡手段を使うと、かえって不倫がバレやすいものである。ラインの場合はスマホを使う必要があり、スマホからバレてしまうリスクが高い。他の友人や知人との連絡にラインを使っているなら、あえて不倫相手は違う方法に変えることもあるだろう。または、不倫相手がラインを使わない可能性も否定はできない。そのような場合にはメールを連絡手段にしている可能性が高いのである。

メールは契約しているプロバイダだけでなく、フリーメールまで幅が広い。パソコンもスマホも、複数のアドレスのメール受信設定が可能だ。端末で受信設定をしていなくても、サーバーにアクセスすればどこからでも閲覧できる。サーバーで見ている場合はIDとパスワードが必要になり、それ以上探ることは難しい。フリーメールはネット接続できる端末があればアクセスは可能であり、解約してもすぐに別のフリーメールを利用すればいいのだ。メールで連絡を取っている場合には探すのはなかなか難しいかもしれない。

2-2.ライン以外のアプリ

警戒心が強いパートナーであれば、誰もが使いやすい連絡手段より、あえて違う方法を考える可能性は高い。ラインやメール以外にも不倫相手と連絡が取れる手段はいくつかある。例えばFacebookもその一つだ。たまたま同級生や古い知人とFacebookを通じて接点ができることは珍しくない。さらに不倫関係に発展しているなら、そのまま連絡もFacebookで続けていてもおかしくはないのだ。

WhatAppやカカオトーク、Snapchatなども不倫相手との連絡に使いやすいアプリである。どれもチャットや通話ができるため、その場の状況で自由に連絡が取りやすい。無料で利用できるのも手頃であり使いやすく、気軽な連絡手段として人気だ。特にSnapchatはメッセージの履歴が数秒で削除されるため、不倫相手との連絡には向いているといえる。パートナーがこれらのアプリをスマホにインストールしていたら、秘密で連絡を取りたい相手がいるのかもしれない。

2-3.複数のスマホを所有

不倫をしている場合、複数のスマホを所有する人もいる。つまり、不倫相手専用のスマホを別に契約しているということだ。中には仕事用のスマホとして堂々と持つ人もいるかもしれない。仕事用ならパートナーに番号やアドレスを教えなくてもそうそう疑われることはないだろう。仕事専用ということにしておけば、そのスマホに連絡が入っても『仕事が入った』と言い訳して外出もしやすい。隠し持っていることも多いので、そのような場合はなかなか発見するのは難しいだろう。

スマホといっても格安スマホであればかなり安い費用での利用が可能だ。メインのスマホの料金と合わせても負担は少ないのである。利用料の請求や明細はペーパーレスが主流であり、本人以外の人間は把握しにくい。それに、不倫相手が契約して渡してくれている場合もある。スマホを使い分けることは、いろいろと言い訳がしやすい点で隠しやすいかもしれない。もしもパートナーが複数のスマホを所有していたなら、不倫の可能性を疑ってみてもいいだろう。

2-4.電話のみ

不倫相手との連絡内容を文字で残してしまうと、内容によっては不倫関係がバレやすい。そういう観点で見れば、ラインのメッセージはリスクが高いといえる。その都度トーク履歴を削除する方法もあるが、忘れてしまうことも多い。バックアップからバレていくこともあるだろう。不倫が疑われると、ラインなどメッセージ機能を使って連絡を取っていると思いがちだ。しかし、あまりにも証拠がないなら、電話だけで連絡を取っている可能性もある。

連絡手段が電話だけであれば、通話履歴などを見ることはできても通話内容までは把握できない。本当に証拠を残さないようにするなら、通話履歴でさえすぐに削除することもある。仮に残している場合でも、同性の名前で登録していることもあるかもしれない。または、登録すらしていなければ突き止めるのは難しいのだ。履歴が残っている場合、同性の名前や未登録の番号で頻繁に通話履歴があれば不倫の可能性もある。

