専門スタッフが365日7時~23時対応

0120-313-256

浮気/不倫の疑い浮気の気配がする!怪しいと感じた場合の11のチェックポイント

イメージ写真

「最愛のパートナーの様子がなんだか怪しい」と感じたことはないだろうか。日頃からパートナーのことをしっかりと見ている人であれば、なおのこと「これまでとは違ったパートナーの言動」には引っ掛かりを覚えるかもしれない。そして、その嫌な予感が当たってしまっている場合もあるのだ。もし、少しでも異性の影を感じたときには、浮気をチェックするポイントを活用して浮気の可能性を探ってみよう。

怪しいと感じる直観は当たることが多い!

「パートナー(彼氏、または旦那)が浮気をしているかもしれない」と怪しさを感じている場合、その直観は当たることが多いと言える。女性の場合は特に顕著で「女性(彼女)の直感は当たる」という話を一度は聞いたことがある人も多いだろう。これにはきちんとした根拠があり、女性は脳梁と呼ばれる右脳と左脳の橋渡しをする部分が男性よりも太くなっており、細胞の密度も高くなっている。右脳と左脳でしっかりと情報のやりとりができている女性ほど直感力が高く、男性のちょっとした変化を感じやすいといわれているのだ。

パートナーが浮気している可能性を感じ取るケースというのは、こうした些細な行動や言葉の変化による場合がほとんどだろう。本人がたとえどれだけ浮気を隠そうとしても、やましいことがある場合はどうしても普段とは違う行動をしてしまうものだ。女性の場合には、脳が視覚や聴覚、嗅覚だけでなく細かな情報までもキャッチできるような仕組みになっている。男性の場合にも、パートナーがこれまでしなかったような言動を取れば、多少なりとも違和感を抱くものである。そのため、結果的に浮気を怪しまれることにつながるのだ。

浮気が疑われる場合のチェックポイント1:帰りが遅くなる日・外出が増える

浮気が疑われる場合のチェックポイントとして、帰りが遅くなる日が増えることが挙げられる。たとえば、残業や休日出勤、出張が急に増えた場合には要注意だ。残業と言いながら浮気相手と会っていたり「泊まりの出張」と嘘をついて浮気相手と旅行をしたりしているかもしれない。もちろん、本当に仕事が忙しいということも考えられるだろう。しかし、仕事が増えたにもかかわらず給料が増えていない場合には、疑ってみてもいいかもしれない。ただし、なかにはサービス残業をしている場合もあるので少し様子を見てみるといいだろう。

それから、浮気の可能性を感じる行動として、仕事だけでなく友人や同僚と飲みに行く日が増えることも考えられる。身近な人物を浮気のカモフラージュに使うのは、よくある例だ。「友達と飲みに行く」と言われれば、言われたほうはそれ以上何も言わないことが多いのである。また、これまでは登場しなかった人物がよく話に出てくるようになったときにも注意が必要だ。「学生時代の友だち」など、昔の知り合いと出歩くことが多くなった場合にも、浮気が疑われるチェックポイントである。さらに、帰りが遅くなる日にはメッセージの返信も遅いことがほとんどだ。そのような場合には、毎回同じ理由で帰りが遅くなっていないか、不自然な理由で遅くなっていないかをチェックするようにしよう。

遠距離恋愛や単身赴任のカップルの場合、以前は遠いなりにもちょくちょく顔を合わせていた(帰ってきた)のに、「仕事が忙しいから」などの理由で会えないことや急なキャンセルが増えているなら、浮気を疑ってみてもいいかもしれない。

浮気が疑われる場合のチェックポイント2:服や香水の好みが変わる

イメージ写真

服や香水の好みが変わることも、浮気が疑われる場合のチェックポイントと言える。というもの、そのようなときには浮気相手の好みに合わせて変化しているケースがほとんどだからである。そのため、これまでは選ばなかったようなデザインの服や香水を選ぶようになった場合、浮気している可能性を考えてみてもいいだろう。また、これまでおしゃれに全く興味のなかったような人が、突然おしゃれに関心を持つ場合もある。こういったケースも「少しでも浮気相手によく見られたい」という心理が働いていることが考えられるため、浮気を疑う材料のひとつとなるだろう。

