HAL探偵社浮気調査ならHAL探偵社へ

専門スタッフが365日7時~23時対応いたします

0120-313-256

HAL探偵社公式コラム
浮気/不倫の調査

浮気/不倫の調査 2019年7月1日
誤解されないために覚えておこう!男女別に考える浮気の基準とは?

一言で浮気といっても、実際には明確な基準があるわけではない。人によって浮気の基準や考え方はさまざまである。自分ではそんなつもりはなくても、人によっては浮気と判断される場合もあることを忘れてはならない。パートナーに誤解を受けることなく良好な関係を続けるためにも、男女間で異なる浮気の考え方や一般的な基準について知っておこう。

浮気の基準はそれぞれ違う!

どこからが浮気と考えるかは、実際には個人差が大きい。浮気というと性的な関係に直結させる人は多いかもしれないが、必ずしもそうではないのだ。たとえば、異性と2人きりで会うだけで浮気と考える人もいれば、特定の異性とラブラブなメールのやり取りがあるだけでも浮気ととらえる人もいる。なかには、恋愛感情を持っただけでも浮気認定する人もいるのだから、自分だけの基準で判断してしまうとトラブルに発展しかねない。ラブラブなメールや恋愛感情に関しては、相手次第ではそれ以上の関係に発展する可能性はあるかもしれない。しかし、2人で会うだけでも浮気となると、異性の友人が多い人や同僚や後輩からの相談が多い人望の厚い人は要注意と言えるだろう。

浮気は破局の原因になることが多いだけに、パートナーがいる場合には慎重に考えたいものである。結婚していないカップルの場合はそもそも法的な関係ではないため、浮気について法律上の定義は存在していない。ところが、夫婦の場合は違う。「浮気は性的な関係を持つこと」という定義が法律で明確に定められているのだ。そのため、配偶者の浮気を理由に離婚することは可能であり、それにともなう慰謝料の請求もできる。本人が性的な関係を認めない場合には、証拠をそろえたうえで慰謝料の請求をするケースは少なくない。

浮気となる主な基準1:体の関係を持つ

個人によって幅がある浮気の基準だが、一般的に誰もが認める条件としては体の関係を持つことだ。つまり性行為があるかどうかが決定的な浮気の基準になると考えていい。特に夫婦の場合は法律上でも浮気と認められ、離婚の際に法廷で争うことになれば浮気した側が不利になるのが一般的だ。恋愛感情がなければ浮気ではないと考える人もいるが、証拠を押さえられてしまえば浮気として成立するので注意したいものである。性行為という決定的な浮気によって関係が破綻した際、未入籍なら法的には何も関係ないと考えがちだが、結婚前のカップルでも法律で守られる場合はある。

結婚前でも浮気によって慰謝料など責任の対象になる条件とは、婚約が成立しているような場合だ。婚約成立の定義とは、婚約指輪を受け取っている場合や結納が済んでいる場合、結婚式場への予約など結婚に向けての具体的な行動や近親者などへの周知が挙げられる。この状況で浮気が認められた場合には婚約破棄の正当な理由になり、慰謝料や結婚準備などそれまでにかかっていた費用も請求されることになるのだ。結婚前ということでハメを外してしまう人もいるかもしれないが、婚約中の浮気は通常のカップルとは違って責任が重くなると考えたほうがいいだろう。

浮気となる主な基準2:キスをする

性行為という関係には至らなくてもキスも浮気として考える人は多く、許せない行為ととらえるのが一般的である。キスは相手に対しての愛情表現のひとつであり、パートナー以外の異性と行うのは特別な感情を持っていると考えられるためだ。欧米を中心とした海外では単なる挨拶として習慣になっている地域もあるが、それでも挨拶としての軽いキスと特別な愛情を示すキスは異なる。性行為同様、お互いの合意がなければ成立しない行為でもあり、キスをした時点で特別な気持ちがあると考えることができる。