2-5.不倫相手以外に見せかけていることも

慎重なパートナーなら高度なテクニックで不倫を隠している場合もある。不倫相手を友人や仕事の関係者のように見せるという方法だ。これは大人同士の落ち着いた不倫関係の相手なら成立しやすいかもしれない。ラインなどのメッセージで親密な内容をやり取りするのは楽しいが、見られたときのリスクは大きい。年齢を重ねていればリスクの大きさを理解しているうえに、自分の感情を抑えることも可能だ。約束の連絡など必要最低限の内容に限定すれば、怪しまれずに済むことは多い。

例えば、相手の名前をどこかの会社のように変えてしまうことも可能だ。実際にはデートの約束でも『打ち合わせ』『会議』といった言葉に置き換えてしまえば、パートナーに見られても安心である。パートナーには『取引先に打ち合わせに行ってくる』などと伝えることもできるのだ。あとは、メッセージで使えそうな言葉を不倫相手と暗号のように決めておけばいい。ここまで大胆な場合は、なかなか証拠を掴むことはできないかもしれない。ただし、架空の友人や仕事仲間というのはやはりどこか不自然さが出るものである。休日なのに仕事の外出が多くないか、同じような約束が続いていないかなど、注意してチェックしてみよう。

3.ラインは不倫の証拠になる?ケース別に解説

イメージ写真

パートナーに不倫が疑われるとき、それが確認できるようなラインが発見される場合もある。しかし、実際にはどこまでが不倫の証拠として使えるのだろうか。そこでこの段落では、ケースごとに証拠になるかどうかについて解説していく。

3-1.不倫の証拠になるケース

ラインの内容が不倫の証拠になるかどうかの前に、不倫の定義について知っておこう。配偶者以外の異性と不貞行為が認められれば、それは不倫として扱われることになる。不貞行為とは肉体関係を持つということだ。婚姻関係にある者以外の相手と肉体関係があることが立証されれば、離婚の原因として法的にも認められるのである。さらに、結婚生活を破綻させた原因として慰謝料の対象にもなるのだ。ただし、不貞行為を立証するには第三者から見ても動かしようのない証拠が必要になる。

ラインのやり取りの中にも性行為を思わせる文言が含まれていれば、同じように証拠として認められる可能性は高い。ただし、ふざけて言葉だけのやり取りをしていたという言い訳をされる恐れもある。ラインの内容にもよるが、疑わしいと感じるやり取りであっても、文言だけでは証拠としてやや弱いかもしれない。言葉のやり取りを事実として裏付ける写真や動画などの証拠もあるのが理想的である。性行為に及んだと誰もが推測できるような写真や動画であればなお有利だ。

3-2.不倫の証拠にならないケース

法的に不倫として認められるのは、あくまで配偶者以外の相手との不貞行為だ。いくらラインで親密な印象を受けても、内容が単なる食事の約束であったり、手を繋いでいるだけの写真だったりしては不倫とは認められない。パートナーから見れば自分以外の異性と手を繋ぐ行為は気分が悪いかもしれない。しかし、法的な観点でいえば不貞行為とはいえないのだ。異性であっても気が合う友人はいる。以前からよく集まっている仲間の1人ということも多い。

ラインの内容を見ても、誰もがやり取りしているような内容では特別親密とはいえないだろう。異性と友人関係になることが少ない人の場合、パートナーに異性の仲間が多いと誤解することもあるかもしれない。しかし、誰から見ても単なる友人関係で、肉体関係などほど遠い内容では不倫とはいえないのだ。ただ、パートナーとして許容範囲を超えているなら、二人の間で話し合うことも大切である。法的には不倫ではなく離婚理由や慰謝料の対象にはならないが、お互いの関係を維持するために話すことは必要だ。