また、服や香水だけでなく、趣味まで変わるという場合もあるのだ。このような場合には、かなり浮気相手に影響を受けていることが考えられるだろう。それまでは半信半疑であったとしても、趣味まで変化するというのは目を背けることのできない浮気の事実とも言える。もし、こうした変化が見られたら「いつから」「どのようなものを好むようになったのか」をチェックしておくのがポイントだ。そうすることで、浮気が始まった時期などを特定しやすくなるのである。

浮気が疑われる場合のチェックポイント3:急に節約を始める

浮気が疑われる場合のチェックポイントのなかには、急に節約を始めることも含まれる。節約と聞くと悪いイメージはないかもしれないが、それもすべて「浮気のため」だと考えてみるとどうだろうか。というのも、浮気をするにはお金がかかるため、費用を捻出するためには節約に努める必要があるからなのだ。特に、お小遣い制の場合には何かと理由をつけて増額をお願いしてくるケースも多いだろう。人によっては、突然家計に口を出してくる場合もあるかもしれない。

また、これまでは記念日などにプレゼントを用意してくれていたのに「最近はほとんどなくなった」「ものすごく質素になった」という場合も要注意だ。なぜなら、プレゼント代をセーブすることで節約をしている可能性が考えられるからである。このようなときには、節約して残ったお金が貯金されているのか、別の用途に流れているのかをチェックできると効果的だろう。貯蓄されているのであれば心配はいらないが、もしどこか別のところに流れているのであれば、浮気の可能性も高くなってくるのだ。

浮気が疑われる場合のチェックポイント4:クレジット明細やレシート

浮気が疑われる場合、クレジット明細やレシートを見ることもポイントのひとつである。たとえば、雰囲気のいいレストランでの2人分の食事の明細やレシートが出てきた場合には、浮気している可能性が高いと言えるだろう。同性の友人とそのような場所に行くことは、一般的にはあまり考えられないからだ。また、パートナーのためではないプレゼントを購入した明細やレシートも、浮気の証拠になりえる。明らかに女性向けのプレゼントを買っているのにそれをパートナーが受け取っていない場合、浮気相手へ渡した可能性が高いと言えるだろう。もし、普段しないような高価な買い物をしていたら、どのようなものを買ったのかチェックしておくのもポイントと言える。商品名が分からなくても、レシートに記載されている店の名前から取り扱っている商品を調べることは可能だ。

それから、交通系ICカードでデートスポットなどへ出かけているかどうかを調べるのも効果的である。同性の友人や1人でそのような場所にいくことはほとんど考えられないので、デートスポットへ出かけた形跡があれば浮気の可能性は高くなるだろう。もし、明細発行をしていない場合にはインターネット上での明細確認も有効となるので覚えておこう。レシートは、財布の中だけでなくゴミ箱に捨てられているものもチェックしてみると効果的だ。ただし、パートナーの許可なく勝手に見ると違法行為になる場合があるので注意しよう。

浮気が疑われる場合のチェックポイント5:車の中の変化

イメージ写真

車の中の変化も、浮気が疑われる場合の見逃せないチェックポイントだ。車の中というのは、意外と浮気の証拠が残りやすいのである。たとえば、助手席の椅子の位置や角度が変わっている場合には、浮気相手を乗せた可能性が高いと考えられる。また、助手席のミラーがきれいになっていたときにも、浮気相手が化粧直しをするときに使ったと考えられるため、浮気を疑うポイントだ。それから、車内にいつもとは違う香水の匂いが漂っているのも、浮気の可能性が高いと言えるだろう。特に、ほのかに匂いを感じたときには要注意だ。香水の匂いを完全に消し去るのはなかなか難しいが、それでもなんとか匂いを消そうとして、消臭スプレーなどを使用したことが考えられる。