キスをしたいと考えるのは、一般的に相手との距離を縮めたいと思っている可能性が高い。そのため、キスをしているうちにそれ以上の行為へと進むケースは少なくない。つまり、キスができる関係とは、いつ体の関係へと発展してもおかしくない状況と言える。仮に、パートナー以外の相手とキスしているところを誰か知り合いに見られたとしよう。目撃した人物は高い割合で浮気と判断し、それを報告するかもしれない。実際にはキスしかしていない関係でも「体の関係もあるに違いない」と思われてもおかしくはないのである。お酒が入ると相手に関係なくキスをするという人もいるが、一般的には浮気と取られるので注意したいものだ。

浮気となる主な基準3:体に触れる

キスや性行為には至らない場合でも、体に触れるだけで人によっては浮気と判断してしまうこともある。世の中には異性でも深い友情を築いている場合もあるが、ハグなどのスキンシップは浮気と感じる人もいるので注意したほうが賢明だ。体に触れること自体が相手に好意を持っていないとできないという印象があり、人によっては浮気の基準になってしまう。スキンシップは2人きりの空間ではなくても、浮気と考える人は少なくはない。そのため、自分にもスキンシップをした相手にも特別な感情はなくても、パートナーが勝手に騒ぎを起こすこともあり得るのである。

たとえば、数名の仲間で一緒に楽しく飲んでいるような場合、話の流れで軽くボディタッチをしたとしよう。それでも人によっては許せない行為になる。接客業をしている人のなかには顧客に対してハグなどをする人もいるが、パートナーによっては浮気とみなされてしまうので注意下方がいいかもしれない。スキンシップの場合、浮気かどうかの判断材料にする傾向も見られる。たとえば、異性と2人で出かけることがあっても、スキンシップがなければ浮気にならないという人もいるのだ。判断が分かれやすいことでもあるため、まず自分のパートナーがスキンシップについてどう考えているかを確認しておくことが重要と言えるだろう。

浮気となる主な基準4:手をつなぐ

手をつなぐという行為は、相手への好意がないとできないことのひとつである。好きという感情がともなわないと手をつなごうと考えることは少ないことが多い。また、例え一方的に手をつなごうと考えても、相手も好意を持っていないと成立しないのではないだろうか。軽く拒否をされて終わりである。だからこそ、パートナー以外の異性と手をつなぐという行為は、浮気と判断されやすいと言える。なかには、団体行動などの際にはぐれないよう手をつなぐというケースもあるが、それがきっかけとなって距離が縮まると考える人も少なくはない。

実際に、手をつないで行動をともにした異性に対して恋愛感情を持ってしまう人もいる。また、特別な感情を持たずに異性と手をつなげるという人でも、相手によっては「好きという意思表示」と取ってしまうこともあるので慎重にすべきだ。自分ではそこまでの気持ちがないのに、相手を勘違いさせて迫られるというケースも十分起こり得る。

浮気となる主な基準5:2人で会う

異性とわざわざ約束をして意図的に2人きりで会うということは、お互いが気になっているからこそ考えられる行為である。もちろん、なかにはやや違う事情を抱えている場合もあるかもしれない。たとえば、パートナーについてその友人や同僚などに相談するような場合だ。しかし、相談が必要な場合でも一般的に2人で会うということ自体誤解を招きかねないため、なかなか実行することは少ないと言える。また、やむを得ない事情で会うことがあったとしても、それをきっかけにして相手への興味が深まることもあるのだ。

通常、男女が2人きりで会うという状況は、共通の趣味を持っているなどの場合でも起こりやすい。しかし、単なる趣味の仲間という考え方を持っているのは片方だけである場合も多いのだ。実際には恋愛感情も持ちながら2人きりの時間を楽しんでいるケースもあるので、状況次第ではそれ以上の関係に発展していく可能性はゼロとは言えない。また、趣味の仲間であったり同じ職場で共通の悩みを抱える同僚であったりしても、改めて約束をして会うのはひかえるべきである。どうしてもその異性と話したいことがあっても、パートナーとの関係を大切にしたいなら共通の知人を加えるなど、誤解される行動は避けるほうが賢明だ。