4.不倫のラインを見た場合には証拠保全をすべき

逃れようのない不倫の証拠をラインで発見したら、証拠として保全することが重要である。パートナーの不倫の事実を目の前にしたら、慌ててしまうこともあるかもしれない。気が動転して何をすべきかわからない人もいるだろう。ラインを証拠として保全するにはいくつかの方法がある。慌ててしまっても、まず冷静になり、自分にとってやりやすい方法で証拠を残しておこう。見ただけでは、パートナーに不倫を問いただしても逃げられてしまう可能性もある。言い訳をさせないために証拠を残しておくのだ。

簡単なものでいえば、そのままスクリーンショットでラインの画面を撮影するという方法がある。画質もきれいに残せるのがメリットだ。ただスクリーンショットを撮るだけでは意味がない。そのまま自分のスマホかパソコン、タブレットなどに転送しておこう。ただし、その後はスクリーンショットを削除しておかないとバレてしまう。また、行き過ぎてしまうとたとえパートナーであっても違法性が疑われることもあるので注意したい。2つめは、自分のスマホやタブレットでラインの画面をダイレクトに撮影するという方法だ。撮影できればいいのだから、デジカメでももちろん問題はない。そのまま撮影するため、画質がやや悪い場合もあるが、パートナーにバレるというリスクは低い。

パートナーが明らかに不倫をしていることがわかっても、確実な証拠がないと正当な離婚として扱われない。慰謝料の請求もできないのだ。例えば専業主婦で夫の不倫に悩んでいたとしても、まったく慰謝料がもらえない状況では離婚後の生活は難しい。しかし、第三者から見ても動かない不倫の証拠を掴んでしまえば、離婚を有利に運ぶことは可能だ。慰謝料の交渉も進めやすいのである。

5.不倫のラインを見てもすべきでない行動

イメージ写真

パートナーの不倫の事実をラインで発見した場合、思わず逆上してしまう人もいるかもしれない。どんなに疑わしいと感じていても、実際に目にすれば自分でも感情を抑えられないことはあるものだ。しかし、感情のままに動いては逆効果になることもある。そこでこの段落では、不倫の事実を見てもやってはいけない行動について解説していこう。

5-1.仕返し

パートナーの不倫が発覚したとき、もっとも注意したいのは仕返しをしないことである。悔しさや裏切られたという思いから、感情にまかせて仕返しを考える人もいるかもしれない。中には暴力的な行為に及ぶ人もいるだろう。暴力は、たとえ配偶者であっても逮捕の対象になる。その場で警察に通報されれば言い訳はできないのだ。本人に向けない場合でも、パートナーの大切な物を壊す行為も自分が不利になるので注意したい。離婚や慰謝料を裁判で求めようとする場合、不倫の理由として暴力を利用される可能性も考えておこう。

無理にでも証拠を押さえようと、パートナーのスマホを無理やり奪うのもよくない。この場合も暴力として取られ、違法行為となってしまう。たとえ証拠が出てきても裁判で採用されないこともある。不倫相手にも接近しない方がいいかもしれない。不倫の事実を知っていても、伝え方によっては脅迫と取られてしまうこともあるからだ。パートナーへの仕返しとして不倫をする人もいるが、これも賢明ではない。パートナーを責めるつもりが、自分まで貞操義務違反に問われる可能性が出てしまうのだ。不倫をしている当事者にとって、バレたときのリスクは大きい。だからこそ、バレてもどうにか有利に運ぼうとする人もいる。不倫が明らかになっても仕返しを考えれば逆に不利になる場合もあるのだ。不利にならないためには、仕返しは考えない方が望ましいといえる。

5-2.プライバシーの侵害

夫婦間で意外と起こりやすいのは、パートナーのプライバシーを侵害する行為である。ラインやメールなどは、夫婦であれば見ても許されると誤解している人もいるかもしれない。しかし、夫婦であってもこれはプライバシーの侵害になるのだ。画面を覗く行為もプライバシーの侵害とみなされるので注意したい。例えば、夫婦で共用のアドレスに送られてきたものであれば、それはプライバシーを侵害したとはいえない。しかし、本人だけが見るという前提のものを勝手に閲覧した場合には、慰謝料の請求対象になることもあるのだ。