これらの変化はほんの小さなことかもしれないが、浮気を判断するための重要なポイントとなりえるのだ。そのため、パートナーの車に乗ったときには、前回自分が乗ったときと違う部分がないか、違っているのはどの部分なのかをチェックするようにしよう。そして、少しでも違和感を覚えるようなところがあれば、それをしっかりと観察してみるといいだろう。日常の小さな変化に気付けるかどうかが、浮気に気付けるかどうかにつながってくるのである。

浮気が疑われる場合のチェックポイント6:スキンシップが極端に減る

パートナーのスキンシップが極端に減ったとき、場合によっては浮気が疑われる材料となりえる。浮気をしているときというのは、浮気相手への気持ちが強くなればなるほど、パートナーとのスキンシップが減ってしまうケースが多いのである。それがたとえ「手をつなぐ」というちょっとしたスキンシップであっても、相手に嫌がられることがあるのだ。特に、女性は浮気をするとパートナーとのスキンシップを嫌がる傾向にあるといわれている。そのため、日常的なスキンシップが減っていないかどうかも浮気を疑うポイントのひとつと言えるだろう。

もちろん、スキンシップが減った理由として、仕事などで疲れていたり倦怠期になっていたりする場合も考えられる。そのようなときには、ダイエットをしたり、新しい下着を買ったりするなどしてみるといいだろう。それに対する相手の反応を観察してみることで、浮気をしているかどうかの判断がしやすくなるのである。疲労や倦怠期でスキンシップが少なくなっていたのであれば、そうした変化について何かしらのリアクションがあるはずだ。しかし、そうした変化に対するリアクションが薄いようであれば、浮気の可能性が高くなるだろう。

浮気が疑われる場合のチェックポイント7:常にスマホを持ち歩く

パートナーの浮気が疑われるとき、常にスマホを持ち歩いているかどうかをチェックしてみよう。スマホの取り扱いは、とてもわかりやすい浮気の判断材料なのだ。これまでスマホを放置していたような人が、浮気相手からいつ連絡がくるかわからないため、トイレに行くときにも持ち歩くようになることもある。スマホを片時も放さないようであれば、少し注意したほうがいいだろう。また、スマホをテーブルに置くときに画面を下にする行為も見逃せないポイントだ。浮気相手から電話やメールが来たときに、それを見られるのを避けようとしていると考えられる。

それから、連絡が来てもパートナーがすぐには見ないときにも気を付けよう。浮気相手から連絡が来ており、その場で対応するのが不都合であるため後回しにしているとも推測できる。少しでも不自然だと感じたことは、浮気を疑うための材料と考えていいだろう。もし、浮気の判断材料としてスマホの取り扱い方をチェックするのであれば「どれくらいスマホを気にしているのか」をしっかりと観察してみよう。そうすることで、浮気の可能性を見極めやすくなるのである。

浮気が疑われる場合のチェックポイント8:急にやさしくなる

一般的に、浮気をすると行動パターンが変わるといわれている。もし、パートナーが急にやさしくなったときには浮気を疑ってみてもいいかもしれない。というのも、そのようなときには「やましい」と感じていることがあるため、バレないようにしようとしていつもよりやさしく接するケースが多いからだ。罪悪感もあるため、やさしさで罪の意識を消そうとしていると考えられる。また、急にサプライズをしたり、プレゼントをあげたりする人もいるだろう。特に、記念日などの特別な日以外にそのようなことをする場合には、浮気しているかもしれないサインだと言える。

このように、「パートナーが突然やさしくなる」ことは浮気の兆候かもしれないのである。そのため、パートナーにやさしくされたからといって油断していてはいけない。純粋に喜ぶのではなく、その後の変化をしっかりと観察するようにしよう。また、逆に、今までやさしかったパートナーが急に怒りっぽくなることがあるかもしれない。このような場合にも、まずはその後の様子をきちんと見ることが大切だ。なぜなら、こうした性格の急変がある場合には浮気の可能性が大きいからである。パートナーの態度に急激な変化が見られたときには注意しよう。