浮気となる主な基準6:連絡を取り合う

連絡といっても仕事の報告など事務的な連絡はもちろん該当しない。浮気と取られてしまうのは、プライベートな内容で異性との連絡を取るということだ。特に注意したいのはパートナーに見つからないようこっそりと連絡を取る場合で、これは実際に浮気の兆候として考える人は多い。なかには、履歴をチェックするパートナーもいるうえに、連絡を取っていること自体を良く思わない人もいる。たとえば、同窓会などの連絡を取っているだけでも、その相手を「浮気相手」と認定してしまう人もいるので注意したい。

自分のパートナーがどんな認識を持っているかが鍵になってくるが、特定の相手とひんぱんに連絡が必要なときは、あらかじめ内容をオープンにしてしまうのも良い方法だ。また、自分にその気がなくても、勝手に恋愛感情を持たれた相手から一方的に連絡が入ることもある。仕事の相談や進路相談のような内容でカモフラージュされてしまうと、面倒見の良い人はそのまま連絡を取り合う形になりかねない。しかし、パートナーにとっては浮気と判断されることもあり得るので限度は大切だ。次第にエスカレートして2人で会うというケースにも発展しやすいため、ひんぱんに相談を持ちかけてくる異性は適度に対応して深入りしないことが重要である。

浮気となる主な基準7:優先順位が高くなる

スキンシップやキスなどの行為がなくても、浮気の基準になってしまう場合がある。それは優先順位だ。これは、パートナーが浮気と判断する以前に本人が気づく場合が多いのではないだろうか。たとえば、パートナーとの予定があるのに、気になる相手から突然食事に誘われたとしよう。何らかの理由をつけてパートナーとの予定を後回しにし、食事の誘いに乗るような場合は明らかに特別な感情を持っていると考えるのが自然である。自分では意識していない場合でも、パートナーよりその人のほうを優先したいと思ったなら異性として意識しているのかもしれない。男女に関係なく、相手への好意が強ければ強いほどパートナーより優先するのは一般的である。

優先順位が高くなるというのは、相手への特別な感情が根底にある場合もあれば、単なる面倒見の良さが災いしている場合もあるものだ。仮に特別な感情を持っていなくとも、相手から誘ってくる場合なら「すぐに応じてくれる人」という位置付けになり、それ以上の関係に発展する可能性は出てくる。パートナーのことが大切なら、浮気に発展する可能性がある相手には応じないことだ。優先したいと考えるようなことがあっても、一時的なものなのか、それともパートナーに対する気持ちが冷めてしまったのかどうか冷静に判断するべきである。

浮気となる主な基準8:無意識に考える

無意識に考えてしまうというのは、ほかの基準とはやや異なる部分が多い。一番の違いは相手が加わってこないということで、パートナーが一方的に気になっているだけの場合もあるからだ。しかし、無意識に考えてしまう相手は、自分にとって誰よりも大切であると言える。そのため、実際には何もなくても浮気と考える人も存在する。無意識に特定の異性を考えてしまうことはそう少ないことではない。たとえばショッピングをしたとき、担当してくれた店員が非常に親切にしてくれたうえに自分の好みのタイプだった場合などがそうだ。しばらくのあいだは頭に浮かんでしまうという経験を持つ人は多いだろう。

たまたま感じの良い人に会ったなど一時的なことであれば問題はないだろうが、すでに相手と接点を持っている場合や、行動次第では親しい関係に発展する可能性があるなら問題かもしれない。気になるという感情がどんどん加速し、性行為など決定的な浮気へと進んでしまうことは否定できないと言える。気になって考えてしまう程度では実際心の中を覗くことはできないが、注意は必要だ。パートナーと一緒に過ごしているときになんとなくうわの空であったり寝言で名前を口にしたりすることがあれば、浮気だと取られてしまうケースは多いのである。

浮気となる主な基準9:気持ちが移る

浮気の基準はさまざまだが、気持ちがほかの異性に移ってしまうケースはすでに浮気の域を超えていると考える人もいる。浮気は「浮ついた気持ち」と書くように、気持ちがほかの相手へと移ってしまうことだと考える人は多いが、これは一時的なことを指すのであって、永久的に気持ちが移ってしまう場合はどうだろうか。浮気は何を基準に判断するかは個人差が大きいが、表面的なものより内面のつながりを重視する考え方の人は少なくはない。そのため、男性が風俗に行くことに寛容な女性も存在する。また、一時的な関係であれば、たとえ体の関係になっても気持ちさえ移っていなければ浮気ではないと考える人もいるのは確かだ。