仮に不倫の事実を掴んでも、プライバシーを侵害したとなれば裁判では証拠として認められないので注意したい。パートナーの行動を把握したいために、勝手にGPSアプリなどで行動を監視することも同じである。証拠を得ようとして行動をエスカレートさせ、不法行為にならないよう注意した方がいいだろう。仮にパートナーとやり直したいと考えていても、気持ちまで離れてしまうこともあるのだ。

5-3.データの全コピー

パートナーの不倫を立証するには、証拠集めが重要なポイントだ。ラインの履歴ややり取りから有力な証拠が出れば、すべて保存したくなるかもしれない。しかし、これはやや危険な行為でもある。ラインなどのアプリは通常は当事者しか使わないプライベートなものだ。閲覧するだけでも問題になりやすいが、コピーした場合には逆に違法性が疑われることにもなる。本人の了承を得て見たものやコピーしたものでない限り、逆に不利な状況に置かれてしまうかもしれない。実際に裁判では証拠として採用されなかったという事例も出ている。

パートナーに不倫の事実があれば、慰謝料の請求は正当な権利として認められることは可能だ。そのためには証拠が必要である。しかし、だからといってどんな手段を使ってもいいということではない。自分のスマホで撮影したものやスクリーンショットなどは証拠として採用される場合もある。しかし、手段を選ばない証拠の収集はときには危険になるので十分注意しよう。

6.ラインを見て不倫が疑わしい場合にできる行動

証拠を得るのはなかなか難しいが、それでもパートナーの浮気がラインで疑われるなら何とか確認したいものである。この段落では、ラインが疑わしいときにどのような行動をとればいいか解説していこう。

6-1.自力で証拠を探す

地道な手段だが、まず自分で証拠を探してみよう。行き過ぎた行動はいけないが、肉体関係を思わせる不倫相手との写真やメッセージなど、使える証拠を探すことは可能だ。ホテルの領収書などが出てくれば、それも証拠になるかもしれない。ビジネスホテルなど言い逃れしやすいケースもあるが、あきらめないことが重要である。怪しい証拠を複数集めておけば、本人に交渉して自白に持っていくことも可能だ。確実な証拠が出なくても、本人が認めることが一番である。ただし、パートナーの性格によってはうまくごまかされる可能性もあるので、自白を迫るのは慎重に行った方がいいだろう。

自分では証拠になるかどうかわからない物でも、疑わしい物は集めておくと役に立つ場合もある。GPSアプリなどで監視するのは不利になる場合もあるが、パートナーの行動をメモしておくのも有効な手段といえる。例えば仕事などを理由にしている場合、後で確認することも可能だからだ。配偶者として触れていい場所であれば、プライバシーの侵害を気にすることなく証拠を探すこともできる。ただし、不倫とは思えないような一般的な約束やメッセージのやり取りなど、グレーなものは証拠として薄いので注意したい。

6-2.探偵事務所に依頼する

不倫が疑われる場合でも、実際には素人が証拠を集めるのは難しい。危険を冒すリスクをともなううえに、行動も制限されやすいからだ。怪しいことがわかっていても、仕事など自分のやるべきことを放り出してパートナーを尾行するのは難しいのである。自分の方がパートナーに不信感を持たれるかもしれない。そこで心強いのが探偵事務所の存在だ。素人とは違い、探偵であれば不倫をする人の心理や行動を熟知している。自分で調べるよりもスピーディーで確かな証拠を探しやすいのだ。違法にならないよう注意しながら行動してくれるため、裁判になった場合も証拠として有利である。裁判に至る前にパートナー自身が認めてくれることになれば、離婚や慰謝料の請求など解決を早めることも可能だ。