浮気が疑われる場合のチェックポイント9:ゴミ箱の中身

ゴミ箱の中身を見ることも、浮気が疑われる場合にチェックしておくべきポイントと言える。浮気をしているとき、たとえ部屋の中などをきれいにして証拠隠滅を図っても、ゴミ箱にまで気が回らないことが多い。そのため、ゴミ箱の中には浮気の証拠が詰まっている可能性があるのだ。もし、避妊具やコロコロなどで取った髪の毛などが捨てられている場合には、浮気の可能性があるだろう。ただし、用心深いパートナーの場合はゴミ箱に捨てる際にさらにビニール袋に包むなどする場合もあるので、パッと見ただけではわからないかもしれない。ゴミ箱をチェックするときは、すべてのゴミをしっかり確認するつもりで見ていくといいだろう。

また、ゴミ箱の中身を確認することはリスクもあるので気を付けよう。というのも、パートナーの許可なく勝手にゴミ箱を見ることはプライバシー侵害にあたる可能性があるからだ。たとえパートナーであってもプライバシーは守られるべきものであるため、それを指摘されてしまうとこちらが弱い立場になってしまう。そのため、ゴミ箱チェックは確信度の高い浮気の証拠が掴める反面、実行するときには注意が必要となるのである。

浮気が疑われる場合のチェックポイント10:スマホの予測変換

イメージ写真

浮気を疑ったときには、スマホの予測変換を確認してみるのも有効だ。このとき、メッセージのやり取りや通話履歴を見ると浮気を見破りやすいが「そこまではしたくない」という人もいるかもしれない。そのようなときは、予測変換のチェックが効果的と言える。たとえば「だい」と打って「だいすき」などと変換されるとする。パートナーに対して普段そのような言葉を使わない場合には、浮気している可能性が大きいだろう。このように、予測変換を利用することで最近打った文章を再現できることもあるため、浮気しているかどうかを判断しやすくなるのである。

それから、スマホだけでなくパソコンの予測変換をチェックするのも効果的だろう。なかには、パソコンでメッセージのやりとりをしている人もいるかもしれない。また、パソコンを使って浮気相手と訪れるデートスポットなどについて調べている可能性も考えられる。スマホやパソコンのメッセージや通話履歴は消去しても、予測変換まで考えている人はほとんどいないので、これは浮気のチェックとしてかなり役立つ方法だと言えるだろう。ただし、パートナーの許可なく勝手にスマホを見ると、プライバシーの侵害にあたる可能性があるため注意が必要だ。

浮気が疑われる場合のチェックポイント11:不意打ちの質問

浮気が疑われる場合、不意打ちの質問をしてみてもいいだろう。これは、不意に質問をすることでそのときの反応をチェックし、浮気を見破る方法である。たとえば「このあいだ一緒にいた人は誰なのか」「メッセージが届いてたよ」など、浮気をしていなければ日常的な会話となる質問をしてみよう。そして、それに対するリアクションをよく観察してみるのである。このとき、異常に焦る場合には浮気の可能性が大きいだろう。隠したいこと、やましいことがあるからこそ思わず焦ってしまうのだ。

また、第三者の浮気話についての話をして「どう思う?」と質問してみるのも効果的だと言える。ポイントとしては、なんの前触れもなく突然質問してみることだ。相手に準備する時間を与えないことで、素直な反応を引き出しやすくなるのである。このとき、明らかに動揺するようであれば浮気の可能性を疑ってみてもいいかもしれない。浮気について直接的な物言いをしてもはぐらかされるのが目に見えている場合、こうした不意打ちの方法を使ってみるといいだろう。

【男性編】浮気をしてしまう主な理由

男性が浮気をしてしまう理由として、そのほとんどが「性欲が原因」とされている。男性は「子孫をしっかり残さなければならない」という本能的な使命感があるからだ。そのため、どんなに好きなパートナーがいても浮気してしまう傾向が強くなるのである。浮気相手の女性を好きかどうかは問題ではなく、本能に従って浮気をしてしまうケースが多いのだ。実際、パートナーがいる男性の3分の1が浮気をしているというデータもある。男性の浮気の原因として「遊びたいから」「さみしいから」ということも取り上げられることが多いだろう。しかし、ほぼすべての場合、気持ちの面でなく性欲から浮気をしていると言っていいだろう。