しかし、体の関係はなくても、気持ちが移ってしまうほうが危険だと考える人は多い。表面的な付き合い方よりも気持ちの面でのつながりが強いほうが危険だと考える人は少なくないのである。そう考えると、異性間の友情というのも浮気と考える人はいるかもしれない。内面の問題は覗いてみることは難しいが、どちらか片方が「精神的に誰よりも強くつながっている」などと発言していたらどうだろう。パートナーとしてはいたたまれない気持ちになるのではないだろうか。夫婦であれば「戸籍上だけの関係なのではないか」とパートナーを不安にさせる重大な条件と考えたほうがいいだろう。

男性に多い浮気の基準とは?

どこからが浮気と考えるかは、個人差だけでなく男女でも違いはある。男性の場合で多い基準の一つが2人で会った場合だ。自分のパートナーが自分以外の男性と同じ空間に2人きりでいることを、良く思わない男性は多い。すぐに浮気と判断しないまでも、その後何らかの不審な行動や考え方の違いなどが生じた場合、そのときに会っていた男性との関係を疑うというケースも少なくはない。これは、特定の男性と連絡を取った場合にも言える。連絡を取るということは特別な話をしている、または会う約束をする行為と取られやすく、浮気と考える人が多いのだ。

実際に体の関係を持ったりキスをしたりする行為は浮気そのものであるが、そこに至っていなくても、その手前の段階で浮気と考える男性も多いので注意したい。男性の場合、自分のパートナーがほかの男性とスキンシップを取ることに対して嫌な印象を持つ傾向は強く、手をつなぐなどの行為も慎むべきである。個人差はあるが、全体的に見ると気持ちより行動に対して浮気と感じる人が多いのが特徴だ。手をつないだりボディタッチをしたりすることに抵抗が少ない女性の場合は、パートナーに浮気と思われないよう注意したいものである。

女性に多い浮気の基準とは?

女性の場合は男性とはやや異なり、どちらかと言えば相手に対する気持ちに重点を置く傾向がある。そのため、優先順位や話題に出やすい女性を気にすることが多く、この2つから浮気を疑いやすいと言える。たとえば、男性が特に意識しているわけではなくても、たまたま話題にした内容に同じ女性が何度か登場したとしよう。女性はこの相手に対して「浮気しているのでは?」と取る場合がある。または、自分のパートナーが気になっている相手として認識してしまうことは多いのだ。

しかし、その一方で男性同様、2人きりで会うことや特定の女性と連絡を取ることに対しても浮気と考える女性も多くなっている。ほかの女性と2人で会うことが浮気の基準になっているパートナーの場合は、たとえ仕事であっても良い感情を持たないこともあるので注意したい。束縛が強い女性になると、プライベートや仕事に関係なく自分を優先して欲しいと考える人もいるということだ。ただ、全体的には気持ちの揺れを気にする傾向は高く、ささいな言葉や行動で浮気を疑うことは多い。2人で会うことが複数回ある場合には「気持ちが移り始めている」という判断につながりやすいのである。

男性が浮気してしまう主な理由

実際に浮気をしてしまうシチュエーションや理由は、人によってさまざまだ。もともと浮気しやすい性格の人もいるが、一般的なケースとして男性が浮気をしてしまうときの主な理由について紹介しよう。男性が浮気に走ってしまう原因の多くは性欲であるとされている。これは、男性が自分の子孫を残そうという本能によるものであり、正常で健全な行為とも考えることができる。しかし、もちろんそこには理性が働くのが通常の男性だ。しかし、条件によっては理性が働かないこともある。たとえば、お酒が入っている場合やパートナーとの性行為が十分ではない場合などが挙げられる。これらの条件がそろっている場合に好みの女性と接点ができてしまったときには浮気の可能性は高まってしまうのだ。