7.ラインなどから不倫が確定した場合にできること

実際にラインなどからパートナーの不倫が確実になった場合には複数の解決方法があげられる。夫婦としてどのように解決すべきか、その対処法について紹介しよう。

7-1.許して夫婦関係を再構築する

パートナーが不倫しても関係が終わるとは限らない。中には関係を修復し、夫婦としてやり直すケースもある。もちろん、不倫をした本人が反省し、それを許すことが前提だ。不倫の原因にもさまざまなものがある。その原因が夫婦間のすれ違いや誤解から生まれていることも少なくはない。不倫が発覚することで問題に気づけば、夫婦関係を再構築することも十分可能なのだ。終わったことは清算して、新しく始めることもできるかもしれない。

2人での話し合いが難しいなら、弁護士やカウンセラーなどを間に入れるのも一つの方法だ。しかし、どんな理由があっても不倫した事実を許せない場合もある。裏切られたという感覚が強ければ修復するのは難しいだろう。そのようなときには無理をせず、それぞれの道を選ぶのも解決策の一つだ。法的な手段を踏みたい場合には、調停に進むという方法も選択できる。

7-2.離婚せず慰謝料を請求する

慰謝料を請求できるのは、離婚を選択したときだけではない。実は婚姻関係を継続したままでも慰謝料の請求は可能だ。パートナーが不倫した場合、慰謝料の請求は3通り選択できる。1つめはパートナーだけに請求するパターン、2つめは不倫相手に請求するパターン、そして3つめはパートナーと不倫相手に向けて請求するパターンだ。これはなかなか当事者だけでは難しい。そのため、弁護士を代理人にして交渉してもらうのが一般的である。

弁護士を間に入れることはいくつかのメリットがある。交渉に慣れているというのもあるが、法的な観点から適切な対処が期待できるのは大きい。何より、それだけ本気だということをパートナーや不倫相手に示すことができるのだ。パートナーに不倫されればショックを受ける人は多いのではないだろうか。しかし、子どもがいるなどすぐには離婚に踏み切れない場合もある。そのようなときにも慰謝料の請求で不倫を清算してもらうきっかけにしやすい。パートナーに反省してもらう機会にすることも可能だ。

7-3.離婚する

不倫は正常な夫婦関係を破綻させる大きな要因である。だからこそ、法的にも離婚が認められることは多い。パートナーとの関係を維持するのが難しいと判断したら、離婚するのも正しい選択といえる。離婚には、裁判所を通さずに夫婦で話し合う協議離婚、裁判所を話し合いの場にする調停離婚、そして裁判所で審理してもらう裁判離婚の3種類がある。たとえ不倫が原因であっても、夫婦間で落ち着いて話ができるなら協議離婚でも問題はない。お互いが納得できれば離婚は成立するため、離婚までに時間がかからないのはメリットだ。

しかし、慰謝料請求や子どもの養育費の問題など、複雑な話し合いが必要なときには弁護士に依頼するという方法もある。弁護士を代理人に立ててパートナーに交渉してもらうのだ。慰謝料など金銭に関する交渉は、他にも司法書士なら可能である。ただし、司法書士の場合は金額が140万円以内の場合であり、認定を受けていることが前提なので注意したい。行政書士は代理人として交渉することはできないが、法的な文書の作成なら可能だ。内容証明郵便で慰謝料を請求する際などに相談することはできる。離婚を選択するなら、必要に応じて専門家を交え、不利にならない交渉をしながら冷静に進めることが重要だ。

まとめ

ラインにはさまざまな機能があり、上手に使うことで不倫を隠していることは多い。しかし、隠すテクニックを知っておけば不倫を暴くことも可能である。不倫の事実を認めさせるには確実な証拠を集めることが前提だ。しかし、行き過ぎた行動は逆に不利になってしまうかもしれない。違法行為にならないよう自分の立場を守るには、探偵に相談するのも安全で有効な手段である。

  • 夫の浮気チェック
  • 妻の浮気チェック

HAL探偵社の調査事例

この記事を読んだ人には
こんな記事もおすすめです。