男性は遺伝子レベルで子孫を残すようにプログラムされているため、出会ったほぼすべての女性に対して「その相手にふさわしいか」という査定をする。そして、合格ラインを超えている女性はみな「関係を持つ対象」になりえるのである。そのため、本能に従う男性がいかに浮気をしやすいかということがわかるだろう。

【女性編】浮気をしてしまう主な理由

イメージ写真

女性が浮気をしてしまう主な理由は、さみしさを感じてしてしまうケースがほとんどされている。女性はさみしい気持ちに弱く、特に「パートナーがいない」ことよりも「パートナーがいるのに蔑ろにされている」ときに強くさみしさを感じやすい。そのため、そのようなときに他の男性からアプローチをされたり優しくされたりすると、ついそちらに気持ちが向いてしまうのである。女性はちょっとしたことからもさみしさを感じるため、男性からは理解できないような小さなことがきっかけで浮気をしてしまうこともあるのだ。

また、男性に対する好奇心が強く、考えるより先に行動してしまうタイプの女性は浮気しやすい傾向が強いと言えるだろう。好奇心旺盛な女性は、リスクよりも浮気をしたときのワクワク感を重視する傾向がある。あとのことをあまり考えないで行動するため、気付いたら浮気をしていたということもあるだろう。それから、場の雰囲気に流されやすい女性も結果的に浮気をしてしまう可能性があると言える。自分の意見をしっかりと伝えるのが苦手なため、アプローチされたときにうまく断れず、そのまま流されて浮気をしてしまうのである。

浮気のボーダーラインはどこ?

浮気のボーダーラインは、そのときのパートナーとの関係性によっても変わると言える。たとえば、夫婦の場合の浮気の定義は、法律で「異性との性的な関係を持つこと」とされている。そのため、ほとんどの人が「パートナー以外と性的な関係を持つ=浮気」と認識しているだろう。また、カップルの場合は定義こそないものの、体の関係を持った段階ではほとんどのケースにおいて浮気とされている。ただし、カップルの場合では浮気の定義がないため、人それぞれで基準が違うとも言える。たとえば、性的な関係を持つ以前に、異性と2人で出かけたりキスをしたりした段階で浮気と考える人もいるだろう。

浮気のボーダーラインは、パートナーとの関係性はもちろん、個人によっても異なるのである。そのため、日頃からパートナーと浮気のボーダーラインについて話し合っておくといいだろう。自分は浮気だと思っていた行為が相手はそうでないと考えていた場合、悲しい思いをすることがあるかもしれない。また、逆のパターンで相手を傷付けてしまう可能性もあるだろう。そのようなことを防ぐためにも、浮気のボーダーラインをはっきりさせておくことは重要だ。

怪しいと思ったら確証を得ることが大切!

もし、パートナーの言動が「怪しい」と感じたら、確証を得ることが何より大切だ。というのも、怪しい行動や言葉だけでは、浮気の証拠にはならないからである。自分の抱いた違和感を根拠として浮気について問い詰めたとしても、言い逃れされる可能性は高いだろう。そのため、証拠を得ておくことで、いざというときにも安心できるのである。しっかりとした証拠があることで、相手も「ごまかせない」と思い、正直に話をしてくれるきっかけにもなるのだ。

特に、夫婦の場合には証拠を掴んでおくことがとても重要になってくるだろう。夫婦であれば、浮気をきっかけにして離婚をしたり慰謝料を請求したりすることになる可能性もあり、そのときに証拠写真などが必要となるのである。少しでもパートナーが浮気している可能性を感じたら、まずは確証を得るために行動を起こしていこう。

HAL探偵社で証拠を手に入れよう!