性欲が優先された場合、パートナーへの気持ちが薄らいでしまうことが原因ではなく一時的なケースが多い。実際には浮気相手の女性に対して恋愛感情を持っていないことも少なくはないのだ。ただし、パートナーの好みの女性でその後もひんぱんに会う機会がある相手の場合は、そのまま気持ちが移る可能性は高いかもしれない。はじめは体だけのつながりでも、そこからどう発展するかはわからないので注意は必要である。

女性が浮気してしまう主な理由

女性は男性に比べると性欲にまかせて浮気をするというケースは少ない。どちらかと言えば精神的な面を大切に考える傾向が高く、そのためさびしさから浮気をするケースが多いのが特徴的だ。遠距離恋愛や男性が多忙でなかなか会えないなどの条件がそろってしまうと、浮気に走る可能性が高まると言える。だからといって自分から進んで機会を探す女性は少ないが、合コンに誘われるなどの機会があることを考えておいたほうがいいだろう。なぜなら、その場の雰囲気に流されやすい女性も少なくはないからだ。または、社員旅行や会社の宴会の席なども同じことが言える。押しの強い男性に気に入られてしまい、2人で会う約束をして結果的に浮気につながる可能性はあるのだ。

少数派ではあるが、男性に対する好奇心が強い女性で行動的なタイプは浮気しやすい傾向が強い。行動力のある女性が皆該当するわけではないが、普段から男性の友人が多く、2人きりで同じ空間で過ごすことに抵抗がない女性の場合は注意が必要である。たとえ女性のほうに恋愛感情がない場合でも、相手の男性は特別な感情を持って接していることもあるからだ。なかには体の関係を持つことに抵抗や罪悪感がない女性もいるので、自分のパートナーは性に対してどんなタイプか見極めておくことは大切である。

パートナーに誤解されないための重要ポイント

自分ではそのつもりはなくても、パートナーによっては浮気と判断されることがあるため、誤解されないよう重要なポイントを押さえておこう。最も大切なことは、お互いの浮気の基準をあらかじめ確認しておくことである。相手にとってどんな行為が浮気なのかを知っていれば、誤解されるような行動を慎むこともできる。自分とパートナーとの基準が違う場合には、パートナーの基準を尊重することが大切だ。自分にとっては何でもないことでも、パートナーにとってはひどく傷つくことだということを考えておこう。そして、疑われるような行動は極力避けることが2人の関係を続けるポイントであり、思いやりである。

お互いの浮気の基準は、できれば付き合い始める前に確認しておくことが理想的だ。なぜなら、浮気の基準が大きくずれている相手だと、付き合っているうちに窮屈に感じたりもめたりしやすいのが理由として挙げられる。結婚を意識する相手ならさらに重要であることは言うまでもない。既婚者に対しては馴れ馴れしい態度をひかえる人は多いが、なかには既婚者でも関係なく好感を持てば近づいてくる人もいる。自分ではそのつもりはなくても、そのような人の行動で誤解を受けることもあるので、パートナーの浮気基準に触れないよう注意は必要だ。

怪しい!浮気が疑われる主な行動をチェック!

浮気の基準をお互いが確認していたとしても、浮気をされてしまうことはある。では、浮気をしていると実際にどのような行動を取りやすいのだろうか。浮気が疑われる行動で多いものはスマホを常時持ち歩くという行動だ。もちろん、仕事の連絡がひんぱんな人もいるので一概には言えないが、それまで持ち歩くことが少なかった人であれば疑わしいと考えるのが賢明と言える。特にトイレや入浴のときまで離さないのは相当怪しいかもしれない。うしろめたいことがあると、その反動で急にやさしくなる人もいるので注意が必要だ。お土産やプレゼントに無頓着だった人が急に何か買ってくるようになるとうれしいものだが、その裏に隠しごとがあるかどうか見極めは大切である。

予定がなかなか合わなくなった場合も浮気を疑う要素と言える。異動したわけでもないのに急に仕事が忙しくなるのも注意するべきである。友達や親の用事、仕事などと称してほかの異性に会っているということもあるからだ。新しい恋人や好きな人ができるとファッションなどの影響を受ける人も多い。今まで香水をつけなかった人が香水をつけるようになったり洋服の趣味が変わったりするのも要注意である。自分で買ったものや「友達にもらった」としている物の中に浮気相手からのプレゼントが紛れている、なんてこともあるのだ。

浮気の可能性があるならHAL探偵社に相談!