「パートナーの浮気の証拠を手に入れたい」と考えている人は、HAL探偵社を利用してみよう。HAL探偵社は、業界において浮気調査を最安値で提供しており、費用が気になる人でも利用しやすくなっている。調査費用がスタッフ1人につき1時間6000円と、料金システムが明確になっているのも安心できるポイントだろう。また、業界初の「成功報酬制度」「後払い制度」を採用しているのも特徴だ。浮気調査をしてもらったとき、情報が何も得られなかった場合に料金がかからないのは、業界において画期的な制度と言える。また、しっかりと納得のいく調査をしてもらったうえで料金を払うシステムなので、トラブルにもなりにくい。

HAL探偵社では問い合わせや相談を無料で行っているので、少しでも気になる人は、まずは相談だけでもしてみるといいだろう。また、なかには自分の名前など個人情報を明かしたくないという人もいるかもしれない。そのようなときには、匿名でも受け付け可能となっているので安心して利用できるだろう。電話はもちろんメールでの相談もできるので、話をするのが苦手な人でも安心だ。実際に調査をしてもらうことになったときには、全国あちこちに支店があるため、最短で即日対応してくれるのも心強いポイントだろう。「今日、さっそく調査をしてほしい」という声にも応えてくれる体制がしっかり整っているのが、HAL探偵社の特徴だ。

浮気が発覚した場合の決断は?

浮気が発覚した場合、この先のパートナーとの関係について悩む人も少なくないかもしれない。その場合の決断としては「どうしても浮気が許せない」のであれば、別れるという選択肢が強くなるだろう。パートナーと一緒にいるとき、浮気したことが常に頭をよぎるのであれば、別れるという選択肢を考えるタイミングだとも言える。また、2人でじっくり話し合い、もう一度信頼関係を築いていく方法もある。そのような場合には、相手を再び信頼し、正直に向き合おうとする「お互いの誠実な対応」が大切となってくるだろう。

それから、浮気については直接問い詰めず、パートナーとしての価値を上げる方法も有効だ。これは、相手を責めるのではなく、自分磨きをしたり相手へ愛情をたくさん伝えたりするなど自分が努力をしていく方法である。「浮気をしたパートナーではなく、なぜ自分が努力しなければならないのか」と感じる人もいるかもしれない。しかし、こうした健気な努力を見たパートナーが、心を入れ替えてくれる可能性はとても高いのである。自分を高めることで価値が上がり、パートナーもそれに見合う人間になるよう努力してくれるようになれば、より絆が深まった良い関係が築けるだろう。

関係を修復する場合のコツ

関係を修復する場合のコツ

浮気が発覚しても「パートナーとの関係を修復したい」と考えている場合には、いくつかコツが必要となる。まず、お互いの浮気のボーダーラインについて確認しておくようにしよう。そうすることで、お互いに「パートナーが浮気と感じる行為」をしないように気を付けることができるのだ。また、自分だけでなくパートナーの生活や考え方を尊重するのも大切である。自分だけが良ければいいという考え方をしていると、再びパートナーを傷付けてしまう可能性があるだろう。パートナーの声にしっかりと耳を傾けて、相手を思いやる姿勢が大切だと言える。

それから、パートナーを信じて、自分も相手に対して誠実でいることも忘れてはいけない。相手に誠実さを望むのであれば、まずは自分がそうあるように努力しよう。相手に対して真摯な姿勢で正直にいることで、再び関係を築いていくことができるのだ。そして、しっかりと愛情を言葉で伝え、たくさんスキンシップをとるように心掛けるといいだろう。精神的にも身体的にもパートナーとの距離を近づけるように努力することで、自然と関係も修復していくのである。

まとめ

「パートナーの言動が怪しい」と感じていても、それだけでは浮気をしていると断言することはできないだろう。浮気していることを掴むためには、いくつか身の回りのチェックをして確かめてみることが重要となる。また、「はっきりと事実を明確にしたい」と考えているのならば、HAL探偵社に依頼する方法も考えてみるといいだろう。