浮気は単なる遊びと考えてちゃんとパートナーのもとに帰ってくる人もいるが、知ってしまえば嫌な気分になるのは普通の感情である。また、単なる浮気のつもりが妊娠につながってしまうなど、最悪な結果に発展してしまうことも少なくはない。夫婦であれば家庭が崩壊する問題でもあり、周囲への影響も大きなものになる。また、結婚前に浮気を知っておけば大きな失敗を招かずに済む。パートナーの行動が怪しいと感じたときは早めに解決することが重要である。しかし、個人が浮気調査をするのはなかなか難しいのが現実問題だ。

もしもパートナーに浮気の可能性があるなら、HAL探偵社に相談してみると効果的である。成功率の高さは大きなポイントのひとつだが、浮気調査については業界最安値という良心的な価格設定なのが何より安心だ。探偵では珍しい成功報酬制度はHAL探偵社が業界初である。後払い制度を採用しているため、費用が心配で浮気調査のタイミングを逃してしまうということもない。問い合わせや相談は無料というのも利用しやすい点ではないだろうか。パートナーの浮気というのは誰にとってもショックである。そんなときに相談しやすい環境が整っているのはうれしい。匿名でも受け付けが可能で、誰かにバレてしまうという心配もない。

浮気されてしまった場合の対策

実際に浮気をされてしまった場合にどのように対策をとるのかは、大きく2つに分かれる。1つは別れるという選択だ。普段はパートナーに対して嫉妬することは少ない人でも、実際に浮気が決定的になると途端に許せないと感じる人は少なくはない。浮気に対して許せないという思いが強くなってしまえば、そのまま関係を続けることは難しい。その場合は別れるという選択肢が強くなるのが一般的だ。

もう1つは、2人でじっくり話し合い、再び信頼関係を築いていくという選択である。これは一見難しいと感じるかもしれないが、お互いの気持ちがまだ残っている場合には可能性としてゼロではない。もちろん、反省して2人が誠実な気持ちで向き合うことが重要である。結果的には浮気であっても、パートナーとのちょっとした気持ちのすれ違いや寂しさが原因になっているかもしれない。直接相手を責めるだけではなく、2人の関係を見つめ直したり自分に欠けているものに気づいたりすることも重要なことだ。それまでの態度を反省して愛情をたくさん注ぐなど、パートナーとしての価値を上げるのも良い選択と言える。

浮気されないために大切なこと

浮気されないために大切なこと

浮気かどうか調べることは重要だが、何より心がけたいのは浮気をされないことである。付き合いが長くなってくるとはじめの気持ちが薄れてしまい、自分の都合を優先したり不満が増えたりすることは多いが、相手の生活や考え方を尊重する姿勢も大切だ。パートナーが窮屈になるような状況を作ってしまえば、ほかの異性に居場所を求めてしまうことは十分考えることができる。

何でも浮気と疑わずに相手を信じることも大切なことだ。もちろん、自分も相手に対して誠実でいることは重要である。交友関係が豊かなパートナーであっても、隠しごとがなく健全な付き合いであれば、深く詮索しないことは相手を尊重して信用していることになるのだ。そして何より大切なのは、しっかりと愛情を言葉で伝えること。愛情表現を全く口にしない人もいるが、言葉にすることは基本であり大切である。パートナーである以上、たくさんスキンシップを取って気持ちを伝えることも忘れてはいけない。自分では伝わっていると思っても、言葉や行動で示さないと不安を感じてしまう人もいることを覚えておこう。

まとめ

浮気の基準は人によってさまざまであり、相手に聞いてみなければ実際にはわからない。パートナーを大切に思い、長く付き合っていくためには相手がどんな部分で浮気と感じるのか基準をしっかり確認しておくことが必要である。これくらいは浮気ではないという勝手な判断はパートナーを傷つけてしまうかもしれない。そして、お互いを尊重して愛情表現をきちんとすることが大切なのだ。